スポンサーリンク
随意契約

「直接販売証明書」による「随意契約」、適正とは言えない理由

随意契約に必要な「直接販売証明書」についての解説です。「直接販売証明書」を取り寄せて「随意契約」することは適正な契約手続きとは言えません。「直接販売」することと「競争性がない」ことは別の話です。契約方式の原則を理解することが大切です。
2019.12.06
予定価格

「仕様書」と「予定価格」を作成するときに必要となる書類の解説

「仕様書」と「予定価格」作成に必要な書類についての解説です。入札を実施するときに必要な「仕様書」と「予定価格」を効率的に作成するために、事前に準備しておきたい書類です。売買契約と役務契約を例にして、事前に集めておく書類を説明します。
2019.12.06
営業担当

入札へ参加するための「資格」を簡単に知りたい、自分で採点可能

各省庁が実施する入札へ参加するための「全省庁統一資格」の解説です。財務諸表と設立年月日がわかれば、自分で簡単に採点可能です。「全省庁統一資格」は、A~Dの等級がありますが、会社の規模を表すものです。等級の格付けを理解しておくと、有利です。
2019.12.06
スポンサーリンク
会計法令の解説

官公庁の「契約方式」を正しく理解したいとき、根拠法令の解説

官公庁の「契約方式」についての解説です。国が締結する売買契約や請負契約などについて、「契約の相手方」を決定する方法が、会計法第二十九条の三です。契約実務担当者にとっては、基本となる一番重要な法律です。「契約方式」を、正しく理解しましょう。
2019.12.04
会計法令の解説

年度を超えた契約が可能な「長期継続契約」、ただし支払は年度毎

「長期継続契約」についての解説です。電気、ガス、水道、電話は、「長期継続契約」として会計年度を超えた契約締結が可能です。予算の単年度主義の例外的な取扱いが認められています。ただし支払いのときは、使用期間に応じ、年度ごとに区分して支払います。
2019.12.03
基礎知識

「落札率」を正しく理解する、「談合」が疑われる入札結果の例とは

「落札率が高い」ことで、契約手続きに「問題がある」との報道が多くなりました。競争性が確保されていない、談合の疑いがある、などと指摘する記事を目にします。正しい「落札率の意味」と「談合リスク」のある入札結果についての解説です。
2019.12.03
会計法令の解説

官公庁の会計実務は「年度末に注意」、会計年度所属区分を正しく理解

年度末の「会計年度所属区分」の解説です。官公庁の会計実務で、年度末に注意したいことは、年度をまたぐ時期の単年度予算の支出処理です。前年度予算と新年度予算の区分を正しく理解することが重要です。予決令第二条について、具体例でくわしく説明します。
2019.11.29
その他

会計検査院の「実地検査を拒否」できるか、やはり法律で強い権限あり

会計検査院が実施する「実地検査」についての解説です。国民の税金を使用する公的組織は、会計検査院による「実地検査」を受検する義務があります。しかし、会計検査院の、ごく一部の調査官は、傲慢な態度で、質問をしてくることがあります。
2019.11.27
随意契約

「随意契約理由書」の作成方法、書き方のポイントを具体例で解説

「随意契約理由書」作成方法についての解説です。官公庁の契約方式は、一般競争入札が原則です。例外として随意契約が認められています。国と地方公共団体、それぞれの根拠法令、「随意契約理由書」の作成方法を、わかりやすいよう具体例で解説します。
2019.11.26
基礎知識

官公庁が支出する会議費や交際費などの「判断基準と判例」

税金を運営財源とする官公庁では、会議費や慶弔費、交際費などを支出するときに、判断に迷うことが多いです。会計法令や条例などに規定が存在せず、他の支出例などを基に検討することになります。そこで官公庁関係の交際費や慶弔費について調べました。
2019.11.26
スポンサーリンク