お問い合わせ

長瀞駅のポスト 2018年

 

お問い合わせ

 

本サイトは、官公庁の会計実務について、「疑問や悩み」を解決するのが目的です。官公庁(役所)で働く人たちや、官公庁向け営業担当者に役立つ情報を掲載しています。日常の仕事の中で、判断に迷ったり悩むところは、意外と共通しているものです。

 

質問や、掲載して欲しい内容等は、各記事の「コメント欄」、あるいは下記アドレス宛に「メール」でお願いします。気軽に質問してください。ただし回答は遅くなることが多いです。管理人の時間があるときに回答しますので、ご容赦願います。

 

相談は、すべて無料です。(寄付も受け付けていますが、義務ではありません。相談はすべて無料ですが、回答を約束するものでもありません。)

 

「寄付のお願い」と「個別相談」について
本サイトでは、皆様からの「寄付」を受け付けています。サイトの維持運営のために御協力いただけると、とても嬉しいです。官公庁で働く人たちや、官公庁向け営業担当者の悩みを解決する実務専門サイトです。ぜひ御協力をお願いします。

 

また、有料の「コンサルティング契約」もお受けしています。

「コンサルティング契約」で、官公庁(役所)との契約を獲得する
官公庁(役所)への営業のコツ、契約を獲得する方法など、コンサルティング契約をお受けします。実際に契約実務を担当していた視点から、官公庁との取り引きについてアドバイスします。新人社員の研修にも役立ちます。

 

なお管理人は、弁護士資格や税理士資格等の国家資格は持っていません。「士業違反」に該当する法律相談や税務相談等はお受けできません。

 

それ以外のことであれば、会計実務だけでなく、人間関係の悩みまで、何でも気軽に相談ください。どなたからでも相談を受けています。

 

管理人は、今まで様々な相談を受けてきました。どんな内容でも役に立つアドバイスができます。「もう異動したい」、「あの人と仕事しなくない」、「パワハラを受けている」、「恋人とうまくいかない」などなど、40年間の解決ノウハウを持っています。悩んでいるなら、遠慮なくメールください。なお、管理人の経歴は、メニューの「本サイトは」に記載してあります。

 

質問内容は、管理人以外の第三者へ内容が漏れることはありません。秘密は厳格に保持します。安心してご相談ください。

 

皆さんに役立つ内容のときは、個人情報や組織名を掲載せずに、一般論として記事にさせていただくこともあります。あらかじめご了承願います。もちろん要望があれば記事にもしません。

 

@をひとつに修正願います。

kaikei@@mynsworld.com

 

本サイトを批判する内容(見解の相違)はご遠慮ください。

 

また、法律の改正で本サイトの内容が古くなったり、税務署等の判断が異なる場合があります。特に源泉徴収などの税金に関する部分は、必ず、最寄りの税務署等に確認してください。

 

記事の転載、引用やリンクについて

 

本サイトの記事は、「転載」をお断りします。2019年10月9日以降、本サイトの内容を丸ごとコピーして記事にすることは許可してません。以前は許可してましたが、本サイトの趣旨と異なるサイトへの「転載」が多くなったので、利用目的に関係なく、「転載」を禁止します。「転載」とは、本サイトの記事内容を、そのまま他のブログ等へコピーして掲載することです。いわゆる「記事のパクリ」です。

 

引用やリンクするときは、本サイトの「タイトル名」と「URL」を記載願います。また、研修目的で記事を複製利用する場合は、別途有料で相談に応じます。

 

本サイトの利用は、利用者自身の責任でお願いします。管理人は一切の責任を負いません。

コメント

  1. 北村 より:

    ご教示頂ければ幸いです。
    国有地土地賃貸借契約において契約期間三年間の内一年目の支払いを行う場合 検査官として検収確認はどのようなことを行えばようのでしょうか。

    • 矢野 雅彦矢野雅彦 より:

      管理人です。
      コメントありがとうございます。

      国有地土地賃貸借契約において、契約期間三年間の内一年目の支払いを行う場合の「検収」についてお答えします。

      賃貸借契約は、予決令第二条 第一項 第四号に基づいて、「期間」として年度区分されます。購入契約のように「検収日」で歳出年度が区分されるものではありません。

      そのため、検収については、次の手順で行います。

      支払い対象となる賃貸借期間が経過した後、10日以内に検収します。(遅延防止法第五条)契約どおりに履行されたか確認して、検査調書の作成、あるいは「完了通知書」などの余白欄に「検収日と検収サイン」を記載します。

      通常、賃貸借契約の検収は、「正常に借りていた」事実があれば問題ありません。契約書に基づき、実際に使っていた状況(使用していた人など)を確認することになります。契約金額が大きければ、実際の写真なども撮っておくと良いでしょう。

      検収は、「支払対象の部分」を確認することになります。

タイトルとURLをコピーしました