基礎知識

スポンサーリンク
基礎知識

昔、新人時代に教わったこと、今なら「パワハラ」になる教えとは

新人のときは不安ばかりです。どのように仕事を覚えれば良いのか、職場の「しきたり」が何なのか、どのように行動すれば良いのか、わからないことばかりです。昔、新人のときに教わったことを解説します。
2021.01.16
基礎知識

恥ずかしい「下見積」って?「参考見積書」と「下見積書」の違い

最近(2020年7月)、「下見積書」という言葉を、ネットで見かけるようになりました。官公庁の入札手続きなどで、提出書類になっています。しかし聞きなれない言葉です。「見積書」や「参考見積書」との違いについて、わかりやすく解説します。
2021.01.16
基礎知識

これが知りたかった! 「官公庁会計実務の基礎用語集」

初めての仕事は、話す言葉さえ良くわかりません。知らない単語ばかりで、会話が聞き取れないのです。官公庁の会計実務で、日常的に使う基礎用語を360語集めました。わからない用語を理解しておけば、仕事がどんどん覚えられます。仕事が楽しくなります。
2021.01.16
スポンサーリンク
基礎知識

これなら簡単!おおまかな「人件費」計算方法、「法定福利費」の解説

「人件費」を簡単に計算する方法です。社会保険や労働保険などの法定福利費の料率を把握すれば、悩まずに簡単に算出できます。おおまかに「人件費」を把握したいときの解決策です。各種保険料の料率さえ算出しておけば、給与を基に計算できます。
2021.01.16
基礎知識

間違えたくない「消費税改正」!2019年10月1日からの注意点

「消費税改正」についての解説です。官公庁の会計実務で必要となる基礎知識です。2019年10月1日以後の取り引きは、税率が10%に改正されます。ただし「経過措置」や「軽減税率制度」があるので注意が必要です。消費税改正の簡単な解説です。
2021.01.16
基礎知識

今まで気にしなかった!官公庁の支払方式は原則「後払い」、例外は

官公庁の「支払方法」についての解説です。官公庁と民間会社が契約を締結し代金を支払うときや、出張旅費を支払うときの支払方法についての解説です。原則は後払いです。例外として「前金払い」と「概算払い」が法律によって限定的に認められています。
2021.01.16
基礎知識

できれば「会議費」はやめましょう!わかりやすい「支出基準」

官公庁の「会議費支出基準」の解説です。税金での会議費支出が認められる基準について説明します。通常の食事代や、接遇を目的とした懇親会費について、会議の定義や単価の考え方です。食事代は、旅費法の日当を目安に単価を設定します。
2021.01.16
基礎知識

「源泉徴収」すべき? 海外に滞在する日本人へ報酬を支払うとき

海外在住の日本人へ報酬を支払うときの「源泉徴収」の解説です。1年以上海外で生活している人に対して、業務委託として報酬を支払うときに、源泉徴収が必要なのか迷いました。税務署へ確認したところ「国内源泉所得ではない」ので源泉徴収は不要でした。
2021.01.16
基礎知識

みんな騙されてますよ!これが「落札率」についての正しい説明です

「落札率」と「談合」についての解説です。落札率が95%以上の入札は、談合の疑いがあると言われてます。しかし予定価格を作成するときは、取り引きの実例価格を調べるため、参考見積書を提出してもらいます。落札率100%は「適正な価格」とも言えます。
2021.01.16
基礎知識

うん?国立大学の教員が、自分の本を出版していいの?自著を公費負担

国立大学の教員等が個人で出版するときの経費負担の解説です。教員等が研究成果を個人の書籍として出版するときに印税を受け取ることは問題ありません。しかし出版経費として、税金を原資とする大学の予算や科研費を使用するときは注意が必要です。
2021.01.16
基礎知識

え?官公庁で「会議費」なんて使っていいの?判断基準の解説

税金を運営財源とする官公庁では、会議費や慶弔費、交際費などを支出するときに、判断に迷うことが多いです。会計法令や条例などに規定が存在せず、他の支出例などを基に検討することになります。そこで官公庁関係の交際費や慶弔費について調べました。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました