会計法令の解説

スポンサーリンク
会計法令の解説

「財政」と「経済」の違いを理解する、財政法の役割と法令の見方

財政法第一条の解説です。国の予算について基本ルールを定めた法律です。財政という言葉には、いろいろな定義があります。広い概念では民間会社や個人の家計まで含まれます。財政法は「国のお金の出し入れ」について定めたルールです。
2019.08.16
会計法令の解説

検収(給付の完了確認の検査)の具体的な方法、必要理由と根拠法令

「検収」についての解説です。官公庁が締結する契約では、代金を支払う前に「給付の完了」を確認する「検査」が必要です。検査を義務付けている理由、根拠法令の解説、実際に検査を行うための具体的な方法を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2019.08.15
会計法令の解説

「官公庁の予算」は誰が決めているのか、国会と議会による承認

「官公庁の予算」についての解説です。国や地方公共団体が実施する事業に必要な予算は、国会や議会の承認が必要です。官公庁で会計実務を担当する人に必須の知識です。予算は、誰がどのように決めているのか、法令に基づいて説明します。
2019.08.06
スポンサーリンク
会計法令の解説

「会計法」と「予算決算及び会計令」を正しく理解、会計実務に必須

官公庁の公務員が、会計法令を正しく理解する方法についての解説です。会計実務担当者は、日常業務の中で会計法や予決令などの会計法令を理解していなくても書類作成は可能です。しかし会計法令の正しい知識があれば効率的に仕事が可能になります。
2019.07.25
会計法令の解説

一般競争入札に参加させないことができる、予決令第七十一条の解説

競争入札に参加する資格についての解説です。参加資格の根拠法令は3つあります。予算決算及び会計令の第70条、第71条、第73条です。今回は第71条の「一般競争に参加させないことができる」具体例を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2019.07.09
会計法令の解説

初めて入札公告を作成するときの注意点、根拠法令を正確に理解

入札公告の作成についての解説です。官公庁の契約実務担当者が、一般競争入札を実施するときに必須の知識です。入札公告は一般公開され、多数の人が目にします。入札公告の記載事項は、会計法令で決められています。具体例でくわしく解説します。
2019.07.04
会計法令の解説

会計法令を短期間でマスターする方法、自腹で「財政小六法」購入

官公庁の会計実務に必須の「会計法令をマスターするコツ」です。国や地方公共団体などの公的組織で働く人は、会計法令を理解して事務手続きを進める必要があります。不思議なことに「財政小六法」等を自腹で購入すると、理解が早まります。
2019.07.02
会計法令の解説

「請求書」が届いたら「遅延防止法」と「運用方針」を正しく理解

契約代金を支払うときに注意すべきポイントです。官公庁の契約実務担当者が代金を支払うときは、「請求書」に基づき支払います。請求書を受理した日から、支払期限が法律で定められてます。請求書の受理日や遅延利息の解説です。
2019.06.17
会計法令の解説

初めて契約書を作成するとき、実際の「契約書の雛形」で条文解説

契約書の記載事項(条文記載例)の詳しい解説です。官公庁が締結する契約書は、会計法令で記載事項が定められています。予決令第百条に基づいて、実際の契約書雛形で説明します。また、契約書の条文は、修正できないケースがあります。
2019.06.06
会計法令の解説

「競争性のない随意契約」を知りたいとき、予決令102-4-3の解説

随意契約のうち、「競争性のない随意契約」の解説です。予決令102-4-3では、販売会社がひとつしか存在しないときは、随意契約が認められています。特許製品などが典型例です。しかし実務上は、競争性を確保した一般競争入札を実施します。
2019.06.03
スポンサーリンク