給与謝金

給与や謝金についての解説です。謝金を支払うときは、所得税の源泉徴収に注意する必要があります。特に、海外の研究者へ講演を依頼したときは、場合によっては、旅費を含めて源泉徴収することもあります。居住者と非居住者の判断なども解説します。

スポンサーリンク
給与謝金

両方とも「報酬」? 官公庁が支払う「謝金」と「給与」の違いとは

官公庁が支払う「謝金」と「給与」の違いについての解説です。委員会への出席や、セミナーでの講演を外部の専門家へ依頼することがあります。謝礼として「謝金」を支払います。「給与」との違いや「報酬」との関係をわかりやすく解説します。
2021.02.18
社会保険・共済

わかりやすい「法定福利費」一覧、社会保険料や労働保険料の計算

人件費の計算に必要な「法定福利費」一覧です。給与などの人件費は、社会保険料と労働保険料の法定福利費を計算しなければなりません。ところが、この法定福利費は種類が多く、計算方法がそれぞれ異なるため、とても複雑です。わかりやすく簡単に解説します。
2021.02.01
給与謝金

「謝金」は全額払えない?「講演料」等を支払うときに必要な源泉徴収

講演料などの「謝金」を支払うときに注意したい「所得税」の解説です。外部の人に対して支払う謝金は、支払い時に「源泉徴収の対象」になることがあります。所得税を天引きせずに、全額本人へ支払ってしまうと、税務調査で指摘を受けてしまいます。
2021.02.01
スポンサーリンク
給与謝金

面倒な「年末調整」こそ期限までに書類を集める、効果的な説得方法

年末調整の書類を提出してくれない人への説得方法です。給与事務担当者にとって、年に一度の悩みの種でもあります。給与の支払処理には期限があるのに、年末調整の書類を提出してくれない、「もう間に合わない」と板挟みになります。
2021.01.16
給与謝金

わかりやすい年末調整のしかた、年末調整を始める前の「基礎知識」

年末調整を始める前に知っておきたい基礎知識です。最初に基礎用語を理解しておくと、年末調整の勉強に役立ちます。年末調整は、会社員の所得税を確定させるための事務手続きです。毎年内容が変わるので、正しい年末調整を行いましょう。
2021.01.16
給与謝金

年末調整「配偶者の所得金額」がわからない! 収入と所得を理解

年末調整についての解説です。「収入」と「所得」の違い、「必要経費」を控除する理由、配偶者の所得金額の記載方法などを、わかりやすく解説します。また、健康保険の被扶養者収入要件との違いも簡単に解説しました。官公庁だけでなく、一般的な基礎知識です。
2021.01.16
給与謝金

ここがわからない!「居住者」と「国内源泉所得」、「源泉徴収」

居住者(日本人)に対して、海外で開催したシンポジウムでの講演料を支払うときの源泉徴収についての解説です。講演料を支払うときに、所得税を源泉徴収するか迷うことがあります。「国内源泉所得」と「居住者」について正しく理解する必要があります。
2021.01.16
給与謝金

これは大変だ!「所得税」を納付し忘れた!やはりペナルティーか?

所得税の時効とペナルティーの解説です。謝金を支払うときに源泉徴収した所得税を、税務署へ納付し忘れました。過去の会計手続きですが、仕方なく税務署へ電話で確認しました。税務署からは「時効になっている所得税は徴収しない」との回答でした。
2021.01.16
給与謝金

わからない!「滞在費」は源泉徴収するべき?日当と宿泊料の判断

海外から招聘した研究者に対して、「滞在費」を支払うときの源泉徴収の解説です。滞在費は、旅費上の日当と宿泊料として支払います。旅費であれば源泉徴収は不要と思いましたが、少し疑問が残ります。そこで、念のため税務署へ確認しました。
2021.01.16
給与謝金

ここが、ややこしい!「非居住者」へ謝金を支払うときの源泉徴収

海外の研究者へ支払う講演謝金の源泉徴収ついて解説します。海外在住(非居住者)の研究者が、日本国内でなく海外で講演を実施したときは、国内源泉所得に該当せず所得税を源泉徴収する必要はありません。日本国内で講演を実施するときは源泉徴収が必要です。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました