PR

基礎知識

スポンサーリンク
基礎知識

見積書と参考見積書の違いを正しく理解、契約が成立する時期とは

官公庁の契約手続きに必要な見積書の解説です。そもそも見積書がなぜ必要なのか、見積書と参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法などを具体例を用いてわかりやすく解説します。いつも使っている見積書の必須知識です。
基礎知識

見積書、納品書、請求書などの役割、書類を知れば仕事が理解できる

会計担当者は、毎日たくさんの見積書、納品書、請求書などの書類を扱っています。書類の必要性については、法令や規則などで明記されています。しかし、どのような役割があり、なんのために使うのか、すぐに答えることができるでしょうか?
基礎知識

会計法令をマスターするコツ、辛い毎日が楽しくなる勉強方法

 官公庁の会計実務は、法令を理解していなくても困りません。過去の書類を真似すれば作れます。しかし会計法令を理解していないと、書類の作り方がわからず、仕事が遅れ、悩むことになります。会計法令をマスターすれば、余裕が生まれ毎日が楽しくなります。
スポンサーリンク
基礎知識

官公庁が契約金額を公開しない理由、契約金額を秘密にする場合

官公庁が支払った契約金額を秘密にできるのでしょうか?官公庁の運営財源は国民の税金です。税金がどのように使われたのか、国民には知る権利があります。官公庁が締結した契約で、金額を公開できないのはどのような場合なのか解説します。
基礎知識

官公庁の予算を簡単に理解する、そもそも歳入予算と歳出予算とは

官公庁の予算はとても複雑です。国会や議会で予算を承認する理由、予算の根拠法令、民間企業と官公庁の予算についての違い、継続費、国庫債務負担行為、繰越明許費、それぞれを簡単に解説します。
基礎知識

一般競争入札では適正な利益が確保できない、価格競争とデフレ経済

 1990年頃から始まった経済成長率が 0 %というデフレ経済の中で、利益を無視した価格競争は、中小企業を倒産に追い込むものです。大企業だけが勝ち残り、経済格差が拡大します。過度の価格競争は、健全な経済の発展を阻害するものです。
基礎知識

「産学連携」と「業者との癒着」の違いを知る、共同研究の注意点

 国立大学が民間企業と共同研究を実施するときの注意点です。産学連携は、正式な手続きを経ないと、「業者との癒着」と同じになってしまいます。教授会で承認を受け、共同研究契約書を取り交わすことで正式な手続きになります。
基礎知識

消費税率が改正になると会計実務にも影響する、消費税を簡単に理解

消費税率が改正されると、官公庁の会計実務も直接影響を受けます。2019年10月1日以後の取り引きは、税率が 10 %に改正されました。ただ消費税には、経過措置や軽減税率制度があるので注意が必要です。消費税改正についての簡単な解説です。
基礎知識

請負契約、委託契約、派遣契約、出向契約、雇用契約の違い

 人手が足りず、誰かに何かの作業を行ってもらうときに、契約手続きで迷うことがあります。請負契約、委託契約、派遣契約、出向契約、雇用契約のどれが最適なのかわからなくなってしまうのです。それぞれの違いについて解説します。
基礎知識

見積書は社会人の常識!仕事で恥ずかしくない見積書の知識

見積書についての解説です。社会人になると、見積書を取り扱うことが多くなります。知っていて当たり前の見積書ですが、正しく理解している人は意外に少ないです。恥をかかないためにも、社会人として正しく見積書を理解しておきましょう。
基礎知識

所有権が移転する時期とは、官公庁側の検収完了で物が特定されたとき

物品購入契約で所有権が移転する時期の解説です。所有権の移転については、民法や会計法令の中にも明確に移転時期を定めた条文がありません。日常の契約実務の中では、それほど気にする必要はないですが、所有権が移転する時期を理解しておきましょう。
基礎知識

印紙税法上の請負契約は対象範囲が広く委託契約も含む

 印紙税法での、請負契約についての解説です。印紙税は請負契約のみが対象です。しかし請負契約と同じように委託契約が対象になることがあります。請負契約は、完成品に対して代金を支払いますが、委託契約では、完成品は必要ありません。
基礎知識

後払いが官公庁の支払い原則、例外の前金払いと概算払いの違いとは

 官公庁の支払方法は、後払い(あとばらい)が原則です。民間企業へ契約代金を支払うときは原則として後払いになります。例外として前金払と概算払が認められていますが、限定的です。後払いの根拠法令、前金払と概算払との違いについて解説します。
基礎知識

会計書類の日付操作はバレます。税務調査では売上台帳と照合します。

 納品書などの会計書類は、日付を変えてしまうとすぐにバレます。年度末に予算の残額を消化しようとして日付を操作すると、後で指摘を受けることになります。特に税務調査では、民間会社の売上台帳と、官公庁側の会計書類の日付を相互にチェックします。
スポンサーリンク