なぜ友人が増える? 会計法令をマスターする「メリット」とコツ

スポンサーリンク
会計法令の解説
2006年 セブ島
会計法令の解説

会計法令なんて、実務には関係ない!

もし、あなたがそう思っているなら、かなり「損」します。

会計法令を理解していれば、日常の事務手続きが驚くほど速くなります。そして周りの同僚などから信頼され、次第に友人まで増えてきます。

 

スポンサーリンク

会計法令をマスターする「メリット」

 

国や地方自治体、独立行政法人、国立大学法人などの公的組織は、国民の税金で運営しています。事業を実施するために、民間会社とさまざまな契約を締結しています。

 

税金を使うので、契約の相手方を選定する方法は、公平・公正でなければなりません。会計法令に基づき、適正に契約の相手方を選定します。一部の企業のみが利益を得るような不公平な契約手続きは、避けなければなりません。

 

契約の相手方を選ぶために、入札や随意契約を行うときは、会計法令に基づく手続きが必要です。財政法、会計法、予算決算及び会計令、契約事務取扱規則、地方自治法などの正確な理解が必須になります。

 

もし会計法令の理解が不足していると、判断に迷い、ミスをしてしまいます。処理方法がわからずに悩み、事務処理が停滞してしまいます。

 

会計法令を正確に理解していれば、日常業務で判断に迷うこともなく、悩みが消え、書類作成スピードが劇的に速くなります。書類の作成をミスして、上司から注意されて嫌な思いをすることもありません。むしろ、会計法令の読み方をマスターしている人は、周りの人に対して教えることができます。学校の先生のように、周りから信頼され尊敬されるようになるのです。

 

隣の部署の人から相談されたり、意見を求められることが多くなります。人間関係が広がり、相談されることで、さらに知識が蓄積されます。上司からも一目置かれるようになり、職場での存在感が大きくなるのです。

 

スポンサーリンク

会計法令をマスターする「コツ」

 

実は、会計法令をマスターするのは意外に簡単です。

 

ちょっとした「コツ」があるのです。「コツ」さえ習得してしまえば、自然と身体が知識を吸収するようになります。どんどん知識が蓄積されるようになります。本サイトは、これらの「コツ」を集約した会計実務専門サイトです。重要なポイントを「いろいろな角度から、切り口を変えて」解説しています。いろいろな記事を、繰り返し読み進めるうちに、感覚的に「コツ」がわかります。

 

「コツ」を習得して、会計法令を少しづつ理解できるようになれば、知識を得た喜びを日々感じるようになります。

 

この段階になると、不思議なことに、今まで苦痛だった仕事が、楽しくなってきます。困難な事務手続きほど、パズルを解くようなスリルを味わうことができ、楽しくなります。毎日が楽しくて充実した日常生活になります。

 

会計法令をマスターすることで、日常生活が「プラス思考」へ変わっていくのです。

 

実際の会計実務は、会計法令を知らなくても、大きな支障はありません。過去の書類を真似したり、先輩や上司に聞きながら、何も考えずに書類が作成できます。

 

しかし、会計法令に関する基礎知識が不足していると応用が効かず、本当の意味を勘違いして、書類を作成してしまいます。気付かないミスが潜んでしまいます。最悪の場合、法律に違反した事務処理を行い、後日、会計検査院などから指摘を受け、左遷されてしまうことさえあります。

 

事務官(公務員)や事務職員(公務員以外)は、「適正な事務処理」が、本務です。

 

「適正な事務処理」とは、「会計法令に基づく事務処理」です。会計法令は、公正に定められたルールです。法律や条例は、国民から選出された国会議員や地方議員によって作成されています。会計法令に沿った事務手続きが重要なのです。書類の作成過程(手続き過程、処理の順番)も重要です。

 

このサイトは、弁護士などの法律専門家が解説するサイトではありません。40年以上の実務経験から、重要と考えられるポイントを解説し、実務に役立つノウハウを集めたサイトです。実務担当者が、実務担当者向けに解説する情報サイトです。

 

抽象的な机上の空論ではなく、実務に役立つ情報を掲載しています。


本サイトの「電子書籍」販売中!


「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」

「どうやったら仕事が覚えられるのだろう?」


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのように手続きを進めれば良いかわからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのか、依頼文の内容はどう書けば良いのかなど、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


誰でも、初めての仕事は不安なものです。「経験がなく」知識が不足するため不安になります。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。経験に基づく知識は学ぶことができます。書類作りをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれてきます。そして毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました