スポンサーリンク
会計法令の解説

「予定価格」は絶対に教えない!秘密扱いなら逮捕されてしまう

「予定価格」を秘密にする法的根拠、「予定価格を教えて」と尋ねられたときの正しい対応方法です。国の会計法令では、「予定価格を秘密扱い」にしています。しかし例外として公表することがあります。地方公共団体では事前公表するケースが多いです。
2021.05.01
契約手続き

契約事務に必要な書類の根拠法令一覧、必要性を正しく理解する

官公庁の契約事務に必要な関係書類一覧です。「この書類が、なぜ必要になるのか」根拠法令を理解すれば効率的な事務手続きが可能になります。基本を知ることで仕事の悩みが少なくなります。
2021.04.30
営業担当

官公庁側の心理を掴む「コンサルティング」、契約を獲得するコツ

官公庁への営業方法についてコンサルティングをお受けしています。官公庁に40年間勤務していた管理人が、契約を獲得するコツや効率的な営業手法をアドバイスします。実際に競争入札や随意契約を担当していた立場からの「正攻法の戦略」です。
2021.04.30
スポンサーリンク
随意契約

「見積もり合わせ」が省略できる基準額、1社のみの見積書で良いか?

事務簡素化、業務効率化の観点からすれば「見積もり合わせ」を省略したいものです。競争入札を簡略化した「見積もり合わせ」も手続きに時間がかかるからです。「見積もり合わせ」を省略する場合の根拠法令、1社のみの見積書の可否について解説します。
随意契約

そもそも「随意契約」は何のためにある?主な4つのケースとは

随意契約についての簡単な説明です。官公庁が民間会社等と契約を締結するときに、相手方を決定するための契約方式は、競争契約(入札)と随意契約の2つに分けられます。そして、随意契約という契約方式を採用する際の判断基準は、主に4つのケースです。
2021.04.27
基礎知識

官公庁が契約金額を公開しない? 秘密にする場合とは

官公庁の情報公開についての解説です。官公庁と民間企業が締結した契約で、公開できない場合があるのでしょうか?契約手続きの中で秘密にしなくてはいけない部分、外部に公開すべき部分の解説です。契約実務担当者の基本的な考え方です。
会計法令の解説

今まで気にしてなかった「概算払」、これでスッキリ理解

官公庁の「概算払(がいさんばらい)」についての解説です。官公庁の支払いは、「後払い(あとばらい)」が原則です。例外として「概算払」が認められています。根拠法令や「前金払(まえきんばらい)」との違いをわかりやすく解説します。
2021.04.21
基礎知識

おおまかに「人件費を計算」する方法、法定福利費の簡単な解説

おおまかに人件費を計算する方法です。わかりやすく簡単に解説します。事業に必要な予算額を把握したいときには「人件費」を把握しなくてはなりません。何かの計画を立案するときや、予算要求するときには「人件費」の積算が必要になります。
2021.04.20
営業担当

入札へ参加する資格の解説、等級制限なら予定価格の範囲が公開!

官公庁が実施する競争入札へ参加するための「参加資格」についての解説です。参加資格を事前に取得しておいた方が断然有利です。A~Dの等級がありますが、会社の規模を表すものです。財務諸表と設立年月日がわかれば、自分で簡単に等級がわかります。
2021.04.20
出張旅費

旅行と出張の違い、内国旅行と国内旅行とは、赴任旅費の判断方法

旅費の基礎知識です。「旅行」と「出張」の違い、「内国旅行」と「国内旅行」の違い、新規採用に伴う「赴任旅費」の判断方法についての解説です。法律や条例を読むときの基礎知識です。旅費担当としては正しく理解したいポイントです。
2021.04.14
会計法令の解説

指名競争入札よりも一般競争入札の方が安全!指名理由は大丈夫?

指名競争入札を実施するときの注意点です。一般競争入札と異なり、あらかじめ数社を選定し指名通知を送付します。しかし指名会社を選んだ理由について、後日問題になることがあります。もし選ぶ理由が明確でないなら、一般競争入札の方が安全です。
2021.04.14
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました