予定価格

官公庁の入札手続きに必要な予定価格の解説です。
予定価格は、官公庁の契約手続きに必須の書類です。しかし、具体的な作成方法についての参考書籍はなく、契約実務担当者は試行錯誤しながら、悩みつつ書類作成しています。実際に予定価格を作成する手順などを実例で解説します。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
市場価格方式

その3 市場価格方式による予定価格作成方法のまとめ、予定価格調書

「市場価格方式」による予定価格作成方法の「まとめ」です。納入実績一覧のデータから購入実績の調査を終えると、契約実績の値引率が判明します。過去の契約実績の値引率と直近の参考見積書の値引率から予定価格を設定します。予定価格調書作成方法の解説です
2019.08.02
市場価格方式

その2 市場価格方式による予定価格作成方法、購入実績照会と値引率

「市場価格方式」で予定価格を作成するときに、他の官公庁へ「購入実績を照会」する方法の解説です。納入実績一覧から契約担当部署を探し、事前に電話照会する方法を具体的に説明します。また、値引率の考え方、正しい値引率を把握する方法を解説します。
2019.08.02
市場価格方式

その1 市場価格方式による予定価格作成方法、契約実績と参考見積書

「市場価格方式」による予定価格作成方法の解説です。官公庁の契約手続きの中で一番多い「物品購入契約」を例として、予定価格の作成方法をくわしく解説します。市場価格方式では、過去の実績から、値引率を調査します。「納入実績」がポイントです。
2019.08.02
スポンサーリンク
予定価格

「予定価格」を深く理解し契約実務をマスター、役割を正しく知る

「予定価格」についての解説です。官公庁の契約実務担当者にとって「予定価格の作成方法」を理解することは、極めて重要です。予定価格をマスターすることで、契約実務担当者として一人前になります。実際の書類作成方法を、わかりやすく解説します。
2019.08.02
予定価格

マスコミ報道で批判される「予定価格」の真実、役割を正しく理解

マスコミが官公庁の契約手続きなどを批判するときに「予定価格」を使うことが多いです。契約手続きの中で重要な役割を持つ「予定価格」の解説です。入札や随意契約などの「契約方式」の判断、入札手続きでの「落札基準価格」として大きな役割があります。
2019.07.30
予定価格

「予定価格」を必要とする理由、契約方式の判断と落札基準価格

官公庁が作成する「予定価格」の役割と根拠法令の解説です。予定価格は、作成に大変手間のかかる書類です。少額随意契約などの契約方式の判断基準として、また、開札時の落札基準価格として重要な役割があります。それぞれの根拠法令を解説します。
2019.07.26
予定価格

初めて予定価格を作成するとき、契約種類別の積算方法をイメージ

予定価格作成手続きのイメージを把握する方法です。契約実務担当者が予定価格を作成するときは、最初に作成方法をイメージすると効率的です。契約の種類別に積算方法が異なります。作成イメージを最初に把握すれば関係資料の収集が効率的になります。
2019.07.10
予定価格

こんな会計検査院がうれしい、国民に役立つ積極的な事前指導を

役に立つ会計検査院の解説です。契約実務に必要な予定価格の作成方法は、具体的な記載例のある参考書は存在せず、日々悩みながら書類を作成します。会計検査院の実施する会計実地検査では、指摘を受けるだけで事前に教えてもらえません。
2019.06.13
予定価格

清掃契約などの人件費を主とする予定価格の作成方法、概略を理解

官公庁で必要な清掃契約などの予定価格作成方法の解説です。仕様書や予定価格を作成するときは、概略をイメージとして把握します。業務内容をおおまかに決めて、それぞれの項目を細かくしていきます。仕様書に記載したことを予定価格として積算します。
2019.05.21
スポンサーリンク