PR

給与謝金

給与謝金 給与謝金
記事内に広告が含まれています。

給与や謝金についての解説です。謝金を支払うときは、所得税の源泉徴収に注意が必要です。海外の研究者へ講演を依頼したときに謝金を支払うと、旅費を含めて源泉徴収しなければならないこともあります。居住者と非居住者の判断、国内源泉所得なども解説します。

スポンサーリンク
給与謝金

社会保険手続き完全ガイド:ミスを防ぐポイントと効率化のコツ

社会保険の手続きでミスしやすい部分を徹底解説!この記事では、社会保険手続きにおける一般的なミス、特別なケースでの注意点、効率的な進め方のヒントを提供します。人事担当者や給与担当者が直面する課題を解決し、スムーズな手続きを支援します。
給与謝金

給与担当者必見!給与計算の正確性を高める秘訣:ストレス管理テクニック

給与担当初心者向けの解説です。簡単に理解できる給与計算と財務管理の基本を学ぼう。会計と給与に関する基礎知識を身につけ、あなたのキャリアをサポートします。給与担当者向けガイド:給与計算の正確性向上とメンタルヘルスの保護
給与謝金

謝金を支払うときは源泉徴収に注意!旅費も所得税の源泉徴収の対象

謝金や旅費を支払う際の源泉徴収の適用と注意点を解説。官公庁での会計実務において、謝金と旅費の源泉徴収の対象となるケースと、給与所得と報酬・料金等の区別について詳しく紹介。
給与謝金

海外研究者の滞在費支払い:日当・宿泊料の源泉徴収必要性について

海外から招聘された研究者への日当や宿泊料の支払いに関する税務処理を解説。滞在費が給与所得にあたるか、源泉徴収が必要かどうかについて、税務署の見解と具体的な相談方法を提供します。
給与謝金

海外からのオンライン講演で、講演料を支払うときに源泉徴収は必要か

講演料の源泉徴収で判断に悩みました。海外からのオンライン講演で、謝礼金を支払う際に源泉徴収すべきか迷ったのです。オンラインでの講演なので、日本には来ていません。しかし日本国内の会場で、スクリーンに映って講演をしてくれるわけです。
給与謝金

離職理由による給付制限に注意!協調性がないトラブルメーカー

退職するときの離職理由についての解説です。協調性がないトラブルメーカーが、任期満了で退職するときも、ハローワークへ離職理由を提出します。そして、離職理由により失業手当の給付制限があります。会社都合と自己都合で大きく変わります。
給与謝金

社会保険料と労働保険料の料率とは、法定福利費がわかるURL一覧

人件費を計算するときは、会社側が負担する法定福利費を計算しなければなりません。法定福利費は、社会保険料と労働保険料です。しかしそれぞれの保険料は料率が異なり計算方法も複雑です。そこで社会保険料と労働保険料の料率がわかるURLをまとめました。
給与謝金

謝金と給与の違いを知りたい!両方とも報酬なら同じと思うけれど

官公庁が支払う謝金と給与の違いです。外部の専門家へ、委員会への出席やセミナーでの講演を依頼することがあります。お礼として謝金を支払います。謝金、給与、報酬はどこが違うのか気になります。給与との違いや報酬との関係をわかりやすく解説します。
給与謝金

海外に滞在する日本人へ報酬を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得?

海外在住の日本人へ報酬を支払うときの源泉徴収です。1年以上海外に住んでいる人へ業務委託として報酬を支払うときに源泉徴収が必要か迷いました。税務署へ確認したところ国内源泉所得ではないので源泉徴収は不要でした。迷うときは税務署へ尋ねましょう。
給与謝金

年末調整の基礎知識、収入と所得の違い、配偶者の合計所得金額の解説

年末調整を始める前に知っておきたい基礎知識です。収入と所得の違い、必要経費を控除する理由、配偶者の所得金額の記載方法などをわかりやすく解説します。また健康保険の被扶養者の収入との違いも簡単に解説しました。所得税法とは考え方が異なります。
給与謝金

講演謝金と旅費を支払うときの源泉徴収、謝金を払うと旅費が赤字に

講演謝金を支払うときの注意点です。外部の専門家へ講演を依頼し、謝金を支払うときは注意が必要です。旅費の部分に対してまで源泉徴収されてしまうことがあります。海外旅費の場合には、謝金を支払うことで赤字になってしまうこともあります。
給与謝金

謝金を払うときは所得税の源泉徴収に注意!天引きを忘れると痛い

講演料などの謝金を支払うときは、所得税の源泉徴収に注意が必要です。謝金は、内容によって源泉徴収が必要になることがあります。所得税の天引きを忘れて本人へ全額払ってしまうと、代わりに所得税を払わなければなりません。税務調査で痛い状況になります。
給与謝金

年末調整の所得と控除を正しく理解する、年末調整の勉強方法とは

年末調整の前に知っておきたい基礎知識です。最初に基礎用語を理解しておくと、年末調整がわかりやすくなります。年末調整は、所得税を確定させるための事務手続きです。毎年内容が変わるので、最新の手引で確認しましょう。所得と控除を理解しましょう。
給与謝金

海外で実施した講演謝金を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得とは

海外で開催したシンポジウムでの講演料を支払うときの源泉徴収についての解説です。日本に住む居住者へ講演料を支払うときに、源泉徴収するか迷うことがあります。海外で開催する講演料が国内源泉所得に含まれるのか、居住者と非居住者の違いについてです。
給与謝金

海外で行われた講演謝金の源泉徴収、非居住者と国内源泉所得の判断

海外の研究者へ講演謝金を支払うときの源泉徴収で迷いました。海外在住の研究者が、日本国内でなく海外で講演を実施したときは、国内源泉所得に該当せず所得税を源泉徴収する必要はありません。ただし日本国内で講演するときは源泉徴収が必要です。
給与謝金

源泉徴収した所得税の納付を忘れたとき、時効かどうかで判断が変わる

源泉徴収した所得税を税務署へ納付するのを忘れていました。しかも、かなり前から納付していません。当時の担当者が税務署への支払手続きを知らなかったようです。税務署へ確認したところ、すでに時効になっている所得税は徴収できないとの回答でした。
スポンサーリンク