「入札不調」と「不落随契」の違いとは、実務経験者が簡単に解説

スポンサーリンク
契約手続き
2007年 シンガポール

「入札不調」と「不落随契」とは、どう違うのでしょう?どういう意味なのでしょうか?

 

「入札不調」と「不落随契」は似ているように思える言葉ですが、両者は全く違います。根拠法令から問題点まで、契約実務担当者の視点から理解しやすいように解説します。

 

スポンサーリンク

「入札不調」と「不落随契」の違い

 

最初に、「入札不調」と「不落随契」の違いについて、簡単に把握しましょう。学校では教えてくれないので、念のために読み方から確認します。

「入札不調」は、「にゅうさつ ふちょう」です。

「不落随契」は、「ふらく ずいけい」です。不落随意契約を省略した言葉です。

 

「入札不調」と「不落随契」は、入札手続きの流れの中で、使う場面の「時期」が異なります。共通点は「入札が上手くいかなかった」後に使うことです。「入札不調」の後に「不落随契」になります。

 

「入札不調」は、開札時に落札者がなかったときに使う言葉です。落札者がいなくて、入札が成立しなかったときに「入札不調」になったと言います。

 

一方「不落随契」は、「入札不調」の後に、再度公告入札を断念し、随意契約を締結するときに使います。「不落随契」するかどうかは、客観的な判断が必要になります。

 

時系列的に整理すると、次の順番になります。

入札

開札

落札者がない「入札不調」

随意契約するか判断(時間的な制約から、再度公告入札できないと判断

随意契約を締結「不落随契」

 

それでは、以下でくわしく解説します。官公庁の契約実務担当者だけでなく、民間企業の営業担当者にも必須の情報です。

 

スポンサーリンク

「入札不調」とは

 

「入札不調」とは、「落札者がなかった場合」を指します。

 

本来、入札を実施する目的は、価格競争です。落札基準価格(予定価格)の範囲内で、最も安い相手方を落札者として決定します。落札者が決定すれば「入札が成立」したことになります。無事に入札が終わったと安心できるわけです。

 

「入札不調」は、落札者がなく、入札が成立しなかった(入札が成り立たなかった、入札にならなかった、などとも言います。)ことです。

「入札不調」=「落札者なし」です。

 

そして「落札者がなかった場合」とは、次のケースです。

入札者がいない

入札者はいたけれど、落札者がいない

 

「入札者がいない」場合とは、そもそもが「誰も関心を持たない入札案件」だったというわけです。契約実務担当者の事前調査が不足していたことになります。十分に事前調査すれば、たとえ1社でも入札が可能になる仕様書が作成できるはずです。「入札者がいない」状態は、かなり「恥ずかしい入札」と言えます。当然ながら「杜撰な書類作成」を疑われます。膨大な労力(通常、開札までに2ヵ月かかります。)を無駄にしたことになるわけです。典型的な「税金の無駄遣い」です。

 

「入札者はいたけれど、落札者がいない」場合とは、予定価格以内の入札金額がなかった場合です。再度入札を実施しても、安くなる見込みがないため「入札を打ち切る」場合と、再度入札の途中で、入札者全員から「辞退札が提出された」場合です。入札者が(これ以上安くできませんと)ギブアップしたケースです。「入札不調」は、通常こちらがほとんどです。

 

スポンサーリンク

「入札不調」の根拠法令

 

「入札不調」とは、落札者がいなくて、入札が成立しなかった状態を指します。

 

落札者とは、会計法(下記参照)で定めているとおり、予定価格の範囲内の入札をした者です。例えば、官公庁が物品を購入する契約であれば、予定価格を 1,000万円としたときは、900万円の入札金額なら落札になります。1,100万円の入札金額なら落札しません。予定価格が落札基準価格になるわけです。予定価格を超えて落札させることはできません。

会計法

第二十九条の六 契約担当官等は、競争に付する場合においては、(略)予定価格の制限の範囲内で(略)最低の価格をもつて申込みをした者を契約の相手方とするものとする。(略)

 

わかりやすく表現すると、「入札不調」とは、予定価格以下の落札者がなかった場合です。落札者がいなくて「入札が成立しなかった」ときの状態です。

 

参考に地方自治体では、次の条文になります。

地方自治法
第二百三十四条

3 普通地方公共団体は、一般競争入札(略)に付する場合においては、(略)予定価格の制限の範囲内で(略)最低の価格をもつて申込みをした者を契約の相手方とするものとする。

国の法律(上記の会計法)と、ほぼ同じ内容です。

 

スポンサーリンク

「不落随契」の根拠法令

 

「不落随契」(不落随意契約)は、落札者がなく入札不調となったとき、再度公告入札を実施する時間がないときに締結する「随意契約」です。

 

本来であれば、「入札不調」になったときは、再度、入札公告を掲載し直して、もう1度入札をするのが原則です。最初の入札に参加していなかった別の会社が参加し、安く落札できる可能性もあるからです。そのために「再度公告入札」として公告期間を短縮した手続きが定められています。

 

しかし、入札手続きそのものが、かなり長期間(2ヵ月以上) 必要です。また、契約内容によっては、履行期間が数か月と長期にわたる場合があります。例えば、契約を締結してから納品までに半年以上必要になったり、製造期間が7ヵ月必要になることがあります。そうなると、年度内に入札をやり直す時間がありません。

 

また、契約を中止すれば、事業が実施できなくなり、大きな支障になることがあります。再度公告入札を実施する時間的ゆとりがないときは「不落随意契約」が認められています。根拠法令は次のとおりです。

予算決算及び会計令
第九十九条の二 契約担当官等は、競争に付しても入札者がないとき、又は再度の入札をしても落札者がないときは、随意契約によることができる。この場合においては、(略)最初競争に付するときに定めた予定価格その他の条件を変更することができない。

 

「不落随契」が認められる条件は、「予定価格の範囲内」で契約することです。実際には、入札金額の安かった順番で、個別に価格交渉を行います。もし入札者の中で予定価格以下の金額提示が無理であれば、別の会社とも随意契約可能です。一般的には、最安値の会社が入札金額よりも安い見積書を提出してくれます。

 

予定価格以内の金額提示がなければ、不落随契も無理です。かなり痛い状況になります。仕方なく最初から「入札をやり直す」しかありません。仕様書と予定価格を再度作成し、入札公告からやり直します。

 

参考に地方自治体の「不落随契」根拠法令です。

地方自治法施行令

第百六十七条の二 (略)随意契約によることができる場合は、次に掲げる場合とする。

八 競争入札に付し入札者がないとき、又は再度の入札に付し落札者がないとき。

 

スポンサーリンク

「不落随契」が問題になるケース

 

入札を取りやめて、随意契約を締結しようとするときは、かなり躊躇します。

 

せっかく苦労して作り上げた仕様書と予定価格です。できれば入札手続きの中で、スッキリと落札させたいわけです。随意契約することに「後ろめたい気持ち」もできてしまいます。

 

もちろん、契約手続きに余裕があるなら「再度公告入札」を実施すべきです。しかし単年度予算で時間がないときは「不落随契」せざるを得ません。

 

「不落随契」は、競争性を排除した随意契約とは異なり、契約方式自体が問題になることはありません。なぜなら価格競争を実施した結果、予定価格が厳しすぎて随意契約になったからです。

 

一般的に随意契約が問題となるのは、契約金額が業者の言いなりではないか、という部分です。「価格が適正ではない」という観点から問題視されることが多いです。

 

しかし、一度価格競争を行っていれば、(落札しなかった入札書があるので)ギリギリの価格だったことが証明できます。随意契約で問題となる「価格面」がクリアされているわけです。そのため「不落随契」は、予定価格の範囲内で契約できている限りは何も問題ありません。

 

「不落随契」が問題になるケースは、入札をやり直す時間が十分にあるのに、(サボって)入札しなかった場合だけです。履行期間(納入期間)が1ヵ月程度の短期の契約のみです。入札になるような大規模な契約では、ほとんど該当しないはずです。

仕事が学べる「本サイトの電子書籍」販売中!


「困った! 仕事がわからい! 仕事が覚えられない!」

「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」


このような「仕事の悩み」を解決するためのノウハウ集です。官公庁で働く人たちや、官公庁を取引先とする営業担当者向けの電子書籍です。


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、「では実際に、どのようにすれば良いのか」わからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのかさえもわかりません。依頼するときの内容や、話し方、伝え方など、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の悩みや疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


初めての仕事は、誰にとっても不安なものです。この不安は、経験がなく知識が不足していることが原因です。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。そして、経験に基づく知識は、本書により自分で学ぶことができます。書類作りのコツやノウハウをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれます。その結果、毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、不思議なことに、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。また、(言い訳になりますが)校正作業が十分でないために、誤字脱字や意味不明な文もあるかと思います。料金を安くするために校正作業も節約しています。ご容赦ください。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、次の記事をご覧ください。
官公庁の会計実務をひとりで学べる「電子書籍」、今こそチャンス!
(どうしよう、仕事がわからない・・) 初めての仕事は、不安ばかりで焦ってしまいます。周りの人は忙しそうで聞きづらかったり、教えてもらっても、十分に理解できないこともあります。実務経験者が執筆した書籍なので、書類作りを効率的に勉強できます。





誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円




官公庁会計実務の基礎用語 980円



契約手続き
スポンサーリンク
スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

  1. 匿さん より:

    不落随契についてですが、不落になった場合も業者側は予定価格を聞くことはできないのでしょうか?
    落札ができなかった業者に「この価格まで落としてもらえないか」と価格交渉もできない状況であれば、契約も行えないように思うのですが、実際の取引はどうなのでしょうか。

    • 管理人矢野 雅彦 より:

      管理人です、コメントありがとうございます。

      予定価格は、「秘密にする場合」と、「公表する場合」があります。地方自治体や国の一部の入札では事前公表、あるいは事後公表しています。公表して公開する場合は、入札広告などに記載されています。入札案件ごとに判断されます。

      予定価格を公表(公開)しない「秘密扱い」の場合は、不落随契でも教えることはできません。不落になる前段階でも予定価格を教えて(公表)ないですし、一部の会社へ教えたことになってしまうと、法律違反(犯罪)です。

      「秘密扱い」の予定価格を、入札参加会社へ漏らしてしまうと「予定価格漏洩」として犯罪になります。官製談合防止法違反です。

      実際には、予定価格に達しないときは、入札を打ち切り、最安価格の会社と交渉に入るケースが多いです。最安価格の会社は、交渉時に「予定価格とは、どのくらい開いてますか?」とか、「ここだけの話しとして予定価格を教えてもらえませんか?ひとりごとでもいいです。」などの要望があります。しかし、「すみません、この入札は、予定価格非公表なので、金額を言えません。」と返答します。

      そして次のように依頼します。

      「これ以上、もう無理という、最大限の値引き額で金額を提示してください。駆け引き抜きにして、これ以上無理という金額です。」

      多くの会社は即答せずに、持ち帰って検討し、2~3時間後くらいに電話連絡してきます。まれに翌日のこともあります。

      この金額が予定価格の範囲内でなければ、不落随契もしません。予定価格を超えていれば、再度仕切り直して、(かなり大変ですが・・二度手間ですし)最初から入札を行うことになります。リセットする入札であれば、予定価格を見直して再設定することが可能です。落札しない金額なら増額することもあります。

      ただ、ここで注意が必要なのは、そもそも予定価格は、「安ければ良いもの」ではないということです。大昔(1990年くらいまで)の会計検査院は、「予定価格が高すぎる」と口癖のように言ってましたが、「安ければ良い」という考え方は正しくないです。そもそも予定価格とは「市場で正常に取引できる金額」で設定すべきです。適正な利益を含めて予定価格とするのが正解です。つまり、適正な予定価格であれば、必ず「落札するはず」なのです。

      • 匿さん より:

        丁寧なご回答いただきありがとうございます。
        企業の側としては「入札辞退=もうこれ以上無理金額を下げるのは無理です。」という意思表示だと思うのですが、なんだか不思議な制度だなと感じました。
        とにもかくにも公開されていない予定価格は聞かないという点は今後十分に注意していきます。
        ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました