入札に参加する方法をわかりやすく解説、入札情報を簡単に探す方法

スポンサーリンク

官公庁の入札へ参加する方法の解説です。入札に参加するメリットや入札情報の探し方、落札情報から戦略的に入札する方法などを、発注者である官公庁の契約実務経験を基に記載してます。民間会社の営業担当者向けの解説です。

スポンサーリンク

そもそも「入札」とは

 

税金を運営財源とする官公庁は、事業を実施するため、民間会社とさまざまな契約を締結します。そして契約の規模が大きい場合は、原則として入札(競争契約)を実施します。入札の多くは金額競争です。つまり官公庁側の発注者にとって、(購入契約なら)有利な金額(安い金額)を提示した会社と契約を締結します。

 

入札に参加した経験のない営業担当者にとっては、むずかしそうに感じるかも知れません。しかし、入札に参加することは、簡単なことです。「入札書」を提出することは、「見積書」を提出するのと同じです。そして入札情報は、インターネットが普及した現在、毎日のように新しい「入札公告」が掲載されています。営業のチャンスは無数に存在します。

 

営業初心者が入札に参加する方法を、わかりやすく解説します。

 

官公庁と契約するメリットは、大きく2つあります。

 

官公庁は破産しないので、取引が安全

 

官公庁との契約実績は、会社自体の信用度・信頼度がアップ

 

発注者である官公庁側は、過去に官公庁と取引実績のある会社は、信頼できる安全な会社と考えます。

スポンサーリンク

入札に参加する方法

 

2019年6月現在、官公庁の大多数が「入札公告」をインターネット上で公開してます。誰でもが、入札に参加できる機会が確保されてます。

 

入札情報を探す方法も多数あります。民間会社が実施している有料の入札情報サイトもあります。しかし、官公庁の入札情報は、無料でWEB上に公開されています。

 

GoogleやYahooなどの検索サイトで、次のキーワードで簡単に探すことが可能です。

 

「地名あるいは組織名 入札」

 

各府省の入札情報 電子政府の総合窓口
http://www.e-gov.go.jp/announcement/procurement_index.html

 

文部科学省 調達総合案内
http://www-gpo3.mext.go.jp/kanpo/gpoindex.asp

 

「WTO対象」とか「政府調達契約」「特定調達契約」の表示がある契約は、大規模契約(1000万円以上)です。

 

最初に必要なことは、「入札参加資格」を取得することです。国関係の入札参加資格は、次のサイトで全省庁の参加資格を取得することができます。

 

全省庁統一資格審査(工事契約は除く)

統一資格審査申請・調達情報検索サイト|ホーム

 

都道府県や市町村などの地方公共団体は、個別に参加資格が必要なことがあります。早めに情報収集して参加資格を取得しておきましょう。

 

入札に参加する、おおまかな手順

 

1.入札情報を探す キーワード「官公庁名 入札公告」

 

2.入札参加資格を取得(申請方法、提出書類を事前確認)

 

3.入札公告を見て「入札説明書と仕様書」を入手

 

4.入札金額を検討し、入札に参加するかどうか判断

 

5.入札書を提出(関係資料も提出することがあります。)

 

6.開札に立会い(再度入札を実施することがあります。)

 

7.落札(契約書の取り交わし)

 

資格審査の申請は簡単です。新規の申請のときは次の書類を用意するだけです。

 

全省庁統一資格の例

登記事項証明書(現在事項全部証明書又は履歴事項全部証明書)(法人の場合のみ)【写】
財務諸表
納税証明書
営業経歴書
誓約書・役員等名簿(記入要領あり)

 

全省庁統一資格は、審査が完了すると「資格審査結果通知書」が発行されます。官公庁で実施する入札に参加するときはコピーを提出します。地方公共団体の審査は、名簿に掲載されることが多いようです。

 

なお審査の結果、付与される等級は、会社の優劣や営業成績を判別するような意味合いはありません。審査の内容を見るとわかりますが「会社の規模」を等級として格付けしてるだけです。大企業はA等級が多いです。等級によって入札が有利になることはありません。

 

落札するためには、予定価格以内で最安値が条件になります。過去の入札状況を知りたいときは、「落札結果」や「落札情報」が参考になります。入札公告を掲載しているサイトで、落札情報が公開されているときは、試しに入札関係資料を見て入札金額を見積もり、実際の落札結果と比較してシミュレーションすると戦略が見えてきます。

 

一般的に、一般競争入札に必要な仕様書等の関係資料を入手することは、誰でも自由にできます。実際に入札に参加しなくても、ペナルティは一切ありません。入札書提出前であれば、「入札辞退書」を提出し、自由に辞退することが可能です。

 

ただし、入札書を提出した後は、辞退は不可能です。開札の結果、落札決定したときは辞退できません。開札に立ち会わなくても、金額を記載した入札書を提出済みであれば、辞退できません。

 

スポンサーリンク

入札に参加する際の心構え

 

入札は、見積書を提出するのと同じですが、それぞれの入札案件によって提出する書類や提出期限などが決められています。不明な点は遠慮なく担当係へ問い合わせすることができます。

 

最初の入札は、わからないことが多いと思います。遠慮なく電話等で質問して「入札に慣れる」ことが大切です。各省庁や地方公共団体によって提出する書類は様々です。少しでも不明な点があれば電話で確認してから準備・作成することが重要です。初めての入札は、提出期限にゆとりのある入札を選ぶと良いです。

コメント