契約実務をマスターするため必須な予定価格、契約実務を理解する意味

国立競技場 予定価格
国立競技場

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

予定価格とは

 

予定価格は、官公庁や地方自治体などの公的な組織で、入札や随意契約を行うときに必要となる書類です。

 

入札手続で、落札者を決定する基準価格です。予定価格によって落札者が決まるので極めて重要な書類です。

 

また、予定価格は金額の大きな契約ほど、その存在意義や重要度も増します。

 

国家公務員、地方公務員、独立行政法人、国立大学法人などで勤務する事務職員、特に、契約実務担当者に必須の知識です。

 

 

予定価格を習得する意味

 

事務職員の中でも、特に契約実務を担当する職員にとって、この予定価格の作成方法を習得することは、必然的に契約手続全体をマスターすることになりますので重要な意味があります。

 

いわゆる、契約実務の世界で一人前になります。

 

事務手続の中でも契約手続は、専門知識と実務経験が求められます。複雑な会計法令の理解と民間企業を中心とする実際の市場を理解することになり、社会の仕組みを学ぶことになります。

 

 

 

契約実務とは

 

私たちは、誰もが契約社会の中で暮らしています。日常的な食料品や生活用品などの買い物も契約で成り立っています。

 

公的組織では、これらの日常的な契約を、第三者が確認できるように、書類として体系的に整理・保管します。根拠法令である民法や会計法などの法律等を理解しながら、対外的に説明が可能な書類を作成します。

 

弁護士が、あらゆる法律の専門家であるように、契約実務担当者は契約実務に関する専門家です。

 

契約実務とは、物品の購入契約、清掃や警備などの役務契約、工事契約などを行うことです。契約締結から代金を支払うまでの手続を、法律、政令、省令、条例などの会計法令に基づいて行い、それらの一連の行為を書類として整理・保存することです。

 

 

説明責任を果たす

 

会計検査院の実地検査では、契約書類のチェックを行うときに、予定価格の金額の妥当性を確認することが、検査の重要な部分となります。正しい考え方に基づいて、適正に予定価格を作成していないと、予定価格の積算が過大などと指摘されてしまいます。

 

会計検査院だけでなく、各省庁が行う検査や内部監査などの外部検査対策のためにも、予定価格を深く理解し、作成方法をマスターすることが大切です。第三者に対して、契約書類に基づいて正確に説明する義務があります。

 

国民の税金を使用するためには説明責任が求められるのです。

 

 

本サイトの目的は

 

このサイトは、筆者の今までの実務経験と知識を集約して、書類作成の考え方やノウハウを、理解しやすい形として残し、会計実務を担う若い人たちへ伝えたいと思い作り始めました。

 

この中の、予定価格の作成方法は、契約実務にとって重要で必須の知識でありながら、なぜか、予定価格の作成方法を具体的に記述した書籍などが存在しません。

 

会計法令を解説した理論的な書籍はいくつかありますが、読んでみても、「では、いったい、どうやって予定価格の書類を作ればいいの?」と疑問ばかりが増えてしまい、実際の実務に役に立たないのです。

 

そこで、会計法令などの理論に加えて、実務面の話題を中心として、実際に予定価格の書類作成ができるサイトを目指して解説します。

 

 

 

管理者の経歴

 

国家公務員や独立行政法人等の実務経験が約35年間、特定調達契約(国際入札)から一般の入札、随意契約まで経験しています。

 

得意技は、仕様書の作成や予定価格の作成を、過去の書類を一切見ずに、独自に作り上げることです。

 

 

 

問い合わせ

 

質問や要望などの問い合わせは、コメント欄に匿名で遠慮なく書き込みをお願いします。

コメント