営業担当者向けのアドバイス、実際の契約担当者が信頼する営業のコツ

営業担当
2020年9月 忍野八海

 

官公庁向け営業担当者へのアドバイスです。官公庁への営業にはコツがあります。私は実際に官公庁で20年以上契約を担当し、多くの営業担当者と打ち合わせしてきました。官公庁側の契約担当者の信頼を獲得し、継続的に受注する営業手法には共通点があります。

官公庁と取り引きするときの心構え

 

官公庁は営利企業ではないため、民間企業と考え方が異なります。そのため、官公庁側の契約担当者の考え方を理解した上で営業すれば、契約を獲得できるチャンスが大きくなります。

 

なんとなく理解できていても、実際に行動しようとすると、何から始めたらよいかわからず、次のような不安を抱くと思います。

 

◯そもそも官公庁への営業は可能なのか?

 

◯すでに出入りの業者がいて、入り込む余地がないのでは?

 

◯いきなり訪問しても、門前払いで相手にしてもらえないのでは?

 

◯実際に、どのように営業したら良いのかわからない。

 

しかし心配はいりません。対象とする官公庁や、営業品目、営業手法を戦略的に検討することで、随意契約を獲得することも可能です。官公庁側の契約担当者の考え方を理解して営業戦略を検討するのがコツです。

 

例えば、初めて一般競争入札へ参加するときは、配布される関係書類を読んでもわからないでしょう。法令やら規則やら、初めて聞く専門用語ばかりです。実際の入札説明書や仕様書には、いくつかの重要なポイントがあります。ポイントさえ理解して準備を進めれば、それほどむずかしくありません。

 

また、契約担当者が民間企業を選ぶときに、会計法令を知っている営業担当者と、全く知らない営業担当者なら、どちらを信頼するでしょうか? 当然ですが、会計法令を理解している営業担当者の方を信頼し、契約の相手方として選びます。

 

私は官公庁で40年以上勤務し、様々な契約を担当してきました。世界最先端の研究設備を扱う東京大学で勤務していたので、通常の官公庁では経験できない様々な契約を多数締結しています。数十億円のスーパーコンピュータやDNA解析装置から、数万円の事務机まで、あらゆる契約を経験してきました。個人事業主から大手企業まで、多数の営業担当者と打ち合わせをしてきました。実施してきた入札件数は数百件以上、随意契約は数え切れません。あらゆる契約実務を実際に経験してきた視点からアドバイスできます。

 

「こんな初歩的なこと、恥ずかしくて聞けない」などと思っていませんか? どんな相談でも大丈夫です。迷うよりチャレンジして一歩踏み出すことが重要です。

本サイトのコンサルティングによるメリット

 

コンサルティング会社は、数え切れないほど多数あります。大手の外資系企業から、個人事業主まで様々です。ただ大手コンサルティング会社は、大企業向けのアドバイスが多く、料金も高いです。売上の大きい会社であれば費用対効果があると思いますが、中小企業向けには厳しいです。

 

本サイトのコンサルティングなら、次のメリットがあります。

 

◯大手コンサルティング会社の料金に比べて、とても安いです。およそ1/10程度の料金で、手軽に始められます。

 

◯自分の会社に合うアドバイスを得られます。大手コンサルティング会社は、高度な分析に基づく、むずかしいアドバイスになってしまうことがあります。本サイトのアドバイスは、会社の内容(社風や社員数、商品やサービス)に合わせて具体的にアドバイスします。

 

◯官公庁側の考え方を知ることができます。民間企業と官公庁は、考え方が大きく異なります。自分の会社の商品やサービスに対して、官公庁側の契約担当者がどのように感じるのか知ることができます。相手を知ることで、より効果的な営業が可能になります。本サイトのコンサルタントは、実際に官公庁で契約実務を担当していた管理人自身が行います。

相談内容について

 

次のような相談が可能です。ただし本サイトが対象外としている工事契約の予定価格作成方法は除きます。


秘密は厳守します。
相談内容や相談していること自体が外部に漏れることは絶対にありません。完全に秘密で相談可能です。私が第三者へ相談することもありません。こんなこと聞いていいのかな、と思うような初歩的な内容も大歓迎です。

官公庁へ営業を始めたい

 

競争入札に参加したい

 

注文を受けたい、契約を獲得したい

 

契約担当者の考えていることを知りたい

 

注文が減って不満がある、ライバルに勝ちたい、現状を変えたい

 

クレームを伝えたいけど、その後に営業できなくなると困る

 

契約担当者とトラブルになっている、回避策を知りたい

 

その他、どんな内容でも相談可能です。以下の料金は消費税込みの金額です。(個人事業主で非課税です。)

 

初回相談 3,000円

 

メール、またはGoogle Meet や Zoom などのビデオ会議、電話(通話料は負担願います。)相談です。ビデオ会議や電話相談は30分以内でお願いします。メール相談は、質問項目3つ程度、回答はA4サイズ1枚(1,000文字前後)程度です。

 

代金の支払いは、回答を見た後で大丈夫です。もし回答が不十分であれば支払いも不要です。ただし支払い不要と判断されたときは、次回からの相談もご遠慮願います。事前に相談内容を詳しくお知らせ頂けると、より詳細な回答が可能になります。

 

お支払いは後払い(完了後1ヶ月以内)です。クレジットカード(VISA・Mastercard・American Express・JCB・Diners Club・Discover)が利用できます。

ビデオ・電話相談(初回) 30分 3,000円

¥3,000

今すぐ支払う

 

銀行振込を希望の方は、請求書発行管理手数料が 2,000 円加算になり合計 5,000 円です。メールで「銀行振込希望」と連絡をお願いします。

 

継続相談(2回目から) 10,000円

 

初めての方は上記の初回相談をご利用ください。こちらは2回目以後の継続相談になります。メール相談、またはGoogle Meet や Zoom などのビデオ会議、電話(通話料は負担願います。)での相談です。

 

ビデオ会議や電話相談は30分以内でお願いします。メールは質問項目3つ程度、A4サイズ1枚(1,000文字前後)程度の回答になります。

 

過去の相談内容等を分析調査し、より専門的にアドバイスするために2回目以降は料金が高くなっております。なお、お支払いは後払い(完了後1ヶ月以内)です。もし回答が不十分であれば支払いも不要です。ただし支払い不要と判断されたときは、次回からの相談もご遠慮願います。

ビデオ・電話相談(2回以後) 30分 10,000円

¥10,000

今すぐ支払う

 

銀行振込を希望の方は請求書発行管理手数料が 2,000 円加算になり合計 12,000 円です。メールで連絡をお願いします。

 

一般競争入札への参加アドバイス 3万円

 

入札案件1回あたり 3万円

 

官公庁が実施する一般競争入札へ初めて参加するときのアドバイスです。一般競争入札は、書類手続きが公開されているので、問い合わせをすれば疑問点を解決できます。しかし実際に入札書類を作成するとなると細かい点で悩みます。入札関係書類を一緒に見ながら、重要なポイントや不明な部分をアドバイスします。事前に入札関係資料を準備願います。

 

ビデオ会議あるいは電話相談(電話は通話料を負担願います。)になります。相談期間は、開札日時までの2週間程度です。相談回数は、1回20分で3回程度を予定しています。ただし落札を保証するものではありません。お支払いは後払い(すべての相談が完了した後1ヶ月以内)です。請求書発行による銀行振込またはクレジットカード払いになります。

コンサルティング申込み方法

 

ご希望の方は、最初にメールをお願いします。メールの件名は「コンサルティング依頼」として、簡単に相談内容を記載してください。

 

@をひとつに修正願います。

kaikei@@mynsworld.com

 

特定商取引法に基づく表記

上記のコンサルティング契約に関する「特定商取引法に基づく表記」です。

事業者 Muuコンサルタント 代表 矢野雅彦

本サイトの管理人です。2021年4月1日からコンサルタントとして正式に開業しました。本サイトの有料サービスは「Muuコンサルタント」として次のとおり提供します。

1.販売価格 上記のとおり(消費税込みの金額です。)

2.送料 販売価格に含まれます。

3.その他の費用 振込手数料はご負担願います。

4.メールアドレス @をひとつに修正願います。

kaikei@@mynsworld.com

5.お支払い方法 クレジットカード、銀行振込、Paypay

6.商品のお渡し時期 前金払いです。入金確認後に回答します。

7.キャンセルや返品、不良品 商品の特性上、明記してある場合を除きお受けできません。

上記に記載されていない項目につきましては、請求があれば遅滞なく提供いたします。メールでご連絡をお願いします。

コメント