これで「旅費事務」を効率的に学ぶ!官公庁の旅費関係法令の一覧

スポンサーリンク
出張旅費
2014年 奈良
出張旅費

「旅費事務」を学びたいときは、基本法令を把握すると効率的です。国や地方自治体の旅費関係法令の一覧を記載してます。旅費の事務手続きは、とても複雑です。基本法令を理解し、ケースバイケースで判断して事務手続きを進めていくことになります。

 

スポンサーリンク

「旅費事務」の学び方

 

官公庁の事務担当者が、旅費について勉強したいとき、最初に把握したい「基本となる旅費関係法令の一覧」です。国と地方自治体の、旅費についての根拠法令です。

 

会計実務を勉強するときには、最初に根拠法令をしっかりと把握しましょう。

 

ひとつひとつの条文まで覚える必要はありません。記載されている場所を把握することが大切です。「これに関係する法令は、ここを見れば分かる」という知識が最重要です。実際に何かの事務手続きを行うときに、会計法令を詳しく見て、適正に対応することが重要です。

 

会計実務を担当していて、一番困ってしまうのは、「何をしたら良いかわからない」状況です。右往左往するのが困ります。これを打開するためには、常日頃から知識を身につけるしかありません。

 

旅費の事務手続きは、とても複雑です。交通費の計算、日当や宿泊料の計算、どれをとってもケースバイケースで、処理の方法が変わります。旅費法などの根拠法令を把握しておき、その後は実際のケースによって判断することになります。

 

旅費事務を担当すると、判断に悩むことが毎日生じてきます。そのたびに勉強しながら解決していくことになります。それらを事例集として、自分なりにメモをしておくことが大切です。調べたことは、自分の財産になりますし、若い人たちへアドバイスするときの貴重な資料にもなります。もちろん、会計検査院などへの対外的な説明用として貴重な資料になります。紙のノートへ素早くメモし、時間のあるときにテキストファイル化しておくと良いです。

 

スポンサーリンク

「国」の旅費関係法令

 

旅費に関する基本的な法律は、旅費法です。正式名称は「国家公務員等の旅費に関する法律」です。この法律を受けて、支給規程と運用方針があります。珍しく、旅費法には施行令はありません。

 

国家公務員等の旅費に関する法律

国家公務員等の旅費に関する法律
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則)の内容を検索して提供します。

 

 

国家公務員等の旅費支給規程

国家公務員等の旅費支給規程
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則)の内容を検索して提供します。

 

国家公務員等の旅費に関する法律の運用方針について
昭和二十七年四月十五日 蔵計第九百二十二号 大蔵省主計局長通牒

https://www.mof.go.jp/about_mof/act/kokuji_tsuutatsu/tsuutatsu/TU-19520415-0922-11.pdf

 

旅費業務に関する標準マニュアルVer.2-0

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ryohi_kaikei/kanjikai_dai2/siryou1.pdf

 

旅費・会計等業務効率化推進会議

旅費・会計等業務効率化推進会議|内閣官房ホームページ
内閣官房,旅費・会計等業務効率化推進会議

 

スポンサーリンク

地方自治体の旅費関係法令

 

地方自治体は、地方自治法第二百四条により、それぞれの条例で定めています。条例の下位に支給規定などがあります。各都道府県、市町村ごとに旅費に関する規則等が定められてています。参考に東京都と大阪府の条例等を記載します。考え方は、国の旅費法に準じています。

地方自治法

第二百四条
3 給料、手当及び旅費の額並びにその支給方法は、条例でこれを定めなければならない。

 

東京都の場合

職員の旅費に関する条例

職員の旅費支給規程

教育関係職員の旅費支給規程

 

大阪府の場合

職員の旅費に関する条例

職員の旅費に関する規則


本サイトの「電子書籍」販売中!


「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」

「どうやったら仕事が覚えられるのだろう?」


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのように手続きを進めれば良いかわからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのか、依頼文の内容はどう書けば良いのかなど、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


誰でも、初めての仕事は不安なものです。「経験がなく」知識が不足するため不安になります。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。経験に基づく知識は学ぶことができます。書類作りをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれてきます。そして毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました