スポンサーリンク
会計法令の解説

年度末こそ注意したい!「会計年度所属区分」、期間か検収日で判断

官公庁の「会計年度所属区分」についての解説です。単年度予算を使用するときは、会計年度の判断が必須です。特に3月から4月にかけては会計年度の判断方法を知っておく必要があります。根拠法令と具体例に基づいて「会計年度所属区分」を理解できます。
2021.03.12
契約手続き

官公庁の「入札手続き」をわかりやすく解説、実際の入札手順を理解!

官公庁の「入札手続き」を実例で解説します。契約手続きで一番多い「物品購入契約」の例です。仕様書の作成、予定価格の作成、入札や開札、契約書の取り交わしなどを、わかりやすく解説します。「入札手続きの概略」が理解できます。
2021.03.11
営業担当

官公庁に嫌われない「営業」! 3つの心構えで契約を勝ち取る

官公庁向け営業担当者へのアドバイスです。官公庁で契約実務を長い間経験していると、「信頼できる営業担当者」には共通点があることがわかってきます。官公庁の契約担当者が、思わず発注したくなる「効果的な営業方法」の解説です。
2021.03.10
スポンサーリンク
会計法令の解説

「遅延利息の率」は財務省告示、遅延利息の計算方法と根拠法令

官公庁の代金支払いが遅れたときの「遅延利息」の解説です。遅延防止法は、「すみやかに代金を支払うこと」を定めた法律です。代金支払いが遅れれば、民間企業は資金繰りが厳しくなり、経営が不安定になります。請求書を受理したときは、支払期限に注意しましょう。
2021.03.03
随意契約

「随意契約」に必要な「選定理由書」の書き方、根拠法令や記載例

「随意契約理由書」のわかりやすい解説です。官公庁が「随意契約」を締結するときに「機種選定理由書」や「業者選定理由書」が必要になることがあります。随意契約の種類、「少額随意契約」や「競争性のない随意契約」に必要な「選定理由書」の書き方と実例です。
2021.03.02
営業担当

「営業成績」まで変える基礎知識、「見積書」と「参考見積書」の違い

営業初心者向けの「見積書」についての解説です。官公庁と契約する「営業担当者」には必須の知識です。見積書は、大きく分けて2種類あります。契約の申し込みとなる「見積書」と、予算要求用の「参考見積書」です。使用目的の違いを正しく理解しましょう。
2021.03.02
会計法令の解説

「請求書」を官公庁が受理するときの知識、「遅延防止法」の解説

「請求書」を受理するときに理解しておきたい「遅延防止法」の解説です。国だけでなく、都道府県や市区町村(役所)すべてが適用対象です。契約代金を支払うときの根拠法令です。支払いが遅れると、かなり痛い状況になります。
2021.03.01
契約手続き

これが「再委託」を禁止する理由、「再委託」が問題ないケース

2020年6月、新型コロナウイルス感染症対策として実施された持続化給付金事業の再委託が問題になっています。経済産業省が委託した一般社団法人サービスデザイン推進協議会が、業務のほとんどを電通へ再委託し、「丸投げ」状態だと批判されています。
2021.03.01
基礎知識

仕事がわからない? これが仕事を効率的に覚えられるコツです!

初めての仕事を覚える方法です。初めて就職した新人や、人事異動で新しい仕事を担当する人にとっては、毎日が不安だらけです。知らない仕事ばかりで悩みます。誰もが通過する試練とわかっていてもツライものです。仕事を効率的に勉強する方法の解説です。
2021.02.27
随意契約

「競争性がない随意契約」を判断する具体例、予決令102-4-3の解説

「競争性がない随意契約」についての解説です。官公庁の契約手続きは「競争入札(競争契約)」が原則です。例外として予決令102-4-3に基づく「競争性のない随意契約」が認められています。「競争性」を判断する方法を、具体例でわかりやすく解説します。
2021.02.26
会計法令の解説

知らないと恥ずかしい? 契約書に貼る「印紙」と「非課税」範囲

契約書や請書に貼る「印紙」についての解説です。官公庁と民間会社が契約するときに作成する「契約書」や「請書」には、印紙が必要になることがあります。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙が必要な文書は別表第一に記載されています。
2021.02.23
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました