契約手続き

スポンサーリンク
随意契約

代理店証明書による随意契約は注意が必要、競争性がない随意契約とは

代理店証明書による随意契約 随意契約は、官公庁における契約方式の例外です。原則は競争契約(入札)なので、「競争性のない随意契約」は慎重に検討する必要があります。 契約実務担当者が注意すべき書類として、「代理店証明書」があります。...
2018.09.04
入札

特定調達契約の経緯、特例政令が適用となる基準額の経緯

特定調達契約の経緯 特定調達契約は、昭和54年から始まった比較的新しい制度です。 大規模な契約について、「政府調達に関する協定」という国際条約を適用した契約手続きを行うものです。内外無差別原則(外国の企業の参入)...
2018.09.04
契約手続き

一連の調達、分割契約による随意契約、少額随意契約の繰り返し

契約方式の原則は入札 官公庁における契約方式は、原則、一般競争契約(入札)です。これは会計法第二十九条の三第一項で明記されています。 会計法(法律) 第二十九条の三  契約担当官等は、売買、貸借、請負その他の契約を締結する場合におい...
2018.09.04
随意契約

随意契約理由書の作成方法、書き方のポイント、コツ

随意契約の根拠法令 最初に、随意契約の根拠法令の解説です。 国や地方自治体、独立行政法人などの官公庁の契約手続きは、一般競争契約(入札)が原則ですが、入札を行うことができない場合があります。 入札という契約方式の原則は、会計法に定められ...
2018.09.04
随意契約

随意契約理由書の作成例、機種選定理由書と業者選定理由書の書き方

官公庁の契約手続きで随意契約するときに必要な随意契約理由書の書き方と解説です。少額随意契約や競争性のない随意契約を締結するときは、機種選定理由書や業者選定理由書などの随意契約理由書が必要になります。それぞれの根拠法令と理由書の書き方の解説です。
2018.09.04
契約手続き

会計実務の危険な合理主義、3点セット(見積書、納品書、請求書)に注意

会計書類を依頼するときの注意点 官公庁で会計実務を担当していると、見積書、納品書、請求書の3点セットを用意するよう指示されることがあります。 特に、ベテランの会計実務担当者は、支払手続きを進めるために、「3点セットでお願いします...
2018.09.04
入札

東京大学が入札前に不正との報道、内閣府は政府調達協定に違反と判断

東京大学で入札前に不正? 2013年1月、Yahooのニュースサイトで、東京大学で入札前に不正、との記事が掲載されました。 Yahooのニュースから抜粋 東大、入札前に不正 国先端研究ソフト、業者に仕様相談 朝日新聞デジタル 1...
2018.09.04
スポンサーリンク