スポンサーリンク
会計法令の解説

ひとりで学べる電子書籍、「官公庁の会計実務」をわかりやすく解説

官公庁の会計実務を学べる電子書籍です。官公庁の会計実務担当者や、民間会社の営業担当者が、実際の仕事に役立つ情報です。仕事を理解すれば、「悩み」もなくなり、毎日が楽しくなります。入札や随意契約、旅費や謝金などの会計実務のノウハウ集です。
2020.06.30
その他

わかりやすい「新型コロナウイルス感染症」の経緯、官公庁の対策

2020年は、今までに経験したことのない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、日本中(世界中)が大きな打撃を受けました。感染拡大防止のため、官公庁の会計手続きに関しても、さまざまな対応策が通知されました。
出張旅費

これで「旅費事務」を効率的に学ぶ!官公庁の旅費関係法令の一覧

「旅費事務」を学びたいときは、基本法令を把握すると効率的です。国や地方自治体の旅費関係法令の一覧を記載してます。旅費の事務手続きは、とても複雑です。基本法令を理解し、ケースバイケースで判断して事務手続きを進めていくことになります。
スポンサーリンク
随意契約

知らないと損する「随意契約」のメリット、入札より10倍も効率的

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約は、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2020.06.25
入札

こんな「総合評価落札方式」は危ない!随意契約の「隠れ蓑」かも

総合評価落札方式についての解説です。官公庁が実施する入札は、価格競争が原則です。しかしスーパーコンピューターのように、性能が最優先される場合には、金額だけでなく性能などを評価に加えることができます。ところが使い方によって危険性もあります。
科研費

「科研費」で旅費を使うときのルール、絶対に覚えておきたいこと

科研費で旅費を支払うときのルールについての解説です。科研費は、研究費の中でも制約が多いです。ものすごい数のルールがあり、すべてを理解している人はいません。そこで、「旅費」に絞って解説します。研究者や事務担当者に必須の知識です。
出張旅費

素直に読めない?「最も経済的な通常の経路及び方法」旅費の原則

旅費として交通費を計算するときの基本的な考え方です。旅費は交通費と日当・宿泊料から構成されます。日当と宿泊料は定額ですが、交通費は経路や方法によって金額が大きく変わります。交通費を計算するときの考え方を理解しておくことが大切です。
出張旅費

旅費担当なのに交通費がわからない!新幹線など急行料金の判断

旅費計算に必要な交通費のうち、鉄道賃についての解説です。旅費法で定めている運賃や急行料金などの解説です。旅費担当になって最初の頃は、「新幹線料金」がどれに該当するのかわかりません。また急行料金が支給できる距離数の判断がむずかしいです。
その他

これが知りたかった! 「官公庁会計実務の基礎用語集」

初めての仕事は、話す言葉さえ良くわかりません。知らない単語ばかりで、会話が聞き取れないのです。官公庁の会計実務で、日常的に使う基礎用語を360語集めました。わからない用語を理解しておけば、仕事がどんどん覚えられます。仕事が楽しくなります。
2020.06.18
出張旅費

知ってた?「旅行命令」と「旅行依頼」の違い、旅行命令権者とは

「旅行命令」と「旅行依頼」の違いについての解説です。旅費担当の基礎的な知識です。正確に区分できるよう理解しておくことが大切です。国家公務員を対象として旅費法と、都道府県で定めている条例との比較も行いました。正確に理解しておくと安心です。
営業担当

こんな「営業担当者」が嫌われる!「信頼できる営業担当者」とは

官公庁への「営業」についての解説です。営業担当者にとって、安定的な受注が見込まれれば、有利になります。特に、営業の相手方が官公庁なら安心できますし、自社の宣伝にもなります。官公庁の契約実務担当者から見た「信頼できる営業担当者」の解説です。
2020.06.17
契約手続き

これが「再委託」を禁止する理由、「再委託」が問題ないケース

2020年6月、持続化給付金事業の再委託が問題になっています。経済産業省が委託した一般社団法人サービスデザイン推進協議会は、業務のほとんどを電通へ再委託していました。いわゆる「丸投げ」状態です。再委託が問題視されています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました