スポンサーリンク
随意契約

相見積が危険な理由、見積もり合わせとの違いを正しく理解する

官公庁が締結する少額随意契約では、見積書を比較して契約の相手方を選びます。見積書を比較するときに、「見積もり合わせ」や「相見積」という表現を使います。同じように使われることが多いですが、「相見積」は談合を意味してしまうことがあります。
2022.06.03
契約手続き

見積もり合わせの手順、仕様書の作成から結果通知までの具体例を公開

官公庁が実施する「見積もり合わせ」の解説です。初めて見積もり合わせを担当するときは、どのように進めるのか全くわかりません。見積もり合わせを実施する方法を具体例でわかりやすく解説します。見積書の依頼から、合否結果を通知するまでの解説です。
2022.06.03
給与謝金

年末調整の基礎知識、収入と所得の違い、配偶者の合計所得金額の解説

年末調整を始める前に知っておきたい基礎知識です。収入と所得の違い、必要経費を控除する理由、配偶者の所得金額の記載方法などをわかりやすく解説します。また健康保険の被扶養者の収入との違いも簡単に解説しました。所得税法とは考え方が異なります。
2022.06.03
スポンサーリンク
その他

トラブルの解決策、ミスしない環境作りにはコミュニケーションが重要

誰かのミスでトラブルになったときの対処方法です。ミスした人がわかったときに、どのように対応するのが効果的か解説します。個人の責任を追及すると、みんなのモチベーションが下がります。誰もがミスするという前提で、ミスしない環境の検討が重要です。
2022.06.03
その他

職場で年休を申請する方法、手順を間違えると時季変更権が行使される

年次休暇は、働く人の権利です。自由に年休が取れるのが原則です。しかし申請手順を間違えると、時季変更権が行使され、休めないことがあります。特に海外旅行は早い時期に予約し、中止すればキャンセル料が発生します。年休の取得方法についての解説です。
2022.06.03
契約手続き

入札になるか、それとも隨意契約できるのか、契約方式の判断手順とは

官公庁が契約の相手方を選ぶときは、一般競争入札を実施するか、それとも隨意契約で締結するか判断しなければなりません。入札と随意契約では、契約手続きや必要書類が全く異なります。契約担当者が契約方式を判断する手順を、わかりやすく解説します。
2022.06.02
営業担当

官公庁の顧客を増やす営業方法、元契約担当者からの実務アドバイス

国や地方自治体などの官公庁と契約したい営業担当者向けのアドバイスです。私は実際に官公庁で20年以上契約を担当し、様々な営業担当者と打ち合わせしてきました。すると次第に、発注したくなる営業担当者の特徴などがわかるようになってきました。
2022.06.01
出張旅費

旅費法「公務上の必要又は天災その他やむを得ない事情」の具体例

国家公務員等の旅費に関する法律(旅費法)には、「公務上の必要又は天災その他やむを得ない事情」という記載が多数あります。簡単に言えば「やむを得ない場合」なのですが抽象的すぎて判断に悩みます。そこで具体例でわかりやすく解説します。
初心者向け

自分の性格に向いている事務分野、昇進する人に共通していること

国立大学の事務組織についての解説です。事務組織は、それぞれの分野ごとに性格が異なります。自分の性格に合った事務分野の方が、実力を十分に発揮することができます。自分に合った事務分野はどこなのか、また昇進の早い人はどのような性格なのか解説します。
出張旅費

タクシーが使えるケース、公費でタクシー代を支払うことができる場合

官公庁で仕事をしていると、タクシーが使えるのか判断に悩むことがあります。自腹でタクシーを使うのであれば自由ですが、公費でタクシー代金を支払おうとするときは注意が必要です。タクシーが使える具体例と必要書類について解説します。
スポンサーリンク