本サイトの目的と利用方法

スポンサーリンク
イギリス コッツウォルズ

本サイト「誰も教えてくれない官公庁会計実務」の目的と利用方法です。日常業務の中で疑問を感じたり、書類作成で分からない部分は意外と共通しています。会計実務に必要な法令等を正しく理解していれば、悩まずに効率的に書類を作成できます。

スポンサーリンク

本サイトの目的

本サイトは、官公庁の会計実務について、疑問や悩みを解決するために作成しました。日常の会計実務で、書類の作成方法がわからないときや判断に迷うときに、解決策を見つけることを目的にしています。官公庁で働く人たちや、官公庁向け営業担当者に必要な情報を集めた「会計実務専門サイト」です。

 

国や地方自治体、政府関係組織で働く人たちの仕事は、さまざまな法律、政令、規則等に基づく「適正な事務処理」が求められています。ところが、いざ書類を作成しようとすると、法令等の解釈に迷い事務処理が進まないことがあります。条文を具体的に理解することがむずかしく処理方法がわからないのです。これは、書類の作成方法について、わかりやすく記載した法令や参考書などが存在しないからです。

 

上司や先輩などに聞いても、「自分で勉強しようか!」と冷たい指導を受けたり、丁寧に説明してもらっても、用語(言葉)がわからずに理解できなかったりします。説明自体がむずかしすぎて、さらに疑問が増えてしまい、余計わからなくなったりします。その結果、書類作成が停滞しモヤモヤと「悩み」ながら、不安の中で書類を作成することになります。

 

また「官公庁と取引き」を始めたい営業担当者にとっては、すでに「顔なじみの会社」が決まっていて、なかなか新しい契約を獲得できないなどの「悩み」もあります。官公庁の契約実務を長い間経験した立場から、「契約を獲得しやすい営業の方法」も解説します。

 

本サイトを読めば、仕事の「疑問や悩み」が解決できるよう、実務に役立つ記事を更新していく予定です。

 

なお本サイトは、弁護士などの法律専門家による解説サイトではありません。40年以上の実務経験を持つ管理人が「実際のノウハウ」を解説するサイトです。法律家や学識経験者による机上の空論ではなく、実務に役立つ情報を掲載してます。

スポンサーリンク

本サイトの利用方法

本サイトの記事は、どこから読んでも会計実務を学ぶことができるように記載してあります。記事を読む順番は関係ありません。ちょっとしたスキマ時間を使い、繰り返し読むだけで、知識が蓄えられ理解が深まるように工夫しています。

 

仕事を覚えるためには、先輩や上司に教えてもらうことも大切です。しかし自分で学ぶ方が、間違いなく早く覚えられます。自分で学ぶ努力をしている人に対しては、周りの人も丁寧に教えてくれるようになります。そして仕事を覚えていくと、ミスがだんだん減っていき仕事が楽しくなってきます。

 

本サイトの記事は、ランダムに読み進めるだけで、実務に役立つ知識が増えていきます。同じ記事を、何日か後に、繰り返し読むのがコツです。1週間程度後に読み返すと、より鮮明に記憶に残り学習効果が高くなります。

 

官公庁の事務手続きは、法令等を深く理解することが重要です。そのため、実務で重要な内容は、いろいろな切り口で解説しています。あえて同じような内容を、説明方法を変えて、ほんとの意味が伝わるよう記載してます。

スポンサーリンク

管理人の「経歴」

本サイト管理人の自己紹介です。本サイトに記載している記事は、すべて私自身が執筆しています。

 

管理人

Muuコンサルタント 代表 矢野雅彦

(元)東京大学の副事務長(事務職員)です。定年退職し、現在はフリーのコンサルタントです。本サイトの記事は、私自身が実際の勤務経験に基づいて記載しています。記事の信頼性を裏付けるために主な職歴も掲載しました。

 

私は、東大法学部、東大経済学部、東大工学部、東大病院など多数の学部等で勤務しました。ただし、本サイトの内容は「東京大学」とは一切関係ありません。今までの実務経験の中から「個人の考え」として執筆したものです。「東京大学」としての公式な見解を述べたものではありません。

 

私の特技のひとつは、仕様書と予定価格の作成です。過去の書類や参考書などを見なくても、ゼロから書類を作成することができます。そして多分普通の人より早く書類が作れます。頭の中に、過去40年分の事例が蓄積されているので、文字が自然に沸いてきます。(これらのコツを伝えたいために本サイトを作成しました。)

 

若い頃は、職場の野球部、バレーボール部、サッカー部に所属していました。部の活動は、勤務時間終了後と土日でしたので、若い頃はプライベートで遊ぶ時間が全くなかったです。常に職場の先輩と一緒でした。昔は「先輩についていく」のが普通でした。当時は、自分の自由な時間が少なく、かなり大変だった記憶が多いです。その分、精神的に鍛えられたのも事実です。

 

35歳で係長に昇任したときから、深夜残業や土日出勤が多くなり、必然的にスポーツを辞めてしまいました。毎日終電で帰る日々で、本当の体力勝負でした。昔は「気合」でなんとかなる時代だったです。

 

ほとんどの経歴は東京大学勤務です。事務職員として、多数の「東大教授」と仕事をしてきました。教授、准教授、助教、研究員まで含めると、おそらく数百人の東大教員と仕事をしてきました。事務職員だけでなく、いろいろな教員と知り合うことができ楽しかったです。人生の勉強になりました。

 

経 歴

1979(昭和54)年6月1日 東京大学経理部主計課 採用時の契約事務研修
1979(昭和54)年6月16日 東京大学農学部用度掛 契約事務担当
1982(昭和57)年4月1日 文部省学術国際局研究機関課 併任(1年間) 予算事務担当
1986(昭和61)年4月1日 東京大学経理部主計課監査第一掛 監査事務担当
1990(平成2)年4月1日 東京大学大型計算機センター会計掛 予算事務担当
1993(平成5)年4月1日 東京大学経理部主計課監査第二掛 監査事務担当
1995(平成7)年4月1日 文部省大学入試センター管理部会計課経理係長 経理事務担当 1996(平成8)年4月1日 文部省大学入試センター管理部会計課用度係長 契約事務担当
1997(平成9)年4月1日 東京大学医学部附属病院管理課将来計画推進掛長 企画立案事務担当
1999(平成11)年4月1日 東京大学医学部附属病院分院用度係長 契約事務担当
2001(平成13)年4月1日 東京大学教養学部等学生課奨学資金掛長 奨学金事務担当
2002(平成14)年4月1日 東京大学原子力研究総合センター会計掛長 予算事務担当
2003(平成15)年4月1日 東京大学工学系研究科等経理課給与掛長 給与事務担当
2005(平成17)年7月1日 国立科学博物館管理部会計課専門員 契約事務担当
2007(平成19)年4月1日 東京大学本部産学連携グループ専門員 総務担当
2009(平成21)年4月1日 東京大学分子細胞生物学研究所財務会計チーム専門員 予算・契約事務担当
2011(平成23)年7月1日 東京大学情報学環・学際情報学府専門員 予算・契約事務担当
2012(平成24)年4月1日 東京大学情報学環・学際情報学府副事務長 予算・契約事務担当
2014(平成26)年7月1日 東京大学法学政治学研究科等 副事務長 庶務・会計・学務事務担当
2016(平成28)年4月1日 東京大学経済学研究科等 副事務長 庶務・会計・学務事務担当
2018(平成30)年4月1日 東京大学社会科学研究所 副事務長 庶務・会計事務担当
2020(令和2)年3月31日 東京大学 定年退職

スポンサーリンク

本サイトで扱う「法令等」について

官公庁の日常業務は、法令に基づくものがほとんどです。本サイトの解説も、法令を引用しながら解説しています。

 

本サイトに記載してある法令等は、下記のサイトを利用(引用)しています。

 

出典:e-Govウェブサイト(https://www.e-gov.go.jp/)

 

ただし説明がわかりやすくなるように、条文を一部修正(主に削除・・(略)と表記)しています。利用の際には、最新の法令の確認をお願いします。特に法令等は頻繁に改正されるので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました