予定価格

予定価格

批判される「予定価格」とは、契約手続きにおける役割を正しく理解

マスコミが官公庁の契約手続きなどを批判するときに「予定価格」が使われることが多いです。契約手続きの中で重要な役割のある「予定価格」の解説です。入札や随意契約などの契約方式の判断、入札手続きでの落札基準価格として大きな役割があります。
2018.11.16
予定価格

契約の種類に応じた予定価格の作成方式、市場価格方式と原価計算方式

物品購入契約や請負契約等の契約の種類に応じた予定価格作成方式の解説です。予定価格は主に市場価格方式と原価計算方式により作成します。カタログ製品などを購入するときは市場価格方式です。請負契約などの人件費を主とする積算は、原価計算方式です。
2018.11.14
予定価格

予定価格の役割と必要性、契約方式を決定する根拠法令と落札基準価格

官公庁が作成する予定価格の役割と根拠法令の解説です。予定価格は作成に大変手間のかかる書類です。予定価格は契約方式の判断基準として、また、入札の際の落札基準価格としての役割があります。
2018.09.04
スポンサーリンク
予定価格

契約実務担当者に潜む危険を正しく知る、予定価格を作成するときの誘惑

官公庁の契約実務担当者が実施する入札手続きに潜む危険性の解説です。特に、大規模な入札では、予定価格に関する情報を得ようとする誘惑が多くなります。予定価格漏洩と贈収賄、さらに談合、これらの危険から身を守るための方法です。
2018.09.04
予定価格

予定価格を秘密にする理由と根拠法令、開札の結果から談合を知る方法

予定価格を秘密にする根拠法令と理由を詳しく解説します。官公庁が実施する入札では、開札の際に予定価格を落札基準価格とします。予定価格が事前に漏洩していたケースや事前に予定価格を公開するときのメリットの詳しい説明です。
2018.09.04
予定価格

予定価格作成方法のコツとノウハウを習得、契約種類別にイメージ把握

官公庁の契約実務担当者が予定価格(調書)を作成するときに、最初にイメージしたい契約の種類別の作成方法です。作成イメージを最初に把握することで、予定価格作成に必要な関係資料の収集が効率的になります。売買、製造、役務契約での作成方法の解説です。
2018.09.04
予定価格

予定価格で悩んでいる人に伝えたいこと、その悩みは贅沢で貴重な経験

予定価格の意味 官公庁の契約実務担当者にとって、一番やっかいで面倒な書類作成のひとつが予定価格です。 予定価格が必要なければ、どれほど契約実務が簡単になるか計り知れません。 ある時期は、予定価格の作成こそが「事業仕分け」だ...
2018.09.04
予定価格

予定価格を教えてくれない会計検査院、事前指導を行わない理由とは

予定価格を作成することの重要性 官公庁などで入札を実施するときは、会計法令で予定価格の作成が義務付けられています。 予定価格の作成を怠ると、法令違反、手続違反となり、対外的な契約効力には影響ありませんが、内部的に...
2018.09.04
予定価格

予定価格を簡単に効率的に作成するために事前に準備したい必要書類とは

仕様書と予定価格の関係 官公庁の実務担当者が行う契約手続きの中で、一番大変で時間が必要になるのは、仕様書と予定価格の作成です。 仕様書は、官公庁が物品を購入するときなどに、入札に参加を希望する会社に対して提示する...
2018.09.04
原価計算方式

その3 原価計算方式による予定価格作成、人工計算で人件費総額算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法の解説その3です。前回は法定福利費を含む人件費の時間単価を算出しました。今回は人件費のまとめとして、契約内容を実施するための総労働時間を算出し、人工(にんく)計算により人件費の総額を算出します。
2018.09.04
原価計算方式

その2 原価計算方式による予定価格作成、人件費の時間単価を算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法の解説その2です。前回は、人件費の各項目(給与、ボーナス、社会保険などの事業主負担分)について年額を計算する方法を解説しました。今回は、人件費の年額から、時間単価を算出する方法を説明します。
2018.09.04
スポンサーリンク