スポンサーリンク
基礎知識

官公庁の会計実務を学ぶ電子書籍、実務経験者が書いたノウハウ集

(どうしよう、仕事がわからない・・) 初めての仕事は不安ばかりで焦ってしまいます。先輩たちは忙しそうで聞きづらかったり、教えてもらっても理解できないことがあります。本書籍を読むことで、会計実務の基本と書類作りのノウハウを着実に学べます。
2021.08.02
随意契約

見積もり合わせが省略できる基準額、1社のみの見積書で良いか?

事務簡素化、業務効率化の観点からすれば、見積もり合わせも省略したいものです。競争入札を簡略化した見積もり合わせも手続きに時間がかかります。見積もり合わせを省略する場合の根拠法令、1社のみの見積書の可否について解説します。
2021.08.02
基礎知識

会計書類の日付操作はバレます。税務調査では売上台帳と照合します。

納品書などの会計書類は、日付操作するとすぐにバレます。年度末に、予算の残額を消化しようと日付を変えてしまうと、後日指摘を受けることになります。特に税務調査では、民間会社の売上台帳と、官公庁側の会計書類の日付をチェックするので注意しましょう。
2021.08.02
スポンサーリンク
基礎知識

国立大学の教授が自分の書籍を出版するときの注意点、公費負担の可否

教員や研究者が研究成果を個人で出版するときの印税や、印刷経費の負担方法の解説です。個人で出版するなら印税を受け取ることができます。しかし出版経費が不足するときに大学の予算を使用するときは注意が必要です。利益相反や癒着などのリスクが生じます。
2021.08.02
会計法令の解説

再度入札とは?再度入札の回数制限、再度入札と再度公告入札の違い

官公庁が実施する再度入札を具体例でわかりやすく解説します。開札の結果、予定価格を超えたときに再度入札を実施します。地方自治体では再度入札の回数制限を規定しているところもあります。また間違えやすい、再度入札と再度公告入札の違いです。
2021.08.02
契約手続き

仕様書の書き方をわかりやすく解説、一般競争入札の仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な仕様書の書き方です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
2021.08.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました