スポンサーリンク
その他

公務員が「転職」を考えるとき、30代や40代の「資格取得」メリット

公務員の実務に役立つ「国家資格」についての解説です。「税理士」や「社会保険労務士」の資格取得のための勉強は、公務員の実務にも役立ちます。30代や40代で転職を考えているとき、勉強するメリットがあります。すぐに実践できます。
2020.02.21
営業担当

入札「参加資格」のわかりやすい解説、営業担当者も簡単に理解できる

官公庁の「入札公告」に記載されている「参加資格」の解説です。営業担当者向けに、わかりやすく簡単に解説します。通常の入札手続きでは、それほど気にする部分ではありませんが、正しく理解しておくと、入札手続きをスムースに進められます。
社会保険・共済

「社会保険料」を標準報酬月額から計算、「料率表」の掲載サイト一覧

社会保険料の計算についての解説です。社会保険料は、標準報酬月額が記載されている表に基づいて計算します。社会保険料や労働保険料の料率表が掲載されているサイトの一覧です。保険料の計算方法は、標準報酬月額と報酬総額で分かれています。
2020.02.12
スポンサーリンク
基礎知識

「人件費」を簡単に計算する方法、「法定福利費」のわかりやすい解説

「人件費」を簡単に計算する方法です。社会保険や労働保険などの法定福利費の料率を把握すれば、悩まずに簡単に算出できます。おおまかに「人件費」を把握したいときの解決策です。各種保険料の料率さえ算出しておけば、給与を基に計算できます。
2020.02.06
基礎知識

「人件費」の概算を知りたいとき、簡単な「法定福利費」の計算

「人件費」を概算で計算する方法です。官公庁の会計実務では、事業の費用を見積もるときや、契約金額の概算を把握したいケースがあります。業務従事者本人へ支払う給与の他に、雇用主が負担する「法定福利費」の計算が必要になります。
2020.02.06
会計法令の解説

「財政法」の中で重要な5つの条文、会計実務担当者に必須の知識

国の会計実務に必要な基礎知識「財政法」の解説です。多くの国家公務員が、現場で会計実務を担当するときに必要となる条文は、たったの5つだけです。(本省の予算担当者は除外します。)覚えるのも簡単です。完全に理解しておきましょう。
2020.01.31
会計法令の解説

「支出負担行為担当官」と「契約担当官」をわかりやすく解説

国の契約実務担当者に必要な「支出負担行為担当官」と「契約担当官」の解説です。「契約の事務所掌」を理解することが大切です。基本的な知識になります。特に会計法や予決令などを読むときには、使い分けを理解しておくことが大切です。
2020.01.31
会計法令の解説

「再度公告入札」をわかりやすく解説、入札者や落札者がない場合とは

官公庁が実施する入札手続き「再度公告入札」についての解説です。入札者や落札者がないときは、入札公告の掲載期間を短縮して、入札手続きを実施できます。「再度公告入札」になるケース、その根拠法令、「再度入札」との違いをわかりやすく解説します。
2020.01.31
会計法令の解説

競争入札で開札のときに行う「くじ引き」とは、注意点と実例の解説

官公庁が実施する競争入札で、「くじ引き」を行うときの解説です。予定価格の範囲内で、入札金額が同じになったときは「くじ引き」で落札者を決定します。再度入札は実施しません。「くじ引き」の具体的な方法を解説します。稀ですが事前準備が安心です。
2020.01.31
契約手続き

「少額随意契約」の処理手順をイメージ、わかりやすい契約手続きの流れ

官公庁の契約手続きで一番多い「少額随意契約」の流れについての解説です。正しい契約手続きを行うためには根拠法令の理解と、おおまかな処理手順をイメージすることが大切です。仕様書の作成から「見積もり合わせ」や決裁手続きまでを説明します。
2020.01.31
会計法令の解説

「検査調書」をわかりやすく解説、省略できる根拠法令や検査との違い

納品確認等のときに作成する「検査調書」についての解説です。官公庁が締結した契約代金を支払うときは、原則として「検査調書」が必要です。給付の完了を確認するための「検収」(検査収納)です。一定金額以下の契約は「検査調書」を省略できます。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました