スポンサーリンク
会計法令の解説

予定価格を作成するときは、市場価格方式あるいは原価計算方式

 予定価格作成方法についての解説です。競争入札や随意契約を締結するときには、予定価格が必須です。ところが予定価格の作成方法は、具体的に定められていません。予定価格を作成するときは、市場価格方式と原価計算方式を用います。
会計法令の解説

入札公告の書き方、記載事項は会計計法令で定められている

 入札公告への記載事項です。一般競争入札を行うときは、入札公告をWEB上などで公開しなければなりません。入札公告へ掲載する内容は、基本的な部分が会計法令で定められています。いろいろな書き方がありますが、入札公告の記載事項を具体例で解説します。
会計法令の解説

会計法令の上下関係を意識、根拠法令を簡単に見つけるコツ

 官公庁の会計実務は、法令に基づいています。日常の書類作りのときも、法令を知っていた方が効率的です。法令を深く理解するためには、いろいろな法令の上下関係を把握しておく必要があります。法令の上下関係も留意しましょう。
スポンサーリンク
会計法令の解説

契約方式の根拠法令を簡単に把握、契約実務担当者に必須の知識

 官公庁の契約方式についての解説です。契約手続きを始める前に、一般競争入札になるのか、少額随意契約に該当するのか、契約方式を判断しなければなりません。契約方式によって書類の作り方が変わります。契約方式の根拠法令を理解しておくことが重要です。
会計法令の解説

一般競争入札へ参加させないことができる者、過去に不正があると排除

一般競争入札へ参加させないことができる者についての解説です。一般競争入札は、不特定多数の者が参加できますが、一定の基準があります。過去に不正行為を行うと排除されてしまいます。正当な理由なく契約を履行しなかった場合などです。
会計法令の解説

契約書作成の要否を入札公告へ掲載、契約書へ記載する危険負担

 官公庁が契約書を取り交わすときは、事前に相手方へ知らせておかなければなりません。一般競争入札では入札公告へ契約書の作成を義務付けます。民法では書面を必要とせずに契約が成立します。しかし官公庁との契約では、原則として契約書が必要です。
会計法令の解説

一般競争入札への参加資格、参加させることができない者

入札公告の参加資格についての解説です。予決令第七十条は入札に参加できない条件を定めています。義務規程なので、該当する場合は入札に参加できません。入札公告の参加資格は重要な部分です。決まり文句のように見えますが十分な理解が必要です。
会計法令の解説

単価契約や交換契約、検査調書を省略した場合の運用通知

 日常の会計実務の中で、意外にも役立つ古い運用通知です。請求書へ発注書を添付させる単価契約の取り扱い、交換契約における同種の自動車等の判断、検査調書を省略した場合の検収年月日の記入方法などです。
会計法令の解説

指名競争入札はやめた方が良い!一般競争入札の方が安全で負担も同じ

指名競争入札についての解説です。官公庁の契約方式は一般競争入札が原則です。例外として指名競争入札と随意契約が認められています。会計法令では、契約金額に応じて指名競争入札が可能な範囲を定めています。しかし指名競争入札のメリットはありません。
会計法令の解説

契約の確定、官公庁が契約書を取り交わすときの必須知識

官公庁が契約書を取り交わすときの契約成立日の解説です。民法では、契約の申し込みに対して承諾すれば契約が成立します。しかし官公庁の契約では民法と異なります。会計法では当事者が記名押印しなければ契約は確定しません。なぜ民法と違うのか解説します。
スポンサーリンク