会計法令の解説

官公庁の会計実務に役立つ会計法令の解説です。
国の会計手続きを定めた、財政法、会計法、予算決算及び会計令(予決令)などを、わかりやすく実例に基づいて解説します。また地方公共団体の地方自治法、地方自治法施行令なども併せて説明します。適正な会計手続きのためには、各法令を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
会計法令の解説

法令と予算の基本を学ぶ、同じ「項」でも意味が違う

 官公庁の事業は、法令に基づきながら予算の範囲内で実施します。法令と予算の両方で認められなければ、事業を実施できません。そのため法令を学ぶことと、予算を知ることが重要です。法令と予算の「項」の違いも理解しておきましょう。
会計法令の解説

会計法令を読む時間は無駄かもしれない?それより早く書類を作る

官公庁の会計実務は、法令に基づいて手続きを進めます。しかし日常の書類作成は、法令を知らなくても困りません。過去の書類をマネすれば作れますし、上司に聞けば教えてくれます。しかし会計法令を知っていれば、さまざまなメリットが生まれてきます。
会計法令の解説

法令価格による随意契約、価格競争ができない場合

 法令で価格が指定されている場合は、随意契約が可能です。価格競争できない状態では、入札しても意味がありません。法令価格により随意契約は、根拠資料が必要です。また、法令価格の他に手数料などの競争性のある部分が含まれていれば対象外です。
スポンサーリンク
会計法令の解説

会計法令が実務に役立たない理由、条文を理解しても書類は作れない

 会計法令の条文を読むだけでは、日常業務の実務には役立ちません。条文は、基本的な考え方が記載してあるだけなので、いざ書類を作ろうと思っても、何もできないのです。会計法令を理解するためには、実務の中で覚えるしかありません。
会計法令の解説

契約実務に必須の法令を覚えるコツ、自分専用の財政小六法を持つ

 国の契約実務に必要な会計法令をマスターするコツです。会計法令は、財政小六法を効率的に使うことで早く理解できるようになります。実務で使う条文は、ごくわずかです。自分専用の財政小六法を持ちましょう。
会計法令の解説

一般競争入札への参加資格をさらに絞り込むとき、4つの参加資格とは

 一般競争入札への参加資格を追加で制限するときの解説です。官公庁が実施する入札では、参加資格が法令で定められています。しかし契約内容によっては、さらに資格を必要とする場合があります。ただし、参加資格を絞り込むときは最小限の条件とします。
会計法令の解説

契約書の記載事項、契約書の条文と会計法令を対比して理解

 官公庁が取り交わす契約書は、記載事項が会計法令で定められています。契約書の条文と会計法令を対比しながら、わかりやすく解説します。法令で義務付けられている契約書の条文は、競争入札の場合などで修正できないケースもあります。
会計法令の解説

官公庁の支払方法一覧、支払時期と金額の確定有無で判断

 官公庁の支払方法一覧です。支払方法の原則は、後払いです。例外として前金払や概算払が認められています。それぞれの支払方法は、日常の会計実務に直接影響します。複雑な支払方法の違いを正確に理解しましょう。
会計法令の解説

予定価格を作成するときは、市場価格方式あるいは原価計算方式

 予定価格作成方法についての解説です。競争入札や随意契約を締結するときには、予定価格が必須です。ところが予定価格の作成方法は、具体的に定められていません。予定価格を作成するときは、市場価格方式と原価計算方式を用います。
会計法令の解説

入札公告の書き方、記載事項は会計計法令で定められている

 入札公告への記載事項です。一般競争入札を行うときは、入札公告をWEB上などで公開しなければなりません。入札公告へ掲載する内容は、基本的な部分が会計法令で定められています。いろいろな書き方がありますが、入札公告の記載事項を具体例で解説します。
スポンサーリンク