会計法令の解説

官公庁の会計実務に役立つ会計法令の解説です。
国の会計手続きを定めた、財政法、会計法、予算決算及び会計令(予決令)などを、わかりやすく実例に基づいて解説します。また地方公共団体の地方自治法、地方自治法施行令なども併せて説明します。適正な会計手続きのためには、各法令を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
会計法令の解説

財政小六法をマスターするコツ、官公庁の契約実務に必要な法令一覧

国の契約実務に必要な会計法令の解説です。契約手続きを進めるためには会計法令の知識が必須です。財政小六法の使い方をマスターするコツです。一部の条文を理解するだけで、効率よく会計法令を学ぶことができます。
会計法令の解説

再度公告入札のわかりやすい解説、入札公告期間を短縮できる具体例

再度公告入札の解説です。入札者や落札者がないときは、入札公告期間を短縮して、一般競争入札を実施できます。再度公告入札になる具体例と根拠法令、「再度公告入札」と「再度入札」の違いをわかりやすく解説します。入札をやり直すのが再度公告入札です。
会計法令の解説

入札参加資格の予決令第71条の解説、任意に参加させない条件とは

国が実施する一般競争入札への参加資格についての解説です。地方自治体も同じ考え方で参加資格を定めています。入札参加資格の根拠法令は、予決令 第70条、第71条、第73条です。今回は、予決令 第71条の資格を具体例で解説します。
スポンサーリンク
会計法令の解説

地方自治体の検査調書が省略できる場合、検査調書と検収の違い

官公庁が契約代金を支払うときは検収が完了していなければなりません。また契約金額が一定金額以上のときは検査調書の作成が義務付けられています。検査調書を省略できる場合、検査調書と検収の違いをわかりやすく解説します。契約担当者に必須の知識です。
会計法令の解説

法令で価格が指定されている随意契約、価格競争ができない具体例

法令で価格が指定されている場合の随意契約についての解説です。官公庁が契約の相手方を選ぶときは、一般競争入札が原則です。しかし価格競争できない状況では入札しても意味がありません。法令価格による隨意契約の具体例です。
会計法令の解説

「収入・支出」と「歳入・歳出」の違い、会計年度で期間を区分する

「収入・支出」と「歳入・歳出」は、官公庁の会計実務担当者にとって必須知識です。会計年度によって区分することで意味が変わります。会計年度の歴史や、世界各国の会計年度も理解しておきましょう。明治時代は、日本の会計年度も暦年でした。
会計法令の解説

会計法令を学ぶコツ、財政法で会計実務に必要な2つの基本条文

官公庁の会計実務は、法令に基づいて処理をすすめます。会計法令を理解することが重要なのですが、勉強する方法がわからないと思います。会計法令を学ぶコツ、財政法の中で契約実務に必要な「会計年度」、「予算の目的外使用」、「予算の項と目」の解説です。
会計法令の解説

なぜ会計年度が必要なのか?会計年度のわかりやすい解説

会計年度はいつから始まるのか、なぜ会計年度が必要なのか、会計年度と単年度に違いはあるのか、わかりやすく解説します。会計年度の根拠法令や日本以外の世界各国の会計年度もまとめました。官公庁で働く人たちに必須の情報です。
会計法令の解説

会計法令をマスターするコツとは、職場の法令集では覚えられない

官公庁の会計手続きは法令に基づきます。会計法令を理解しておくと仕事を効率的に進めることができます。会計法令をマスターするにはコツがあります。理由はわかりませんが、不思議なことに財政小六法を税金で購入するとなかなか覚えられません。
会計法令の解説

遅延利息の率とは、官公庁の代金支払いが遅れたときの利息の計算方法

官公庁の代金支払いが遅れたときは、遅延利息を支払うことになります。遅延防止法は、官公庁の代金支払期限を定めています。遅延利息の利率は財務省告示です。支払いが遅れたときの利息計算方法の解説です。遅延利息計算用のエクセルシートも利用できます。
スポンサーリンク