官公庁の会計実務や契約実務を理解する、会計法令をマスターするコツ

会計法令の解説

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

官公庁に求められる公平性

 

国や地方自治体、独立行政法人、国立大学法人などの公的組織は、国民からの税金を財源として運営しています。事業を行う場合には、税金を使用して、民間会社と契約し実施しています。

 

原資が税金である以上、公的組織が契約を締結する際には、会計法令などに基づき、契約の相手方を公正・公平に選定し、一部の企業のみが利益を得るような不公平な契約手続は、排除しなくてはなりません。

 

入札や随意契約などの契約手続きを適正に行なうためには、財政法、会計法、予算決算及び会計令、契約事務取扱規則等の法律、政令、省令等の正確な知識が必要となります。

 

会計法令の意味を正確に理解していれば、日常業務で判断に迷うこともなく、悩みが消え、書類作成スピードが劇的に効率的になります。

 

また、上司から注意されたり、指摘を受けたり、嫌な思いをすることもありません。

 

むしろ、会計法令の読み方をマスターしている人は、周りの人に対して教えることができるので、学校の先生のように尊敬されます。

 

隣の部署の人から相談されたり意見を求められることが多くなり、人間関係が広がり、信頼されるようになります。

 

上司からも一目置かれるようになり、職場での存在感も大きくなるのです。

 

 

 

会計法令をマスターするコツ

 

実は、会計法令をマスターすることは意外と簡単で、ちょっとしたコツがあるのです。このコツさえ覚えてしまえば、自然と身体が知識を吸収し、蓄積していきます。

 

さらに、知識を得た喜びを日々感じるようになります。

 

この段階になれば、今まで苦痛だった仕事が、不思議と楽しくなってきます。困難な契約手続きほど、パズルを解くようなスリルと刺激を味わうことができて楽しみになります。毎日が楽しくて充実した日常生活になります。

 

会計法令をマスターすれば日常生活がプラスの方向へ変化します。

 

実際の会計実務や契約実務は、会計法令を全く知らなくても、過去の書類を真似したり、先輩や上司に聞きながら書類を作成することができてしまいます。

 

しかし、基礎知識が不足していると応用が効かず、書類を作成する意味を勘違いして、気付かないミスなどが潜んでしまうことが多いのです。最悪の場合、法律に違反した事務処理を行い、会計検査院からの指摘を受け、左遷されてしまうことさえあります。

 

事務官(公務員)、事務職員(公務員以外)が日常的に作成する書類は、会計法令に基づいて適正に処理されなければなりません。

 

適正な事務処理とは、公正なルールに基づいて作成される書類を意味します。そして、その作成過程(事務手続の順番)も重要です。

 

このサイトは、弁護士などの法律専門家による会計法令の解説サイトではありません。

 

二十年以上の会計実務、契約実務の経験から、重要と考えられるポイントを整理し、実務に役立つノウハウを解説していきます。

 

抽象的な机上の空論ではなく、実際に役立つ情報のみを掲載します。

 

本サイトの利用は、自己責任でお願いします。筆者はいかなる責任も負いません。

コメント