トラブルは避けたい!「検収」と「支払期限」を遅延防止法で理解

スポンサーリンク
会計法令の解説
2005年 グアム
会計法令の解説

「遅延防止法」の解説です。国の契約手続きでは、「検収の時期」と「支払の時期」が法律で定められています。遅延防止法を正しく理解しましょう。契約実務が効率的になります。「検収」が遅れると、様々なトラブルが発生します。「納品時に検収」です。

スポンサーリンク

給付の完了の確認、検査の時期

「遅延防止法」(政府契約の支払遅延防止等に関する法律)は、国が代金を支払うときのルールを定めた法律です。売買契約であれば、物品を購入した代金の支払時期を定めています。

 

そして支払い手続きを行なう前に、「給付の完了の確認」(検査)を行なわなければなりません。遅延防止法の第五条では、「検査の時期」が定めてあり、第六条で「支払いの時期」が定められています。

 

最初に第五条の「検査の時期」について解説します。

 

政府契約の支払遅延防止等に関する法律

第五条  給付の完了の確認又は検査の時期は、国が相手方から給付を終了した旨の通知を受けた日から工事については十四日、その他の給付については十日以内の日としなければならない。

2  国が相手方のなした給付を検査しその給付の内容の全部又は一部が契約に違反し又は不当であることを発見したときは、国は、その是正又は改善を求めることができる。

 

 

この第五条は、「給付の完了の確認又は検査の時期」を明確に定め、代金の支払いが遅れることがないようにしています。

 

「給付を終了した旨の通知」とは契約内容の履行を完了した通知という意味です。「納品書」や「完了通知書」、「竣功通知書」などです。「給付」とは、契約内容という意味です。

 

スポンサーリンク

「納品書」と「受領書」

 

物品の売買契約であれば、納品と同時に「納品書」と「受領書」が官公庁側へ提出されます。

 

「納品書」は、物品を販売する会社から官公庁へ提出される書類です。受注者が発注者へ納品時に提出する書類です。「受領書」は、官公庁側が販売会社へ提出するものです。納品のときに検査を行い、契約内容を確認し、「受領書」に受け取りのサインを記載し相手の販売会社へ戻します。金銭授受のときの「領収書」を同じです。品物を受け取ったという証拠書類になります。

 

国側は納品書を受け取った際、その納品書へ検査を完了した日付、氏名、サインを行います。そして、支払書類と一緒に保存します。税務調査に必須の書類です。

 

納品書へのサインは、検査の証明となるものです。とても重要な書類になります。200万円以上の契約では、納品書へのサインの他に「検査調書」を作成する必要があります。

 

また、工事契約であれば竣工した段階で、「竣工通知書」あるいは「工事完了通知書」が、官公庁側へ提出されます。

 

納品書や竣工通知書などが提出された場合には、遅延防止法第五条の規定にあるように、工事契約は14日以内、売買契約などは10日以内に、契約の相手方と一緒に検査をしなければなりません。

 

納品から検査までの流れは次のようになります。

納品 → 納品書等の提出 → 検収(検査完了)

 

「検収」とは、検査を完了して収納することです。所有権が移転します。

 

検収日は、納品書等提出日から、工事は14日以内、それ以外は10日以内です。

 

この期限を過ぎてから検査を行うと、検査遅延ということになり、代金の支払期限を早めなければなりません。さらに、検査を行わない時に、もしも盗難や火事などの災害が発生した場合、その所有権や管理責任が問題となります。大きなトラブルの元になります。

 

契約実務を行う上では、納品日や、工事の竣工日を早期に連絡してもらうよう依頼し、検査日程を事前調整し、納品日(竣工日)と同時に検査を行うのが安全かつ適正な事務処理です。検査を遅らせることはリスクが高くなります。

 

スポンサーリンク

日数の計算方法、カウント方法

 

検査の時期は、遅延防止法第五条で、工事については14日、その他の給付については10日以内の日です。

 

しかし、この日数の起算日については、明確に定めていません。「給付を終了した旨の通知を受けた日から」と抽象的表現です。

 

例えば、契約実務担当者が不在のとき、契約実務に関係ない部署の人が代理で受け取った場合も含むのか、あるいは、郵便ポストに時間外に届いた場合や、休日に届いた場合などは起算日に含めるのかなど、さまざまなケースがあります。

 

そこで、「政府契約の支払遅延防止等に関する法律の運用方針(昭和25年4月7日理国第140号)で、次のとおり決められています。

 

第五の一の抜粋

「通知を受けた日」とは、通知が国の支配圏内に到達した日であり、所定の執務時間内である限り一日として参入される。

 

つまり、受理した部署に関係なく、官公庁側の「勤務時間内に到達したのであれば1日」とカウントされます。そして、その日からカウントが始まります。年末年始やGWなど長期休暇のときもカウントされてしまいますので、納入期限を設定するときは、検査日も想定して設定します。納品日、あるいは、遅くとも翌日には、検査を終えるようにします。

 

スポンサーリンク

「検収」とは

なお、上記、運用方針の第五で「検収」という定義が記載してあります。

・・給付の完了の確認又は検査(以下単に検収という)・・

 

「検査収納」を略して「検収」と言います。

 

契約内容と相違ないことを検査して、受け取るという意味です。

参考
政府契約の支払遅延防止等に関する法律の運用方針
昭和25年4月7日理国第140号 大蔵省理財局長通知

 

第五 給付の完了の確認又は検査の時期について
給付の完了の確認又は検査(以下単に検収という)の時期は、法第五条において規定するところであるが

・・・


本サイトの「電子書籍」販売中!


「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」

「どうやったら仕事が覚えられるのだろう?」


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのように手続きを進めれば良いかわからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのか、依頼文の内容はどう書けば良いのかなど、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


誰でも、初めての仕事は不安なものです。「経験がなく」知識が不足するため不安になります。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。経験に基づく知識は学ぶことができます。書類作りをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれてきます。そして毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました