会計法令の解説

官公庁の会計実務に役立つ会計法令の解説です。
国の会計手続きを定めた、財政法、会計法、予算決算及び会計令(予決令)などを、わかりやすく実例に基づいて解説します。また地方公共団体の地方自治法、地方自治法施行令なども併せて説明します。適正な会計手続きのためには、各法令を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
会計法令の解説

会計法令を知らなくても仕事はできる!会計法令を知るメリット

官公庁の会計実務は、法令に基づいて手続きを進めます。しかし日常の書類作成などは法令を知らなくても困りません。過去の書類をマネすれば作れますし、上司に聞けば教えてくれます。しかし会計法令を知っていれば、さまざまなメリットが生まれてきます。
2021.09.20
会計法令の解説

会計法令をマスターするコツとは、職場の法令集では覚えられない

官公庁の会計手続きは法令に基づきます。会計法令を理解しておくと仕事を効率的に進めることができます。会計法令をマスターするにはコツがあります。理由はわかりませんが、不思議なことに財政小六法を税金で購入するとなかなか覚えられません。
2021.09.19
会計法令の解説

会計年度と予算の簡単な解説、財政法で重要な二つの条文、項と目とは

財政法の中で契約実務に必要な会計年度と予算の目的外使用の簡単な解説です。予算は項と目から構成されています。日常業務では、会計法令を知らなくても支障がありません。むしろ、会計法令の勉強よりも書類作成を優先しろと考える人さえいます。
2021.09.19
スポンサーリンク
会計法令の解説

一般競争入札への参加資格をさらに絞り込むとき、4つの参加資格とは

官公庁が実施する一般競争入札へ参加するための資格についての解説です。国が実施する入札では、全省庁統一資格が必要です。さらに契約の内容が特殊で追加で条件を制限することもあります。入札への参加資格を絞り込むときは最少限の条件とします。
2021.09.11
会計法令の解説

入札公告の記載事項とは、会計法令で入札公告は決められている

入札公告の作成についての解説です。官公庁の契約実務担当者が、一般競争入札を実施するときに必須の知識です。入札公告は一般公開され、多数の人が目にします。入札公告の記載事項は、会計法令で決められています。具体例でくわしく解説します。
2021.09.10
会計法令の解説

法令価格による随意契約とは、価格が同じでは競争しても意味がない

法令価格による随意契約についての解説です。官公庁が契約の相手方を選ぶときは一般競争入札が原則です。しかし法令で価格が決まっていると価格競争できません。そこで予算決算及び会計令臨時特例第五条により水契約を可能としています。
2021.09.10
会計法令の解説

公平公正な入札手続きとは、開札時の入札金額発表、仕様書の変更連絡

官公庁が実施する一般競争入札は、公平・公正でなければなりません。競争入札の開札を例にして、公平性と公正性をわかりやすく解説します。また入札関係書類を配布するときに、名刺をもらい忘れると大変です。仕様書の修正は全員へ伝えなければなりません。
2021.09.08
会計法令の解説

予定価格の作成方法と根拠法令、予定価格の作り方がわからない理由

官公庁の契約手続きでは予定価格がとても重要です。入札の落札上限価格として、また契約方式を判断するときの基準価格としての役割があります。ところが作成方法を具体的に定めた法令がありません。そこで本サイトでは具体的に作成方法を解説します。
2021.09.07
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました