スポンサーリンク
契約手続き

これが恥ずかしい「3点セット」!「見積書、納品書、請求書」の日付

官公庁の会計実務に必要な「書類の日付」についての解説です。3点セット(見積書、納品書、請求書)として書類を依頼すると、後日トラブルになり「不適切な会計処理」を疑われてしまうリスクがあります。それぞれの書類の意味を正しく理解しましょう。
2021.02.08
随意契約

そもそも「随意契約」って、何のためにあるの?主な4つのケース

随意契約についての簡単な説明です。官公庁が民間会社等と契約を締結するときに、相手方を決定するための契約方式は、競争契約(入札)と随意契約の2つに分けられます。そして、随意契約という契約方式を採用する際の判断基準は、主に4つのケースです。
2021.02.07
会計法令の解説

今まで気にしてなかった「概算払」、これでスッキリ理解

官公庁の「概算払」についての解説です。官公庁の支払い手続きは、「後払い」が原則です。例外として「概算払」が認められています。根拠法令と「前金払」との違いをわかりやすく解説します。また地方自治体の法令についても併せて解説します。
2021.02.06
スポンサーリンク
基礎知識

知らなかった!「見積書」には2つの種類があった、営業担当にも必須

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2021.02.06
契約手続き

初めての「見積もり合わせ」、新人や初心者でも簡単にできる手順

官公庁が「随意契約」を締結するときに実施する「見積もり合わせ」の解説です。法令で定められている「見積もり合わせ」ですが、具体的な方法を記載した参考書が存在しません。初めて「見積もり合わせ」を行う担当者へ伝えたい、契約実務経験20年のノウハウです。
2021.02.06
随意契約

なんと「合見積(相見積)」は違法?「見積もり合わせ」との違い

「合見積(相見積)」と「見積もり合わせ」の違いです。官公庁の契約手続きでは、少額な契約のときに、複数社の見積書を比較して契約の相手方を決定します。ただし、「合見積(相見積)」は注意が必要です。談合に近い違法な手続きになることがあります。
2021.02.06
基礎知識

ここがわからない!「人件費」を簡単に計算するには「コツ」があった

「人件費」を概算で計算する方法です。官公庁の会計実務では、事業の費用を見積もるときや、契約金額の概算を把握したいケースがあります。業務従事者本人へ支払う給与の他に、雇用主が負担する「法定福利費」の計算が必要になります。
2021.02.06
随意契約

知らないと損する「随意契約」のメリット、入札より10倍も効率的

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約の方が、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2021.02.06
契約手続き

「請書」って何?「契約書」との違いは?必要とする根拠の解説

官公庁の契約手続きに必要な「請書」の解説です。「請書」は、どのような書類なのか、必要とする根拠法令、「契約書」との違い、「強制力」があるのか、変更契約はどうするのかなどを、実務面からわかりやすく解説します。「変更請書」も掲載しました。
2021.02.06
基礎知識

うわっ!金額を間違えた!「請求書」は訂正印で問題ないの?

請求書の「金額訂正」についての解説です。単純な計算ミスや記載ミスを見つけたとき、「金額訂正」は認められるのか、会計実務担当者の訂正印で処理できるのか、わかりやすく解説します。訂正が認められない理由と根拠法令も理解しておきましょう。
2021.02.05
予定価格

「予定価格に悩む」贅沢を味わう?予定価格作成で悩んでいる方へ

「予定価格の作成」で悩んでいる人へ伝えたいことです。官公庁の契約手続きに必要な「予定価格」は、作成するのが大変な書類です。いろいろな情報を集めなければならず、すぐに作ることができません。また作成し始めると、さまざまな場面で悩みます。
2021.02.04
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました