給与謝金

給与計算や謝金の支払手続き、源泉徴収についての解説です。

給与謝金

滞在費(日当と宿泊料)を支払うときの源泉徴収で迷ったとき

海外から招聘した研究者へ滞在費を支払うときの源泉徴収手続きの解説です。日当と宿泊料からなる滞在費は、旅費として支払います。旅費であれば源泉徴収が不要と思いましたが、税務署の判断は、「給与所得」として源泉徴収して支払うべきとの判断でした。
2019.04.12
給与謝金

講演料を支払うときに注意したいこと、源泉徴収の区分とトラブル事例

官公庁の会計処理で謝金を支払うときに注意すべき点についての解説です。外部の人に対して支払う謝金は、源泉徴収の対象になるものがあります。源泉徴収を忘れて全額支払ってしまうと後日トラブルになります。税務調査は数年後に行われるので注意したい部分です。
2019.02.13
社会保険・共済

雇用保険の失業手当は離職理由で金額が異なる、労働トラブルの原因

協調性がなくトラブルになる人が退職するときの離職理由の解説です。任期を満了して退職するときもハローワークへ離職理由を提出します。離職理由により失業手当の金額と期間が異なります。会社都合と自己都合では、大きく失業手当の金額が変わります。
2019.01.11
給与謝金

海外の研究者へ講演謝金を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得の判断

海外の研究者へ支払う講演謝金の源泉徴収ついて解説します。海外在住(非居住者)の研究者が、日本国内でなく海外で講演を実施したときは、国内源泉所得に該当せず所得税を源泉徴収する必要はありません。日本国内で講演を実施するときは源泉徴収が必要です。
2019.01.11
社会保険・共済

社会保険や労働保険の料率一覧まとめ、健康保険や厚生年金の保険料率

人件費や給与を計算するときに必要な法定福利費の料率一覧です。社会保険料と労働保険料は、用語が複雑で、保険料の計算に必要な料率一覧の掲載場所が異なります。それぞれを正しく理解して正確に計算するための解説です。
2019.01.07
給与謝金

所得税を税務署へ納付し忘れたとき、源泉徴収の時効とペナルティー

所得税の時効とペナルティーの解説です。謝金を支払うときに源泉徴収した所得税を、税務署へ納付し忘れました。過去の会計手続きですが、仕方なく税務署へ電話で確認しました。税務署からは「時効になっている所得税は徴収しない」との回答でした。
2018.12.13
給与謝金

海外での講演料を支払うときに源泉徴収は必要か、居住者と非居住者

居住者(日本人)に対して海外での講演料を支払うときの源泉徴収についての解説です。講演料を支払うときに所得税を源泉徴収するか迷うことがあります。所得税法は複雑で判断が難しいです。国内源泉所得と居住者について正しく理解する必要があります。
2018.11.19
給与謝金

源泉徴収は謝金と旅費の合算、ホテルや旅行会社へ直接支払が必要

謝金と旅費を支払うときの源泉徴収 外部の先生へ講演などを依頼し、そのお礼として謝金と交通費(旅費)を支払うときは、源泉徴収が必要です。 注意が必要な点は、多額の旅費(交通費、日当、宿泊料)を謝金と一緒に、本人へ支...
2018.11.07
給与謝金

謝金と給与を区別するときの判断基準、雇用契約による指揮命令の有無

官公庁が支払う謝金(しゃきん)と給与の違いについての解説です。外部の専門家や有識者に各種委員会へ出席してもらうとき、講演会や研修会で講師を招くとき、イベントなどで一時的に人手が必要なときに個人に対して謝金を支払います。
2018.11.07
給与謝金

謝金の源泉徴収で判断に迷ったとき、旅費は源泉徴収の対象かどうか

謝金と旅費の源泉徴収 謝金と一緒に旅費や交通費を支払う場合は、旅費と交通費部分に対しても源泉徴収が必要です。 国税庁 タックスアンサーより抜粋 大学教授などに講演料を支払うときは、報酬・料金等と...
2018.09.04
給与謝金

年末調整と被扶養者、103万円と130万円は、所得税と社会保険の違い

年末調整の注意点 年末調整で、ミスが起こりやすい部分の解説です。 年末調整は、1年間の所得税を精算し確定させる手続です。 毎月の給与から天引きされている所得税は、概算の金額で、少し多く引かれているのが通常です。12月の最後...
2018.09.04
スポンサーリンク