PR

契約手続き

記事内に広告が含まれています。
官公庁の契約手続き

官公庁の契約手続き

官公庁の「契約手続き」についての解説です。
契約方式の原則である一般競争入札、例外的手続きである指名競争入札、随意契約などの解説です。契約方式を判断する方法や、入札を実施するときの手順、実際の書類作成方法、随意契約の注意点などを、わかりやすく説明します。

 

このカテゴリーには次の内容が含まれています。

 

カテゴリー「入札」

 

カテゴリー「随意契約」

スポンサーリンク
契約手続き

官公庁のための機種選定理由書と同等品認定:透明性と効率性を高める方法

官公庁の入札と契約で重要な「機種選定理由書」と「同等品認定」について、定義、目的、メリットとデメリット、実務手続き、よくある質問(FAQ)を詳しく解説します。透明性と公平性を保ち、効率的な調達を実現するための具体的な手法を紹介します。
入札

官公庁入札での同等品を認める方法と注意点【成功の秘訣】

官公庁の入札で同等品を認めるための手順と注意点を徹底解説。同等品の定義、提出書類、事前確認の流れ、トラブル回避策を詳しく説明し、入札成功をサポートします。
契約手続き

委任状をわかりやすく解説、委任と代理、代理人と復代理人の違い

官公庁の契約手続きに必要な委任状の解説です。そもそも委任状は、どのような書類なのでしょうか?委任の根拠法令である民法を確認しながら、わかりやすく解説します。委任と代理の違い、委任状の書き方、委任と代理、代理人と復代理人の違いです。
スポンサーリンク
随意契約

相見積が危険な理由、見積もり合わせとの違いを正しく理解する

官公庁が締結する少額随意契約では、見積書を比較して契約の相手方を選びます。見積書を比較するときに、「見積もり合わせ」や「相見積」という表現を使います。同じように使われることが多いですが、「相見積」は談合を意味してしまうことがあります。
随意契約

「相見積もり」と「見積もり合わせ」の違いとは?官公庁の契約手続きにおける正しい方法を解説

官公庁の契約手続きにおける「相見積もり」と「見積もり合わせ」の違いを法的観点から詳しく解説。談合を避ける正しい方法とは?専門家が明かす契約の秘訣。
契約手続き

会計検査で「やばい」と感じる瞬間とは?相見積もりの違法ケースと対策を徹底解説

会計検査における相見積もりの違法行為やその発覚事例、違法行為を避けるための適正な方法と対策について解説します。公正で透明性のある公共調達を実現するための知識を提供します。
契約手続き

「見積もり合わせ」の手順、仕様書の作成から結果通知までの具体例

官公庁での見積もり合わせ手順を初心者にもわかりやすく解説。仕様書の作成から合否通知までの流れと少額随意契約の法的根拠を詳しく説明します。
契約手続き

仕様書・予定価格同一の原則、仕様書を作成するときに忘れがちな点

仕様書を作成するときに注意したいポイントです。官公庁が実施する一般競争入札では、最初に仕様書を作成します。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格を作成します。仕様書を作るときのチェックポイント、予定価格との関係です。
契約手続き

契約方式を判断するための予定価格、分割契約で随意契約することの可否

官公庁の契約方式は、原則、一般競争入札です。例外として、業務を効率的に行うために、事務手続きを簡略化した少額随意契約が法令で認められています。少額随意契約は、一定金額以下の場合に適用できます。契約方式を判断するときの予定価格の考え方、分割契約による随意契約についての解説です。
契約手続き

透明契約・透明入札制度とは?:談合・贈収賄・予定価格漏洩事件を撲滅!

官公庁の契約手続きでの不正事件、贈収賄や談合、予定価格漏洩を防ぐ方法を徹底解説。透明契約・透明入札制度により、不正を完全に排除し、公平な競争を実現します。会計法令の見直しや電子入札の問題点も分析。
契約手続き

単価契約を必要とする理由、総価契約ができない具体的なケース

官公庁での契約手続きにおける単価契約と総価契約の違いと必要性について詳細に解説。数量が確定できない場合の単価契約の重要性や、効率的な契約手続きのための具体例を学びましょう。
随意契約

随意契約のメリットを活かす!効果的な契約方式の選択

随意契約のメリットとは何か?本記事では、官公庁の契約手法としての随意契約の利点、注意点、実際の適用事例、他の契約方法との比較、将来の予測について詳しく解説します。随意契約の基本から応用までを網羅し、官公庁と企業がより効率的で公正な契約を行うためのガイドラインを提供します。
随意契約

入札参加資格がなくても随意契約できるのか:根拠法令をわかりやすく解説

入札参加資格を持ってない会社と随意契約できるのか? 契約実務を担当していると迷うことがあります。この記事では、官公庁の契約実務担当者が随意契約を適用するときの条件、手続きの流れ、契約書作成の要点を解説し、公正かつ効率的な契約プロセスを実現するための実践的な知識とアドバイスを提供します。
契約手続き

「入札」と「見積もり合わせ」の違いをわかりやすく解説

官公庁の会計実務で重要な「入札」と「見積もり合わせ」の違いを解説。両者の手続き、効率性、公平性の観点から具体的な違いをわかりやすく説明します。官公庁での契約手続きや会計実務を効率的に進めるための重要なポイントを学びましょう。
入札

一社入札が無効となる場合、入札公告期間を正しく理解する

 一般競争入札における一社入札は、入札公告期間を十分に確保していれば有効です。しかし極端に短い入札公告期間を設定し、あらかじめ入札内容を知っていなければ参加できないような状況であれば、一社入札は無効にしなければなりません。
契約手続き

見積書の依頼など発注業務で注意したいこと、大切な人を守るための知識

 見積書を取り寄せたり、民間企業へ何かを依頼する発注業務を担当するときに注意したいことです。官公庁では、会計法令で定められている契約手続きを無視してしまうと、違法行為になってしまうことがあります。「自分には関係ない」と思っていても、犯罪に巻き込まれるリスクがあり、かなり危ないです。大切な人を守るためにも、理解しておきましょう。
随意契約

随意契約のメリットは、業務の効率性!一般競争入札と比較すると10倍も早く契約できる

随意契約は、一般競争入札に比べて、業務の効率性に優れています。一般競争入札は、仕様書の作成や問い合わせ対応など、多くの手続きが必要で、約2ヶ月の業務量が必要です。一方、随意契約は、約5日間の業務量で済みます。
入札

スーパーコンピューターの国際入札と随意契約:安さと公正さの狭間で

スーパーコンピューターの国際入札と随意契約に関する深い洞察。安さと公正さのバランスを探る官公庁の契約手続きとその影響を探求します。
契約手続き

仕様書を作成する前に知っておきたい表現や記載方法

仕様書を書く前に知っておきたいことです。実際に仕様書を作成するときに、どのような表現で記述すれば良いのか、どこまで詳しく書く必要があるのか悩みます。仕様書は、相手に求める内容を書類としてまとめたものです。契約の中心になる書類です。
随意契約

「随意契約」徹底解説!基本から活用方法、他契約形態との違いまで

随意契約の基本から活用方法、他の契約形態との違いまでを徹底解説。初心者も随意契約の知識を深め、効果的な活用のヒントを得ることができます。
スポンサーリンク