予定価格

スポンサーリンク
予定価格

清掃契約の予定価格を簡単に把握、役務契約の予定価格積算項目

清掃契約や警備契約などの予定価格作成方法です。仕様書や予定価格を作成するときは、概略をイメージしてから積算していきます。業務内容をおおまかに決めて、それぞれの項目を細かく考えていきます。仕様書に記載したことを予定価格として積算します。
市場価格方式

予定価格を作成する具体例、購入契約は3つの手順で予定価格を設定

官公庁が一般競争入札を実施するときに作成する予定価格の解説です。具体例で過去の取り引き実績から予定価格を設定する方法です。理解しやすいようにノートパソコンを30台(定価総額450万円)購入する想定で、予定価格の作成方法をくわしく解説します。
予定価格

予定価格の役割と必要理由とは、契約方式の判断、落札基準価格

官公庁が作成する予定価格の役割と必要理由です。予定価格は、作成するのに大変手間のかかる書類です。少額随意契約などの契約方式を判断するための基準として、また開札時の落札基準価格として重要な役割があります。それぞれの根拠法令を解説します。
スポンサーリンク
予定価格

予定価格の役割と重要性を簡単に把握する!契約担当者の説明責任とは

官公庁が作成する予定価格の役割と重要性です。契約担当者にとっては予定価格を理解することが極めて重要です。予定価格の作成方法をマスターできれば一人前になります。予定価格は大変な書類ですが、予定価格の重要性を理解しましょう。
予定価格

予定価格を作成する前に集めておきたい資料、予定価格を作るコツ

予定価格を作成するときは、定価表やカタログなど様々な資料が必要です。予定価格を作成するために必要な資料を事前に準備しておけば、効率的に予定価格を作成できます。売買契約と役務契約を例にして、予定価格を作る前に集めておきたい書類をまとめました。
原価計算方式

その2 原価計算方式による予定価格作成、人件費の時間単価を算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法 その2です。前回は、月額給与、年間ボーナス、事業主が負担する法定福利費を算出して、年間の人件費総額を計算する方法を解説しました。今回は年間の人件費総額から、時間単価を算出する方法です。
予定価格

予定価格の作り方を契約種類別に把握、市場価格方式や原価計算方式

予定価格を作成するときは、最初に積算方式を検討します。市場価格方式、原価計算方式、それぞれについて契約の種類別に考えます。最初に作成方法をおおまかにイメージすることが大切です。イメージを最初に把握すれば、必要な資料の収集も効率的になります。
予定価格

予定価格で悩むのは自分だけじゃない!予定価格を作れる贅沢を味わう

官公庁の契約手続きに必要な予定価格は、実際に作った人にしか大変さがわかりません。予定価格を作るときは、ひとつひとつの金額に根拠が必要です。なぜその金額を妥当と考えて設定したのか、根拠資料や金額の算出方法を明確にしなければならないのです。
予定価格

予定価格とはそもそも何なのか、予定価格の意義と役割、根拠法令

予定価格についての解説です。官公庁の契約手続きでは予定価格が必要です。しかし予定価格の作成は、とても労力のかかる大変な事務手続きです。なぜ、これほど大変な予定価格を作る必要があるのか悩むことがあります。予定価格の意義は3つに集約されます。
予定価格

予定価格を忘れたら?会計検査院は予定価格を指摘するより事前指導を

官公庁の競争入札では予定価格が必要です。予定価格が落札の上限価格なので、予定価格がないと落札できません。会計検査院も予定価格を重点的にチェックします。会計検査院は批判だけでなく、会計手続きを正確に行えるよう事前指導してもらいたいものです。
スポンサーリンク