スポンサーリンク
予定価格

「予定価格」を必要とする理由、契約方式の判断と落札基準価格

官公庁が作成する「予定価格」の役割と根拠法令の解説です。予定価格は、作成に大変手間のかかる書類です。少額随意契約などの契約方式の判断基準として、また、開札時の落札基準価格として重要な役割があります。それぞれの根拠法令を解説します。
2019.07.26
会計法令の解説

「会計法」と「予算決算及び会計令」を正しく理解、会計実務に必須

官公庁の公務員が、会計法令を正しく理解する方法についての解説です。会計実務担当者は、日常業務の中で会計法や予決令などの会計法令を理解していなくても書類作成は可能です。しかし会計法令の正しい知識があれば効率的に仕事が可能になります。
2019.07.25
契約手続き

「透明契約・透明入札制度」を導入し、契約手続きを不正から守る

官公庁の契約手続きを「不正事件」から完全に守る方法の解説です。契約手続きに関係する「贈収賄事件」や「談合事件」を、完全に撲滅します。会計法令を見直し、ブラックボックス部分の手続きを排除します。「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2019.07.25
スポンサーリンク
随意契約

「随意契約」のわかりやすい解説、「随意契約理由書」の必要理由

「競争性のない随意契約」について、わかりやすく解説します。「随意契約理由書」が必要な理由、随意契約の根拠法令の説明です。官公庁の契約手続は、「一般競争入札」が原則です。例外として「指名競争入札」と「随意契約」が認められています。
2019.07.24
契約手続き

「入札」か「随意契約」か、重要な「契約方式」を判断する手順

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2019.07.23
科研費

科研費で年度末に納品するとき注意すべき点、主な使用ルール

科研費(補助金)で年度末近くに納品するときの注意点を解説します。税金を原資とする「競争的資金」は、使用ルールが細かく定められています。「不適切な使用」とならないよう、使用ルールを正確に理解するための解説です。
2019.07.19
出張旅費

国立大学の教員が出張旅費を民間会社へ負担させるリスクを知る

民間会社との共同研究で、出張旅費を受け取るときの注意点です。国立大学の教員と民間会社の研究者が、一緒に出張することが多くなりました。「業者との癒着」や「利益相反」を防止するためには、正式な「共同研究契約書」の取り交わしが必須です。
2019.07.10
予定価格

初めて予定価格を作成するとき、契約種類別の積算方法をイメージ

予定価格作成手続きのイメージを把握する方法です。契約実務担当者が予定価格を作成するときは、最初に作成方法をイメージすると効率的です。契約の種類別に積算方法が異なります。作成イメージを最初に把握すれば関係資料の収集が効率的になります。
2019.07.10
会計法令の解説

一般競争入札に参加させないことができる、予決令第七十一条の解説

競争入札に参加する資格についての解説です。参加資格の根拠法令は3つあります。予算決算及び会計令の第70条、第71条、第73条です。今回は第71条の「一般競争に参加させないことができる」具体例を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2019.07.09
入札

入札が高くなるという理由、随意契約なら年間7億円安いスパコン

スパコンの国際入札についての解説です。1991年当時、日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていました。しかし国際入札手続きするよりも、随意契約なら破格の安い金額締結可能でした。随意契約すべきか判断に迷ったときの解説です。
2019.07.05
会計法令の解説

初めて入札公告を作成するときの注意点、根拠法令を正確に理解

入札公告の作成についての解説です。官公庁の契約実務担当者が、一般競争入札を実施するときに必須の知識です。入札公告は一般公開され、多数の人が目にします。入札公告の記載事項は、会計法令で決められています。具体例でくわしく解説します。
2019.07.04
会計法令の解説

会計法令を短期間でマスターする方法、自腹で「財政小六法」購入

官公庁の会計実務に必須の「会計法令をマスターするコツ」です。国や地方公共団体などの公的組織で働く人は、会計法令を理解して事務手続きを進める必要があります。不思議なことに「財政小六法」等を自腹で購入すると、理解が早まります。
2019.07.02
スポンサーリンク