スポンサーリンク
その他

せっかく公務員になったのに!「転職」を考えるなら「資格取得」を

公務員の実務に役立つ「国家資格」についての解説です。「税理士」や「社会保険労務士」の資格取得のための勉強は、公務員の実務にも役立ちます。30代や40代で転職を考えているとき、勉強するメリットがあります。すぐに実践できます。
2020.05.29
会計法令の解説

これならわかる!「会計年度所属区分」の判断は「期間」か「検収日」

官公庁の「会計年度所属区分」についての解説です。単年度予算を使用するときは、会計年度の判断が必要になります。特に3月から4月にかけて必要となる知識です。旧年度予算か新年度予算か、参照すべき会計法令と、具体的な判断方法を説明します。
2020.05.29
契約手続き

「委任状」がわからない! 「委任状」の書き方とフォーマット

官公庁の契約手続きに必要な「委任状」の解説です。そもそも「委任状」は何のために必要なのか、民法などの根拠法令を基に、わかりやすく解説します。「委任」と「代理」の違い、委任状の書き方、実際のフォーマットを説明します。
スポンサーリンク
基礎知識

これが大原則!官公庁の仕事を理解するための「基本中の基本」

官公庁の仕事を担当することになったとき、最初に覚えておきたいこと、理解しておきたいことです。「基本中の基本」です。会計法令をマスターするメリットです。
随意契約

そもそも「随意契約」って、何のためにあるの?主な4つのケース

随意契約についての簡単な説明です。官公庁が民間会社等と契約を締結するときに、相手方を決定するための契約方式は、競争契約(入札)と随意契約の2つに分けられます。そして、随意契約という契約方式を採用する際の判断基準は、主に4つのケースです。
2020.05.22
入札

「開札」って、どうやるの?これでわかる初めての「入札と開札」

官公庁が実施する「入札手続き」の中で、とても緊張するのが「開札」です。私自身、何回も入札を実施しましたが、いつも緊張しました。慣れるということはなかったです。契約の相手方が決定するという、入札手続きの中で一番重要な部分になります。
会計法令の解説

こんなところに「遅延利息の率」が!令和2年4月から「年2.6%」

官公庁の代金支払いが、遅延したときの「遅延利息」の解説です。遅延防止法は、すみやかに代金を支払うことを定めた法律です。代金支払いが遅れれば、民間会社は資金繰りが厳しくなり、経営が不安定になります。支払いの遅れを防止するための法律です。
2020.05.13
契約手続き

「見積もり合わせ」って、どうやるの? 初めてでわからない

官公庁が「随意契約」を締結するときに実施する「見積もり合わせ」の解説です。「見積もり合わせ」初心者へ、契約実務経験20年のノウハウを公開します。「見積もり合わせ」については、具体的な手順や方法を記載した参考書が存在しません。
2020.05.13
契約手続き

知らなかった!「見積書」には2つの種類があった、営業担当にも必須

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2020.05.13
会計法令の解説

知らないと恥ずかしいかも?契約書に貼る「印紙」、「非課税」範囲

契約書や請書に貼付する印紙についての詳しい解説です。官公庁が民間会社と契約するときに作成する契約書や請書は、印紙の貼付が必要です。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙を貼る文書の種類は別表第一で課税か非課税か区分されています。
2020.05.13
その他

今「9月入学」は検討すべきでない! 社会が壊れてしまう!!

新型コロナウイルスの「感染対策」に関連して、「9月入学」の検討が報道されています。感染拡大防止のため休校が継続するなら、「これを機に9月入学へ移行すべき」という議論です。しかし今は、検討すべきではありません。「何が重要か」判断が必要です。
会計法令の解説

わかりそうでわからない?「支出負担行為」のわかりやすい説明

国の契約実務に必須の知識「支出負担行為」についての解説です。契約を締結する権限を持っているのは「支出負担行為担当官」と「契約担当官」です。「支出負担行為」の根拠法令と、整理する「時期」をくわしく解説します。
2020.05.09
随意契約

何を書けばいいの?「随意契約」に必要な「選定理由書」の実例

官公庁の契約手続きで、「随意契約」を締結するときに必要な「理由書」の解説です。「少額随意契約」や「競争性のない随意契約」では、選定理由書などの「随意契約理由書」が必要になります。わかりやすい書き方の解説です。
2020.05.09
契約手続き

これが欲しかった!必要な「契約関係書類」の根拠法令一覧

契約関係書類が必要となる根拠法令一覧です。
2020.05.07
基礎知識

できれば「会議費」はやめましょう!わかりやすい「支出基準」

官公庁の「会議費支出基準」の解説です。税金での会議費支出が認められる基準について説明します。通常の食事代や、接遇を目的とした懇親会費について、会議の定義や単価の考え方です。食事代は、旅費法の日当を目安に単価を設定します。
2020.05.07
随意契約

「代理店証明書」で「随意契約」できる? 競争性の判断とは

「競争性のない随意契約」についての解説です。代理店証明書等により随意契約を締結するときは注意が必要です。代理店証明書は「競争性がない」という根拠になりません。販売店が複数存在するのであれば「入札」あるいは「見積り合わせ」が必要です。
2020.05.07
出張旅費

うそ!出張中に「私事用務」なんて許されるの?「公私混同」では

公務出張と家族旅行についての「公私混同」リスクの解説です。官公庁が旅費を支払うのは「公務による出張」に限られます。出張と私事用務の日程が重なるときは注意が必要です。家族旅行と出張の区別は本人しかわかりません。第三者から疑惑を持たれます。
2020.05.07
基礎知識

「源泉徴収」すべき? 海外に滞在する日本人へ報酬を支払うとき

海外在住の日本人へ報酬を支払うときの「源泉徴収」の解説です。1年以上海外で生活している人に対して、業務委託として報酬を支払うときに、源泉徴収が必要なのか迷いました。税務署へ確認したところ「国内源泉所得ではない」ので源泉徴収は不要でした。
2020.05.07
会計法令の解説

「再度入札」は何回できる?回数制限と「再度公告入札」との違い

官公庁が実施する「再度入札」の解説です。具体例でわかりやすく説明します。開札の結果、予定価格を超えたときに「再度入札」を実施します。回数制限については、地方公共団体は明確に規定しているところが多いです。一般的には3回目で判断します。
2020.05.07
契約手続き

これが実際の「入札手続き」だ! パソコン購入の実例で解説

「入札手続き」を実例で解説します。官公庁の契約で一番多い「購入契約」の手続き例です。仕様書の作成から、入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入する想定で、総額280万円の入札手続きの解説です。
2020.05.07
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました