入札公告の記載事項、全省庁統一資格があれば入札保証金は免除可

ロンドン 会計法令の解説
ロンドン

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

入札公告の記載事項

 

入札(一般競争契約)を実施するときにWEB上や掲示板などに掲載する、入札公告の記載事項を定めています。

 

予算決算及び会計令

第七十五条  競争入札による公告は、次に掲げる事項についてするものとする。
一  競争入札に付する事項
二  競争に参加する者に必要な資格に関する事項
三  契約条項を示す場所
四  競争執行の場所及び日時
五  入札保証金に関する事項

 

競争入札に付する事項

これは、入札の内容を簡潔に示す、「件名」です。

 

内訳が少なければ(単品なら、数量を20台とか)記載しても問題ありませんが、通常は、多数の内訳があるので、別書類の仕様書に細かく記載します。

 

公告に掲載する件名は、入札に参加しようとする営業担当者が容易にイメージできる記載方法が望ましいです。

 

件名とは、入札手続や契約手続を行なうときの、ひとつの事務処理単位になりますので、件名は最初から最後まで変えません。

 

件名を途中で変更してしまうと書類が乱れてしまい、どの契約の書類なのか不明となり、適正な手続に支障が生じてしまいます。また、同一年度内であれば重複した件名も使用しません。

 

件名の例  ノートパソコン ○○型 50台他 一式

 

競争に参加する者に必要な資格に関する事項

 

競争参加資格は、参加させることができない者(予決令第70条)と、参加させないことができる者(予決令第71条)、特に必要があるときに、さらに絞り込む者(予決令第73条)、3つの資格があります。

 

いずれも、より安全に契約を締結するために必要な入札の参加条件です。

 

資格の記載例

競争に参加する者に必要な資格に関する事項

(1)予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること。なお,未成年者,被補佐人又は被補助人であって,契約締結のために必要な同意を得ている者は,同条中特別の理由がある場合に該当する。

(2)予算決算及び会計令第71条の規定に該当しない者であること。

(3)○○省競争参加資格(全省庁統一資格)において平成25年度に「役務の提供等」のA,B,C又はDの等級に格付けされ関東・甲信越地域の競争参加資格を有する者であること。

(4)予算決算及び会計令第73条の規定に基づき,支出負担行為担当官が定める資格を有する者であること。

(5)支出負担行為担当官から取引停止の措置を受けている期間中の者でないこと。

 

契約条項を示す場所

 

入札に関係する書類(入札説明書、仕様書、図面など)を手渡す場所を具体的に記載します。

 

担当係  ○○○○省大臣官房会計課○○契約係
電 話 03-5○○-○○○○ 内線 ○○○○

 

競争執行の場所及び日時

 

開札の場所及び日時を記載します。

 

日時は、後日変更してしまうと、トラブルになりやすいので、入札会場の事前確保(会場予約)も必須です。

 

日  時 平成25年○○月○○日(木)午後2時
場  所 ○○○省入札室(○○号館2階)

 

入札保証金に関する事項

通常、競争参加資格を有する会社は、入札保証金は免除です。

 

予決令第七十七条第一項第二号で、全省庁統一資格を有している者は免除となります。

 

予算決算及び会計令

 

第七十七条  契約担当官等は、会計法第二十九条の四第一項 ただし書の規定により、次に掲げる場合においては、入札保証金の全部又は一部を納めさせないことができる。

 

二  第七十二条第一項の資格を有する者(全省庁統一資格)による一般競争に付する場合において、落札者が契約を結ばないこととなるおそれがないと認められるとき。

 

 

会計法
第二十九条の四  契約担当官等は、競争に付そうとする場合においては、その競争に加わろうとする者をして、その者の見積る契約金額の百分の五以上の保証金を納めさせなければならない。ただし、その必要がないと認められる場合においては、政令の定めるところにより、その全部又は一部を納めさせないことができる。

 

記載例

入札保証金 免除する。

 

コメント