予定価格

官公庁の入札手続きに必要な予定価格の解説です。
予定価格は、官公庁の契約手続きに必須の書類です。しかし、具体的な作成方法についての参考書籍はなく、契約実務担当者は試行錯誤しながら、悩みつつ書類作成しています。実際に予定価格を作成する手順などを実例で解説します。

スポンサーリンク
予定価格

「契約の種類」に応じた予定価格作成方式、わかりやすく概略を解説

「予定価格」作成方法の概略を解説します。物品購入契約や請負契約等の「契約の種類」に応じた作成方式の解説です。予定価格を作成するときは、主に「市場価格方式」と「原価計算方式」を基に作成します。カタログ製品を購入するときは市場価格方式です。
2020.01.20
予定価格

「仕様書」と「予定価格」を作成するときに必要となる書類の解説

「仕様書」と「予定価格」作成に必要な書類についての解説です。入札を実施するときに必要な「仕様書」と「予定価格」を効率的に作成するために、事前に準備しておきたい書類です。売買契約と役務契約を例にして、事前に集めておく書類を説明します。
2019.12.06
予定価格

意外と知らない「予定価格」と「予定価格調書」の違いを解説

「予定価格」と「予定価格調書」についての解説です。国の契約方式は、「予定価格」により判断します。一般的には100万円以下の契約では、「予定価格調書」の作成を省略できます。「予定価格」と「予定価格調書」の違いについての、くわしい解説です。
2019.11.25
スポンサーリンク
予定価格

予定価格を「秘密」にする根拠法令と理由、「談合」を見分ける方法

予定価格を秘密にする根拠法令と理由を詳しく解説します。官公庁が実施する入札では、開札の際に予定価格を落札基準価格とします。予定価格が事前に漏洩していたケースや事前に予定価格を公開するときのメリットの詳しい説明です。
2019.11.22
原価計算方式

その1 原価計算方式による予定価格作成、職種から年間の人件費計算

「原価計算方式」で予定価格を作成する方法について、わかりやすく解説します。清掃契約や警備契約など「主たる内容が人件費」で構成される契約の予定価格積算方法です。厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査(賃金センサス)」を基に積算します。
2019.11.01
原価計算方式

その2 原価計算方式による予定価格作成、人件費の時間単価を算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法の解説「その2」です。前回は、人件費の各項目(給与、ボーナス、社会保険などの事業主負担分)について年額を計算する方法を解説しました。今回は、人件費の年額から、時間単価を算出する方法を説明します。
2019.11.01
原価計算方式

その3 原価計算方式による予定価格作成、人工計算で人件費総額算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法の解説「その3」です。前回は法定福利費を含む人件費の時間単価を算出しました。今回は「まとめ」として、契約内容を実施するための総労働時間を算出し、人工(にんく)計算により人件費の総額を算出します。
2019.11.01
予定価格

予定価格の「端数処理」を正しく理解、千円未満切捨て処理の方法

契約実務担当者が、予定価格を作成するときに悩むのが「端数処理」の方法です。1万円未満を切り捨てるのか、千円未満を切り捨てるのか、などなど迷うのです。あるいは法令で「端数処理」の方法が定められているのか疑問になります。
2019.10.09
市場価格方式

「予定価格」を作成する3ステップの解説、パソコン購入の具体例

官公庁が入札を実施するときに、落札の基準価格とする「予定価格の作成方法」についての解説です。理解しやすいように具体例で説明します。ノートパソコンを30台(総額450万円程度)購入する想定で、予定価格の作成方法をくわしく解説します。
2019.09.25
予定価格

誰も知らない3つの「予定価格の意義」、根拠法令と役割を解説

予定価格の「意義」についての解説です。官公庁の契約手続きでは「予定価格」が必要になります。3つの意義について、くわしく解説します。予定価格は作成するのが困難な書類です。「意義」を理解することで、予定価格の作成が効率的になります。
2019.09.18
市場価格方式

その3 市場価格方式による予定価格作成方法のまとめ、予定価格調書

「市場価格方式」による予定価格作成方法の「まとめ」です。納入実績一覧のデータから購入実績の調査を終えると、契約実績の値引率が判明します。過去の契約実績の値引率と直近の参考見積書の値引率から予定価格を設定します。予定価格調書作成方法の解説です
2019.08.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました