スポンサーリンク
随意契約

予定価格を超えた随意契約は可能?入札では落札基準価格のため違法

予定価格を超えた随意契約は可能なのか、わかりやすく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約のときに、予定価格を超えたときの具体的な対応方法です。
2021.06.15
基礎知識

官公庁の会計実務を学ぶ電子書籍、わからない仕事で悩まない!

(どうしよう、仕事がわからない・・) 初めての仕事は不安ばかりで焦ってしまいます。先輩たちは忙しそうで聞きづらかったり、教えてもらっても理解できないことがあります。本書籍を読むことで、会計実務の基本と書類作りのノウハウを着実に学べます。
2021.06.12
出張旅費

旅費のポイントを正しく理解、正しい旅費請求に必須の知識

旅費を理解するためのポイントです。「出張」と「旅行」の違い、「公務」かどうか判断する方法などをわかりやすく解説します。出張者本人だけでなく、旅費担当者としても理解しておきたい知識です。旅費の不正受給を疑われないためにも必須です。
2021.06.09
スポンサーリンク
給与謝金

「謝金」を払うときの注意点、「所得税」を確認しないと痛い!

講演料などの「謝金」を支払うときに注意したいポイントです。外部の人に対して支払う謝金は、源泉徴収が必要になることがあります。所得税の天引きを忘れて、本人へ全額払ってしまうと、代わりに所得税を払わなければなりません。後で困った事態になります。
2021.06.08
入札

「落札率」を正しく理解する、談合が疑われるのは結果よりも経緯

官公庁の契約手続きが「落札率」で批判されることが多くなりました。「落札率」が高いことで、談合が疑われる、競争性が確保されていない、などと指摘されています。しかし「落札率」を正しく理解していないために、的外れな批判も多いです。
2021.06.08
随意契約

入札の危険性を知る「エレベーター保守契約」と見えない安全性

エレベーターの保守契約は、契約方式で迷います。入札と随意契約のどちらを選択すべき、なかなかむずかしい問題です。エレベーターは人命に係わる設備です。メーカー以外の保守専門会社との契約は安価です。しかし「目に見えない安全性」も考慮すべきです。
2021.06.04
契約手続き

仕様書の作り方、官公庁が毎年作成する仕様書のチェックポイント

官公庁の契約担当者向け「仕様書の作り方」です。庁舎を維持管理する清掃契約や警備契約、設備の保守契約などは毎年契約を締結しなければなりません。前回の仕様書を基に、どの部分をチェックして、どのように作成するのか、わかりやすく解説します。
出張旅費

旅費法で「日当を減額」するケース、旅費担当者の必須知識

旅費を計算するときに「日当を減額する」ことがあります。旅費は、交通費+日当+宿泊料で計算します。このうち日当と宿泊料は定額です。しかし日当を全額支払ってしまうと、支給ミスになることがあります。旅費法で日当を減額しなければならないケースです。
2021.06.03
給与謝金

年末調整を始める前に知りたい「103万円と130万円」の違い

給与担当者が間違えやすい「103万円と130万円」の違いです。なぜ103万円となるのか、その根拠をわかりやすく解説します。また健康保険の被扶養者として認定される収入要件を理解することも大切です。年末調整を始めると問い合わせが多くなります。
2021.06.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました