その他

官公庁の会計実務担当者に役立つ情報です。一般的な知識として知っておきたいことです。事業仕分け、無期転換ルール、公務員の資質、トラブルが起きたときの対処方法を解説します。

スポンサーリンク
その他

「論文不正」が東大でも起こる原因、ほんとの競争が必要な理由

「論文不正」についての解説です。「論文不正」は、日本の科学研究を脅かす大問題です。マスコミでたびたび報道されています。「研究不正大国」、「研究捏造大国」とまで言われています。「論文不正」の原因などを、わかりやすく解説します。
2020.09.24
その他

こんな「デジタル庁」は失敗する! 実務を知らないキャリア官僚

菅政権による「デジタル庁」についての解説です。2020年9月現在、デジタル改革担当相が「デジタル庁」の創設について、本格的な検討を始めました。しかし、すでに25年以上前から行政の情報化が計画されていました。進まない原因があったのです。
その他

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」の簡単な経緯

2020年は、今までに経験したことのない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、日本中(世界中)が大きな打撃を受けました。感染拡大防止のため、官公庁の会計手続きに関しても、さまざまな対応策が通知されました。
2020.09.12
その他

おいおい!それが「コンプライアンス」?とんでもない勘違い!

コンプライアンス(法令遵守)についての解説です。コンプライアンスのために「見せかけの書類」を作成することは、「本末転倒」です。上司からの命令に対しても正しい判断が必要です。間違った命令であれば、その内容を再度、確認しましょう。
2020.06.03
その他

せっかく公務員になったのに!「転職」を考えるなら「資格取得」を

公務員の実務に役立つ「国家資格」についての解説です。「税理士」や「社会保険労務士」の資格取得のための勉強は、公務員の実務にも役立ちます。30代や40代で転職を考えているとき、勉強するメリットがあります。すぐに実践できます。
2020.05.29
その他

今「9月入学」は検討すべきでない! 社会が壊れてしまう!!

新型コロナウイルスの「感染対策」に関連して、「9月入学」の検討が報道されています。感染拡大防止のため休校が継続するなら、「これを機に9月入学へ移行すべき」という議論です。しかし今は、検討すべきではありません。「何が重要か」判断が必要です。
その他

こんなトラブルはイヤだ!どうしたらコミュニケーションとれる?

トラブルの対処方法です。組織の中で誰かのミスが大きなトラブルになってしまったときに、どのように対応すれば良いのか解説します。個人の責任を追及するとモチベーションが下がります。誰もがミスするという前提で、ミスしない環境作りの検討が重要です。
2020.04.23
その他

あなたは、浮いてませんか?職場での「おしゃべり」が楽しい人

職場での「おしゃべり」の解説です。男性よりも女性に多いのですが、ほぼ一日中「おしゃべり」している人がいます。話しかけられた方としても「無視」するわけにもいかず、一緒に相槌を打ちます。「楽しい仕事」と「ふざけた仕事」の違いを理解しましょう。
2020.04.03
その他

「公務員」には「大きな成功」はない!なぜ、小さな幸せを望むのか?

「公務員」を目指す人の「資質」についての解説です。民間会社へ就職しない人の「考え方」、学生時代のスポーツ経験が、就職に有利な理由などの説明です。「歪んだ競争」を嫌う人たちこそ「公務員」を目指すべきです。
2020.03.24
その他

「無期転換ルール」を知らないと大変なことに! わかりやすい解説

改正労働契約法による「無期転換ルール」の簡単な解説です。有期雇用を更新継続するときに、無期雇用になる「無期転換ルール」の説明です。無期転換ルールが適用される期間は原則5年です。しかし研究職などは例外として10年間です。
2020.03.17
その他

うかうかしていると、あなたも「仕分け」られてしまう、「研究」とは

民主党政権による画期的な事業仕分けは、「研究」を考える良い機会になりました。仕分け人の質問を聞いて、「研究」に関する理解が十分でないこともわかりました。勉強になる議論がありました。日本の未来を左右する「研究」を正しく理解するための解説です。
2020.03.17
その他

なぜ、「会計検査院」は怖いのか? 拒否したいけど仕返しが恐ろしい

会計検査院が実施する「実地検査」についての解説です。国民の税金を使用する公的組織は、会計検査院による「実地検査」を受検する義務があります。しかし、会計検査院の、ごく一部の調査官は、横柄な態度で、質問してくることがあります。
2020.03.13
その他

これが恥ずかしい「公私混同」、選ばれた東京都知事が辞職した理由

「公私混同」についての解説です。2016年6月、東京都知事が辞職した事例で考えます。政治家や学者などは、勤務場所や勤務時間が固定されてません。自宅でも仕事が可能です。「公私混同」に陥りやすいです。「公私」の区別を、わかりやすく解説します。
2020.03.12
その他

「何が正しいのか」判別できない「怖さ」、公務員こそ知って欲しい

「正しさ」についての解説です。日大アメフト部の悪質タックル問題が騒がれていたときに、ハンドボールの肘打ち問題も、悪質なラフプレーとしてマスコミで報道されました。しかし、ハンドボールの肘打ちは、単に「しつこい」相手を振り払うものでした。
2020.03.11
その他

なぜ隠す!なぜ言わない!「説明責任」を勘違いした都知事の辞職

「説明責任」と「公私混同」を理解するための解説です。2016年6月、東京都知事が「説明責任」を果たさず、辞職に追い込まれました。国民や都民は、「真実を話さない姿勢」を許しませんでした。国民の税金を使う人たちは、高い倫理観が要求されます。
2020.03.11
その他

「天下り」って、とても美味しそう!そんな風に思われたくない!

「天下り」問題についての解説です。文科省が組織的に天下りをあっせんし、国家公務員法に違反しました。中央省庁の官僚は、上司の命令に従う義務を忠実に守ります。上司や元上司からの依頼は断われません。人事権を持つ上司の影響力は強大です。
2020.01.31
その他

とんでもない「公務員の勘違い」、森友問題から見えるもの

森友学園問題で、財務省による決裁書類の書き換えが判明しました。国会答弁に矛盾しないよう書類を書き換えたのです。事実を話さずに嘘のような答弁を平然と繰り返す公務員は異常です。一部の人間が人事権を持つ、歪んだ公務員の人事制度改革が急務です。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました