みんな騙されてますよ!これが「落札率」についての正しい説明です

スポンサーリンク
お台場基礎知識
お台場
基礎知識

「落札率」と「談合」についての解説です。落札率が95%以上の入札は、談合の疑いがあると言われてます。しかし予定価格を作成するときは、取り引きの実例価格を調べるため、参考見積書を提出してもらいます。落札率100%は「適正な価格」とも言えます。

スポンサーリンク

落札率が高いと談合なのか?

 

2016年8月、市民オンブズマンなどが、国立研究開発法人「国立循環器病研究センター」の入札について、落札率95%以上は談合の疑いが極めて強いと指摘していました。産経新聞の報道によると、過去5年間で落札率100%のケースが137件でした。「落札率が95%以上の入札は談合の疑いがある」という報道なので、落札率と談合の関係について、契約実務面から解説します。

 

スポンサーリンク

落札率とは

 

落札率は、落札基準価格である「予定価格」に対する「落札価格」の比率です。

 

落札率(%)= 落札価格 ÷ 予定価格 × 100

 

予定価格は、入札を実施するときに、発注者である官公庁側の契約実務担当者が作成する「落札基準価格」です。予定価格以下で最も安い入札金額の会社が落札します。

 

例えば、予定価格が100万円で、落札価格が90万円なら、落札率は90%です。(90÷100×100)

 

官公庁の入札へ参加する民間会社等は、自社の利益を最大限確保するため、可能な限り100%に近い落札率を目指します。少しでも高い金額で契約したいと考えます。しかし予定価格は、国の会計法令では非公開が義務付けられています。(予算決算及び会計令 第79条)非公開の予定価格では、そもそも落札率は第三者にはわかりません。落札率が判明するのは、予定価格を公開した入札のみです。

 

また、予定価格の作成は、実際の取引価格と乖離しないように作成することが会計法令で定められています。予算決算及び会計令 第80条で、「取引の実例価格」を調査することが定められています。過去の取引だけでなく、開札前に「参考見積書」を取り寄せ、その価格も考慮して予定価格を設定します。

 

開札前に、入札に参加する会社が、最安値の参考見積書を提出し、その価格が過去の取引価格よりも安ければ、予定価格として設定します。最安値の参考見積書を提出した会社が落札すれば、当然ながら落札率は100%になります。通常は、入札に参加しようとする会社は、他の会社が入札に参加するかどうかは開札時までわかりません。ライバルが存在しない「1社入札」である場合も、開札会場で初めて知り得ることです。そして、この場合の落札率100%は、談合とは一切関係なく、「適正な予定価格」による落札結果になります。

 

スポンサーリンク

「落札率」を問題にするのは間違い

 

今回のマスコミ報道のように、「落札率」を問題視してしまうと、官公庁側の契約実務担当者は、マスコミから批判されないよう意図的に落札率を下げてしまいます。開札前に提出してもらう参考見積書の金額を、「わざと高く見積もる」よう働きかけたり、適正な取引価格よりも「高い予定価格を設定する」事態に陥ります。いわゆる官製談合を誘発する状況になってしまいます。場合によっては、落札率を下げるために価格調整するなどの不正を招いてしまいます。極めて重大な問題になります。怖いのは、このような不正操作が外部から見えないことです。内部告発でもない限りわかりません。不正な契約手続きが蔓延するでしょう。

 

現在の会計法令に基づく契約手続きは、予定価格を秘密にするなどのブラックボックス部分が多数あります。制度的な欠陥があり、談合などの不正事件を防ぐことは不可能です。筆者の提唱する「透明契約・透明入札制度」を導入すれば不正事件は消滅しますが、現状では不正は防止できません。

 

スポンサーリンク

入札の「趣旨」

 

本来、契約手続きの原則を「入札」としている趣旨は、誰でもが入札に参加できる「競争の機会」が確保されていること、市場原理に基づく取引金額の「公正性」です。入札を外部からチェックする場合も、この視点が重要です。契約の手続き自体も、法令などのルールに基づいて適正に進められていることが必要です。

 

現行の会計法令を理解せず「違法に近い考え方」に基づいて、落札率を問題視するのは、単なる誹謗中傷と同じレベルです。

 

スポンサーリンク

正しい報道姿勢

 

最近は、官公庁が実施する入札を、一方的に非難する報道が多いです。(改善のためには非難も必要ですが、)それよりも、改善案を提示する報道の方が、社会が良くなります。

 

繰り返しになりますが、筆者が提唱している「透明契約・透明入札制度」(全ての契約手続きがリアルタイムに公開される。)を導入していない現状では、落札率を問題視してしまうと、価格操作や官製談合を誘発し、ますます不正な契約を増やすことになります。

 

落札率を下げるため、金額を高くした参考見積書を提出するよう働きかけたり、1社入札を防ぐため、見せかけのライバル会社を入札に参加させるようになります。これらの書類作成は、虚偽であり、明らかな不正です。官製談合を助長するだけです。

 

スポンサーリンク

(参考)予定価格を「秘密」にする根拠規定

 

上述の予定価格を「秘密」にするという根拠規程、予定価格が落札率100%近くになる「取引の実例価格」を予定価格にする)という根拠規程です。

 

予算決算及び会計令

 

第七十九条 契約担当官等は、その競争入札に付する事項の価格(略)を当該事項に関する仕様書、設計書等によつて予定し、その予定価格を記載し、又は記録した書面をその内容が認知できない方法により、開札の際これを開札場所に置かなければならない。

 

第八十条 予定価格は、競争入札に付する事項の価格の総額について定めなければならない。(略)
2 予定価格は、契約の目的となる物件又は役務について、取引の実例価格、需給の状況、履行の難易、数量の多寡、履行期間の長短等を考慮して適正に定めなければならない。


本サイトの「電子書籍」販売中!


「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」

「どうやったら仕事が覚えられるのだろう?」


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのように手続きを進めれば良いかわからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのか、依頼文の内容はどう書けば良いのかなど、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


誰でも、初めての仕事は不安なものです。「経験がなく」知識が不足するため不安になります。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。経験に基づく知識は学ぶことができます。書類作りをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれてきます。そして毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました