予定価格

官公庁の入札手続きに必要な「予定価格」の解説です。
予定価格は、契約手続きに必須の書類です。しかし、具体的な作成方法についての参考書籍はなく、契約実務担当者は試行錯誤しながら、悩みつつ書類作成しています。実際に予定価格を作成する方法を、実務経験者が解説します。

スポンサーリンク
予定価格

「予定価格に悩む」贅沢を味わう?予定価格作成で悩んでいる方へ

「予定価格の作成」で悩んでいる人へ伝えたいことです。官公庁の契約手続きに必要な「予定価格」は、作成するのが大変な書類です。いろいろな情報を集めなければならず、すぐに作ることができません。また作成し始めると、さまざまな場面で悩みます。
2021.02.04
予定価格

マスコミが知らない「予定価格」の真実、会計検査院のあり方

テレビなどで、官公庁の契約手続きが批判されるときは、キーワードとして「予定価格」が使われることが多いです。なぜ、いつも「予定価格」が悪者のように扱われるのでしょう。契約実務担当者からすると、マスコミなどの人たちに正しく理解されてないように感じます。
2021.02.01
予定価格

「予定価格」の重要性を正しく理解する、契約実務担当者に必須の知識

官公庁が作成する「予定価格」についての解説です。契約実務担当者にとっては、「予定価格」を理解することが極めて重要です。予定価格の作成方法をマスターできれば「一人前」になります。なぜ予定価格が重要なのか、わかりやすく簡単に解説します。
2021.02.01
スポンサーリンク
予定価格

ルールがないからこそ「悩む」、これが予定価格の「端数処理」方法

契約実務担当者が、予定価格を作成するときに悩むのが「端数処理」の方法です。1万円未満を切り捨てるのか、千円未満を切り捨てるのか、などなど迷うのです。あるいは法令で「端数処理」の方法が定められているのか疑問になります。
2021.01.24
予定価格

どうやって「予定価格」を作るの?「契約の種類」に応じた作成方式

「予定価格」作成方法の概略を解説します。物品購入契約や請負契約等の「契約の種類」に応じた作成方式の解説です。予定価格を作成するときは、主に「市場価格方式」と「原価計算方式」を基に作成します。カタログ製品を購入するときは市場価格方式です。
2021.01.16
予定価格

これなら簡単!「派遣契約」の「予定価格」をわかりやすく解説

派遣会社と契約を締結するときに必要な予定価格の作成方法です。予定価格の設定は、客観的な公表データに基づく積算が必要です。派遣料金を積算し、参考見積書との比較により、予定価格を設定します。また、入札や随意契約を判断する方法も解説します。
2021.01.15
予定価格

こんな「会計検査院」なら、うれしい!積極的な事前指導を!

「会計検査院」についての解説です。契約実務に必要な「予定価格」の作成方法は、具体的な作り方を記載した参考書が存在しません。担当者は、日々悩みながら書類を作成します。会計検査院が実施する実地検査では、過去の書類が批判され指摘を受けるだけです。
2021.01.15
予定価格

こんなに面倒な「予定価格」を作成するのは、なぜ? 役割とは

予定価格の「意義」についての解説です。官公庁の契約手続きでは「予定価格」が必要になります。3つの意義について、くわしく解説します。予定価格は作成するのが困難な書類です。「意義」を理解することで、予定価格の作成が効率的になります。
2021.01.15
予定価格

「予定価格」の作り方を知りたい!契約種類別にイメージする方法

予定価格作成手続きのイメージを把握する方法です。契約実務担当者が予定価格を作成するときは、最初に作成方法をイメージすると効率的です。契約の種類別に積算方法が異なります。作成イメージを最初に把握すれば関係資料の収集が効率的になります。
2021.01.15
予定価格

なぜ「予定価格」は秘密なのか?公開した方が良いのか?

予定価格を秘密にする根拠法令と理由を詳しく解説します。官公庁が実施する入札では、開札の際に予定価格を落札基準価格とします。予定価格が事前に漏洩していたケースや事前に予定価格を公開するときのメリットの詳しい説明です。
2021.01.15
原価計算方式

その2 原価計算方式による予定価格作成、人件費の時間単価を算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法の解説「その2」です。前回は、人件費の各項目(給与、ボーナス、社会保険などの事業主負担分)について年額を計算する方法を解説しました。今回は、人件費の年額から、時間単価を算出する方法を説明します。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました