契約手続き

官公庁の「契約手続き」についての解説です。
契約方式の原則である一般競争入札、例外的手続きである指名競争入札、随意契約などの解説です。契約方式を判断する方法や、入札を実施するときの手順、実際の書類作成方法、随意契約の注意点などを、わかりやすく説明します。

スポンサーリンク
随意契約

見積もり合わせが省略できる基準額、1社のみの見積書で良いか?

事務簡素化、業務効率化の観点からすれば、見積もり合わせも省略したいものです。競争入札を簡略化した見積もり合わせも手続きに時間がかかります。見積もり合わせを省略する場合の根拠法令、1社のみの見積書の可否について解説します。
2021.08.02
契約手続き

仕様書の書き方をわかりやすく解説、一般競争入札の仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な仕様書の書き方です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
2021.08.02
契約手続き

仕様書を作成する前に知っておきたいこと、表現や記載方法

仕様書の書き方についての解説です。実際に仕様書を作成するときに、どのように表現し記述すれば良いのか、どこまで詳しくする必要があるのか解説します。仕様書は、相手に求める内容を書類としてまとめるものです。契約の中心的な書類になります。
2021.08.02
スポンサーリンク
入札

国際入札とは、政府調達に関する協定の対象範囲、対象基準額の推移

政府調達に関する協定が適用される国際入札についての解説です。そもそも国際入札とはどのような手続きか、対象となる機関、基準額の推移です。どの契約が該当するのか判断がむずかしいです。長期間の契約手続きになるので、早い時期から準備が必要です。
2021.08.01
契約手続き

一般競争入札と随意契約を判断する手順、契約方式を決定する方法

一般競争入札にするか、随意契約とするか、官公庁が契約方式を判断する手順です。最初に予決令99条が適用できる少額随意契約に該当するか検討します。少額随意契約に該当しないときは、競争性がない随意契約の場合を除き、一般競争入札になります。
2021.08.01
契約手続き

仕様書を作成するときのチェックポイント、仕様書・予定価格同一の原則

仕様書を作成するときに注意したいポイントです。官公庁が実施する一般競争入札では、最初に仕様書を作成します。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格を作成します。仕様書を作るときのチェックポイント、予定価格との関係です。
2021.08.01
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました