契約手続き

官公庁の契約手続きについての解説です。
契約方式の原則である一般競争契約(入札)、例外的手続きである指名競争契約(入札)、随意契約について解説します。契約方式を判断する手順、入札を実施するときの手順と書類作成方法、随意契約の注意点などを、わかりやすく説明します。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
随意契約

入札者や落札者がないときの「不落随意契約」、「入札不調」の解説

入札不調についての詳しい解説です。入札が不調となる3つのケースや不落随契(ふらくずいけい)と呼ぶ契約方式の根拠法令をわかりやすく解説します。入札者がないときや落札者がないときの入札打ち切りの判断等も説明します。
2019.09.06
契約手続き

官公庁が必要とする「見積書」は2種類、「見積もり合わせ」とは

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2019.09.06
契約手続き

「請書」のわかりやすい解説、初心者が知りたい契約書との違いや強制力

官公庁の契約手続きに必要な「請書(うけしょ)」の詳しい解説です。「請書」とは、どのような書類なのか、「請書」を必要とする根拠法令、「請書」と「契約書」の違いなどの説明です。相手方に対しての強制力、契約変更の手続きを実務面から解説します。
2019.09.06
スポンサーリンク
入札

「1社入札」を問題視する危険な考え方、実務担当者の正しい見方

「1社入札」についての解説です。競争入札に参加する会社が「1社」のときは、実質的に競争が行われず、国民の税金が無駄に使われるという報道があります。しかし、実際にはそんなことはなく、むしろ「1社入札」を問題視する報道こそ危険です。
2019.08.06
入札

「入札」を実施するとき、実務担当者に知ってもらいたい「競争」

「正しい競争」についての解説です。不当な利益を得る「談合」は、入札に絡む典型的な不正事件です。しかし、過度な価格競争を防止するための「必要悪」とまで言われてます。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2019.07.30
契約手続き

「透明契約・透明入札制度」を導入し、契約手続きを不正から守る

官公庁の契約手続きを「不正事件」から完全に守る方法の解説です。契約手続きに関係する「贈収賄事件」や「談合事件」を、完全に撲滅します。会計法令を見直し、ブラックボックス部分の手続きを排除します。「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2019.07.25
随意契約

「随意契約」のわかりやすい解説、「随意契約理由書」の必要理由

「競争性のない随意契約」について、わかりやすく解説します。「随意契約理由書」が必要な理由、随意契約の根拠法令の説明です。官公庁の契約手続は、「一般競争入札」が原則です。例外として「指名競争入札」と「随意契約」が認められています。
2019.07.24
契約手続き

「入札」か「随意契約」か、重要な「契約方式」を判断する手順

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2019.07.23
入札

入札が高くなるという理由、随意契約なら年間7億円安いスパコン

スパコンの国際入札についての解説です。1991年当時、日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていました。しかし国際入札手続きするよりも、随意契約なら破格の安い金額締結可能でした。随意契約すべきか判断に迷ったときの解説です。
2019.07.05
スポンサーリンク