入札

入札

1者入札は有効、無効とすれば新たな矛盾と不正を生むリスクあり

1社入札を問題視する報道があります。競争性が確保されていないという理由によるものですが、本当に問題なのか詳しく解説します。1社入札を無効とする見解や有効とする見解、指名競争入札での1社入札の有効性など契約実務の視点からの解説です。
2018.11.20
入札

意外と知らない入札の目的、1社入札の理由、問題視すると不正を誘発

1社入札は問題ではない 最近のマスコミ報道や会計検査院の指摘などで、官公庁などの公的組織が実施した入札の結果として、1社入札になることが問題であるかのような誤った考え方が多く見受けられるようになりました。(1社入札、1者入札、...
2018.11.20
入札

入札会場の正しい設営方法、わかりやすい会場への案内図が必要な理由

入札会場の正しい設営方法の解説です。官公庁が実施する入札は公平でなければなりません。入札当日に会場までの道順がわからず迷子になったりすれば、大きなトラブルになります。会場の設営方法を具体的に解説します。
2018.09.04
入札

随意契約より国際入札の方が年間7億円高くなる、日米経済摩擦の事実

日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていた1991年当時、国際入札で透明性のある公正な手続きで契約するよりも破格の安い金額で随意契約を提案されました。国際入札よりも年間7億円安くなる随意契約が適正なのか、当時の思い出と解説です。
2018.09.04
入札

リバースオークションのリスクとは、適正な価格競争と透明契約制度

官公庁が実施するリバースオークションは、純粋な価格競争で契約の相手方を決定します。しかし、過度の価格競争は会社の体力を奪い、将来的に致命的となる傷を残します。リバースオークションによる価格競争のメリットとデメリットの解説です。
2018.09.04
入札

官公庁における入札制度と談合、過度の価格競争は社会の発展を阻害

官公庁の契約手続きの原則である入札は、価格競争が目的です。一方、過度の価格競争を防ぐために「必要悪」と言われる談合は、不正な利益を得る目的で実施されることもあります。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2018.09.04
入札

特定調達契約に該当する移転契約の具体例、公道を運搬する契約かどうか

特定調達契約とは 官公庁が実施する契約手続きの中には、特定調達契約(国際入札が必要となる契約手続きで「特例政令」が適用される契約)があります。 一般競争入札は、主に日本国内の企業を対象としていますが、特定調達契約に該当する入札手...
2018.09.04
入札

特定調達契約の経緯、特例政令が適用となる基準額の経緯

特定調達契約の経緯 特定調達契約は、昭和54年から始まった比較的新しい制度です。 大規模な契約について、「政府調達に関する協定」という国際条約を適用した契約手続きを行うものです。内外無差別原則(外国の企業の参入)...
2018.09.04
入札

1社入札を問題視する見せかけの競争のリスク、正しい競争性とは

不適切な1社入札 2009年、当時の総務大臣が、2社しか応札しない競争入札があることをテレビ番組で指摘しました。「現実は1社入札(1社応札)で、本当は100万円で済むもの(事業や物品)が、150万円で買われている」との内容で、...
2018.09.04
入札

東京大学が入札前に不正との報道、内閣府は政府調達協定に違反と判断

東京大学で入札前に不正? 2013年1月、Yahooのニュースサイトで、東京大学で入札前に不正、との記事が掲載されました。 Yahooのニュースから抜粋 東大、入札前に不正 国先端研究ソフト、業者に仕様相談 朝日新聞デジタル 1...
2018.09.04
スポンサーリンク