予定価格

スポンサーリンク
予定価格

予定価格作成方法のコツとノウハウを習得、契約種類別にイメージ把握

官公庁の契約実務担当者が予定価格(調書)を作成するときに、最初にイメージしたい契約の種類別の作成方法です。作成イメージを最初に把握することで、予定価格作成に必要な関係資料の収集が効率的になります。売買、製造、役務契約での作成方法の解説です。
2018.09.04
予定価格

予定価格を教えてくれない会計検査院、事前指導を行わない理由とは

予定価格を作成することの重要性 官公庁などで入札を実施するときは、会計法令で予定価格の作成が義務付けられています。 予定価格の作成を怠ると、法令違反、手続違反となり、対外的な契約効力には影響ありませんが、内部的に...
2018.09.04
市場価格方式

その2 市場価格方式による予定価格作成方法、購入実績照会と値引率

市場価格方式で予定価格を作成するときに、他の官公庁へ購入実績を照会する方法の解説です。納入実績一覧から契約担当部署を探し、事前に電話照会する方法を具体的に解説します。また、値引率の考え方を理解し、正確な値引率を把握することが重要です
2018.09.04
市場価格方式

予定価格を作成する3ステップ、パソコンの予定価格を実例で解説

官公庁が入札を実施するときに、落札の基準価格とする予定価格の作成方法についての解説です。理解しやすいように具体例で説明します。ノートパソコン(単価15万円)を30台(総額450万円程度)購入する想定で、予定価格の作成方法を詳しく解説します。
2018.09.04
市場価格方式

その3 市場価格方式による予定価格作成方法のまとめ、予定価格調書

市場価格方式による予定価格作成方法のまとめです。納入実績一覧のデータから購入実績の調査を終えると、契約実績の値引率が判明します。過去の契約実績の値引率と直近の参考見積書の値引率から予定価格を設定します。予定価格調書作成方法の解説です
2018.09.04
予定価格

予定価格の意義と目的は3つに集約、入札を実施するときは必ず作成

予定価格の根拠法令 予定価格の法的な位置づけと目的を解説します。 最初に、官公庁の契約手続は、会計法令に基づいて書類を作成する必要がありますので、会計法令から解説します。 財政法 まず...
2018.09.04
予定価格

契約実務をマスターするため必須な予定価格、契約実務を理解する意味

予定価格とは 予定価格は、官公庁や地方自治体などの公的な組織で、入札や随意契約を行うときに必要となる書類です。 入札手続で、落札者を決定する基準価格です。予定価格によって落札者が決まるので極めて重要な書類です。 また、予定...
2018.09.04
予定価格

人件費の予定価格を概略で把握、仕様書と予定価格を平行して検討

人件費の予定価格作成方法 清掃契約や警備契約など、主に人件費で構成される予定価格の作成方法を解説します。 官公庁などで共通して必要となる年間契約の中に、清掃契約と警備契約があります。実際の業務内容をイメージすると理解しやすいです...
2018.09.04
市場価格方式

その1 市場価格方式による予定価格作成方法、契約実績と参考見積書

「市場価格方式」で予定価格を作成する方法の解説です。官公庁の契約手続きの中で、一番多い物品購入契約を例として、予定価格の作成方法を詳しく解説します。市場価格方式では、過去の実績から、定価と値引率を調査します。契約実績がポイントです。
2018.09.04
予定価格

意外と知らない予定価格と予定価格調書の違い、予定価格は省略不可

予定価格が意味するもの 契約実務を担当していて、上司から「この契約は、予定価格を作る必要があるな」と言われたら、それは、少し困難な契約手続きになることを意味します。 契約実務を経験した担当者なら(予定価格を作らなきゃならない、あ...
2018.09.04
スポンサーリンク