PR

予定価格の作成方法

スポンサーリンク
予定価格

予定価格の役割と必要理由とは、契約方式の判断、落札基準価格

官公庁が作成する予定価格の役割と必要理由です。予定価格は、作成するのに大変手間のかかる書類です。少額随意契約などの契約方式を判断するための基準として、また開札時の落札基準価格として重要な役割があります。それぞれの根拠法令を解説します。
予定価格

予定価格の役割と重要性を簡単に把握する!契約担当者の説明責任とは

官公庁が作成する予定価格の役割と重要性です。契約担当者にとっては予定価格を理解することが極めて重要です。予定価格の作成方法をマスターできれば一人前になります。予定価格は大変な書類ですが、予定価格の重要性を理解しましょう。
予定価格

予定価格を作成する前に集めておきたい資料、予定価格を作るコツ

予定価格を作成するときは、定価表やカタログなど様々な資料が必要です。予定価格を作成するために必要な資料を事前に準備しておけば、効率的に予定価格を作成できます。売買契約と役務契約を例にして、予定価格を作る前に集めておきたい書類をまとめました。
予定価格

予定価格の作り方を契約種類別に把握、市場価格方式や原価計算方式

予定価格を作成するときは、最初に積算方式を検討します。市場価格方式、原価計算方式、それぞれについて契約の種類別に考えます。最初に作成方法をおおまかにイメージすることが大切です。イメージを最初に把握すれば、必要な資料の収集も効率的になります。
予定価格

予定価格で悩むのは自分だけじゃない!予定価格を作れる贅沢を味わう

官公庁の契約手続きに必要な予定価格は、実際に作った人にしか大変さがわかりません。予定価格を作るときは、ひとつひとつの金額に根拠が必要です。なぜその金額を妥当と考えて設定したのか、根拠資料や金額の算出方法を明確にしなければならないのです。
予定価格

予定価格とはそもそも何なのか、予定価格の意義と役割、根拠法令

予定価格についての解説です。官公庁の契約手続きでは予定価格が必要です。しかし予定価格の作成は、とても労力のかかる大変な事務手続きです。なぜ、これほど大変な予定価格を作る必要があるのか悩むことがあります。予定価格の意義は3つに集約されます。
予定価格

派遣契約の予定価格を作成する方法とは、派遣契約と雇用契約の違い

派遣契約の予定価格を作成する方法です。官公庁が作成する予定価格は、客観的な公表データに基づいて予定価格を設定します。派遣料金を積算し、参考見積書と比較することで、予定価格を決定します。また入札と随意契約を判断する方法も解説します。
予定価格

予定価格を批判してはいけない理由、会計検査院の必要性こそ問題

マスコミで官公庁の契約手続きが批判されるときは予定価格が関係することが多いです。会計検査院による検査結果から、予定価格が悪者のように扱われるのでしょう。契約担当者からすると、予定価格の作成経験がない人の指摘は信用できないことが多いです。
スポンサーリンク