契約手続き

契約書の正しい取り交わし方法、案文の作成や相手方との条文協議

官公庁の契約実務に必要な契約書の作成手順と正しい取り交わし方法の解説です。初めて契約書を作成するときに具体的な作成手順や正しい作成方法について定めた会計法令や参考書籍がないので、わからずに悩むことになります。実際の作成方法の解説です。
2019.02.15
会計法令の解説

初めて契約書を取り交わすときの基礎知識、民法と会計法の契約成立日

官公庁が締結する契約は、契約の成立時期が民法と異なります。民法では契約の申し込みに対して承諾すれば契約が成立します。しかし官公庁が民間会社等と契約書を取り交わすときは、当事者が記名押印しなければ契約は確定しません。会計法第二十九条の八の解説です。
2019.02.15
契約手続き

契約方式(入札と随意契約)を決定する具体的な手順を知りたいとき

入札か随意契約か、契約方式を判断する方法についての解説です。官公庁が契約方式を判断するための具体的な手順です。契約方式の原則は一般競争契約(入札)です。例外として指名競争契約と事務簡素化を目的とした随意契約が認められています。
2019.02.15
スポンサーリンク
契約手続き

派遣契約を締結するときの基礎知識、労働者派遣法の概要と改正経緯

派遣契約を締結するときに注意したいポイントです。労働者派遣法は2015年と2012年と2004年に大きく改正されています。自由化業務や26業務は現在(2018年)廃止されています。同一の労働者の派遣期間は原則3年が限度です。
2019.02.14
給与謝金

講演料を支払うときに注意したいこと、源泉徴収の区分とトラブル事例

官公庁の会計処理で謝金を支払うときに注意すべき点についての解説です。外部の人に対して支払う謝金は、源泉徴収の対象になるものがあります。源泉徴収を忘れて全額支払ってしまうと後日トラブルになります。税務調査は数年後に行われるので注意したい部分です。
2019.02.13
予定価格

初めて予定価格を作成するときの基礎知識、契約方式と落札の基準価格

官公庁が作成する予定価格の役割と根拠法令の解説です。予定価格は作成に大変手間のかかる書類です。少額随意契約などの契約方式の判断基準として、また、開札時の落札基準価格として重要な役割があります。それぞれの根拠法令を解説します。
2019.02.07
契約手続き

初めての「見積もり合わせ」、契約実務経験20年のノウハウを公開

官公庁が随意契約を締結するときに実施する「見積もり合わせ」の解説です。「見積もり合わせ」初心者へ、契約実務経験20年のノウハウを公開します。会計法令で定められている「見積もり合わせ」は、具体的な手順や方法を記載した参考書が存在しません。
2019.01.25
基礎知識

人件費の概算を知りたいとき、わかりやすい法定福利費の計算方法

人件費を概算で把握する計算方法の解説です。官公庁の会計実務では、事業の費用を見積もるときや、契約金額の概算を把握したいケースがあります。労働者本人へ支払う給与の他に、雇用主側の法定福利費の計算が必要になります。ざっくり計算する方法です。
2019.01.25
入札

「1社入札」を正しく理解する、競争の機会を確保した契約手続きとは

「1社入札」についての解説です。入札の目的である競争機会の確保や1社入札が問題でないケースを具体例で説明します。すべての1社入札を問題視してしまうと新たな不正を誘発します。契約実務面から1社入札について詳しく解説します。
2019.01.17
社会保険・共済

雇用保険の失業手当は離職理由で金額が異なる、労働トラブルの原因

協調性がなくトラブルになる人が退職するときの離職理由の解説です。任期を満了して退職するときもハローワークへ離職理由を提出します。離職理由により失業手当の金額と期間が異なります。会社都合と自己都合では、大きく失業手当の金額が変わります。
2019.01.11
給与謝金

海外の研究者へ講演謝金を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得の判断

海外の研究者へ支払う講演謝金の源泉徴収ついて解説します。海外在住(非居住者)の研究者が、日本国内でなく海外で講演を実施したときは、国内源泉所得に該当せず所得税を源泉徴収する必要はありません。日本国内で講演を実施するときは源泉徴収が必要です。
2019.01.11
社会保険・共済

社会保険や労働保険の料率一覧まとめ、健康保険や厚生年金の保険料率

人件費や給与を計算するときに必要な法定福利費の料率一覧です。社会保険料と労働保険料は、用語が複雑で、保険料の計算に必要な料率一覧の掲載場所が異なります。それぞれを正しく理解して正確に計算するための解説です。
2019.01.07
スポンサーリンク