スポンサーリンク
契約手続き

「競争入札」と「随意契約」を判断する方法、具体的手順をわかりやすく解説

官公庁が契約方式を判断する手順の解説です。競争入札と随意契約の手続きは、最初に根拠法令を確認しながら決定します。契約方式によって書類の作成方法が異なります。実際に契約方式を判断する手順を、根拠法令を基にわかりやすく解説します。
2021.05.27
会計法令の解説

これなら「年度を超えた」契約が可能、しかし支払手続きには注意!

「長期継続契約」についての解説です。電気、ガス、水道、電話は、「長期継続契約」として会計年度を超えた契約締結が可能です。予算の単年度主義の例外的な取扱いが認められています。ただし支払いのときは、使用期間に応じ、年度ごとに区分して支払います。
2021.05.27
予定価格

マスコミが知らない「予定価格」の真実、会計検査院のあり方

テレビや新聞などで、官公庁の契約手続きが批判されるときは、「予定価格」が使われることが多いです。なぜ「予定価格」が悪者のように扱われるのでしょう。契約実務担当者からすると、マスコミの人たちが正しく理解してないことが原因です。
2021.05.27
スポンサーリンク
随意契約

「相見積(合見積)」と「見積もり合わせ」の違いを正しく理解する

少額随意契約を締結する際の「相見積(合見積)」と「見積もり合わせ」の解説です。この二つは同じような意味で使われますが、官公庁の契約手続きでは、「あいみつ」という言葉を使うと、談合を意味することがあります。正しくは「見積もり合わせ」です。
随意契約

なんと「合見積(相見積)」は違法?「見積もり合わせ」との違い

「合見積(相見積)」と「見積もり合わせ」の違いです。官公庁の契約手続きでは、少額な契約のときに、複数社の見積書を比較して契約の相手方を決定します。ただし、「合見積(相見積)」は注意が必要です。談合に近い違法な手続きになることがあります。
2021.05.24
会計法令の解説

入札公告期間の数え方、入札期日は開札日だけではないので注意!

「入札公告」の掲載期間についての解説です。一般競争入札を実施するときは、最初に「入札公告」を公開します。公告期間が長いほど、競争参加者が増えます。予決令では原則として10日以上、地方自治体はそれぞれの規則で入札公告期間を定めています。
2021.05.24
随意契約

そもそも「随意契約」は何のためにある?主な4つのケースとは

官公庁の「随意契約」についての解説です。民間企業と随意契約を締結するときは、様々な条件に基づいて判断します。主な4つの随意契約について、それぞれの根拠法令と具体的な判断方法をわかりやすく解説します。「アベノマスク」の随意契約も追記しました。
2021.05.24
入札

「特定調達」、「政府調達」、「国際入札」、いったい何が違う?

「国際入札」についての解説です。官公庁や公的組織は、国際条約の「政府調達に関する協定」が適用されます。基準額を超える高額な契約を計画するときには注意が必要です。制定経緯や基準額の推移、「特定調達」と「政府調達」の呼び方の違いなどの解説です。
2021.05.24
営業担当

「見積書」と「参考見積書」の違い?営業成績まで変える必須知識

営業担当者向け「見積書」についての解説です。官公庁と取り引きする際の必須知識です。見積書は、大きく区分すると2種類あります。契約の申込みとなる「見積書」と、予算要求などに使用する「参考見積書」です。この違いを知ることで営業成績も変わります。
2021.05.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました