指名通知は10社以上、指名競争契約よりも一般競争契約が安全

イギリスのロンドン 会計法令の解説
イギリスのロンドン

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

指名競争契約とは

 

予算決算及び会計令

第九十七条  契約担当官等は、指名競争に付するときは、第九十五条の資格を有する者のうちから、前条第一項の基準により、競争に参加する者をなるべく十人以上指名しなければならない。

 

第九十六条  各省各庁の長又はその委任を受けた職員は、契約担当官等が前条の資格を有する者のうちから競争に参加する者を指名する場合の基準を定めなければならない。

 

指名競争契約(指名入札)は、官公庁側の契約実務担当者が、入札参加資格を有する会社の中から、任意に選んだ会社のみによって入札を行います。選ぶ基準は、過去の契約実績や契約金額の予定額を考慮し指名通知を送る会社を決定します。

 

当然のことながら、指名するわけですから、契約実務担当者(官公庁側)の恣意的な判断が介在します。信頼のおける会社、過去の契約実績から安心できる会社を選びます。

 

契約実務担当者としては、入札や契約手続によるトラブルは極力避けたいので、発注者側の注文に丁寧に応えてくれる会社を選びます。ここは癒着が生じやすい部分です。また、指名競争の場合には談合も生じやすいというリスクもあります。

 

 

 

 

指名競争契約よりも一般競争契約が安全

 

インターネットや電子メールのなかった時代は、競争参加者の名簿も限られた人しか見ることができず、少ない情報の中で契約事務をこなしていたわけですが、現在はインターネットも普及し、情報公開も進んでいます。

 

競争契約の参加資格も、インターネット上で全省庁統一資格が定められ、インターネットによる申請も可能となっていて、競争参加資格のある会社の所在地から電話番号まで一般公開されています。

 

指名競争を行うよりも、一般競争契約で広く競争参加者を集め、競争性を最大限確保する方が安全です。指名競争契約も一般競争契約も、事務手続きの労力は、さほど差がありません。

 

どうしても、指名競争契約を行わざるを得ない特別な理由がある場合でも、規定にあるように10社以上に指名通知を送るべきです。

 

多数の会社の中から10社のみを選んだ理由は、対外的に説明できる客観的な資料を「指名説明書、指名理由書」として保存しておくべきです。明確で合理的な理由がないなら一般入札とすべきです。

 

合理的な理由とは、誰が考えても同じ結果になるだけの理由です。誰かが疑義を持つような理由であれば、合理的ではありません。

コメント