会計法令の解説

官公庁の会計実務に役立つ会計法令の解説です。
国の会計手続きを定めた、財政法、会計法、予算決算及び会計令(予決令)などを、わかりやすく実例に基づいて解説します。また地方公共団体の地方自治法、地方自治法施行令なども併せて説明します。適正な会計手続きのためには、各法令を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
会計法令の解説

「支払手続き」の基礎知識、遅延防止法と請求書の受理日を理解する

官公庁の「支払い手続き」についての解説です。国や地方公共団体などの官公庁は、毎日、民間会社と様々な契約を締結しています。物品などを購入する契約や、何かの作業を実施してもらう役務契約、工事契約などです。これら契約代金支払手続きの解説です。
2019.11.11
会計法令の解説

契約書に貼る「印紙」の解説、官公庁は「非課税法人」、効力への影響

契約書や請書に貼付する印紙についての詳しい解説です。官公庁が民間会社と契約するときに作成する契約書や請書は、印紙の貼付が必要です。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙を貼る文書の種類は別表第一で課税か非課税か区分されています。
2019.11.01
会計法令の解説

「検収の時期」と「代金支払の時期」を遅延防止法で正しく理解

「遅延防止法」の解説です。国の契約手続きでは、「検収の時期」と「支払の時期」が法律で定められています。遅延防止法を正しく理解しましょう。契約実務が効率的になります。特に「検収」が遅れると、様々なトラブルが発生します。納品時に検収です。
2019.10.28
スポンサーリンク
会計法令の解説

遅延利息の率は、平成29年4月から「年2.7%」、財務省告示で決定

国の代金支払いが、遅れたときの「遅延利息」の解説です。遅延防止法は、すみやかに代金を支払うことを定めた法律です。代金支払いが遅れれば、民間会社は資金繰りが厳しくなり、経営が不安定になります。支払いの遅れを防止するための法律です。
2019.10.16
会計法令の解説

「会計年度」が必要な理由を正しく理解する、予算の「基本単位」

官公庁の予算の集計単位である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は、4月から翌年3月までの「会計年度」を基準として予算を組み、国会や議会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2019.10.01
会計法令の解説

「契約書」を必要とする根拠法令、150万円以下なら省略可能

「契約書」の作成要否や、記載事項についての解説です。国が契約を締結するときは、契約の相手方へ「契約書の要否」について、事前に明示しなければなりません。契約書の省略は150万円以下なら可能ですが義務ではありません。根拠法令の説明です。
2019.09.27
会計法令の解説

「検査調書」の作成を省略するときの注意点、検収サインの方法

「検査調書」について、わかりやすく解説します。200万円以下の契約であれば、「検査調書」の作成を省略できます。しかし「検査」そのものは省略できません。つまり「検査調書」と「検査」は違います。「検収サイン」の実例を解説します。
2019.09.24
会計法令の解説

「前金払」ができる範囲は限定されている、予決令第五十七条の解説

国の支払手続き「前金払」の解説です。契約代金の支払いは、「後払い」が原則です。例外的な支払手続きとして予決令第五十七条で「前金払」が定められています。注意が必要な点は、限定列挙されているところです。根拠法令を解説します。
2019.09.13
会計法令の解説

「給付の完了の確認」に必要な「検査」とは、検査職員と補助者

官公庁の契約手続きに必要な「検査」の解説です。代金を支払う前には「検査」が必須です。物品の購入契約では「納品検査」、役務契約では「完了検査」などと呼びます。契約内容どおりに履行されたかどうか確認するための「検査」の解説です。
2019.09.05
会計法令の解説

「入札保証金」を免除できるケースを正しく理解、根拠法令の解説

「入札保証金」についての解説です。国が実施する入札手続きでは、原則として「入札保証金」を納付することになっています。しかし、ほとんどの入札では「全省庁統一資格」を参加条件としているので「免除」になります。根拠法令をくわしく解説します。
2019.09.05
スポンサーリンク