契約手続き

スポンサーリンク
契約手続き

少額随意契約のおおまかな処理手順をイメージ、根拠法令と必要書類

官公庁の契約手続きで一番多い少額随意契約の流れについての解説です。正しい契約手続きを行うためには根拠法令の理解とおおまかな処理手順をイメージすることが大切です。仕様書の作成から見積もり合わせや支払書類の決裁までを説明します。
2018.09.04
入札

随意契約より国際入札の方が年間7億円高くなる、日米経済摩擦の事実

日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていた1991年当時、国際入札で透明性のある公正な手続きで契約するよりも破格の安い金額で随意契約を提案されました。国際入札よりも年間7億円安くなる随意契約が適正なのか、当時の思い出と解説です。
2018.09.04
入札

リバースオークションのリスクとは、適正な価格競争と透明契約制度

官公庁が実施するリバースオークションは、純粋な価格競争で契約の相手方を決定します。しかし、過度の価格競争は会社の体力を奪い、将来的に致命的となる傷を残します。リバースオークションによる価格競争のメリットとデメリットの解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク
入札

官公庁における入札制度と談合、過度の価格競争は社会の発展を阻害

官公庁の契約手続きの原則である入札は、価格競争が目的です。一方、過度の価格競争を防ぐために「必要悪」と言われる談合は、不正な利益を得る目的で実施されることもあります。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2018.09.04
随意契約

分割発注による随意契約のメリットとは、入札を避ける目的なら不正

入札を避けるために分割して随意契約を締結したり、架空工事を行うことは不正です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるデメリットは何なのか、入札と随意契約の比較についての解説です。
2018.09.04
随意契約

随意契約を繰り返す問題点とは、競争機会の確保や公平・公正性の解説

官公庁が締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2018.09.04
契約手続き

仕様書の作成で注意すべきポイント、仕様書・予定価格同一の原則とは

仕様書を作成するときに注意したいポイントの解説です。官公庁が実施する入札などの契約手続きで、最初に作成する書類が仕様書です。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格や入札書が作成されます。確認すべき内容を具体例で解説します。
2018.09.04
随意契約

予定価格を超えた随意契約は可能か、見積金額が予定価格を超えたとき

予定価格を超えた随意契約は可能なのか詳しく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。通常は自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約で見積金額が予定価格を超えたときの具体的な対処方法の解説です。
2018.09.04
随意契約

分割契約で随意契約すると違法になるリスク、別契約と分割契約の違い

随意契約の根拠法令 分割して随意契約することが可能か、問題ないかの解説です。 官公庁の契約手続きは、会計法令等に基づいて行います。一定の契約金額以上(例えば、物品購入契約なら160万円など)の場合、競争契約(入札)となります。 ...
2018.09.04
随意契約

直接販売証明書による随意契約は不適切、直接販売と競争性は関連なし

直接販売証明書の発行 近年、インターネットなどを見ていると、官公庁向けの広告や営業案内で、「直接販売証明書の発行が可能です」と、宣伝している企業が増えています。 「直接販売証明書」とは、官公庁との取引を希望する販...
2018.09.04
随意契約

代理店証明書による随意契約は注意が必要、競争性がない随意契約とは

代理店証明書による随意契約 随意契約は、官公庁における契約方式の例外です。原則は競争契約(入札)なので、「競争性のない随意契約」は慎重に検討する必要があります。 契約実務担当者が注意すべき書類として、「代理店証明書」があります。...
2018.09.04
入札

特定調達契約の経緯、特例政令が適用となる基準額の経緯

特定調達契約の経緯 特定調達契約は、昭和54年から始まった比較的新しい制度です。 大規模な契約について、「政府調達に関する協定」という国際条約を適用した契約手続きを行うものです。内外無差別原則(外国の企業の参入)...
2018.09.04
スポンサーリンク