契約手続き

官公庁の契約手続きについての解説です。
契約方式の原則である一般競争契約(入札)、例外的手続きである指名競争契約(入札)、随意契約について解説します。契約方式を判断する手順、入札を実施するときの手順と書類作成方法、随意契約の注意点などを、わかりやすく説明します。

スポンサーリンク
随意契約

予定価格を超えた「随意契約」は可能か、見積金額が高いときの対処

予定価格を超えた「随意契約」は可能か、詳しく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。通常は自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約で、見積金額が予定価格を超えたときの具体的な対処方法の解説です。
2019.11.15
入札

「1社入札」を正しく理解する、主な原因と根拠法令の解説

「1社入札」についての解説です。「入札の目的」や「1社入札」が問題でないケースなどを、根拠法令と具体例から解説します。すべての「1社入札」を問題視してしまうと、新たな不正を誘発します。契約実務面から「1社入札」について詳しく解説します。
2019.11.14
入札

「1社入札」は有効です、問題視すれば重大な「不正事件」が発生

「1社入札」を問題視する報道があります。「競争性が確保されていない」という理由によるものです。しかし本当に問題なのか、実務者の視点から詳しく解説します。1社入札を無効とする見解や、有効とする見解、指名競争入札での「1社入札」の解説です。
2019.11.14
スポンサーリンク
契約手続き

契約書類の根拠法令一覧

契約関係書類の根拠法令一覧です。
契約手続き

契約書への正しい「押印の順番」、先に民間会社側へ押印依頼する

国が締結する契約書への「押印の順番」についての解説です。通常の契約実務では、当事者双方が一緒に押印することはありません。契約書へ押印する順番は、契約事務取扱規則により、最初に民間会社側が押印します。正しい「押印の順番」の解説です。
2019.11.11
随意契約

「随意契約」に必要な「選定理由書」の書き方、実例で簡単に理解

官公庁の契約手続きで、「随意契約」を締結するときに必要な「理由書」の解説です。「少額随意契約」や「競争性のない随意契約」では、機種選定理由書や業者選定理由書などの「随意契約理由書」が必要になります。わかりやすい書き方の解説です。
2019.10.15
契約手続き

初めての「見積もり合わせ」、契約実務経験20年のノウハウを公開

官公庁が「随意契約」を締結するときに実施する「見積もり合わせ」の解説です。「見積もり合わせ」初心者へ、契約実務経験20年のノウハウを公開します。「見積もり合わせ」については、具体的な手順や方法を記載した参考書が存在しません。
2019.10.07
契約手続き

「入札手続き」を簡単に知りたいとき、作成書類と手続きの手順

「入札手続き」を実例で解説します。官公庁の契約で一番多い「購入契約」の手続き例です。仕様書の作成から、入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入する想定で、総額280万円の入札手続きの解説です。
2019.10.04
随意契約

「随意契約」が不正になる「分割発注」とは、入札手続きとの比較

「入札手続き」を避ける意図で、分割して「随意契約」を締結したり、架空工事を行うことは「不正」です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるメリットは何なのか、「入札」と「随意契約」の比較について解説します。
2019.09.30
契約手続き

官公庁が「入札」を原則としている法的根拠、「国際入札」の考え方

官公庁の「契約方式」についての解説です。原則は「入札」です。国は会計法、地方公共団体は、それぞれの規則で契約金額によって契約方式を定めています。大規模な契約では「国際入札」が必要になります。「一連の契約」「同種の契約」の解説です。 契約方...
2019.09.17
スポンサーリンク