契約手続き

入札

リバースオークションのリスクとは、適正な価格競争と透明契約制度

官公庁が実施するリバースオークションは、純粋な価格競争で契約の相手方を決定します。しかし、過度の価格競争は会社の体力を奪い、将来的に致命的となる傷を残します。リバースオークションによる価格競争のメリットとデメリットの解説です。
2018.09.04
随意契約

災害復旧や景気の刺激対策に有効な契約方式は随意契約、入札より優先

長期的なデフレ不況と東日本大震災による未曾有の災害で、国民の生活が追い詰められています。景気対策や災害復旧は、補正予算による財政出動は機敏に行い、1日でも早く事業を実施することが大切です。非常時には随意契約が有効な手段になることの解説です。
2018.09.04
契約手続き

「透明契約・透明入札制度」官公庁の契約手続から不正を撲滅する方法

官公庁が実施する入札手続きに関連した不正事件が毎年発生しています。業者との癒着、贈収賄、談合事件などです。しかし、現在の会計法令のよる契約手続きでは不正を撲滅できません。不正を排除する「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク
随意契約

三つの随意契約とは、官公庁が締結する契約の中で一番多い契約方式

官公庁の契約手続きには競争契約(入札)と随意契約があります。そして、随意契約という契約方式を採用する際の主な判断基準は3つのケースになります。「少額随意契約」、「競争性のない随意契約」、「不落随意契約」、それぞれについて詳しく解説します。
2018.09.04
入札

官公庁における入札制度と談合、過度の価格競争は社会の発展を阻害

官公庁の契約手続きの原則である入札は、価格競争が目的です。一方、過度の価格競争を防ぐために「必要悪」と言われる談合は、不正な利益を得る目的で実施されることもあります。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2018.09.04
随意契約

分割発注による随意契約のメリットとは、入札を避ける目的なら不正

入札を避けるために分割して随意契約を締結したり、架空工事を行うことは不正です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるデメリットは何なのか、入札と随意契約の比較についての解説です。
2018.09.04
随意契約

随意契約を繰り返す問題点とは、競争機会の確保や公平・公正性の解説

官公庁が締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2018.09.04
契約手続き

仕様書の作成で注意すべきポイント、仕様書・予定価格同一の原則とは

仕様書を作成するときに注意したいポイントの解説です。官公庁が実施する入札などの契約手続きで、最初に作成する書類が仕様書です。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格や入札書が作成されます。確認すべき内容を具体例で解説します。
2018.09.04
随意契約

予定価格を超えた随意契約は可能か、見積金額が予定価格を超えたとき

予定価格を超えた随意契約は可能なのか詳しく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。通常は自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約で見積金額が予定価格を超えたときの具体的な対処方法の解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク