基礎知識

国や地方公共団体など、官公庁の会計実務に役立つ基礎知識の解説です。日常業務の中で、意識せずに使っている言葉などの正しい意味を解説します。初心者にも役立つ情報です。

スポンサーリンク
基礎知識

知らなかった!こんなに簡単!「財政小六法」をマスターするコツ

官公庁の契約実務に必要な「財政小六法」の解説です。特に「契約手続き」に関しては、細かな会計法令の知識が必須です。「財政小六法」の使い方を理解して、会計法令をマスターするコツです。ごく一部の条文さえ理解すればマスターできます。
2020.03.24
基礎知識

わかりそうで、わからない!契約の基本概念、「債権」と「債務」

官公庁の契約実務担当者に必須の基礎知識「契約」についての解説です。初心者向けにわかりやすく解説します。国民の税金を使用する官公庁の契約では、会計法令に基づく手続きが必要です。契約の成立や債権債務の発生時期について具体例で説明します。
2020.03.24
基礎知識

うん?国立大学の教員が、自分の本を出版していいの?自著を公費負担

国立大学の教員等が個人で出版するときの経費負担の解説です。教員等が研究成果を個人の書籍として出版するときに印税を受け取ることは問題ありません。しかし出版経費として、税金を原資とする大学の予算や科研費を使用するときは注意が必要です。
2020.03.24
スポンサーリンク
基礎知識

あなたは「請負契約」と「委託契約」の違いを説明できますか?

労働サービスを提供してもらう契約形態には、「請負、委託、派遣、出向、雇用」があります。それぞれの違いを、簡単にわかりやすく解説します。官公庁の契約実務では、契約形態によって適用する法令や手続きが異なります。十分に理解したいポイントです。
2020.03.13
基礎知識

ここがわからない!「人件費」を簡単に計算するには「コツ」があった

「人件費」を概算で計算する方法です。官公庁の会計実務では、事業の費用を見積もるときや、契約金額の概算を把握したいケースがあります。業務従事者本人へ支払う給与の他に、雇用主が負担する「法定福利費」の計算が必要になります。
2020.03.13
基礎知識

困った!契約書が作れない!、契約書の当事者名「甲・乙・丙」の次は

契約書の当事者を定義するときの、呼び方についての解説です。一般的な契約書は2~3者で契約を締結することが多く、甲・乙・丙(こうおつへい)を使います。それ以上の契約当事者の呼び方は、十干(じっかん)表を使います。
2020.03.13
基礎知識

これなら簡単!おおまかな「人件費」計算方法、「法定福利費」の解説

「人件費」を簡単に計算する方法です。社会保険や労働保険などの法定福利費の料率を把握すれば、悩まずに簡単に算出できます。おおまかに「人件費」を把握したいときの解決策です。各種保険料の料率さえ算出しておけば、給与を基に計算できます。
2020.03.11
基礎知識

これが社会保険のわかりにくいところ、「社会保険のサイト一覧」

「社会保険のサイト一覧」です。社会保険は、管轄の窓口が複雑でわかりにくいです。法律で定められている法定福利費は、健康保険料、厚生年金保険料、児童手当拠出金、労災保険料、雇用保険料です。年金事務所とハローワーク、協会けんぽです。
2020.03.11
基礎知識

なぜ「研究不正」が後を絶たないのか、これが原因、3つの対策とは

研究不正を撲滅する方法についての解説です。「論文不正」は、現在(2014年)の研究環境では増加する一方です。政府の「競争的資金」が増加し、短期間で研究成果を求めらています。背景には、身分の不安定な研究者が増加していることがあります。
2020.03.10
基礎知識

官公庁における正しい「会議費」の考え方、わかりやすい「支出基準」

官公庁の「会議費支出基準」の解説です。税金での会議費支出が認められる基準について説明します。通常の食事代や、接遇を目的とした懇親会費について、会議の定義や単価の考え方です。食事代は、旅費法の日当を目安に単価を設定します。
2020.01.31
基礎知識

海外に滞在する日本人へ報酬を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得

海外在住の日本人へ報酬を支払うときの「源泉徴収」の解説です。1年以上海外で生活している人に対して、業務委託として報酬を支払うときに、源泉徴収が必要なのか迷いました。税務署へ確認したところ「国内源泉所得ではない」ので源泉徴収は不要でした。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました