スポンサーリンク
基礎知識

官公庁の会計実務を着実に学ぶ本サイトの書籍

(どうしよう、仕事がわからない・・) 初めての仕事は不安ばかりで焦ってしまいます。先輩たちは忙しそうで聞きづらかったり、教えてもらっても理解できないことがあります。本書籍を読むことで、会計実務の基本と書類作りのノウハウを着実に学べます。
会計法令の解説

官公庁の概算払は支払方法の例外、国と地方自治体、前金払との違い

官公庁の概算払(がいさんばらい)についての解説です。官公庁の支払いは、後払い(あとばらい)が原則です。例外として概算払が認められています。また国と異なり、地方自治体の概算払は広く運用できるようになっています。
会計法令の解説

請求書を受け取るときの注意点、官公庁に適用される遅延防止法

官公庁が契約代金を支払うときの注意点です。請求書を受け取ったら、支払期限までに支払わなければなりません。遅延防止法は、国だけでなく地方自治体を含むすべての官公庁が適用対象です。もし支払いが遅れると、遅延利息を支払うことになります。
スポンサーリンク
基礎知識

論文不正などの研究不正を撲滅する3つの解決策、STAP細胞の教訓

研究不正を撲滅する方法です。残念ながら現在の研究環境では、論文不正が増えるばかりです。誤った競争原理が導入されていて、短期間での研究成果が求められているからです。身分の不安定な研究者は、すぐに論文を発表し社会で認められるしかないのです。
基礎知識

会計法令をマスターするコツ、辛い毎日が楽しくなる勉強方法

 官公庁の会計実務は、法令を理解していなくても困りません。過去の書類を真似すれば作れます。しかし会計法令を理解していないと、書類の作り方がわからず、仕事が遅れ、悩むことになります。会計法令をマスターすれば、余裕が生まれ毎日が楽しくなります。
基礎知識

同一労働同一賃金の待遇格差、最高裁判所の不合理判断の判例

同一労働同一賃金の待遇格差について、不合理と判断する最高裁判所の判決がありました。正社員と非正規社員の待遇格差が、旧労働契約法20条の不合理に該当するのか注目を集めました。同一労働同一賃金の判断は、一律に基準を設けることは難しいです。
基礎知識

見積書、納品書、請求書などの役割、書類を知れば仕事が理解できる

会計担当者は、毎日たくさんの見積書、納品書、請求書などの書類を扱っています。書類の必要性については、法令や規則などで明記されています。しかし、どのような役割があり、なんのために使うのか、すぐに答えることができるでしょうか?
基礎知識

官公庁が契約金額を公開しない理由、契約金額を秘密にする場合

官公庁が支払った契約金額を秘密にできるのでしょうか?官公庁の運営財源は国民の税金です。税金がどのように使われたのか、国民には知る権利があります。官公庁が締結した契約で、金額を公開できないのはどのような場合なのか解説します。
基礎知識

官公庁の予算を簡単に理解する、そもそも歳入予算と歳出予算とは

官公庁の予算はとても複雑です。国会や議会で予算を承認する理由、予算の根拠法令、民間企業と官公庁の予算についての違い、継続費、国庫債務負担行為、繰越明許費、それぞれを簡単に解説します。
基礎知識

正しい「見積もり合わせ」のみが真に公平、電子入札は公平ではない理由

電子入札やオープンカウンター方式の見積もり合わせは、真の意味で公平とはいえません。価格競争だけで相手方を選んでしまうと、一部の大企業のみが契約を独占できてしまうからです。昔の紙ベースの「見積もり合わせ」こそが、公平な契約手続きです。
基礎知識

一般競争入札では適正な利益が確保できない、価格競争とデフレ経済

 1990年頃から始まった経済成長率が 0 %というデフレ経済の中で、利益を無視した価格競争は、中小企業を倒産に追い込むものです。大企業だけが勝ち残り、経済格差が拡大します。過度の価格競争は、健全な経済の発展を阻害するものです。
スポンサーリンク