契約手続き

スポンサーリンク
随意契約

入札者や落札者がないときの不落随意契約、入札不調の詳しい解説

入札不調についての詳しい解説です。入札が不調となる3つのケースや不落随契(ふらくずいけい)と呼ぶ契約方式の根拠法令をわかりやすく解説します。入札者がないときや落札者がないときの入札打ち切りの判断等も説明します。
2018.11.09
契約手続き

契約書を押印する順番は決められている、実際の取り交わし方法

契約書の取り交わし 契約書を作成し、当事者が記名押印する場合、実務上は契約書を郵送で送り記名押印することが多いです。 よほど大きな契約とか、調印式のようなセレモニーでない限り、契約の当事者自身が揃って記名押印することはあ...
2018.11.07
契約手続き

契約書を取り交わした後に納期が遅れるとの申し出があったときの対応

官公庁で契約実務を担当していると、まれに営業担当者から「納期が遅れそう」との申し出を受けることがあります。すでに契約書を取り交わしているときに変更契約として処理するのか契約解除や違約金として処理するのかなど判断に迷います。正しい対応方法について解説します。
2018.11.07
スポンサーリンク
契約手続き

入札と随意契約の判断基準、官公庁が契約方式を検討する手順と方法

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順と方法の解説です。最初に予決令99条が適用できる少額随意契約か判断し、次に競争性があるかどうか判断します。いずれにも該当しないときに「入札」手続きを行います。
2018.09.13
契約手続き

パソコンを購入する契約手続を実例で学ぶ、仕様書作成や入札手続き等

契約手続きの流れと手順を実例で解説します。官公庁の契約手続きで一番多い購入契約の手続きです。仕様書の作成から入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入するケースで総額280万円の契約手続きです。
2018.09.04
契約手続き

少額随意契約のおおまかな処理手順をイメージ、根拠法令と必要書類

官公庁の契約手続きで一番多い少額随意契約の流れについての解説です。正しい契約手続きを行うためには根拠法令の理解とおおまかな処理手順をイメージすることが大切です。仕様書の作成から見積もり合わせや支払書類の決裁までを説明します。
2018.09.04
随意契約

随意契約のメリットを正しく理解、入札と随意契約の手続を詳細に比較

入札と随意契約の詳細な比較です。官公庁の契約手続きの原則である一般競争契約(入札)と少額随意契約について、書類の作成から契約手続きまで詳しく解説し比較します。随意契約のメリットについての解説です。
2018.09.04
入札

入札会場の正しい設営方法、わかりやすい会場への案内図が必要な理由

入札会場の正しい設営方法の解説です。官公庁が実施する入札は公平でなければなりません。入札当日に会場までの道順がわからず迷子になったりすれば、大きなトラブルになります。会場の設営方法を具体的に解説します。
2018.09.04
随意契約

予決令102-4-3とは、競争性のない随意契約の判断を具体例で解説

官公庁の契約手続きは入札(競争契約)が原則です。例外として随意契約が認められていますが、その判断基準は「競争性の有無」です。競争性がある場合とない場合の具体例や競争性の判断についての解説です。
2018.09.04
入札

随意契約より国際入札の方が年間7億円高くなる、日米経済摩擦の事実

日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていた1991年当時、国際入札で透明性のある公正な手続きで契約するよりも破格の安い金額で随意契約を提案されました。国際入札よりも年間7億円安くなる随意契約が適正なのか、当時の思い出と解説です。
2018.09.04
入札

リバースオークションのリスクとは、適正な価格競争と透明契約制度

官公庁が実施するリバースオークションは、純粋な価格競争で契約の相手方を決定します。しかし、過度の価格競争は会社の体力を奪い、将来的に致命的となる傷を残します。リバースオークションによる価格競争のメリットとデメリットの解説です。
2018.09.04
契約手続き

「透明契約・透明入札制度」官公庁の契約手続から不正を撲滅する方法

官公庁が実施する入札手続きに関連した不正事件が毎年発生しています。業者との癒着、贈収賄、談合事件などです。しかし、現在の会計法令のよる契約手続きでは不正を撲滅できません。不正を排除する「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク