契約書の雛形、官公庁で実際に使用する様式で解説、条文の作り方

イギリスのロンドン 会計法令の解説
イギリスのロンドン

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

契約書の記載事項

 

150万円を超える契約は、契約書の取り交わしが義務付けられています。(予決令第百条の二)

そして契約書の記載事項が次のように予決令で定められています。

 

予算決算及び会計令

第百条 契約担当官等が作成すべき契約書には、契約の目的、契約金額、履行期限及び契約保証金に関する事項のほか、次に掲げる事項を記載しなければならない。

一 契約履行の場所
二 契約代金の支払又は受領の時期及び方法
三 監督及び検査
四 履行の遅滞その他債務の不履行の場合における遅延利息、違約金その他の損害金
五 危険負担
六 かし担保責任
七 契約に関する紛争の解決方法
八 その他必要な事項

 

実際の物品供給契約書(売買契約)を例にして説明します。

 

赤のカッコで囲んだ部分が、上記の予決令第百条で定められた記載事項に該当する部分です。

 

実際の契約書では赤のカッコは記載しません。下記の様式をコピペしてワードなどで清書すれば使用可能です。

 

 

契約書の雛形 実際の様式で解説

 

物品供給契約書(例)

 

調達物品名 ○○○装置(契約の目的)

数   量 一 式(内訳別紙のとおり)(契約の目的)

契約金額 金          円也(契約金額)
(うち消費税及び地方消費税相当額金      円也)

発注者○○省支出負担行為担当官○○と供給者 ○○株式会社 代表取締役 ○○ ○○ とは、上記「○○○装置 一式」(以下「物品」という。)の供給について、上記契約金額をもって次の条項のとおり契約を締結するものとする。

第1条 供給者は、発注者に対し物品を供給するものとし、発注者は、その対価として代金を支払うものとする。

第2条 この契約において、供給者が履行すべき給付内容は、仕様書その他の書類で明記されたものとする。

第3条 物品は、○○省○○○○に納入するものとする。(契約履行の場所)

第4条 物品の納入期限は、平成  年 月  日とする。(履行期限)

第5条 物品の納品書は、○○省○○課契約係に送付すべきものとする。

第6条 発注者は、物品の検査を、納品書を受理した日から10日以内の日に行うものとする。(監督及び検査)

第7条 代金の請求書は、○○省○○課契約係に送付すべきものとする。

第8条 代金は、検査完了後一回に支払うものとする。(契約代金の支払又は受領の時期及び方法)

第9条 契約保証金は免除する。(契約保証金)

第10条 物品の保証期間は、検査を完了した日から1年とし、当該保証期間中に生じた故障等については、発注者の故意又は過失による場合を除き、無償にて修理するものとする。(かし担保責任、危険負担は不動産のみ)

第11条 この契約についての必要な細目は、○○省が定めた物品供給契約基準によるものとする。ただし、この契約に該当のない事項についてはこの限りではない。

第12条 履行遅滞の場合における損害金の遅延利息は、年3.1パーセントである。(履行の遅滞その他債務の不履行の場合における遅延利息、違約金その他の損害金、債務不履行や違約金は第11条の契約基準で定めている。)

第13条 この契約について、発注者と供給者との間に紛争を生じたときは、発注者と供給者とが協議のうえ、これを解決するものとする。(契約に関する紛争の解決方法)

第14条 この契約に定めのない事項については、これを定める必要がある場合は、発注者と供給者とが協議のうえ、定めるものとする。(その他必要な事項)

この契約の成立を証するため、発注者と供給者は次に記名し、印を押すものとする。

この契約書は2通作成し、発注者と供給者は各1通を所持するものとする。

平成  年 月 日

発注者  東京都港区赤坂○○丁目○ー○
○○省支出負担行為担当官○○
供給者  東京都新宿区○○丁目○ー○
○○株式会社 代表取締役 ○○ ○○

 

 

契約書の条文作成方法

 

契約書の条文は、わかりやすい表現で、かつ、誤解のない表現とするのが基本です。

 

法律に似た表現が多いですが、法律とは異なり、契約書は、当事者同士で理解できる表現で作成する必要があります。

 

また、契約書の取り交わしは、そもそもがお互いを信頼して約束するものですから、トラブルが生じ、お互いの意見が相違したときは裁判による解決となります。

 

どれほど契約書の条文を完璧にしても、相手を信頼できなくなれば訴訟による解決となります。

コメント