予定価格

派遣契約の予定価格作成方法をわかりやすく解説、初心者の基礎知識

派遣会社と契約を締結するときに必要な予定価格の作成方法です。予定価格の設定は、客観的な公表データに基づく積算が必要です。派遣料金を積算し、参考見積書との比較により、予定価格を設定します。また、入札や随意契約を判断する方法も解説します。
2019.03.12
基礎知識

国立大学の研究者が著書を出版するときの注意点、印刷を公費負担

国立大学の教員等が個人で出版するときの経費負担の解説です。教員等が研究成果を個人の書籍として出版するときに印税を受け取ることは問題ありません。しかし出版経費として、税金を原資とする大学の予算や科研費を使用するときは注意が必要です。
2019.03.06
基礎知識

人件費を支払う契約形態の判断方法、請負、委託、派遣、出向、雇用

労働サービスを提供してもらう契約形態には、「請負、委託、派遣、出向、雇用」があります。それぞれの違いを、簡単にわかりやすく解説します。官公庁の契約実務では、契約形態によって適用する法令や手続きが異なります。十分に理解したいポイントです。
2019.03.06
スポンサーリンク
随意契約

エレベーターの保守契約を締結するとき、「目に見えない安全性」

エレベーターの保守契約は、「入札」と「随意契約」のどちらを選択すべきかの解説です。エレベーターは人命に係わる設備です。メーカー以外の保守専門会社との契約は安価です。しかし「目に見えない安全性」を考慮すべき保守契約です。
2019.03.04
入札

誰も教えてくれない「入札」のわかりやすい解説、概要と実際の手順

官公庁が実施する実際の「入札」についての解説です。契約実務担当者による初心者向けのわかりやすい解説です。「入札」手続きは複雑で、契約締結までに2~3ヶ月必要です。入札公告から開札までの手順、「見積もり合わせ」との違いを簡単に説明します。
その他

誰も知らない「研究」の意味、スパコンの「事業仕分け」は画期的

民主党政権による画期的な事業仕分けは「研究」を考える機会に鳴りました。仕分け人の質問が「研究」に関する理解が十分でない議論がありました。日本の未来を左右する「研究」についての正しい理解のための解説です。
2019.02.28
その他

今さら聞けない「無期転換ルール」、労働契約法のわかりやすい解説

改正労働契約法による「無期転換ルール」の簡単な解説です。有期雇用を更新継続するときに、無期雇用になる「無期転換ルール」の説明です。無期転換ルールが適用される期間は原則5年です。しかし研究職などは例外として10年間です。
2019.02.26
営業担当

官公庁への営業に必要な3つの心構え、飛び込み営業でない正しい方法

営業担当者向けの解説です。官公庁との取り引きを始めたい営業担当者へのアドバイスです。官公庁で契約実務を担当していると、信頼できる営業担当者には共通した部分があります。笑顔や丁寧な対応方法などを具体例で解説します。
2019.02.25
出張旅費

学会参加費を支払うときの注意点、旅費の「日当」との二重請求を理解

旅費法上の「日当」を正しく理解するための解説です。旅費法(国家公務員等の旅費に関する法律)の「日当」は、一般的に理解されている「手当」とは異なり「昼食代と交通費・雑費」です。労働に対する報酬や謝礼的な「手当」とは違います。
2019.02.21
その他

「論文不正」と「競争的資金」の因果関係、見えない「歪んだ競争意識」

本サイトは、官公庁の会計手続きの解説を目的としています。しかし近年は「競争的資金」と呼ばれる予算が急増し、「論文不正」の一因になっているように感じます。そこで、今回は「論文不正」の原因などについて解説します。
2019.02.20
随意契約

随意契約を正しく理解したい、契約実務経験者が解説する専門サイト

政権交代による契約手続きへの影響についての解説です。民主党への政権交代によって「随意契約」が批判されてます。「随意契約」は良くないことなのか、官公庁の契約手続きを正しく理解するために役立つ情報を掲載します。2010年の記事です。
2019.02.19
会計法令の解説

官公庁の会計初心者向け必須知識、会計年度の歴史と各国の会計年度

「収入・支出」と「歳入・歳出」についての解説です。官公庁で会計実務を担当するときに必須となる基礎知識です。財政法第二条をくわしく解説します。会計年度の歴史や日本以外の世界各国の会計年度も理解しておきましょう。今さら聞けない必須知識です。
2019.02.19
スポンサーリンク