契約手続き

スポンサーリンク
随意契約

競争性のない随意契約とは、随意契約理由書や選定理由書の書き方

競争性のない随意契約とはどのようなものなのか、根拠法令や随意契約理由書の書き方をわかりやすく解説します。随意契約理由書は、機種選定理由書と業者選定理由書にわかれます。それぞれの随意契約理由書の具体例です。
2021.10.31
随意契約

予定価格を超えた随意契約は可能?入札では落札上限価格のため違法

予定価格を超えた随意契約は可能でしょうか?一般競争入札では、予定価格を超えていれば再度入札になります。再度入札でも落札しなければ入札不調になってしまいます。予定価格を超えて契約できません。では随意契約のときは、どう対応すべきでしょうか。
2021.10.31
随意契約

随意契約はとても簡単!数値で比較すると一般競争入札は10倍も大変

随意契約のメリットをわかりやすく解説します。競争入札と随意契約の手続きを比較すると、随意契約の方が10倍も効率的です。理解しやすいように実際の契約手続きを数値に換算して比較しました。競争入札と随意契約の労力(業務量)の比較です。
2021.10.30
スポンサーリンク
随意契約

随意契約は何のためにあるのか、随意契約を判断する4つの条件

随意契約は、官公庁が契約の相手方を選ぶ契約方式の例外手続きです。随意契約が認められる条件は、法令で明確に定められています。随意契約と判断する具体例の解説です。莫大な予算が使われたアベノマスクの緊急随契についても解説しています。
2021.10.30
随意契約

入札不調と不落随契の違いを正しく理解、再度入札の判断方法とは

入札不調と不落随契についての解説です。入札が不調(ふちょう)になる3つのケース、不落随契(ふらくずいけい)との違いを正しく理解しましょう。入札者がない場合、落札者がない場合、再度入札と入札打ち切りの判断方法です。
2021.10.29
入札

国際入札とは、政府調達に関する協定の対象範囲、対象基準額の推移

「政府調達に関する協定」が適用される国際入札についての解説です。そもそも国際入札とはどのような手続きか、対象となる機関、基準額の推移です。どの契約が該当するのか判断がむずかしいです。長期間の契約手続きになるので、早い時期から準備が必要です。
2021.10.29
入札

1社入札は問題ない、むしろ1社入札を批判すると官製談合になる

1社入札を問題視する報道があります。なぜ1社入札が問題になるのか、本当に問題なのか実務経験者が解説します。1社入札を批判する考え方は、悪徳警官が「泥棒しないなら逮捕するぞ」と言っているのと同じです。一般競争入札の目的や本質を理解しましょう。
2021.10.29
入札

落札率から談合を疑うことはできない!落札率よりも入札の経緯が重要

官公庁の契約手続きが、落札率で批判されることが多くなりました。落札率が高いと談合が疑われる、競争性が確保されていない、などと指摘されています。しかし落札率を正しく理解していないために、的外れな批判も多いです。落札率のわかりやすい解説です。
2021.10.29
入札

1社入札は有効?それとも無効?1社入札を問題視するのは間違い

1社入札を問題視するマスコミ報道があります。競争性が確保されていない、という理由によるものです。しかし1社入札は本当に問題なのでしょうか?実務経験者の視点からわかりやすく解説します。
2021.10.29
入札

一般競争入札と見積もり合わせの違い、契約手続きを簡単に比較

官公庁が実施する「一般競争入札」と「見積もり合わせ」の解説です。それぞれの契約手続きの流れを理解しておくことが大切です。一般競争入札の目的、競争入札の種類、手続きの手順などです。一般競争入札と見積もり合わせの違いも把握しておきましょう。
2021.10.28
契約手続き

一般競争入札のすべて、契約手続きを具体例でわかりやすく解説

官公庁が実施する一般競争入札の解説です。契約手続きで一番多い物品購入契約を具体例にしています。仕様書の作成、予定価格の作成、入札や開札の方法、契約書の取り交わしなどです。一般競争入札の流れと手続きの基本を理解できます。
2021.10.15
契約手続き

入札か随意契約か?契約方式の判断手順をわかりやすく解説

契約方式を判断する手順です。競争入札と随意契約では、契約手続きや必要書類が全然違います。最初に契約方式を決定しないと、書類が無駄になります。契約方式を判断する手順を、根拠法令を確認しながら、具体例を用いてわかりやすく解説します。
2021.10.15
契約手続き

仕様書の書き方をわかりやすく解説、一般競争入札の仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な仕様書の書き方です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
2021.10.15
随意契約

オープンカウンター方式と一般競争入札の違い、メリットとデメリット

多くの官公庁でオープンカウンター方式による見積もり合わせ(公開見積り合わせ、公募型見積合わせ)が導入されています。発注情報を公開して誰もが見積競争に参加できるようになりました。一般競争入札との違いや、導入経緯などをわかりやすく解説します。
2021.09.26
スポンサーリンク