予定価格

スポンサーリンク
原価計算方式

その3 原価計算方式による予定価格作成、人工計算で人件費総額算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法の解説「その3」です。前回は法定福利費を含む人件費の時間単価を算出しました。今回は「まとめ」として、契約内容を実施するための総労働時間を算出し、人工(にんく)計算により人件費の総額を算出します。
2021.01.15
予定価格

これなら「仕様書」と「予定価格」がスイスイ作れる、準備がコツ

「仕様書」と「予定価格」作成に必要な書類についての解説です。入札を実施するときに必要な「仕様書」と「予定価格」を効率的に作成するために、事前に準備しておきたい書類です。売買契約と役務契約を例にして、事前に集めておく書類を説明します。
2021.01.15
市場価格方式

その1 市場価格方式による予定価格作成方法、契約実績と参考見積書

「市場価格方式」による予定価格作成方法の解説です。官公庁の契約手続きの中で一番多い「物品購入契約」を例として、予定価格の作成方法をくわしく解説します。市場価格方式では、過去の実績から、値引率を調査します。「納入実績」がポイントです。
2021.01.15
市場価格方式

その2 市場価格方式による予定価格作成方法、購入実績照会と値引率

「市場価格方式」で予定価格を作成するときに、他の官公庁へ「購入実績を照会」する方法の解説です。納入実績一覧から契約担当部署を探し、事前に電話照会する方法を具体的に説明します。また、値引率の考え方、正しい値引率を把握する方法を解説します。
2021.01.15
市場価格方式

その3 市場価格方式による予定価格作成方法のまとめ、予定価格調書

「市場価格方式」による予定価格作成方法の「まとめ」です。納入実績一覧のデータから購入実績の調査を終えると、契約実績の値引率が判明します。過去の契約実績の値引率と直近の参考見積書の値引率から予定価格を設定します。予定価格調書作成方法の解説です
2021.01.15
予定価格

なぜ「予定価格」が必要かわからない! 「契約方式」って何?

官公庁が作成する「予定価格」の役割と根拠法令の解説です。予定価格は、作成に大変手間のかかる書類です。少額随意契約などの「契約方式の判断基準」として、また、開札時の「落札基準価格」として重要な役割があります。それぞれの根拠法令を解説します。
2021.01.15
市場価格方式

これなら「予定価格」が作成できる!わかりやすい「3つの手順」

官公庁が入札を実施するときに、落札の基準価格とする「予定価格の作成方法」についての解説です。理解しやすいように具体例で説明します。ノートパソコンを30台(総額450万円程度)購入する想定で、予定価格の作成方法をくわしく解説します。
2021.01.15
予定価格

知りたかった!清掃契約の「予定価格」、簡単に作成方法を解説

官公庁で必要な清掃契約などの予定価格作成方法の解説です。仕様書や予定価格を作成するときは、概略をイメージとして把握します。業務内容をおおまかに決めて、それぞれの項目を細かくしていきます。仕様書に記載したことを予定価格として積算します。
2021.01.15
予定価格

あなたは答えられますか?「予定価格」と「予定価格調書」の違い

「予定価格」と「予定価格調書」についての解説です。国の契約方式は、「予定価格」により判断します。一般的には100万円以下の契約では、「予定価格調書」の作成を省略できます。「予定価格」と「予定価格調書」の違いについての、くわしい解説です。
2021.01.15
原価計算方式

その1 原価計算方式による予定価格作成、職種から年間の人件費計算

「原価計算方式」で予定価格を作成する方法について、わかりやすく解説します。清掃契約や警備契約など「主たる内容が人件費」で構成される契約の予定価格積算方法です。厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査(賃金センサス)」を基に積算します。
予定価格

「予定価格」は絶対に教えない、贈収賄や談合事件から身を守る

官公庁の契約実務担当者が、自分の身を守る方法の解説です。入札手続きには、常に危険性が潜んでいます。特に、大規模な入札では、予定価格に関する情報を得ようとする誘惑が多くなります。予定価格漏洩、贈収賄、談合等の危険から身を守る方法です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました