契約手続き

スポンサーリンク
契約手続き

少額随意契約の事務手続きを簡単に把握する、根拠法令と必要書類

官公庁の契約手続きで一番多い少額随意契約についての解説です。少額随意契約の根拠法令、手続きの流れ、必要書類を簡単に把握しましょう。仕様書の作成から見積もり合わせ、決裁手続きまでの一連の流れです。
2021.09.23
入札

開札会場の設営方法とは、実際に入札するときの会場設営方法

開札会場の設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。開札当日に会場までの道順がわからず迷子になったりすれば、大きなトラブルになります。開札会場の設営方法をわかりやすく解説します。
2021.09.23
入札

一般競争入札よりも随意契約の方が 7 億円も安い?スパコンの契約

スーパーコンピュータの国際入札についての解説です。1991年の日米経済摩擦によって、アメリカ政府から日本の市場開放を迫られていました。しかし国際入札より随意契約の方が安い金額で契約可能でした。国際入札と随意契約でどちらにするか迷いました。
2021.09.23
スポンサーリンク
入札

リバースオークションが官公庁には適さない理由、過度な競争は致命傷

官公庁が導入しているリバースオークションのデメリットです。リバースオークションは、価格競争を繰り返し契約の相手方を決定します。しかし過度の価格競争は、将来的に大きな傷を残します。官公庁の契約担当者には、公正性を意識した契約手続きが重要です。
2021.09.23
随意契約

随意契約が災害対策や景気対策に有効、随意契約を超法規的に活用

災害対策や景気対策に有効な随意契約の解説です。2013年10月現在、長期間のデフレ不況と東日本大震災による未曾有の災害で、国民生活が疲弊しています。補正予算による財政出動で早く事業を実施すべきです。超法規的な随意契約なら効果が高いです。
2021.09.23
入札

一般競争入札がすべて正しいわけではない!過当競争と必要悪の談合

正しい競争とはどのようなものでしょうか。不当な利益を得る談合は、一般競争入札の典型的な不正事件です。しかし談合は過度な価格競争を防止するための必要悪とまで言われてます。競争原理がもたらす弊害や格差社会についての解説です。
2021.09.23
随意契約

分割発注で少額随意契約は不正!少額随意契約のメリットはコスト削減

手間のかかる一般競争入札を避けるために、少額随意契約として分割発注すれば不正です。本来、少額随意契約は事務簡素化が目的です。一般競争入札と比較してもコスト削減効果は高いです。過度の事務負担が不正の原因であるなら規則自体を見直すべきです。
2021.09.23
随意契約

随意契約を繰り返しても問題ないケースとは、随意契約が批判される理由

官公庁の随意契約は批判を受けることが多いです。特に随意契約を繰り返すと、業者との癒着を疑われ大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点や、随意契約を繰り返しても問題ないケースを解説します。
2021.09.23
契約手続き

仕様書を作成するときのチェックポイント、仕様書・予定価格同一の原則

仕様書を作成するときに注意したいポイントです。官公庁が実施する一般競争入札では、最初に仕様書を作成します。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格を作成します。仕様書を作るときのチェックポイント、予定価格との関係です。
2021.09.23
随意契約

代理店証明書では随意契約できない!競争性のない随意契約の判断とは

競争性のない随意契約についての解説です。代理店証明書に基づき随意契約するときは注意が必要です。代理店証明書は、競争性がないという根拠になりません。販売店が複数存在するのであれば、一般競争入札あるいは見積り合わせが必要です。
2021.09.23
入札

運搬契約や引っ越しの契約は国際入札の対象か?WTOの判断方法とは

運搬契約が、国際調達(国際入札)に該当するか、判断する方法です。一定金額以上の高額な契約は、「政府調達に関する協定」が適用され「国際入札」になります。通常の入札と比べて、かなり長期間(6ヵ月ほど)の契約手続きになるので、最初に検討が必要です。
2021.09.23
入札

特定調達、政府調達、特例政令、国際入札、それぞれの意味とは?

官公庁が実施する国際入札についての解説です。国や地方自治体官などは、国際条約の政府調達に関する協定が適用されます。基準額を超える高額な契約を計画するときには注意が必要です。制定経緯や基準額の推移、特定調達と政府調達の違いなどの解説です。
2021.09.23
契約手続き

契約方式を判断する予定価格とは、分割契約で随意契約することの可否

官公庁の契約方式についての解説です。原則は一般競争入札です。例外として、事務簡素化を目的に随意契約が認められています。一定金額以下は少額随意契約が可能です。契約方式を判断するときの予定価格の算出方法、分割契約による随意契約の問題点の解説です。
2021.09.23
随意契約

一般競争入札の危険性を知る、エレベーター保守契約の契約方式とは

エレベーターの保守契約は、一般競争入札にすべきか、競争性のない随意契約とすべきか判断に迷います。エレベーターは人命に係わる設備です。メーカー以外の保守専門会社との契約は安価です。しかし目に見えない安全性も考慮すべきです。
2021.09.23
スポンサーリンク