契約手続き

スポンサーリンク
入札

つい、笑ってしまう「1社入札」批判、実務担当者からの視点

「1社入札」についての解説です。競争入札に参加する会社が「1社」のときは、実質的に競争が行われず、国民の税金が無駄に使われるという報道があります。しかし、実際にはそんなことはなく、むしろ「1社入札」を問題視する報道こそ危険です。
2020.04.20
入札

「入札会場」の設営方法がわからない!これが実際の「入札会場」

入札会場の正しい設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。入札当日に、会場までの道順がわからず迷子になったりすれば大きなトラブルになります。入札会場の設営方法を具体的に解説します。
2020.04.20
随意契約

この「随意契約」は批判されます!繰り返すと「業者との癒着」!

官公庁が特定の会社と締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特に、特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ、大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2020.04.20
スポンサーリンク
契約手続き

魔法のような「透明契約・透明入札」制度、あらゆる問題を解決

官公庁の契約手続きを「不正事件」から完全に守る方法の解説です。契約手続きに関係する「贈収賄事件」や「談合事件」を、完全に撲滅します。会計法令を見直し、ブラックボックス部分の手続きを排除します。「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2020.04.19
入札

ちょっと待った!その「競争」は間違ってませんか?入札の心構え

適正な利益を確保した入札手続きについての解説です。現在(2013年10月)、経済成長率が0%というデフレ経済の中で、適正な利益を無視した民間企業の競争が、経済の発展に役立つのか解説します。過度な競争による企業の疲弊についての説明です。
2020.04.19
契約手続き

官公庁で9割以上を占める「少額随意契約」の手順を簡単に知る

官公庁の契約手続きで一番多い「少額随意契約」の流れについての解説です。正しい契約手続きを行うためには根拠法令の理解と、おおまかな処理手順をイメージすることが大切です。仕様書の作成から「見積もり合わせ」や決裁手続きまでを説明します。
2020.04.18
随意契約

その「随意契約」危ないですよ?「分割発注」じゃないですか?

「少額随意契約」についての解説です。入札手続きが大変なため、すぐに契約したいときに「分割発注」が思い浮かびます。しかし、入札手続きを逃れるために、分割して「少額随意契約」を締結してはなりません。違法になります。必ずバレてしまいます。
2020.04.18
入札

「特定調達」、「政府調達」、「国際入札」、いったい何が違う?

「国際入札」についての解説です。国と地方公共団体等は、国際条約の「政府調達に関する協定」が適用されます。基準額を超える高額な契約を計画するときには注意が必要です。制定経緯や基準額の推移、「特定調達」と「政府調達」の違いの解説です。
2020.04.17
随意契約

なぜ?「直接販売証明書」による「随意契約」がダメな理由

随意契約に必要な「直接販売証明書」についての解説です。「直接販売証明書」を取り寄せて「随意契約」することは適正な契約手続きとは言えません。「直接販売」することと「競争性がない」ことは別の話です。契約方式の原則を理解することが大切です。
2020.04.17
契約手続き

「仕様書」の作り方がわからない、「仕様書・予定価格同一の原則」

仕様書を作成するときに注意したいポイントの解説です。官公庁が実施する入札などの契約手続きで、最初に作成する書類が仕様書です。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格や入札書が作成されます。確認すべき内容を具体例で解説します。
2020.04.17
入札

「運搬契約」は「国際入札」の対象?これが判断基準のポイント

国際入札に該当する高額な「運搬・移転契約」についての解説です。「政府調達に関する協定」に基づく国際入札手続き(特定調達契約)では、最初に、「該当するかどうか」の判断が重要になります。判断は、契約金額と契約内容により判断します。
2020.04.17
入札

いったい、どの契約が該当するの?わかりづらい「特定調達契約」

「政府調達に関する協定」に基づく「特定調達契約」の解説です。高額な契約は、国と地方公共団体が適用対象になります。基準額以上の契約手続きは、国際入札を実施しなければなりません。わかりやすく「政府調達に関する協定」を解説します。
2020.04.07
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました