その他

官公庁の会計実務に役立つその他の情報です。一般的な知識として知っておきたいことです。事業仕分け、無期転換ルール、公務員の資質、トラブルが起きたときの対処方法などをわかりやすく解説しています。

スポンサーリンク
その他

見積書を依頼するときに話せる内容と秘密にする内容とは

見積書を依頼するときや、入札を実施するときに営業担当者から質問されることがあります。どの範囲まで話して良いのか迷います。例えば特定の民間企業へ予定価格を教えれば犯罪になってしまいます。官公庁の契約担当者が話して良い内容をまとめました。
その他

電子入札や電子調達の危険性を正しく知る、目に見えない莫大なリスク

官公庁が実施する電子入札や電子調達が増えてきました。しかし実際のメリットは、ほんのわずかです。むしろ特定の企業が開発した電子入札では、公平性が根本的に失われ、莫大なリスクが潜むことになります。従来の紙ベースの入札こそが真に公平で公正です。
その他

官公庁でクレジットカード払いが認められるようになった理由とは

官公庁でのクレジットカード払いについての解説です。インターネットの普及や政府のキャッシュレス化政策により、クレジットカードの利用が一般化してきました。しかし昔は、官公庁におけるクレジットカードの使用は、公私混同の元凶と考えられていました。
2021.11.29
スポンサーリンク
その他

決裁文書に添付する理由書の役割、決裁を完了した後の説明責任とは

そもそも決裁文書には、どのような役割があるのでしょうか。官公庁では様々な場面で決裁手続きが必要になります。むずかしい案件になると、補足説明のために理由書を添付します。理由書の目的や決裁を完了した後の説明責任についての解説です。
2021.11.29
その他

日本の産学連携は成功したのか?産学協創で国立大学が不要になる?

2004年から推進されてきた産学連携は成功しているのでしょうか。すでに17年経過しています。そもそも産学連携はどのような目的だったのか。特定の民間企業のために税金や公共の財産を使用するのは正しいことなのか解説します。
その他

会計検査院への対応方法とは、調査官の指摘が正しいとは限らない

会計検査院の調査官から指摘を受けそうになったときの対応方法です。毎年、会計実地検査として調査官が 現場を訪れて会計書類をチェックします。調査官から質問攻めにされると、緊張して正確に答えられなくなってしまいます。勇気を持って対応しましょう。
2021.10.06
その他

最新版以外の本サイトの書籍一覧

本サイトの書籍です。
その他

国際入札が一時停止とは、報道されなかった政権交代による現場の混乱

民主党政権が2009年9月に誕生し、すべての政府予算が見直されました。マスコミ受けする事業仕分けの公開討論、随意契約の見直しが始まりました。しかも公正さを無視して、国際入札までもが一時停止されました。現場の混乱はひどかったです。
2021.09.23
その他

論文不正が起こる原因はゆがんだ競争意識、研究不正をなくす方法とは

論文不正は、日本の科学研究を脅かす問題です。真理の探究を行う研究者が、嘘をつくようでは何も信じられません。研究そのものが否定されてしまいます。日本は、研究不正大国、研究捏造大国とまで言われています。論文不正の原因をわかりやすく解説します。
2021.09.23
その他

無期転換ルールとは、労働契約法と労働基準法の違いを簡単に知る

改正労働契約法による無期転換ルールの解説です。有期雇用を更新継続するときに、無期転換ルールが適用される期間は原則5年です。しかし研究職などは例外として10年間です。無期転換ルールは契約手続きにも影響してくるので会計職員にも必須の知識です。
2021.09.23
その他

トラブルは誰にでも起こる、責任を追及するのではなく原因を把握する

誰かのミスでトラブルになったときの対処方法です。ミスした人がわかったときに、どのように対応するのが効果的か解説します。個人の責任を追及すると、みんなのモチベーションが下がります。誰もがミスするという前提で、ミスしない環境の検討が重要です。
2021.09.23
その他

森友問題から見える公務員の資質とは、行政が歪む人事制度が原因

森友学園問題で、財務省による決裁書類の書き換えが判明しました。国会答弁に矛盾しないよう書類を書き換えてしまったのです。真実を話さずに嘘の答弁を平然と繰り返す公務員は異常です。一部の人間が公務員の人事権を持てば行政が歪められてしまいます。
2021.09.23
その他

事業仕分けは本当に必要だったのか、研究の必要性を理解しない質問

民主党政権による事業仕分けは、自民党を批判するだけのパフォーマンスだったのでしょうか?研究をまったく理解してない仕分け人の質問を聞いて唖然としました。日本の未来に影響する研究を正しく理解するための解説です。
2021.09.23
その他

公私混同と説明責任とは、都知事が辞職に追い込まれた理由から考える

国民の税金を使う公務員は、公私混同と説明責任について正しい判断が必要です。2016年6月、都知事は公私混同問題の説明責任を果たさず辞職に追い込まれました。国民や都民は、真実を話さない姿勢を許しませんでした。公務員には高い倫理観が必要です。
2021.09.23
スポンサーリンク