その他

会計実務に直接関係しない参考情報です。

その他

トラブルが起きたときの対処方法、改善策のコツはコミュニケーション

トラブルの対処方法です。組織の中で誰かのミスが大きなトラブルになってしまったときに、どのように対応すれば良いのか解説します。個人の責任を追及するとモチベーションが下がります。誰もがミスするという前提で、ミスしない環境作りの検討が重要です。
2019.04.02
その他

誰も知らない「研究」の意味、スパコンの「事業仕分け」は画期的

民主党政権による画期的な事業仕分けは「研究」を考える機会に鳴りました。仕分け人の質問が「研究」に関する理解が十分でない議論がありました。日本の未来を左右する「研究」についての正しい理解のための解説です。
2019.02.28
その他

今さら聞けない「無期転換ルール」、労働契約法のわかりやすい解説

改正労働契約法による「無期転換ルール」の簡単な解説です。有期雇用を更新継続するときに、無期雇用になる「無期転換ルール」の説明です。無期転換ルールが適用される期間は原則5年です。しかし研究職などは例外として10年間です。
2019.02.26
その他

「論文不正」と「競争的資金」の因果関係、見えない「歪んだ競争意識」

本サイトは、官公庁の会計手続きの解説を目的としています。しかし近年は「競争的資金」と呼ばれる予算が急増し、「論文不正」の一因になっているように感じます。そこで、今回は「論文不正」の原因などについて解説します。
2019.02.20
その他

「天下り」問題を正しく理解する、再就職との違い、上司の命令

「天下り」問題についての解説です。文科省が組織的に天下りをあっせんし、国家公務員法に違反しました。中央省庁の官僚は、上司の命令に従う義務を忠実に守ります。上司や元上司からの依頼は断われません。人事権を持つ上司の影響力は強大です。
2018.11.12
その他

森友問題の最大の原因は嘘を繰り返す公務員、公正な人事は年功序列

森友学園問題で、財務省による決裁書類の書き換えが判明しました。国会答弁に矛盾しないよう書類を書き換えたのです。事実を話さずに嘘のような答弁を平然と繰り返す公務員は異常です。一部の人間が人事権を持つ、歪んだ公務員の人事制度改革が急務です。
2018.11.07
その他

会計検査院の実地検査は拒否できるか、やはり法律で強い権限を持つ

会計検査院の実地検査を拒否 国民の税金を使用する官公庁などの公的組織は、会計検査院の実地検査を受ける義務があります。そこで、あまり実益のないことですが、会計検査院の実地検査を拒否できるのか調べてみました。 すると、なんと、拒否すると懲...
2018.09.04
その他

概算要求で夢のある研究費を獲得する方法、基礎研究こそが最重要

削減される運営費交付金 国立大学や政府系の研究組織は、国の予算から、運営費や研究費の配分を受けています。運営財源の多くを国民の税金に頼っています。 国立大学では、基盤的な経費として運営費交付金が税金で賄われています。しかし、この...
2018.09.04
その他

暫定予算の入札実施方法と契約書の条文記載例、暫定予算の編成方法

国の事業実施は、国会での予算成立が必要 国の事業(官公庁のあらゆる業務)は、国会の議決に基づかなければなりません。予算(歳出予算など)が国会で成立することによって、国の事業が実施可能となります。 根拠法令は、憲法...
2018.09.04
スポンサーリンク