どうしたら「契約を変更」できるの?これが「変更契約書」の作成方法

スポンサーリンク
契約手続き
2007年 シンガポール
契約手続き

 

契約書を締結した後に、契約内容を変更するときの「変更契約」の解説です。台風や地震などの不可抗力によって、変更契約を2回締結するときの「変更契約書」記載例です。変更契約が可能となるのは、当初の契約方式に影響を与えず、止むを得ないときです。入札手続きを回避するような変更契約は認められません。

スポンサーリンク

変更契約が認められるケース

 

官公庁が締結した契約書について、内容を変更する場合は、次の点について注意が必要です。契約方式によって、変更できるケースとできないケースがあります。

変更できるケース

 

官公庁が締結する契約で、内容を変更できるのは、官公庁側が不利にならず、不可抗力等で変更が止むを得ない場合に限られます。

 

競争性のない随意契約(予決令102-4-3)として締結した契約は、変更契約が可能です。

 

競争契約(入札)や少額随意契約で締結した契約は、契約金額を減額する変更は可能です。当初の契約方式の判断に影響を与えず、不可抗力で止むを得ないときに変更可能です。台風などにより原料が滅失し納品数量を減らさなければならないとき、納入期限を延長する場合などです。

変更できないケース

 

当初の契約が、少額随意契約方式のとき、契約金額を増額することで入札対象金額になるときは、変更契約できません。増額部分は新たに入札手続きで契約することになります。これは、入札手続きを回避するために少額随意契約を締結したと看做され、「不適切な契約手続き」になってしまうからです。調達計画がずさんと指摘されます。次の会計年度で新規に契約する方が安全です。

スポンサーリンク

変更契約書の記載例

 

物品の売買契約を例に、変更契約書の記載方法を解説します。2回変更する場合です。変更理由は次のとおりです。不運なケースです。

 

一般競争契約(入札手続き)で、パソコンとモニター60セットを1,200万円で契約、1セット20万円。契約年月日は6月1日、納入期限は12月20日

 

1回目の変更
大型台風が発生し、生産工場が被災し、部品調達困難で10セット納品不可能となった。

 

2回目の変更
地震が発生し、さらに5セットが生産できなくなった。道路が寸断され納期も延期。

当初の契約書

 

物品供給契約書

調達物品名 パソコン・モニター 一式
数量 60セット
契約金額 金12,000,000円也

発注者 支出負担行為担当官○○省会計課長○○と供給者○○株式会社 代表取締役社長○○とは、上記「パソコン・モニター 一式」(以下「物品」という。)の供給について、上記契約金額をもって次の条項のとおり契約を締結するものとする。

第1条(略)

第4条 物品は、○○省○○課大会議室に納入するものとする。
第5条 物品の納入期限は、平成30年12月20日とする。

(略)
平成30年6月1日

発注者 支出負担行為担当官
○○省会計課長○○印

供給者
○○株式会社
代表取締役社長○○印

1回目の変更契約書

(大型台風が発生し、生産工場が被災し、部品調達困難で10セット納品不可能となった。)

 

変更契約書

発注者 支出負担行為担当官○○省会計課長○○と供給者○○株式会社 代表取締役社長○○とは、平成30年6月1日付けで締結した「パソコン・モニター 一式」物品供給契約書(以下「原契約書」という。)について、次のとおり変更契約を締結する。

 

(数量の変更)
第1条 原契約書頭書の「数量 60セット」を「数量 50セット」に変更する。

 

(契約金額の変更)
第2条 原契約書頭書の契約金額「金12,000,000円也」を「金10,000,000円也」に変更する。

 

第3条 その他の条項については、原契約書のとおりとする。

 

上記変更契約の成立を証するため、本変更契約書を2通作成し、発注者、供給者それぞれ1通を所持するものとする。

平成30年8月20日

発注者 支出負担行為担当官
○○省会計課長○○印

供給者
○○株式会社
代表取締役社長○○印

2回目の変更契約書

(地震が発生し、さらに5セットが生産できなくなった。道路が崩れ納期も1ヶ月遅れる。)

 

変更契約書(第2回)

発注者 支出負担行為担当官○○省会計課長○○と供給者○○株式会社 代表取締役社長○○とは、平成30年6月1日付けで締結した「パソコン・モニター 一式」物品供給契約書(以下「原契約書」という。)、平成30年8月20日付けで締結した変更契約書(以下「第1回変更契約書」という。)について、次のとおり変更契約を締結する。

 

(数量の変更)
第1条 第1回変更契約書第1条の「数量 50セット」を「数量 45セット」に変更する。

 

(契約金額の変更)
第2条 第1回変更契約書第2条の契約金額「金10,000,000円也」を「金9,000,000円也」に変更する。

 

第3条 原契約書第5条の納入期限「平成30年12月20日」を「平成31年1月20日」に変更する。

 

第4条 その他の条項については、原契約書および第1回変更契約書のとおりとする。

 

上記変更契約の成立を証するため、本変更契約書を2通作成し、発注者、供給者それぞれ1通を所持するものとする。

平成30年10月20日

発注者 支出負担行為担当官
○○省会計課長○○印

供給者
○○株式会社
代表取締役社長○○印


本サイトの「電子書籍」販売中!


「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」

「どうやったら仕事が覚えられるのだろう?」


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのように手続きを進めれば良いかわからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのか、依頼文の内容はどう書けば良いのかなど、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


誰でも、初めての仕事は不安なものです。「経験がなく」知識が不足するため不安になります。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。経験に基づく知識は学ぶことができます。書類作りをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれてきます。そして毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました