契約手続き

スポンサーリンク
契約手続き

これが欲しかった!必要な「契約関係書類」の根拠法令一覧

契約関係書類が必要となる根拠法令一覧です。
2020.05.07
随意契約

「代理店証明書」で「随意契約」できる? 競争性の判断とは

「競争性のない随意契約」についての解説です。代理店証明書等により随意契約を締結するときは注意が必要です。代理店証明書は「競争性がない」という根拠になりません。販売店が複数存在するのであれば「入札」あるいは「見積り合わせ」が必要です。
2020.05.07
契約手続き

これが実際の「入札手続き」だ! パソコン購入の実例で解説

「入札手続き」を実例で解説します。官公庁の契約で一番多い「購入契約」の手続き例です。仕様書の作成から、入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入する想定で、総額280万円の入札手続きの解説です。
2020.05.07
スポンサーリンク
入札

恥ずかしい!東京大学が「入札前に不正」?内閣府の協定違反判断

東京大学で「入札前に不正」、という内閣府の不思議な判断についての解説です。申し立てを行った会社が、自らの社員を訴えるという理解できない背景がありました。さらに、それを「入札不正」と判断した不思議な内閣府の判断です。すべて意味不明です。
2020.05.06
入札

知らなかった!正しくない「入札」と「談合」、競争原理の意味

「正しい競争」についての解説です。不当な利益を得る「談合」は、入札に絡む典型的な不正事件です。しかし、過度な価格競争を防止するための「必要悪」とまで言われてます。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2020.05.05
随意契約

「ヤバイ随意契約」を知らないと危ない!「分割発注」と疑われない

「入札手続き」を避ける意図で、分割して「随意契約」を締結したり、架空工事を行うことは「不正」です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるメリットは何なのか、「入札」と「随意契約」の比較について解説します。
2020.05.01
随意契約

知らなかった!「随意契約」の中にも2つの種類があるなんて!

「競争性のない随意契約」について、わかりやすく解説します。「随意契約理由書」が必要な理由、随意契約の根拠法令の説明です。官公庁の契約手続は、「一般競争入札」が原則です。例外として「指名競争入札」と「随意契約」が認められています。
2020.05.01
契約手続き

なぜ「随意契約」できる?これが「契約方式」を判断する根拠法令

官公庁の「契約方式」についての解説です。原則は「入札」です。国は会計法、地方公共団体は、それぞれの規則で契約金額によって契約方式を定めています。大規模な契約では「国際入札」が必要になります。「一連の契約」「同種の契約」の解説です。 契約方...
2020.05.01
契約手続き

どうやって「入札」と「随意契約」を判断するか、この手順で判別

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2020.04.20
入札

つい、笑ってしまう「1社入札」批判、実務担当者からの視点

「1社入札」についての解説です。競争入札に参加する会社が「1社」のときは、実質的に競争が行われず、国民の税金が無駄に使われるという報道があります。しかし、実際にはそんなことはなく、むしろ「1社入札」を問題視する報道こそ危険です。
2020.04.20
入札

「入札会場」の設営方法がわからない!これが実際の「入札会場」

入札会場の正しい設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。入札当日に、会場までの道順がわからず迷子になったりすれば大きなトラブルになります。入札会場の設営方法を具体的に解説します。
2020.04.20
随意契約

この「随意契約」は批判されます!繰り返すと「業者との癒着」!

官公庁が特定の会社と締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特に、特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ、大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2020.04.20
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました