出張旅費

公務員の旅費についての解説です。出張旅費を支給するときは、旅費法(国家公務員等の旅費に関する法律)に基づき、書類を作成します。旅費法の解説、ファーストクラスやマイレージの利用、日当の減額調整などを説明します。旅費請求の際にも役立つ情報です。

スポンサーリンク
出張旅費

出張報告書に成果は書かない!出張の事実を記載するのが正しい書き方

官公庁における出張報告書の書き方です。出張先で公務を終えた後、2 週間以内に出張報告書を提出しなければなりません。なぜ出張報告書が必要になるのか、どのように書くべきなのか解説します。出張前に知っておくと、出張報告書が書きやすくなります。
出張旅費

旅費法「公務上の必要又は天災その他やむを得ない事情」の具体例

国家公務員等の旅費に関する法律(旅費法)には、「公務上の必要又は天災その他やむを得ない事情」という記載が多数あります。簡単に言えば「やむを得ない場合」なのですが抽象的すぎて判断に悩みます。そこで具体例でわかりやすく解説します。
出張旅費

タクシーが使えるケース、公費でタクシー代を支払うことができる場合

官公庁で仕事をしていると、タクシーが使えるのか判断に悩むことがあります。自腹でタクシーを使うのであれば自由ですが、公費でタクシー代金を支払おうとするときは注意が必要です。タクシーが使える具体例と必要書類について解説します。
スポンサーリンク
出張旅費

出張旅費の前泊と後泊の判断で迷ったとき、宿泊の可否を判断する基準

出張旅費を担当していると前泊と後泊の判断で迷うことがあります。出張者本人から要望があったときに、どこまで認めて良いのか悩むのです。前泊と後泊の基準を検討するときの考え方を解説します。職場内で前泊と後泊の判断基準を設けておくと効率的です。
出張旅費

出張ではファーストクラスに乗れない!マイレージを使うと公私混同

公務員が海外出張するときに、ファーストクラスとマイレージが利用できるか解説します。国家公務員の出張旅費は、旅費法に基づいて利用できる航空機の搭乗クラスが決められています。法律上はファーストクラスの利用が可能だとしても使うべきではありません。
出張旅費

実家や友人宅に泊まったときの宿泊料は、旅費として受領できない

旅費法の宿泊料についての解説です。実家や知人宅へ宿泊したときに、宿泊料を支給できるでしょうか。宿泊料は定額支給です。固定宿泊施設を利用しないときも宿泊料が支給されます。しかし実家や知人宅へ宿泊したときは宿泊料は支給できません。
出張旅費

旅費法の基礎知識、旅行と出張の違い、内国旅行、赴任旅費の判断方法

官公庁の旅費担当になったときの基礎知識です。旅行と出張の違い、内国旅行と国内旅行、新規採用に伴う赴任旅費の判断方法、地方自治体の旅費に関する規則などの解説です。旅費担当になったときは、旅費法の基本を正しく理解しておきましょう。
出張旅費

旅費の日当が減額される場合とは? 日当と昼食代の二重払に注意

旅費法の日当(にっとう)についての解説です。旅費に含まれる日当を正確に理解している人は少ないです。多くの人は手当と同じように考えています。しかし旅費法の日当は、昼食代、交通費・雑費です。労働に対する報酬や謝礼を意味する日当とは違います。
出張旅費

旅費のポイントを正しく理解、正しい旅費請求に必須の知識

出張旅費を理解するためのポイントです。出張と旅行の違い、公務かどうか判断する方法などをわかりやすく解説します。出張者本人だけでなく、旅費担当者にも必須の知識です。旅費の不正受給を疑われないためにも、基本的な旅費のポイントを理解しましょう。
出張旅費

研究者が学会へ出席するときの必須知識、旅費と学会参加費の重複支給

学会へ出席するときの旅費と学会参加費には注意が必要です。学会参加費の中に食事代が含まれていると重複してしまうリスクがあります。特に海外で開催される学会では、参加費に食事代が含まれるケースが多いです。食事代を減額調整する方法です。
スポンサーリンク