スポンサーリンク
契約手続き

初めての「見積もり合わせ」、契約実務経験20年のノウハウを公開

官公庁が「随意契約」を締結するときに実施する「見積もり合わせ」の解説です。「見積もり合わせ」初心者へ、契約実務経験20年のノウハウを公開します。「見積もり合わせ」については、具体的な手順や方法を記載した参考書が存在しません。
2019.10.07
給与謝金

「講演料」を支払うときに注意したいこと、「源泉徴収」を忘れない

「謝金」を支払うときに注意したい「税金」の解説です。外部の人に対して支払う謝金は、「源泉徴収の対象」になることがあります。源泉徴収を忘れて全額支払ってしまうと、数年後に実施される税務調査で指摘を受け、トラブルになります。注意したい点です。
2019.10.07
契約手続き

「入札手続き」を簡単に知りたいとき、作成書類と手続きの手順

「入札手続き」を実例で解説します。官公庁の契約で一番多い「購入契約」の手続き例です。仕様書の作成から、入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入する想定で、総額280万円の入札手続きの解説です。
2019.10.04
スポンサーリンク
会計法令の解説

「会計年度」が必要な理由を正しく理解する、予算の「基本単位」

官公庁の予算の集計単位である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は、4月から翌年3月までの「会計年度」を基準として予算を組み、国会や議会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2019.10.01
随意契約

「随意契約」が不正になる「分割発注」とは、入札手続きとの比較

「入札手続き」を避ける意図で、分割して「随意契約」を締結したり、架空工事を行うことは「不正」です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるメリットは何なのか、「入札」と「随意契約」の比較について解説します。
2019.09.30
会計法令の解説

「契約書」を必要とする根拠法令、150万円以下なら省略可能

「契約書」の作成要否や、記載事項についての解説です。国が契約を締結するときは、契約の相手方へ「契約書の要否」について、事前に明示しなければなりません。契約書の省略は150万円以下なら可能ですが義務ではありません。根拠法令の説明です。
2019.09.27
基礎知識

一番わかりやすい「消費税改正」、2019年10月1日からの会計手続

「消費税改正」についての解説です。官公庁の会計実務で必要となる基礎知識です。2019年10月1日以後の取り引きは、税率が10%に改正されます。ただし「経過措置」や「軽減税率制度」があるので注意が必要です。消費税改正の簡単な解説です。
2019.09.26
市場価格方式

「予定価格」を作成する3ステップの解説、パソコン購入の具体例

官公庁が入札を実施するときに、落札の基準価格とする「予定価格の作成方法」についての解説です。理解しやすいように具体例で説明します。ノートパソコンを30台(総額450万円程度)購入する想定で、予定価格の作成方法をくわしく解説します。
2019.09.25
会計法令の解説

「検査調書」の作成を省略するときの注意点、検収サインの方法

「検査調書」について、わかりやすく解説します。200万円以下の契約であれば、「検査調書」の作成を省略できます。しかし「検査」そのものは省略できません。つまり「検査調書」と「検査」は違います。「検収サイン」の実例を解説します。
2019.09.24
出張旅費

「年度をまたぐ出張旅費」を「科研費」で支払うときの注意点

海外への出張旅費を、科研費で支払うときに注意したい点です。科研費(補助金)は単年度予算のため、年度をまたぐ支出が認められていません。旅費法では、一定の条件を満たせば、前年度予算から支出可能ですが、科研費は適用されません。
2019.09.18
スポンサーリンク