給与謝金

給与謝金

海外での講演料を支払うときに源泉徴収は必要か、居住者と非居住者

居住者(日本人)に対して海外での講演料を支払うときの源泉徴収についての解説です。講演料を支払うときに所得税を源泉徴収するか迷うことがあります。所得税法は複雑で判断が難しいです。国内源泉所得と居住者について正しく理解する必要があります。
2018.11.19
給与謝金

源泉徴収で注意したいこと、講演謝金の源泉徴収を忘れるとトラブルに

官公庁の会計処理で謝金を支払うときに注意すべき点についての解説です。外部の人に対して支払う謝金は、源泉徴収の対象になるものがあります。源泉徴収を忘れて全額支払ってしまうと後日トラブルになります。税務調査は数年後に行われるので注意したい部分です。
2018.11.09
給与謝金

源泉徴収は謝金と旅費の合算、ホテルや旅行会社へ直接支払が必要

謝金と旅費を支払うときの源泉徴収 外部の先生へ講演などを依頼し、そのお礼として謝金と交通費(旅費)を支払うときは、源泉徴収が必要です。 注意が必要な点は、多額の旅費(交通費、日当、宿泊料)を謝金と一緒に、本人へ支...
2018.11.07
給与謝金

謝金と給与を区別するときの判断基準、雇用契約による指揮命令の有無

官公庁が支払う謝金(しゃきん)と給与の違いについての解説です。外部の専門家や有識者に各種委員会へ出席してもらうとき、講演会や研修会で講師を招くとき、イベントなどで一時的に人手が必要なときに個人に対して謝金を支払います。
2018.11.07
給与謝金

謝金の源泉徴収で判断に迷ったとき、旅費は源泉徴収の対象かどうか

謝金と旅費の源泉徴収 謝金と一緒に旅費や交通費を支払う場合は、旅費と交通費部分に対しても源泉徴収が必要です。 国税庁 タックスアンサーより抜粋 大学教授などに講演料を支払うときは、報酬・料金等と...
2018.09.04
給与謝金

年末調整と被扶養者、103万円と130万円は、所得税と社会保険の違い

年末調整の注意点 年末調整で、ミスが起こりやすい部分の解説です。 年末調整は、1年間の所得税を精算し確定させる手続です。 毎月の給与から天引きされている所得税は、概算の金額で、少し多く引かれているのが通常です。12月の最後...
2018.09.04
給与謝金

滞在費(日当や宿泊料)は源泉徴収が必要、海外から研究者を1年間招へい

韓国から招へいする研究者へ、滞在費(宿泊料・日当相当)を支払うとき、源泉徴収を行なう必要があるか判断に迷ったので、税務署へ確認したメモです。 滞在費は所得と看做される 税務署の人へ電話で確認したときの回答です。 名目上は、...
2018.09.04
給与謝金

源泉徴収した所得税を納付し忘れたとき、時効になる前に速やかに処理

所得税の時効 過去の支払書類を確認していたところ、なんとビックリ、謝金を支払ったときに、支払額から控除した(天引き)所得税が帳簿上に残っていました。どうやら、税務署に支払うのを忘れていたようです。 当時の会計担当者は、すでに異動...
2018.09.04
社会保険・共済

離職理由により異なる雇用保険の失業手当に注意、協調性に欠ける人

協調性がなく悩みの種 組織で働く人に求められる重要な基礎能力として協調性があります。働く人が多い職場ほど、組織の機能を発揮させるために協調性が必要となります。 雇用関係のトラブルで一番多いのが、協調性に欠けた人の...
2018.09.04
社会保険・共済

社会保険と労働保険の料率表サイト一覧、人件費の積算に必須の情報

給与などの人件費に関係する社会保険料等は、担当の官公庁が細かく分かれていて、とてもわかりにくいです。 また、保険料率が頻繁に改正されるので、計算するときは、常に最新の料率を確認する必要があります。 社会保険とは、健康保険料、...
2018.09.04
給与謝金

海外の研究者へ謝金を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得のみ

海外で講演 海外在住の研究者へ、海外での講演を依頼し、その謝礼として日本から謝金を海外送金で支払うとき、源泉徴収が必要かどうか迷いました。 結論は、源泉徴収の必要はありません。 ただし、日本国内で講演してもらえば、源泉徴収20%が必要...
2018.09.04
スポンサーリンク