基礎知識

海外に滞在する日本人へ報酬を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得

海外に住んでいる日本人へ報酬を支払うときの源泉徴収の解説です。1年以上海外で生活している人へ業務委託として報酬を支払うときに、源泉徴収が必要なのか迷いました。税務署へ確認したところ「国内源泉所得」ではないので源泉徴収は不要でした。
2018.11.16
予定価格

批判される「予定価格」とは、契約手続きにおける役割を正しく理解

マスコミが官公庁の契約手続きなどを批判するときに「予定価格」が使われることが多いです。契約手続きの中で重要な役割のある「予定価格」の解説です。入札や随意契約などの契約方式の判断、入札手続きでの落札基準価格として大きな役割があります。
2018.11.16
予定価格

契約の種類に応じた予定価格の作成方式、市場価格方式と原価計算方式

物品購入契約や請負契約等の契約の種類に応じた予定価格作成方式の解説です。予定価格は主に市場価格方式と原価計算方式により作成します。カタログ製品などを購入するときは市場価格方式です。請負契約などの人件費を主とする積算は、原価計算方式です。
2018.11.14
スポンサーリンク
その他

労働契約法と無期転換ルールを正しく理解する、雇止め法理との矛盾

改正労働契約法による無期転換ルールの解説です。有期雇用を更新するときに無期雇用になる無期転換ルールを詳しく説明します。無期転換ルールが適用される期間は原則5年ですが、研究職などは例外として10年間です。労働基準法との違いなどの解説です。
2018.11.13
その他

文部科学省の天下りあっせん問題と公務員の上司の命令に従う義務

文部科学省が組織的に天下りをあっせんし、国家公務員法に違反しました。中央省庁のキャリア官僚は、上司の命令に従う義務を忠実に守ります。元上司からの依頼であれば断われません。自分の人生が左右される人事権を持つ上司や元上司の影響力は絶大です。
2018.11.12
契約手続き

入札と随意契約を判断する方法、予決令に基づく契約方式決定の流れ

入札か随意契約か、契約方式を判断する方法についての解説です。官公庁が契約方式を判断するための具体的な手順です。契約方式の原則は一般競争契約(入札)です。例外として指名競争契約と事務簡素化を目的とした随意契約が認められています。
2018.11.12
営業担当

営業初心者向け見積書の解説、契約に必要な見積書と参考見積書の違い

営業担当者向けの見積書についての解説です。民間会社の官公庁向け営業担当者の基礎知識です。官公庁が必要とする見積書は大きく分けて2種類あります。契約の申し込みとなる「見積書」と予算用の「参考見積書」です。契約を獲得するためにも必須の知識です。
2018.11.12
科研費

科研費の正しい使い方、目的外使用の判断方法と合算使用の具体例

科研費を正しく使うための解説です。競争的資金の科研費は、使用方法を間違えるとペナルティを受けます。補助金なので目的外使用は法律違反です。科研費を研究費として正しく使用するための判断方法について、わかりやすく解説します。
2018.11.12
会計法令の解説

会計法と予算決算及び会計令を正しく理解する方法、会計実務に必須

官公庁の公務員が、会計法令を正しく理解する方法についての解説です。会計実務担当者は、日常業務の中で会計法や予決令などの会計法令を理解していなくても書類作成は可能です。しかし会計法令の正しい知識があれば効率的に仕事が可能になります。
2018.11.09
契約手続き

官公庁が必要とする見積書は2種類、見積もり合わせの方法と根拠法令

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2018.11.09
給与謝金

源泉徴収で注意したいこと、講演謝金の源泉徴収を忘れるとトラブルに

官公庁の会計処理で謝金を支払うときに注意すべき点についての解説です。外部の人に対して支払う謝金は、源泉徴収の対象になるものがあります。源泉徴収を忘れて全額支払ってしまうと後日トラブルになります。税務調査は数年後に行われるので注意したい部分です。
2018.11.09
随意契約

入札者や落札者がないときの不落随意契約、入札不調の詳しい解説

入札不調についての詳しい解説です。入札が不調となる3つのケースや不落随契(ふらくずいけい)と呼ぶ契約方式の根拠法令をわかりやすく解説します。入札者がないときや落札者がないときの入札打ち切りの判断等も説明します。
2018.11.09
基礎知識

人件費を概算で計算する方法、賃金×1.16、覚え方は色(16)をつける。

人件費を概算で把握する計算方法の解説です。官公庁の会計実務では、事業の費用を見積もるときや、契約金額の概算を把握したいケースがあります。労働者本人へ支払う給与の他に、雇用主側の法定福利費の計算が必要になります。ざっくり計算する方法です。
2018.11.09
契約手続き

請書は契約書を省略したときに必要、強制力は弱い一方的な誓約書

官公庁の契約手続きで必要となる請書(うけしょ)の詳しい解説です。請書とはどのような書類なのか、請書を必要とする根拠法令、請書と契約書の違い等の説明です。また、契約の相手方に対して、請書のみで強制力があるのか実務面から解説します。
2018.11.09
会計法令の解説

収入・支出と歳入・歳出との違い、外国の会計年度、会計年度の歴史

収入と支出、歳入と歳出の違い 財政法 (収入支出及び歳入歳出の定義) 第二条  収入とは、国の各般の需要を充たすための支払の財源となるべき現金の収納をいい、支出とは、国の各般の需要を充たすための現金の支払をいう。 入って...
2018.11.07
スポンサーリンク