スポンサーリンク
基礎知識

「請負契約」と「委託契約」と「雇用契約」の違いを簡単に理解する

請負契約、委託契約、雇用契約、それぞれの違いをわかりやすく解説します。官公庁で契約実務を担当していると、時々、どの契約形態にすべきか迷うことがあります。何かの仕事を依頼する契約を締結したいとき、最適な契約形態を判断する方法です。
2021.06.02
随意契約

「競争性がない随意契約」とは、予決令 102 – 4 – 3 の解説

「競争性がない随意契約」の解説です。官公庁の契約方式は「一般競争入札」が原則です。例外として予決令 102 - 4 - 3 に基づく「競争性のない随意契約」が認められています。しかし予決令 102 - 4 - 3 は、判断がむずかしいです。
2021.06.02
入札

みんな勘違いしている「1社入札」、契約実務経験者が正しく解説

「1社入札」を問題視する報道について、競争入札の目的や、談合事件を招く弊害などをわかりやすく解説します。「1社入札」を批判する考え方は、悪徳警官が「泥棒しないなら逮捕するぞ」と言っているのと同じです。競争入札の本質を理解することが重要です。
2021.06.02
スポンサーリンク
入札

「1社入札」は有効それとも無効?「1社入札」を問題視すると危険

「1社入札」を問題視するマスコミ報道があります。「競争性が確保されていない」という理由によるものです。しかし「1社入札」が本当に問題なのか、実務経験者の視点からわかりやすく解説します。一般競争入札の「1社入札を無効」とする考え方は危険です。
2021.06.01
随意契約

官公庁が見積書を必要とする根拠法令、見積書の様式や役割を知る

官公庁の契約手続きに必要な「見積書」についての解説です。契約手続きを担当していると、頻繁に必要な書類として「見積書」を取り扱うことになります。官公庁が必要とする「見積書」の根拠法令と役割について、契約実務担当者の視点から解説します。
2021.06.01
基礎知識

「請負、委託、派遣、出向、雇用」の違いを簡単に理解するための解説

誰かに何かを行ってもらう契約形態として、「請負契約、委託契約、派遣契約、出向契約、雇用契約」があります。それぞれの違いについて、わかりやすく解説します。官公庁の契約実務では、契約形態によって手続きが異なります。十分に理解したいポイントです。
2021.05.31
契約手続き

契約制度を改善する「透明契約・透明入札」、原因はブラックボックス

官公庁の契約手続きを「不正事件」から完全に守る方法です。贈収賄や談合事件を完全に撲滅します。不正事件の原因は、予定価格などのブラックボックス部分です。会計法令を見直し、ブラックボックス部分を排除します。現在の電子入札制度は逆効果です。
2021.05.29
入札

官公庁が「リバースオークション」を導入してはいけな理由

「リバースオークション」のデメリットを理解することが重要です。「リバースオークション」は、価格競争を繰り返し契約の相手方を決定します。しかし過度の価格競争は、将来的に大きな傷を残します。また、契約担当者は公正な契約を守らなければなりません。
2021.05.28
会計法令の解説

「会計法」で重要なのは5つ、契約担当に必須となる条文の解説

会計法の中で、契約実務に役立つ重要な条文です。支出負担行為担当官と契約担当官の違い、官公庁の支払い方法の原則、契約方式の根拠法令について、わかりやすく解説します。国を対象とした法令ですが、地方自治体も同じように定められています。
2021.05.28
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました