給与謝金

給与や謝金についての解説です。謝金を支払うときは、所得税の源泉徴収に注意する必要があります。特に、海外の研究者へ講演を依頼したときは、場合によっては、旅費を含めて源泉徴収することもあります。居住者と非居住者の判断なども解説します。

スポンサーリンク
給与謝金

給与担当者なら、知らないと恥ずかしい、「103万円」と「130」万円

所得税法上の「扶養親族」と、健康保険の「被扶養者」についての解説です。給与実務担当者が間違えやすい、「103万円」と「130」万円の違い、年末調整手続きで注意したいポイントです。お金に関することは、必ず確認してから手続きを進めましょう。
2020.03.24
給与謝金

うっかりすると「講演料」の支払で失敗します、これを忘れないように

「謝金」を支払うときに注意したい「税金」の解説です。外部の人に対して支払う謝金は、「源泉徴収の対象」になることがあります。源泉徴収を忘れて全額支払ってしまうと、数年後に実施される税務調査で指摘を受け、トラブルになります。注意したい点です。
2020.03.13
社会保険・共済

これなら簡単に「給与計算」ができる、社会保険の基礎知識を習得

社会保険料の計算についての解説です。社会保険料は、標準報酬月額が記載されている表に基づいて計算します。社会保険料や労働保険料の料率表が掲載されているサイトの一覧です。保険料の計算方法は、標準報酬月額と報酬総額で分かれています。
2020.03.13
社会保険・共済

トラブルに巻き込まれたくない!失業手当の「離職理由」に注意

協調性がなくトラブルになる人が退職するときの離職理由の解説です。任期を満了して退職するときもハローワークへ離職理由を提出します。離職理由により失業手当の金額と期間が異なります。会社都合と自己都合では、大きく失業手当の金額が変わります。
2020.03.11
給与謝金

「非居住者」へ講演謝金を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得の判断

海外の研究者へ支払う講演謝金の源泉徴収ついて解説します。海外在住(非居住者)の研究者が、日本国内でなく海外で講演を実施したときは、国内源泉所得に該当せず所得税を源泉徴収する必要はありません。日本国内で講演を実施するときは源泉徴収が必要です。
2020.01.31
給与謝金

海外での講演料を支払うときの「源泉徴収」、居住者と国内源泉所得

居住者(日本人)に対して、海外で開催したシンポジウムでの講演料を支払うときの源泉徴収についての解説です。講演料を支払うときに、所得税を源泉徴収するか迷うことがあります。「国内源泉所得」と「居住者」について正しく理解する必要があります。
2020.01.31
給与謝金

源泉徴収は「謝金と旅費」の合算、ホテル等への直接支払のみ除外

「謝金」を支払うときの注意点です。外部から専門家を招いて講演を依頼し、謝金を支払うときは、注意が必要です。旅費・交通費の部分に対してまで「源泉徴収」されてしまいます。判断に迷ったときは、必ず、最寄の税務署へ尋ねましょう。
2020.01.31
給与謝金

「謝金」の「源泉徴収」で判断に迷ったとき、「旅費」なども対象

「講演謝金」を支払うときの「源泉徴収」についての解説です。外部の専門家に対して講演を依頼し、謝礼として「謝金」を支払うことがあります。謝金と併せて「旅費や交通費」を支払うときは源泉徴収が必要です。忘れないように注意しましょう。
2020.01.31
給与謝金

「謝金」と「給与」を区別するときの判断基準、指揮命令の有無

官公庁が支払う「謝金」と「給与」についての解説です。外部の専門家や有識者へ、委員会への出席や、講演を依頼するとき、イベントなどで一時的に人手が必要なときに、個人に対して「謝金」を支払います。「給与」との区別は「雇用関係」で判断します。
2020.01.31
給与謝金

滞在費(日当と宿泊料)を支払うときの源泉徴収で迷ったとき

海外から招聘した研究者へ滞在費を支払うときの源泉徴収手続きの解説です。日当と宿泊料からなる滞在費は、旅費として支払います。旅費であれば源泉徴収が不要と思いましたが、税務署の判断は、「給与所得」として源泉徴収して支払うべきとの判断でした。
2020.01.31
給与謝金

所得税を税務署へ納付し忘れたとき、源泉徴収の時効とペナルティー

所得税の時効とペナルティーの解説です。謝金を支払うときに源泉徴収した所得税を、税務署へ納付し忘れました。過去の会計手続きですが、仕方なく税務署へ電話で確認しました。税務署からは「時効になっている所得税は徴収しない」との回答でした。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました