スポンサーリンク
原価計算方式

その1 原価計算方式による予定価格作成、職種から年間の人件費計算

原価計算方式で予定価格を作成する方法です。清掃契約や警備契約などの役務契約の予定価格は、人件費の積算が中心になります。人件費を求める方法は多数ありますが、厚生労働省が公表している賃金構造基本統計調査を用いて具体例で解説します。
原価計算方式

その2 原価計算方式による予定価格作成、人件費の時間単価を算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法 その2です。前回は、月額給与、年間ボーナス、事業主が負担する法定福利費を算出して、年間の人件費総額を計算する方法を解説しました。今回は年間の人件費総額から、時間単価を算出する方法です。
原価計算方式

その3 原価計算方式による予定価格作成、人工計算で人件費総額算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法 その3です。前回は法定福利費を含む人件費の時間単価を算出しました。今回は人件費のまとめとして、契約内容を実施するための総労働時間を算出し、人工(にんく)計算により人件費の総額を算出します。
スポンサーリンク
出張旅費

定額の宿泊料を超えた旅費を支払うときの根拠法令と手続き

物価が高騰しているため、欧米の主要都市へ海外出張する場合、旅費法で定めた定額の宿泊料金を大幅に超えたホテル代や食事料金が必要になります。この記事では、物価高の始まりや主な原因、特にエネルギーや食品資源の価格上昇、そしてコロナ禍の経済回復に伴う需要増加などの背景も詳しく解説しながら、どのように旅費法を適用するのか考えていきます。
予定価格

予定価格を秘密にする理由、予定価格が漏洩したときの入札例とは

官公庁が、なぜ予定価格を秘密にするのか、根拠法令や秘密にする理由をわかりやすく解説します。競争入札では、開札の際に予定価格を落札基準価格とします。予定価格が事前に漏洩した入札例や、事前に予定価格を公表するメリット・デメリットです。
出張旅費

私事用務を含む出張は一部自己負担、旅費の公私混同を防ぐには必須!

私事用務を含む出張には注意が必要です。休日の旅行先から直接出張するときの解説です。プライベートな旅行先が出張の目的地に近いときは、旅行先から出張する方が便利です。公私混同を回避するためには、プライベートな旅行先までの交通費は自己負担です。
出張旅費

出張旅費の前泊と後泊の判断で迷ったとき、宿泊の可否を判断する基準

出張旅費の前泊と後泊の判断基準についての詳細な解説。前泊と後泊が認められる場合や認められない場合の具体的な例、基準の検討方法を紹介。
出張旅費

官公庁出張報告書の正しい書き方: 事実記載の重要性と提出の手引き

公務出張後に必要な出張報告書の作成と提出方法を解説。出張の事実を正確に記載することの重要性と、不正を避けるための注意点についても説明します。出張前にこのガイドをチェックし、スムーズな報告書作成を実現しましょう。
外部資金

産学連携の実態解明:メリットとデメリットを徹底分析

産学連携の基本からメリット、デメリット、成功事例、失敗事例、成功要因までを詳細に解説します。産学連携の可能性を最大限に活用し、今後の戦略を練るための貴重な洞察を提供します。
外部資金

産学連携の成功と挑戦: 日本の教育と経済政策への影響

産学連携が日本の教育と経済に与える影響を探る。成功事例、失敗事例、国立大学の役割、産学協創への移行リスクを詳しく紹介。
随意契約

随意契約のメリットは、業務の効率性!一般競争入札と比較すると10倍も早く契約できる

随意契約は、一般競争入札に比べて、業務の効率性に優れています。一般競争入札は、仕様書の作成や問い合わせ対応など、多くの手続きが必要で、約2ヶ月の業務量が必要です。一方、随意契約は、約5日間の業務量で済みます。
営業担当

官公庁営業の成功法則:信頼される営業担当者になるためのガイド

官公庁での契約実務経験を持つ著者が解説する、信頼される営業担当者になるための秘訣。官公庁と民間企業の違いを理解し、公正な対応で営業成績を向上させる方法を紹介します。官公庁の視点から見た貴重な情報で、営業の質を高めましょう。
入札

スーパーコンピューターの国際入札と随意契約:安さと公正さの狭間で

スーパーコンピューターの国際入札と随意契約に関する深い洞察。安さと公正さのバランスを探る官公庁の契約手続きとその影響を探求します。
基礎知識

官公庁契約実務解説: 請負契約、委託契約、雇用契約の違い

官公庁契約実務における請負契約、委託契約、雇用契約の各契約形態の違いを明確に解説。
スポンサーリンク