会計法令の解説

官公庁の会計実務に役立つ会計法令の解説です。
国の会計手続きを定めた、財政法、会計法、予算決算及び会計令(予決令)などを、わかりやすく実例に基づいて解説します。また地方公共団体の地方自治法、地方自治法施行令なども併せて説明します。適正な会計手続きのためには、各法令を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
会計法令の解説

もう、疑われる「指名入札」はやめましょう!一般入札が絶対に安全

指名競争入札を実施するときに注意したい点です。一般競争入札とは異なり、あらかじめ数社を選定し指名通知を送付します。会社を選んだ理由は、明確にしておく必要があります。
2021.04.12
会計法令の解説

そもそも、なぜ「会計年度」が必要? わかりやすく解説

官公庁の「会計年度」についての解説です。4月から翌年3月までの「会計年度」を基準として予算を組み、国会や議会の承認を得て事業を行います。しかし、そもそも何故「会計年度」が必要なのでしょうか?「会計年度の必要性」をわかりやすく解説します。
2021.03.23
会計法令の解説

あなたが作った会計書類、実は間違っている? 会計法令の理解とは

会計法令を正しく理解するメリットの解説です。日常業務では、会計法令を知らなくても事務手続きには支障がありません。なかには「会計法令の勉強」よりも「書類作成を優先しろ」と考える人さえいます。しかし会計法令を理解すれば効率的に仕事ができます。
2021.03.15
スポンサーリンク
会計法令の解説

年度末こそ注意したい!「会計年度所属区分」、期間か検収日で判断

官公庁の「会計年度所属区分」についての解説です。単年度予算を使用するときは、会計年度の判断が必須です。特に3月から4月にかけては会計年度の判断方法を知っておく必要があります。根拠法令と具体例に基づいて「会計年度所属区分」を理解できます。
2021.03.12
会計法令の解説

「遅延利息の率」は財務省告示、遅延利息の計算方法と根拠法令

官公庁の代金支払いが遅れたときの「遅延利息」の解説です。遅延防止法は、「すみやかに代金を支払うこと」を定めた法律です。代金支払いが遅れれば、民間企業は資金繰りが厳しくなり、経営が不安定になります。請求書を受理したときは、支払期限に注意しましょう。
2021.03.03
会計法令の解説

「請求書」を官公庁が受理するときの知識、「遅延防止法」の解説

「請求書」を受理するときに理解しておきたい「遅延防止法」の解説です。国だけでなく、都道府県や市区町村(役所)すべてが適用対象です。契約代金を支払うときの根拠法令です。支払いが遅れると、かなり痛い状況になります。
2021.03.01
会計法令の解説

知らないと恥ずかしい? 契約書に貼る「印紙」と「非課税」範囲

契約書や請書に貼る「印紙」についての解説です。官公庁と民間会社が契約するときに作成する「契約書」や「請書」には、印紙が必要になることがあります。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙が必要な文書は別表第一に記載されています。
2021.02.23
会計法令の解説

「給付の完了」とは?「検査の時期」を遅延防止法で理解

「遅延防止法」の解説です。官公庁の契約手続きでは、「検収の時期」と「支払の時期」が法律で定められています。遅延防止法を正しく理解すると、契約実務が効率的になります。もし「検収」が遅れると、様々なトラブルが発生してしまいます。「納品時に検収」です。
2021.02.22
会計法令の解説

今まで気にしてなかった「概算払」、これでスッキリ理解

官公庁の「概算払」についての解説です。官公庁の支払い手続きは、「後払い」が原則です。例外として「概算払」が認められています。根拠法令と「前金払」との違いをわかりやすく解説します。また地方自治体の法令についても併せて解説します。
2021.02.06
会計法令の解説

なぜ友人まで増える? 会計法令をマスターするメリットとコツ

会計法令なんて、実務には関係ない! もし、あなたがそう思っているなら、かなり「損」してしまいます。 会計法令を理解していれば、日常の事務手続きが驚くほど速くなります。そして周りの同僚などから信頼され、次第に友人まで増えてきます。
2021.02.04
会計法令の解説

「名刺1枚」で大変なことに!「公正」と「公平」なんて考えない

入札手続きの解説です。入札説明書を渡すときは「名刺」と引き換えに渡すことが重要です。入札関係書類の修正、開札日の参加状況などを事前に確認し、公正・公平な手続きを実施しなければなりません。「名刺」1枚を忘れ、泥沼状態になることがあります。
2021.01.23
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました