契約手続き

スポンサーリンク
契約手続き

「仕様書」の書き方がわからない? 作成するときの基本的考え方

官公庁の契約手続きに必要な「仕様書」についての解説です。一般競争入札や随意契約を行う際には「仕様書」が必要です。契約金額の少ない契約では、省略したり、簡単な記載で契約できることもあります。しかし、一定規模以上の契約では「仕様書」が必要です。
契約手続き

「仕様書の書き方」をわかりやすく解説、入札に必要な仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な「仕様書の書き方」です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
2021.01.16
契約手続き

請求書や納品書、見積書などが必要な理由、「契約書類一覧」の解説

官公庁(役所)の契約手続きに必要な書類一覧です。民間企業から取り寄せたり、契約実務担当者が作成する書類について、「なぜ必要なのか?」という視点からまとめました。契約書類の役割、必要とする根拠法令を確認したいときに役立ちます。
2021.01.16
スポンサーリンク
契約手続き

「入札不調」と「不落随契」の違いとは、実務経験者が簡単に解説

「入札不調」と「不落随契」とは、どう違うのでしょう?どういう意味なのでしょうか? 「入札不調」と「不落随契」は似ているように思える言葉ですが、全く違います。根拠法令から問題点まで、契約実務担当者の視点から理解しやすいように解説します。
2021.01.16
契約手続き

「仕様書の書き方」をわかりやすく解説、少額随意契約の仕様書とは

「仕様書の書き方」をわかりやすく解説します。ノートパソコンの購入を想定して、実際に仕様書を作成します。仕様書のサンプルも掲載しましたので、物品の購入契約であれば、そのまま利用できます。契約担当なら、仕様書の書き方を理解しておきましょう。
2021.01.16
契約手続き

「仕様書」を作成する前に知っておきたいこと、表現や記載方法

「仕様書」の書き方についての解説です。実際に仕様書を作成するときに、どのように表現し記載すれば良いのか、どこまで詳しく記載する必要があるのか解説します。仕様書は、「相手に求める内容」を書類としてまとめるものです。契約の中心的な書類です。
2021.01.16
入札

こんな「総合評価落札方式」は危ない!随意契約の「隠れ蓑」かも

総合評価落札方式についての解説です。官公庁が実施する入札は、価格競争が原則です。しかしスーパーコンピューターのように、性能が最優先される場合には、金額だけでなく性能などを評価に加えることができます。ところが使い方によって危険性もあります。
2021.01.16
入札

「開札」って、どうやるの?これでわかる初めての「入札と開札」

官公庁が実施する「入札手続き」の中で、とても緊張するのが「開札」です。私自身、何回も入札を実施しましたが、いつも緊張しました。慣れるということはなかったです。契約の相手方が決定するという、入札手続きの中で一番重要な部分になります。
2021.01.16
契約手続き

「新型コロナウィルス」の感染を防ぐ!官公庁契約の「対策」まとめ

「新型コロナウイルス」の感染拡大を防止するための、官公庁契約による対策をまとめました。2020年3月10日現在、有効な治療薬はなく、感染拡大防止のため、イベント等の中止、小中高校の休校が要請されています。感染者が発生した場合は自宅待機です。
2021.01.16
契約手続き

えっ!納期が遅れる?困った、どうしよう、対応方法を簡単に解説

官公庁で契約実務を担当していると、まれに営業担当者から「納期が遅れそう」との申し出を受けることがあります。すでに契約書を取り交わしているときに変更契約として処理するのか契約解除や違約金として処理するのかなど判断に迷います。正しい対応方法について解説します。
2021.01.16
入札

中身のない批判の怖さ!「1社入札」を問題視すれば「不正事件」に!

「1社入札」を問題視する報道があります。「競争性が確保されていない」という理由によるものです。しかし本当に問題なのか、実務者の視点から詳しく解説します。1社入札を無効とする見解や、有効とする見解、指名競争入札での「1社入札」の解説です。
2021.01.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました