基礎知識

国や地方自治体など、官公庁の会計実務に役立つ「基礎知識」です。日常業務の中で、意識せずに使っている言葉などの正しい意味を解説します。初心者にも役立つ情報です。

スポンサーリンク
基礎知識

官公庁の会計実務をひとりで学べる「電子書籍」、今こそチャンス!

(どうしよう、仕事がわからない・・) 初めての仕事は、不安ばかりで焦ってしまいます。周りの人は忙しそうで聞きづらかったり、教えてもらっても、十分に理解できないこともあります。実務経験者が執筆した書籍なので、書類作りを効率的に勉強できます。
2021.03.03
基礎知識

仕事がわからない? これが仕事を効率的に覚えられるコツです!

初めての仕事を覚える方法です。初めて就職した新人や、人事異動で新しい仕事を担当する人にとっては、毎日が不安だらけです。知らない仕事ばかりで悩みます。誰もが通過する試練とわかっていてもツライものです。仕事を効率的に勉強する方法の解説です。
2021.02.27
基礎知識

「保証期間」を「契約書」へ記載する方法、根拠法令と契約書の例

「無償保証期間」についての解説です。物品などを購入すると「保証書」が添付されています。なぜ「無償保証期間」が必要なのか、その法的な根拠は何なのか、わかりやすく解説します。また「契約書」へ記載が必要な理由なども説明します。
2021.02.08
スポンサーリンク
基礎知識

知らなかった!「見積書」には2つの種類があった、営業担当にも必須

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2021.02.06
基礎知識

ここがわからない!「人件費」を簡単に計算するには「コツ」があった

「人件費」を概算で計算する方法です。官公庁の会計実務では、事業の費用を見積もるときや、契約金額の概算を把握したいケースがあります。業務従事者本人へ支払う給与の他に、雇用主が負担する「法定福利費」の計算が必要になります。
2021.02.06
基礎知識

うわっ!金額を間違えた!「請求書」は訂正印で問題ないの?

請求書の「金額訂正」についての解説です。単純な計算ミスや記載ミスを見つけたとき、「金額訂正」は認められるのか、会計実務担当者の訂正印で処理できるのか、わかりやすく解説します。訂正が認められない理由と根拠法令も理解しておきましょう。
2021.02.05
基礎知識

会計法令を理解すれば、「ツラい仕事」が「楽しい仕事」へ変わる

官公庁の会計実務を担当するとき、最初に知っておきたいことです。日常の仕事は、会計法令を理解していなくても困りません。書類作りは可能です。しかし会計法令をマスターすれば、自分の人生が変わり始めます。知識を蓄えるにつれ、毎日が楽しくなります。
2021.02.02
基礎知識

わかりやすい「同一労働同一賃金」、最高裁判所の「不合理」判断

「同一労働同一賃金」の待遇格差、「不合理」の判断についての解説です。2020(令和2)年10月、最高裁判所で判決がありました。正社員と非正規社員の待遇格差について、旧労働契約法20条の「不合理」と判断されるか注目を集めました。
2021.02.02
基礎知識

「請負契約」と「委託契約」の違い、印紙税法の「請負」は対象が広い

契約手続きを始めるときに、「請負契約」と「委託契約」について、どちらに該当するのか判断に迷うことがあります。「請負契約」は、完成品に対して代金を支払う契約です。一方「委託契約」は、民法上の準委任に該当し、完成品までは必要ありません。
2021.01.31
基礎知識

これが「研究不正」を撲滅する3つの解決策、論文不正の原因とは

研究不正を撲滅する方法についての解説です。「論文不正」は、現在(2014年)の研究環境では増加する一方です。政府の「競争的資金」が増加し、短期間で研究成果を求めらています。背景には、身分の不安定な研究者が増加していることがあります。
2021.01.25
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました