会計法令の解説

会計法令の解説 会計法令の解説

官公庁の会計実務に役立つ会計法令の解説です。
国の会計手続きを定めた、財政法、会計法、予算決算及び会計令(予決令)などを、わかりやすく実例に基づいて解説します。また地方公共団体の地方自治法、地方自治法施行令なども併せて説明します。適正な会計手続きのためには、各法令を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
会計法令の解説

一般競争入札に参加させないことができる、予決令第七十一条の解説

競争入札に参加する資格についての解説です。参加資格の根拠法令は3つあります。予算決算及び会計令の第70条、第71条、第73条です。今回は第71条の「一般競争に参加させないことができる」具体例を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2019.07.09
会計法令の解説

初めて入札公告を作成するときの注意点、根拠法令を正確に理解

入札公告の作成についての解説です。官公庁の契約実務担当者が、一般競争入札を実施するときに必須の知識です。入札公告は一般公開され、多数の人が目にします。入札公告の記載事項は、会計法令で決められています。具体例でくわしく解説します。
2019.07.04
会計法令の解説

会計法令を短期間でマスターする方法、自腹で「財政小六法」購入

官公庁の会計実務に必須の「会計法令をマスターするコツ」です。国や地方公共団体などの公的組織で働く人は、会計法令を理解して事務手続きを進める必要があります。不思議なことに「財政小六法」等を自腹で購入すると、理解が早まります。
2019.07.02
スポンサーリンク
会計法令の解説

「請求書」が届いたら「遅延防止法」と「運用方針」を正しく理解

契約代金を支払うときに注意すべきポイントです。官公庁の契約実務担当者が代金を支払うときは、「請求書」に基づき支払います。請求書を受理した日から、支払期限が法律で定められてます。請求書の受理日や遅延利息の解説です。
2019.06.17
会計法令の解説

初めて契約書を作成するとき、実際の「契約書の雛形」で条文解説

契約書の記載事項(条文記載例)の詳しい解説です。官公庁が締結する契約書は、会計法令で記載事項が定められています。予決令第百条に基づいて、実際の契約書雛形で説明します。また、契約書の条文は、修正できないケースがあります。
2019.06.06
会計法令の解説

「競争性のない随意契約」を知りたいとき、予決令102-4-3の解説

随意契約のうち、「競争性のない随意契約」の解説です。予決令102-4-3では、販売会社がひとつしか存在しないときは、随意契約が認められています。特許製品などが典型例です。しかし実務上は、競争性を確保した一般競争入札を実施します。
2019.06.03
会計法令の解説

契約方式の根拠法令を簡単に知りたいとき、契約種類別の根拠一覧

契約方式の根拠法令一覧です。国と地方公共団体について、主な契約の種類別にまとめました。物品購入契約、工事・製造契約、請負契約について、随意契約や指名競争入札が可能な範囲、その根拠法令です。市町村は、基準額が半分に抑えられています。
会計法令の解説

指名競争入札のメリットを正しく知る、実務上は一般競争入札すべき

指名競争入札についての解説です。官公庁の契約方式は、一般競争入札が原則です。例外として指名競争入札と随意契約があります。会計法令(予決令)では、契約金額に応じて、それぞれの契約方式が可能な範囲を定めています。
2019.05.24
会計法令の解説

指名競争入札のリスクを正しく理解する、一般競争入札の方が安全

指名競争入札を実施するときに注意したい点です。一般競争入札とは異なり、あらかじめ数社を選定し指名通知を送付します。会社を選んだ理由は、明確にしておく必要があります。
2019.05.17
会計法令の解説

官公庁の入札に必要な4つの資格とは、予決令第七十三条の解説

官公庁が実施する入札へ参加するための「資格」についての解説です。入札に参加する条件は、一般的に「全省庁統一資格」が必要です。契約の内容が特殊で、さらに追加で参加条件を制限するときの解説です。参加資格を絞り込むときは最少限の条件とします。
2019.04.26
会計法令の解説

契約書に貼る印紙の解説、官公庁は非課税法人、契約の効力に影響なし

契約書や請書に貼付する印紙についての詳しい解説です。官公庁が民間会社と契約するときに作成する契約書や請書は、印紙の貼付が必要です。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙を貼る文書の種類は別表第一で課税か非課税か区分されています。
2019.04.23
会計法令の解説

入札公告を作成するときの注意事項、予決令第七十六条の入札無効

入札公告に記載する「無効」についての解説です。入札に参加した会社が「無効」と判断される条件は、事前に明記する必要があります。理由もなく入札が無効扱いされると、会社の信用度はなくなり致命的な打撃を受けます。契約実務担当者に必須の知識です。
2019.04.17
スポンサーリンク