基礎知識

スポンサーリンク
基礎知識

落札率の報道に注意!落札率の高い入札が、すべて談合とは限らない

落札率と談合についての解説です。官公庁が実施する一般競争入札で、落札率が95%以上のときは談合の疑いがあるとの報道があります。しかし事前に参考見積書を取り寄せ、直近の取引価格を反映した予定価格なら、落札率100%の方が適正な価格になります。
基礎知識

国立大学の教授が自分の書籍を出版するときの注意点、公費負担の可否

 研究成果を出版するときの、印税の受け取りや印刷経費負担方法の解説です。私費で出版するなら印税を受け取ることができます。しかし出版経費が不足するために、大学の予算など公費で補填するときは、利益相反や業者との癒着などのリスクに注意が必要です。
基礎知識

前渡資金と前渡金、支出官と資金前渡官吏、官公庁の支払方法とは

官公庁の前渡資金(ぜんとしきん)と前渡金(ぜんときん)の解説です。民間企業が簿記上で使う前渡金と、官公庁が使う前渡金では、意味する内容が異なります。官公庁の支払手続きに必要な前渡資金、支出官と資金前渡官吏の解説です。
スポンサーリンク
基礎知識

官公庁で立替払が認められている理由、大昔の厳格な立替払判断

官公庁の立替払についての解説です。立替払の根拠法令や、なぜ立替払が必要になるのか、わかりやすく解説します。注意したいのは、簿記上の立替金とは違うこと、官公庁や自治体などの組織によっては立替払を禁止しているところもある点です。
基礎知識

請求書の金額訂正は可能?合計金額を訂正印で修正しても問題ない?

請求書の金額は訂正印で修正可能でしょうか?単純な計算ミスや記載ミスを見つけたときに、請求書の金額を訂正することは問題ないのか、会計担当者の訂正印で処理できるのか簡単に解説します。訂正が認められない理由と根拠法令も理解しておきましょう。
基礎知識

下見積書は官公庁では使えない、見積書、参考見積書、下見積書の違い

最近(2020年7月)、「下見積書」という言葉を、ネットで見かけるようになりました。官公庁の入札手続きなどで、提出書類になっています。しかし聞きなれない言葉です。下見積書と、見積書や参考見積書との違いについて、わかりやすく解説します。
基礎知識

保証期間を契約書へ記載する方法、契約書への記載例

物品を購入したときの無償保証期間についての解説です。値段の高い物品を購入すると保証書が添付されています。なぜ無償保証期間が必要なのか、根拠法令は何なのか、わかりやすく解説します。また契約書への記載を必要とする会計法令の根拠も確認します。
基礎知識

見積書と参考見積書の違いを正しく理解、契約が成立する時期とは

官公庁の契約手続きに必要な見積書の解説です。そもそも見積書がなぜ必要なのか、見積書と参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法などを具体例を用いてわかりやすく解説します。いつも使っている見積書の必須知識です。
基礎知識

レンタルとリースの違いを簡単に理解する、中途解約できるかで判断

官公庁がレンタル契約やリース契約を締結するときは注意が必要です。単年度予算では、会計年度を超えて契約を締結できません。レンタル契約であれば中途解約可能なので、契約期間を年度末に設定できます。レンタルとリースの違いをわかりやすく解説します。
基礎知識

見積書、納品書、請求書などの役割、書類を知れば仕事が理解できる

毎日たくさんの見積書、納品書、請求書などの会計書類を扱っています。これらの書類が必要だということは、法令や規則などで明記されています。しかし実際に、どのような役割があり、なんのために使う書類なのか、すぐに答えることができるでしょうか?
スポンサーリンク