営業担当

官公庁と取引のある営業担当者、これから官公庁と取引したい営業担当者向けの情報です。見積書の提出方法、入札に参加する方法、営業のコツなどを解説します。官公庁へ提出する書類について説明します。

スポンサーリンク
営業担当

こんな「営業担当者」が嫌われる!「信頼できる営業担当者」とは

官公庁への「営業」についての解説です。営業担当者にとって、安定的な受注が見込まれれば、有利になります。特に、営業の相手方が官公庁なら安心できますし、自社の宣伝にもなります。官公庁の契約実務担当者から見た「信頼できる営業担当者」の解説です。
2020.06.17
営業担当

ライバルに勝つ商品開発!大学の研究成果を活用する5つの方法

自社の商品へ、大学の研究成果を取り入れる方法です。ライバルに勝つためには、効果的な宣伝が必要です。商品を買う人は、科学的に証明された効果が知りたいはずです。しかし、大学の教授と面識がないと、その方法がわかりません。わかりやすく解説します。
営業担当

自分の会社の「等級」を知ってますか?入札への「参加資格」に必須

各省庁が実施する入札へ参加するための「全省庁統一資格」の解説です。財務諸表と設立年月日がわかれば、自分で簡単に採点可能です。「全省庁統一資格」は、A~Dの等級がありますが、会社の規模を表すものです。等級の格付けを理解しておくと、有利です。
2020.04.06
営業担当

契約を獲得できる「営業担当者の条件」、契約実務担当者の視点から

官公庁との「取り引き」を希望する「営業担当者」向けの情報です。民間会社の「営業担当者」が、官公庁と初めて取り引きを行うときに知っておきたい情報です。契約実務担当者から見たときに、「契約を依頼したい」と思う営業担当者の心構えを解説します。
2020.04.04
営業担当

「営業成績」まで変える基礎知識、「見積書」と「参考見積書」を意識

営業初心者向けの「見積書」についての解説です。民間会社の官公庁向け「営業担当者」の基礎知識です。官公庁が必要とする見積書は大きく分けて2種類あります。契約の申し込みとなる「見積書」と、予算用の「参考見積書」です。使用目的の違いを解説します。
2020.04.04
営業担当

営業成績にも影響?これが「見積書」を正しく理解するための解説

「営業担当者」向けの「見積書」についての解説です。官公庁から見積書の提出依頼があったときの対応方法について、わかりやすく説明します。「見積書」は、大きく2つに区分されます。契約締結のための「見積書」と、予算要求用の「参考見積書」です。
2020.04.04
営業担当

大丈夫ですか?「同等品」や「例示規格品」での入札、注意したい点

同等品として「入札」するときの解説です。高額な契約(特定調達、政府調達)では「同等品」の入札が可能です。書類の作成方法と注意点を解説します。入札説明書や仕様書に「例示規格品」が記載してあれば、同等品よりも審査が簡単になります。
2020.03.24
営業担当

こんな「営業」は官公庁から嫌われる! この3つの心構えで勝ち取る

営業担当者向けの解説です。官公庁との取り引きを始めたい営業担当者へのアドバイスです。官公庁で契約実務を担当していると、信頼できる営業担当者には共通した部分があります。笑顔や丁寧な対応方法などを具体例で解説します。
2020.03.17
営業担当

「入札」へ参加する方法がわからない!どうやって「入札」を探すの?

官公庁の入札へ参加する方法の解説です。入札に参加するメリットや入札情報の探し方、落札情報から戦略的に入札する方法などを、発注者である官公庁の契約実務経験を基に記載してます。民間会社の営業担当者向けの解説です。
2020.03.17
営業担当

入札「参加資格」のわかりやすい解説、営業担当者も簡単に理解できる

官公庁の「入札公告」に記載されている「参加資格」の解説です。営業担当者向けに、わかりやすく簡単に解説します。通常の入札手続きでは、それほど気にする部分ではありませんが、正しく理解しておくと、入札手続きをスムースに進められます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました