会計法令の解説

官公庁の会計実務に役立つ会計法令の解説です。
国の会計手続きを定めた、財政法、会計法、予算決算及び会計令(予決令)などを、わかりやすく実例に基づいて解説します。また地方公共団体の地方自治法、地方自治法施行令なども併せて説明します。適正な会計手続きのためには、各法令を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
会計法令の解説

「前金払」ができる範囲は限定されている、予決令第五十七条の解説

国の支払手続き「前金払」の解説です。契約代金の支払いは、「後払い」が原則です。例外的な支払手続きとして予決令第五十七条で「前金払」が定められています。注意が必要な点は、限定列挙されているところです。根拠法令を解説します。
2019.09.13
会計法令の解説

「給付の完了の確認」に必要な「検査」とは、検査職員と補助者

官公庁の契約手続きに必要な「検査」の解説です。代金を支払う前には「検査」が必須です。物品の購入契約では「納品検査」、役務契約では「完了検査」などと呼びます。契約内容どおりに履行されたかどうか確認するための「検査」の解説です。
2019.09.05
会計法令の解説

「入札保証金」を免除できるケースを正しく理解、根拠法令の解説

「入札保証金」についての解説です。国が実施する入札手続きでは、原則として「入札保証金」を納付することになっています。しかし、ほとんどの入札では「全省庁統一資格」を参加条件としているので「免除」になります。根拠法令をくわしく解説します。
2019.09.05
スポンサーリンク
会計法令の解説

意外と知らない「会計機関」と「補助者」の関係を正しく理解する

公務員の仕事は「事務手続き」です。特に契約実務担当者は、契約が締結できる「権限」についての理解が必須です。各省庁の大臣から権限を委任されている「支出負担行為担当官」や「契約担当官」、そして「補助者」について、くわしく解説します。
2019.09.02
会計法令の解説

「契約書」の作成を省略できる場合とは、民法と異なる契約成立日

「契約書の省略」と「契約成立日」についての解説です。国を当事者とする契約は、原則として「契約書」の作成が義務付けられています。例外として150万円以下のときに省略できます。また、契約成立日は、口頭のみで契約が成立する民法と異なります。
2019.08.29
会計法令の解説

入札手続きに潜む「名刺1枚」のリスクとは、公正・公平な手続きに必須

入札手続きの解説です。入札説明書を渡すときは「名刺」と引き換えに渡すことが重要です。入札関係書類の修正、開札日の参加状況などを事前に確認し、公正・公平な手続きを実施しなければなりません。「名刺」1枚を忘れ、泥沼状態になることがあります。
2019.08.27
会計法令の解説

「検査」と「監督」を正しく理解する、契約実務に必須の知識を解説

官公庁の契約実務に必須な「検査」と「監督」の解説です。それぞれの業務内容とその違い、「兼職禁止」について説明します。「検査」と「監督」は、法律によって明確に定められています。代金の支払前には「検査」が義務付けられています。
2019.08.27
会計法令の解説

「財政」と「経済」の違いを理解する、財政法の役割と法令の見方

財政法第一条の解説です。国の予算について基本ルールを定めた法律です。財政という言葉には、いろいろな定義があります。広い概念では民間会社や個人の家計まで含まれます。財政法は「国のお金の出し入れ」について定めたルールです。
2019.08.16
会計法令の解説

検収(給付の完了確認の検査)の具体的な方法、必要理由と根拠法令

「検収」についての解説です。官公庁が締結する契約では、代金を支払う前に「給付の完了」を確認する「検査」が必要です。検査を義務付けている理由、根拠法令の解説、実際に検査を行うための具体的な方法を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2019.08.15
スポンサーリンク