会計法令の解説

官公庁の会計実務に役立つ会計法令の解説です。
国の会計手続きを定めた、財政法、会計法、予算決算及び会計令(予決令)などを、わかりやすく実例に基づいて解説します。また地方公共団体の地方自治法、地方自治法施行令なども併せて説明します。適正な会計手続きのためには、各法令を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
会計法令の解説

なぜ友人が増える? 会計法令をマスターする「メリット」とコツ

会計法令なんて、実務には関係ない! もし、あなたがそう思っているなら、かなり「損」します。 会計法令を理解していれば、日常の事務手続きが驚くほど速くなります。そして周りの同僚などから信頼され、次第に友人まで増えてきます。
2020.08.29
会計法令の解説

これならわかる!「会計年度所属区分」の判断は「期間」か「検収日」

官公庁の「会計年度所属区分」についての解説です。単年度予算を使用するときは、会計年度の判断が必要になります。特に3月から4月にかけて必要となる知識です。旧年度予算か新年度予算か、参照すべき会計法令と、具体的な判断方法を説明します。
2020.05.29
会計法令の解説

こんなところに「遅延利息の率」が!令和2年4月から「年2.6%」

官公庁の代金支払いが、遅延したときの「遅延利息」の解説です。遅延防止法は、すみやかに代金を支払うことを定めた法律です。代金支払いが遅れれば、民間会社は資金繰りが厳しくなり、経営が不安定になります。支払いの遅れを防止するための法律です。
2020.05.13
スポンサーリンク
会計法令の解説

知らないと恥ずかしいかも?契約書に貼る「印紙」、「非課税」範囲

契約書や請書に貼付する印紙についての詳しい解説です。官公庁が民間会社と契約するときに作成する契約書や請書は、印紙の貼付が必要です。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙を貼る文書の種類は別表第一で課税か非課税か区分されています。
2020.05.13
会計法令の解説

わかりそうでわからない?「支出負担行為」のわかりやすい説明

国の契約実務に必須の知識「支出負担行為」についての解説です。契約を締結する権限を持っているのは「支出負担行為担当官」と「契約担当官」です。「支出負担行為」の根拠法令と、整理する「時期」をくわしく解説します。
2020.05.09
会計法令の解説

「再度入札」は何回できる?回数制限と「再度公告入札」との違い

官公庁が実施する「再度入札」の解説です。具体例でわかりやすく説明します。開札の結果、予定価格を超えたときに「再度入札」を実施します。回数制限については、地方公共団体は明確に規定しているところが多いです。一般的には3回目で判断します。
2020.05.07
会計法令の解説

これでわかる「契約方式」の判断、わかりやすい「随意契約」解説

「随意契約」の解説、「契約方式」を判断する方法の解説です。競争入札の例外として「随意契約」が存在する理由や根拠法令を、簡単にわかりやすく説明します。契約実務担当者、官公庁向けの営業担当者にとって基礎的な必須の知識です。
2020.05.07
会計法令の解説

「前金払」って知ってる?普段は気にしない「支払方法」を理解

国の支払手続き「前金払」の解説です。契約代金の支払いは、「後払い」が原則です。例外的な支払手続きとして予決令第五十七条で「前金払」が定められています。注意が必要な点は、限定列挙されているところです。根拠法令を解説します。
2020.05.07
会計法令の解説

やり方がわからない?「検収」(給付の完了確認の検査)の方法

「検収」についての解説です。官公庁が締結する契約では、代金を支払う前に「給付の完了」を確認する「検査」が必要です。検査を義務付けている理由、根拠法令の解説、実際に検査を行うための具体的な方法を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2020.05.06
会計法令の解説

決断がむずかしい?「再度公告入札」、適用できるケースの解説

官公庁が実施する入札手続き「再度公告入札」についての解説です。入札者や落札者がないときは、入札公告の掲載期間を短縮して、入札手続きを実施できます。「再度公告入札」になるケース、その根拠法令、「再度入札」との違いをわかりやすく解説します。
2020.05.06
会計法令の解説

わかりやすい「入札参加資格」の解説、契約実務担当者の必須知識

競争入札に参加する資格についての解説です。参加資格の根拠法令は3つあります。予算決算及び会計令の第70条、第71条、第73条です。今回は第71条の「一般競争に参加させないことができる」具体例を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2020.05.06
会計法令の解説

「くじ引き」を知らないと恥ずかしい!開札結果で「同価の入札」

官公庁が実施する競争入札で、「くじ引き」を行うときの解説です。予定価格の範囲内で、入札金額が同じになったときは「くじ引き」で落札者を決定します。再度入札は実施しません。「くじ引き」の具体的な方法を解説します。稀ですが事前準備が安心です。
2020.05.06
会計法令の解説

えっ!なんで作るの?「検査調書」の省略、検収サインの方法

「検査調書」について、わかりやすく解説します。200万円以下の契約であれば、「検査調書」の作成を省略できます。しかし「検査」そのものは省略できません。つまり「検査調書」と「検査」は違います。「検収サイン」の実例を解説します。
2020.05.06
会計法令の解説

わかりやすい「契約方式」の根拠法令、随意契約が可能な金額一覧

契約方式の根拠法令一覧です。国と地方公共団体について、主な契約の種類別にまとめました。物品購入契約、工事・製造契約、請負契約について、随意契約や指名競争入札が可能な範囲、その根拠法令です。市町村は、基準額が半分に抑えられています。
2020.05.06
会計法令の解説

もう一度「会計年度」を理解しよう、わかりやすい解説

官公庁の予算の集計単位である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は、4月から翌年3月までの「会計年度」を基準として予算を組み、国会や議会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2020.05.05
会計法令の解説

国民の「税金」では覚えられない!会計法令をマスターする「コツ」

官公庁の会計実務に必須の「会計法令をマスターするコツ」です。国や地方公共団体などの公的組織で働く人は、会計法令を理解して事務手続きを進める必要があります。不思議なことに「財政小六法」等を「税金」で購入すると、なかなか覚えられません。
2020.05.04
会計法令の解説

「入札保証金」って何?全然わからない、知らなくても困らない?

「入札保証金」についての解説です。国が実施する入札手続きでは、原則として「入札保証金」を納付することになっています。しかし、ほとんどの入札では「全省庁統一資格」を参加条件としているので「免除」になります。根拠法令をくわしく解説します。
2020.05.01
会計法令の解説

え!「検査」と「監督」は何が違うの?同じように思えるけど?

官公庁の契約実務に必須な「検査」と「監督」の解説です。それぞれの業務内容とその違い、「兼職禁止」について説明します。「検査」と「監督」は、法律によって明確に定められています。代金の支払前には「検査」が義務付けられています。
2020.05.01
会計法令の解説

あれ?「契約書」は必要だった?知らないと恥ずかしい根拠法令

「契約書」の作成要否や、記載事項についての解説です。国が契約を締結するときは、契約の相手方へ「契約書の要否」について、事前に明示しなければなりません。契約書の省略は150万円以下なら可能ですが義務ではありません。根拠法令の説明です。
2020.05.01
会計法令の解説

そういえば「検査」した?意味がわからない「給付の完了の確認」

官公庁の契約手続きに必要な「検査」の解説です。代金を支払う前には「検査」が必須です。物品の購入契約では「納品検査」、役務契約では「完了検査」などと呼びます。契約内容どおりに履行されたかどうか確認するための「検査」の解説です。
2020.05.01
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました