PR

出張旅費

出張旅費 出張旅費
記事内に広告が含まれています。

公務員の旅費についての解説です。出張旅費を支給するときは、旅費法(国家公務員等の旅費に関する法律)に基づき、書類を作成します。旅費法の解説、ファーストクラスやマイレージの利用、日当の減額調整などを説明します。旅費請求の際にも役立つ情報です。

スポンサーリンク
出張旅費

2024年の旅費法改正案:負担を軽減する実務者視点での提案

2024年の旅費法改正案に向け、実務担当者の視点から現場の負担を軽減する提案を探ります。国内外の物価差に対応し、効率的な支給体系を目指します
出張旅費

出張ではファーストクラスに乗れない!マイレージを使うと公私混同

公務員が海外出張するときに、ファーストクラスとマイレージが利用できるか解説します。国家公務員の出張旅費は、旅費法に基づいて利用できる航空機の搭乗クラスが決められています。法律上はファーストクラスの利用が可能だとしても使うべきではありません。
出張旅費

旅費実務を学ぶための法令一覧、官公庁の旅費担当者の判断基準

旅費担当になったときは、旅費に関する基本法令や通知文を把握しましょう。基本法令がわかると効率的に旅費事務を学ぶことができます。国や地方自治体の旅費関係法令の一覧です。旅費の事務手続きはとても複雑です。基本法令を基に事務手続きを進めます。
スポンサーリンク
出張旅費

定額の宿泊料を超えた旅費を支払うときの根拠法令と手続き

物価が高騰しているため、欧米の主要都市へ海外出張する場合、旅費法で定めた定額の宿泊料金を大幅に超えたホテル代や食事料金が必要になります。この記事では、物価高の始まりや主な原因、特にエネルギーや食品資源の価格上昇、そしてコロナ禍の経済回復に伴う需要増加などの背景も詳しく解説しながら、どのように旅費法を適用するのか考えていきます。
出張旅費

私事用務を含む出張は一部自己負担、旅費の公私混同を防ぐには必須!

私事用務を含む出張には注意が必要です。休日の旅行先から直接出張するときの解説です。プライベートな旅行先が出張の目的地に近いときは、旅行先から出張する方が便利です。公私混同を回避するためには、プライベートな旅行先までの交通費は自己負担です。
出張旅費

出張旅費の前泊と後泊の判断で迷ったとき、宿泊の可否を判断する基準

出張旅費の前泊と後泊の判断基準についての詳細な解説。前泊と後泊が認められる場合や認められない場合の具体的な例、基準の検討方法を紹介。
出張旅費

官公庁出張報告書の正しい書き方: 事実記載の重要性と提出の手引き

公務出張後に必要な出張報告書の作成と提出方法を解説。出張の事実を正確に記載することの重要性と、不正を避けるための注意点についても説明します。出張前にこのガイドをチェックし、スムーズな報告書作成を実現しましょう。
出張旅費

旅費法の新幹線とは、急行料金のキロ数の考え方、旅費計算の基本原則

旅費計算に必要な新幹線、急行料金のキロ数の考え方、旅費計算の基本原則です。旅費法に基づく旅費計算では鉄道賃が多いです。旅費担当になって最初の頃は新幹線料金がどれに該当するのかもわかりません。急行料金が支給できるキロ数の判断がむずかしいです。
出張旅費

旅費の日当が減額される場合とは? 日当と昼食代の二重払に注意

旅費法の日当(にっとう)についての解説です。旅費に含まれる日当を正確に理解している人は少ないです。多くの人は手当と同じように考えています。しかし旅費法の日当は、昼食代、交通費・雑費です。労働に対する報酬や謝礼を意味する日当とは違います。
出張旅費

出張は旅行代理店へ依頼する方が安全!自分で予約すると手続きが大変

仕事で出張するときは、さまざまな書類が必要になります。さらにホテルや航空券などの予約も大変です。自分で直接予約するよりも、旅行代理店へ依頼したほうが効率的で安全です。旅行代理店へ依頼するときのチェックポイントをわかりやすく解説します。
出張旅費

旅費担当者の基礎知識、事前に知っておきたい旅費の考え方や勉強方法

初めて旅費担当になったとき、最初に知っておきたい基礎知識です。支給と支払いの違い、旅費の事務手続きの流れ、旅費請求に必要な書類、日当と宿泊料のわかりやすい解説です。特に日当と宿泊料には食事代が含まれているので減額調整する場合があります。
出張旅費

出張旅費の日当を減額するケースとは、旅費担当者の必須知識

出張旅費を計算するときに、日当を減額することがあります。旅費法では、交通費+日当+宿泊料が旅費です。このうち日当と宿泊料は定額です。しかし日当を全額支払ってしまうと、支給ミスになることがあります。日当を減額するケースを把握しておきましょう。
出張旅費

タクシーが使えるケース、公費でタクシー代を支払うことができる場合

官公庁で仕事をしていると、タクシーが使えるのか判断に悩むことがあります。自腹でタクシーを使うのであれば自由ですが、公費でタクシー代金を支払おうとするときは注意が必要です。タクシーが使える具体例と必要書類について解説します。
出張旅費

旅費法「公務上の必要又は天災その他やむを得ない事情」の具体例

国家公務員等の旅費に関する法律(旅費法)には、「公務上の必要又は天災その他やむを得ない事情」という記載が多数あります。簡単に言えば「やむを得ない場合」なのですが抽象的すぎて判断に悩みます。そこで具体例でわかりやすく解説します。
出張旅費

実家や友人宅に泊まったときの宿泊料は、旅費として受領できない

旅費法の宿泊料についての解説です。実家や知人宅へ宿泊したときに、宿泊料を支給できるでしょうか。宿泊料は定額支給です。固定宿泊施設を利用しないときも宿泊料が支給されます。しかし実家や知人宅へ宿泊したときは宿泊料は支給できません。
出張旅費

旅費法の基礎知識、旅行と出張の違い、内国旅行、赴任旅費の判断方法

官公庁の旅費担当になったときの基礎知識です。旅行と出張の違い、内国旅行と国内旅行、新規採用に伴う赴任旅費の判断方法、地方自治体の旅費に関する規則などの解説です。旅費担当になったときは、旅費法の基本を正しく理解しておきましょう。
出張旅費

旅費のポイントを正しく理解、正しい旅費請求に必須の知識

出張旅費を理解するためのポイントです。出張と旅行の違い、公務かどうか判断する方法などをわかりやすく解説します。出張者本人だけでなく、旅費担当者にも必須の知識です。旅費の不正受給を疑われないためにも、基本的な旅費のポイントを理解しましょう。
出張旅費

研究者が学会へ出席するときの必須知識、旅費と学会参加費の重複支給

学会へ出席するときの旅費と学会参加費には注意が必要です。学会参加費の中に食事代が含まれていると重複してしまうリスクがあります。特に海外で開催される学会では、参加費に食事代が含まれるケースが多いです。食事代を減額調整する方法です。
スポンサーリンク