契約手続き

官公庁の「契約手続き」についての解説です。
契約方式の原則である一般競争入札、例外的手続きである指名競争入札、随意契約などの解説です。契約方式を判断する方法や、入札を実施するときの手順、実際の書類作成方法、随意契約の注意点などを、わかりやすく説明します。

スポンサーリンク
契約手続き

一般競争入札のすべて、契約手続きを具体例でわかりやすく解説

官公庁が実施する一般競争入札の解説です。契約手続きで一番多い物品購入契約を具体例にしています。仕様書の作成、予定価格の作成、入札や開札の方法、契約書の取り交わしなどです。一般競争入札の流れと手続きの基本を理解できます。
2021.10.15
契約手続き

入札か随意契約か?契約方式の判断手順をわかりやすく解説

契約方式を判断する手順です。競争入札と随意契約では、契約手続きや必要書類が全然違います。最初に契約方式を決定しないと、書類が無駄になります。契約方式を判断する手順を、根拠法令を確認しながら、具体例を用いてわかりやすく解説します。
2021.10.15
契約手続き

仕様書の書き方をわかりやすく解説、一般競争入札の仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な仕様書の書き方です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
2021.10.15
スポンサーリンク
随意契約

なぜ随意契約できるのか、随意契約を判断する4つの条件とは

随意契約は、官公庁が民間企業と契約を締結するときに、相手方を選ぶ契約方式の例外手続きです。官公庁の契約方式は競争入札が原則です。随意契約は競争入札よりも大幅に手続きを簡略化できます。随意契約を選択するときの判断方法、根拠法令を簡単に解説します。
2021.10.15
契約手続き

請書が必要になる理由、請書のわかりやすい解説、請書の様式と変更方法

官公庁の契約手続きに必要な「請書」の解説です。請書は、どのような書類なのか、請書の根拠法令、契約書と請書の違い、請書の強制力、請書による契約を変更する方法をわかりやすく解説します。官公庁の契約担当者、営業担当者に必須の知識です。
2021.10.15
随意契約

相見積(合見積)が違法になる?相見積と見積もり合わせの違い

相見積と見積もり合わせについての解説です。両方とも金額を比較するために複数の見積書を揃えることです。しかし見積書を取り寄せる方法を間違えると談合と同じになってしまいます。複数の見積書を比較するときは、「見積もり合わせ」が正しい表現です。
2021.10.15
入札

一般競争入札と見積もり合わせの違い、契約手続きを簡単に比較

官公庁が実施する「一般競争入札」と「見積もり合わせ」の解説です。それぞれの契約手続きの流れを理解しておくことが大切です。一般競争入札の目的、競争入札の種類、手続きの手順などです。一般競争入札と見積もり合わせの違いも把握しておきましょう。
2021.10.14
随意契約

オープンカウンター方式と一般競争入札の違い、メリットとデメリット

多くの官公庁でオープンカウンター方式による見積もり合わせ(公開見積り合わせ、公募型見積合わせ)が導入されています。発注情報を公開して誰もが見積競争に参加できるようになりました。一般競争入札との違いや、導入経緯などをわかりやすく解説します。
2021.09.26
契約手続き

少額随意契約の事務手続きを簡単に把握する、根拠法令と必要書類

官公庁の契約手続きで一番多い少額随意契約についての解説です。少額随意契約の根拠法令、手続きの流れ、必要書類を簡単に把握しましょう。仕様書の作成から見積もり合わせ、決裁手続きまでの一連の流れです。
2021.09.23
入札

開札会場の設営方法とは、実際に入札するときの会場設営方法

開札会場の設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。開札当日に会場までの道順がわからず迷子になったりすれば、大きなトラブルになります。開札会場の設営方法をわかりやすく解説します。
2021.09.23
随意契約

随意契約と競争入札の手続きを比較、随意契約は10倍も簡単!

随意契約のメリットをわかりやすく解説します。競争入札と随意契約の手続きを比較すると、随意契約の方が10倍も効率的です。理解しやすいように実際の契約手続きを数値に換算して比較しました。競争入札と随意契約の労力(業務量)の比較です。
2021.09.23
入札

一般競争入札よりも随意契約の方が 7 億円も安い?スパコンの契約

スーパーコンピュータの国際入札についての解説です。1991年の日米経済摩擦によって、アメリカ政府から日本の市場開放を迫られていました。しかし国際入札より随意契約の方が安い金額で契約可能でした。国際入札と随意契約でどちらにするか迷いました。
2021.09.23
入札

リバースオークションが官公庁には適さない理由、過度な競争は致命傷

官公庁が導入しているリバースオークションのデメリットです。リバースオークションは、価格競争を繰り返し契約の相手方を決定します。しかし過度の価格競争は、将来的に大きな傷を残します。官公庁の契約担当者には、公正性を意識した契約手続きが重要です。
2021.09.23
随意契約

競争性がない随意契約とは、契約方式の例外で適用がむずかしい契約

競争性がない随意契約の解説です。官公庁の契約方式は一般競争入札が原則です。例外として予決令 102 - 4 - 3 に基づく競争性のない随意契約が認められています。しかし予決令 102 - 4 - 3 を適用するときの判断はむずかしいです。
2021.09.23
スポンサーリンク