知らなかった!こんなに簡単!「財政小六法」をマスターするコツ

スポンサーリンク
基礎知識
2014年 奈良
基礎知識

官公庁の契約実務に必要な「財政小六法」の解説です。会計実務の中でも、特に「契約手続き」に関しては、細かな会計法令の知識が必須です。「財政小六法」の使い方を理解して、会計法令をマスターするコツです。ごく一部の条文さえ理解すればマスターできます。

スポンサーリンク

「財政小六法」が契約手続きの基本法令集

 

官公庁が実施する契約手続きは、会計法令に基づいて、事務手続きを進めます。国民の税金を使用するので、契約実務担当者の恣意的な判断ではなく、公正なルールに沿って手続きを進めます。

 

契約手続きに関係する法令がまとめられている「財政小六法」の見方を説明します。契約実務担当者にとっては「基本中の基本」となる法令知識です。意外と知らない人がいるのですが、この見方を知っているだけで、必要な条文等を探すのに役立ち、知識の習得が効率的になります。

 

まず、「財政小六法」の目次を見てください。憲法から始まり、いろいろな法律や政令が多数あります。このうち契約実務に必要な法令は、ほんの少しだけです。

スポンサーリンク

契約手続きに必要な主な会計法令

 

官公庁が契約手続きを行う際に、実際に必要となる会計法令をリストアップしました。これらの法令のうち、ごく一部が実務に必要です。見やすいよう、目次にマーカーしましょう。詳細は本サイトで解説します。

 

財政法
会計法
予算決算及び会計令
予算執行職員等の責任に関する法律
国等の債権債務等の金額の端数計算に関する法律
会計事務簡素化のための法令の実施について
支出負担行為等取扱規則
契約事務取扱規則
国の物品等又は特定役務の調達手続の特例を定める政令
消費税導入後の政府調達に係る入札について
政府契約の支払遅延防止等に関する法律
物品管理法
国の所有に属する自動車等の交換に関する法律
国有財産法
計算証明規則
印紙税法

おそらく正味50ページ以下です。

スポンサーリンク

最後のページでイメージを把握

 

目次にマーカーしたところで、次に「財政小六法」の一番最後のページを見ましょう。法令名の索引があります。あいうえお順に法令名を調べることができます。

 

さらに少し前のページに戻ると、「事項索引」があります。これは調べたいキーワードで関係法令が検索できます。

 

例えば、キーワード「随意契約」で参照すれば、根拠法令などがまとめて記載されてます。

 

さらに、もう少し前に戻ると、ページの上段に「付録 会計制度のあらまし」という図式のページがあります、契約制度などもイメージ図として眺めると理解しやすいです。

 

これらを頻繁に利用したり眺めることで、誰よりも早く、会計法令を理解しマスターすることが可能です。

スポンサーリンク

自費で「財政小六法」を持つメリット

 

自分専用の「財政小六法」に、蛍光ペンでマークしておくと効率的です。自分で見出しを作り、貼るのもおすすめです。見出しに法令名を書くことで、その法令の物理的な位置(財政小六法の真ん中へんとか、○○ページあたりなど)が自然と覚えられます。ベテランになると、指が法律を探し当てます。見出しがなくとも、指が法令の位置を覚えてます。

 

また、不思議なことに、財政小六法を他人と共用すると、知識の習得が遅れます。公費で自分専用の財政小六法を購入してもらえればラッキーです。しかし、職場の予算が少なく、自分専用の財政小六法を買ってもらえない場合は、自費で購入することをおすすめします。自分への投資と考えましょう。自分の能力がアップし、仕事の悩みが減り、仕事を効率的に進められるのです。

 

私は20年近く契約実務を経験し、日常的に部下や後輩への指導を行なってきました。客観的なデータがあるわけでなく、思い過ごしかも知れませんが、財政小六法を自費で購入し丁寧に扱っている人ほど、会計法令を深く習得しています。仕事に対する姿勢が変わってくるのかも知れません。


仕事が学べる「電子書籍」販売中!


「困った! 仕事がわからい! 仕事が覚えられない!」

「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」


このような「仕事の悩み」を解決するためのノウハウ集です。官公庁で働く人たち、官公庁を取引先とする営業担当者向けの実務書です。


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのようにすれば良いのか、わからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのかもわかりません。依頼するときの内容や、話し方、伝え方など、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


初めての仕事は、誰にとっても不安なものです。この不安は、経験がなく知識が不足していることが原因です。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。そして、経験に基づく知識は、自分で学ぶことができます。書類作りのコツやノウハウをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれます。その結果、毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、不思議なことに、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました