スポンサーリンク
随意契約

随意契約を拡大して災害対策と景気対策を、今こそ超法規的な政策

災害対策や景気対策に有効な随意契約の解説です。2013年10月現在、長期間のデフレ不況と、東日本大震災による未曾有の災害で、国民の生活が疲弊しています。補正予算による財政出動で、1日も早く事業を実施することが重要です。
2019.04.05
基礎知識

入札担当者に知ってもらいたい心構え、競争原理だけではダメ

適正な利益を確保した入札手続きについての解説です。現在(2013年10月)、経済成長率が0%というデフレ経済の中で、適正な利益を無視した民間企業の競争が、経済の発展に役立つのか解説します。過度な競争による企業の疲弊についての説明です。
2019.04.03
その他

トラブルが起きたときの対処方法、改善策のコツはコミュニケーション

トラブルの対処方法です。組織の中で誰かのミスが大きなトラブルになってしまったときに、どのように対応すれば良いのか解説します。個人の責任を追及するとモチベーションが下がります。誰もがミスするという前提で、ミスしない環境作りの検討が重要です。
2019.04.02
スポンサーリンク
会計法令の解説

入札に参加できないケースとは、予決令第七十条を具体的に解説

入札公告に記載する参加資格の解説です。予決令第七十条は入札に参加できないケースを明記してます。義務規程なので、該当する場合は、原則として入札に参加できません。入札公告に記載する参加資格は重要な部分なので、十分な理解が必要です。
2019.04.02
予定価格

予定価格の作成で悩んでいる人へ伝えたいこと、とても貴重な体験

予定価格の作成で悩んでいる人へ伝えたいことです。入札手続きで必要な「予定価格」は、作成するのが大変な書類です。実際に予定価格を作成すると、さまざまな場面で判断に迷い、悩むことになります。それでも、貴重な体験を味わうことができるのです。
2019.04.02
基礎知識

契約当事者の呼び方は甲、乙、丙、その後は十干(じっかん)表による

契約書の当事者を定義するときの、呼び方についての解説です。一般的な契約書は2~3者で契約を締結することが多く、甲・乙・丙(こうおつへい)を使います。それ以上の契約当事者の呼び方は、十干(じっかん)表を使います。
2019.03.29
契約手続き

誰も教えてくれない変更契約書の記載方法、変更契約を2回締結

契約書を締結した後に、契約内容を変更するときの変更契約の解説です。台風や地震による不可抗力で変更契約を2回締結するときの変更契約書記載例です。変更契約は、当初の契約方式に影響を与えず、止むを得ないときに可能です。
会計法令の解説

年度を超えた契約が可能な長期継続契約とは、ただし支払は年度毎

長期継続契約についての解説です。電気、ガス、水道、電話は、長期継続契約として会計年度を超えた契約締結が可能です。予算の単年度主義の例外的な取り扱いが認められています。ただし、支払いのときは、使用期間に応じて会計年度を区分して支払います。
2019.03.28
会計法令の解説

予定価格の作成方法を簡単に知りたいとき、予決令第八十条の解説

予定価格の作成方法について簡単に解説します。予定価格の作成方法は、大きく2つに分けられます。「市場価格方式」と「原価計算方式」です。「市場価格方式」は既製品の売買契約で用いられます。「原価計算方式」は、製造契約と役務契約で用いられます。
2019.03.27
随意契約

随意契約のメリットを簡単に知りたい、入札は10倍の手続きが必要

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約は、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2019.03.27
会計法令の解説

完全に理解したい「会計法」で最も重要な5つの条文

官公庁の会計実務に役立つ「会計法」の解説です。支出負担行為担当官と契約担当官の違い、官公庁の支払い方法の原則、契約方式の根拠法令について、わかりやすく解説します。契約担当官が難解ですが、支出負担行為担当官との違いを理解しましょう。
2019.03.26
随意契約

随意契約を簡単に知りたいとき、判断する3つのポイントを解説

随意契約についての簡単な説明です。官公庁が民間会社等と契約を締結するときに、相手方を決定するための契約方式は、競争契約(入札)と随意契約の2つに分けられます。そして、随意契約という契約方式を採用する際の判断基準は、主に3つのケースです。
2019.03.26
スポンサーリンク