会計法令の解説

会計法令の解説

誰も競争できない「随意契約」、これなら検討の必要なく即契約

法令価格による随意契約についての解説です。官公庁が締結する契約は、一般競争契約(入札)が原則です。しかし、法令で価格が指定され、価格競争ができない契約であれば随意契約が可能です。予算決算及び会計令臨時特例(予決令臨特)第五条の解説です。
2021.01.16
会計法令の解説

もう、取り返しがつかない!そうなる前に「会計年度所属区分」を理解

年度末の「会計年度所属区分」の解説です。官公庁の会計実務で、年度末に注意したいことは、年度をまたぐ時期の単年度予算の支出処理です。前年度予算と新年度予算の区分を正しく理解することが重要です。予決令第二条について、具体例でくわしく説明します。
2021.01.16
会計法令の解説

あなたが作った会計書類、実は間違っているかも? 会計法令の理解

官公庁の公務員が、会計法令を正しく理解する方法についての解説です。会計実務担当者は、日常業務の中で会計法や予決令などの会計法令を理解していなくても書類作成は可能です。しかし会計法令の正しい知識があれば効率的に仕事が可能になります。
2021.01.16
スポンサーリンク
会計法令の解説

今まで気にしてなかった「概算払」、これでスッキリ理解

官公庁の「概算払」についての解説です。官公庁の支払い手続きは、「後払い」が原則です。例外として「概算払」が認められています。根拠法令と「前金払」との違いをわかりやすく解説します。また地方公共団体の法令についても説明します。
2021.01.16
会計法令の解説

知らないと恥ずかしいかも?契約書に貼る「印紙」、「非課税」範囲

契約書や請書に貼付する印紙についての詳しい解説です。官公庁が民間会社と契約するときに作成する契約書や請書は、印紙の貼付が必要です。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙を貼る文書の種類は別表第一で課税か非課税か区分されています。
2021.01.16
会計法令の解説

これは悩む!「指名競争入札」で「不落随契」は可能か?

「不落随契」についての解説です。競争入札を実施したときに「入札者がいない」場合は、随意契約(不落随契)が可能です。しかし、指名競争入札のときは注意が必要です。指名したけど誰も参加しない状況は、指名基準が問題になることがあります。
2021.01.15
会計法令の解説

知らないと恥ずかしい!これが「会計法」で最も重要な5つの条文

官公庁の会計実務に役立つ「会計法」の解説です。支出負担行為担当官と契約担当官の違い、官公庁の支払い方法の原則、契約方式の根拠法令について、わかりやすく解説します。契約担当官が難解ですが、支出負担行為担当官との違いを理解しましょう。
2021.01.15
会計法令の解説

これが公務員の常識!「財政法」で重要な5つの条文を知ってますか?

国の会計実務に必要な基礎知識「財政法」の解説です。多くの国家公務員が、現場で会計実務を担当するときに必要となる条文は、たったの5つだけです。(本省の予算担当者は除外します。)覚えるのも簡単です。完全に理解しておきましょう。
2021.01.15
会計法令の解説

国民の「税金」では覚えられない!会計法令をマスターする「コツ」

官公庁の会計実務に必須の「会計法令をマスターするコツ」です。国や地方公共団体などの公的組織で働く人は、会計法令を理解して事務手続きを進める必要があります。不思議なことに「財政小六法」等を「税金」で購入すると、なかなか覚えられません。
2021.01.15
会計法令の解説

「請求書」を放置すると大変なことに!「遅延防止法」と「運用方針」

契約代金を支払うときに注意すべきポイントです。官公庁の契約実務担当者が代金を支払うときは、「請求書」に基づき支払います。請求書を受理した日から、支払期限が法律で定められてます。請求書の受理日や遅延利息の解説です。
2021.01.15
会計法令の解説

これを知らないと痛い!官公庁の「遅延防止法」と「代金支払期限」

官公庁の「代金支払手続き」についての解説です。官公庁は、民間会社と様々な契約を締結しています。物品などの購入契約、何かの作業を実施してもらう役務契約、工事契約などです。これらの代金支払手続きの解説です。支払いが遅れると痛い状況になります。
2021.01.15
会計法令の解説

トラブルは避けたい!「検収」と「支払期限」を遅延防止法で理解

「遅延防止法」の解説です。国の契約手続きでは、「検収の時期」と「支払の時期」が法律で定められています。遅延防止法を正しく理解しましょう。契約実務が効率的になります。「検収」が遅れると、様々なトラブルが発生します。「納品時に検収」です。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました