会計法令の解説

官公庁の会計実務に役立つ会計法令の解説です。
国の会計手続きを定めた、財政法、会計法、予算決算及び会計令(予決令)などを、わかりやすく実例に基づいて解説します。また地方公共団体の地方自治法、地方自治法施行令なども併せて説明します。適正な会計手続きのためには、各法令を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
会計法令の解説

収入印紙は必要?請書や契約書に貼る収入印紙の非課税範囲や効力とは

契約書や請書に貼る収入印紙についての解説です。官公庁と民間企業が作成する契約書や請書には、収入印紙が必要になることがあります。印紙税法の別表第二で官公庁は非課税法人です。民間企業側が収入印紙を貼ります。
2021.11.17
会計法令の解説

開札の結果くじ引きになったときの対応方法、くじ引きの具体例

競争入札で開札後に実施するくじ引きの解説です。予定価格の範囲内で、入札金額が同じになったときはくじ引きで落札者を決定します。予定価格の範囲内であれば再度入札は実施しません。くじ引きの具体的な方法を解説します。目の前でくじを引くのがコツです。
2021.10.28
会計法令の解説

支出負担行為担当官と契約担当官の違いをわかりやすく解説

支出負担行為担当官と契約担当官の解説です。契約書類を作成するときに、書類の宛名や契約名義人などで支出負担行為担当官と契約担当官を区別して記載します。支出負担行為担当官と契約担当官の違いについては、契約の事務所掌を理解することが大切です。
2021.10.28
スポンサーリンク
会計法令の解説

検査調書を省略できる場合とは、検査調書と検収の違いを解説

官公庁が契約代金を支払うときは検収が完了していなければなりません。また契約金額が一定金額以上のときは検査調書の作成が義務付けられています。検査調書を省略できる場合、検査調書と検収の違いをわかりやすく解説します。契約担当者に必須の知識です。
2021.10.28
会計法令の解説

会計法で重要な5つの条文とは、支出負担行為担当官と契約担当官の違い

会計法の中で契約実務に役立つ条文です。支出負担行為担当官と契約担当官の違い、官公庁の支払い方法の原則、契約方式の根拠法令です。会計法は国を対象とした法令ですが、地方自治体も同じように定められています。契約担当者に必須の知識です。
2021.10.28
会計法令の解説

指名競争入札よりも一般競争入札の方が安全!指名理由は大丈夫?

指名競争入札を実施するときの注意点です。一般競争入札と異なり、あらかじめ数社を選定し指名通知を送付します。しかし指名会社を選んだ理由について、後日問題になることがあります。もし選ぶ理由が明確でないなら、一般競争入札の方が安全です。
2021.10.27
会計法令の解説

指名競争入札で不落随契は可能か?一般競争入札との違いは?

指名競争入札で不落随契は可能でしょうか?一般競争入札では不落随契が認められています。指名競争入札でも同じように不落随契が認められるか、わかりやすく解説します。一般競争入札と指名競争入札では違いがあります。入札者がないときは問題になります。
2021.10.27
会計法令の解説

予定価格を教えてと言われても、秘密扱いの予定価格は絶対に教えない

官公庁が競争入札を実施するときの予定価格は、秘密扱いが原則です。しかし再度入札を繰り返しているときなどに、予定価格を教えてと依頼されることがあります。どのように対応すれば良いか解説します。また予定価格を秘密にする根拠法令も確認しましょう。
2021.10.27
会計法令の解説

遅延防止法の運用方針とは、請求書の受理日、契約代金支払時の注意点

官公庁が契約代金を支払うときの注意点です。契約担当者や支払担当者に必須の知識です。契約代金を支払うときは請求書に基づき支払います。請求書を受理した日からの支払期限は法律で定められてます。請求書の受理日の解釈や遅延日数の計算方法です。
2021.10.27
会計法令の解説

支出負担行為とは、契約手続きの中で支出負担行為を行う時期とは

官公庁の会計手続きに必要な支出負担行為の解説です。そもそも支出負担行為とは何を意味するのでしょうか。なぜ支出負担行為が必要なのでしょうか。契約手続きの中で支出負担行為として整理する時期の解説です。会計担当者、契約実務担当者に必須の知識です。
2021.10.27
会計法令の解説

歳出の会計年度所属区分とは、3月から4月にかけての支払いは要注意

官公庁が予算を使うときは、会計年度を守らなければなりません。3月から4月にかけて会計年度が切り替わるときに、契約代金を支払うときには、新年度と旧年度の区別が必要です。会計年度の判断は、期間で判断する方法と、検収日で判断する方法があります。
2021.10.27
会計法令の解説

請求書を受け取るときの基礎知識、官公庁に適用される遅延防止法

官公庁が請求書を受け取ったときに理解しておきたい遅延防止法の解説です。国だけでなく地方自治体を含む官公庁すべてが適用対象です。契約代金を支払うときの根拠法令です。請求書が届いたのに支払いが遅れると、遅延利息を支払うことになります。
2021.10.26
会計法令の解説

会計年度所属区分の判断方法とは、旅費、給与、光熱水費、契約代金

年度末の会計処理には会計年度所属区分の知識が必要です。旧年度と新年度、どちらの予算になるのか判断しなくてはなりません。旅費、給与、光熱水費、契約代金について具体的に会計年度を区分する方法です。予決令第二条の歳出の会計年度所属区分の解説です。
2021.10.26
会計法令の解説

入札公告期間の数え方、入札期日は開札日だけではないので注意!

「入札公告」の掲載期間についての解説です。一般競争入札を実施するときは、最初に「入札公告」を公開します。公告期間が長いほど、競争参加者が増えます。予決令では原則として10日以上、地方自治体はそれぞれの規則で入札公告期間を定めています。
2021.10.26
スポンサーリンク