入札

官公庁の入札手続きについての解説です。
一般競争契約(入札)、指名競争契約(入札)について、それぞれの契約方式を判断する手順、実際の書類作成方法を実例で解説します。仕様書の作成、入札公告、予定価格、開札、落札決定などを、わかりやすく説明します。入札に参加したい民間企業の営業担当者にも役立つ内容です。

スポンサーリンク
入札

「1社入札」を正しく理解する、主な原因と根拠法令の解説

「1社入札」についての解説です。「入札の目的」や「1社入札」が問題でないケースなどを、根拠法令と具体例から解説します。すべての「1社入札」を問題視してしまうと、新たな不正を誘発します。契約実務面から「1社入札」について詳しく解説します。
2019.11.14
入札

「1社入札」は有効です、問題視すれば重大な「不正事件」が発生

「1社入札」を問題視する報道があります。「競争性が確保されていない」という理由によるものです。しかし本当に問題なのか、実務者の視点から詳しく解説します。1社入札を無効とする見解や、有効とする見解、指名競争入札での「1社入札」の解説です。
2019.11.14
入札

「1社入札」を問題視する危険な考え方、実務担当者の正しい見方

「1社入札」についての解説です。競争入札に参加する会社が「1社」のときは、実質的に競争が行われず、国民の税金が無駄に使われるという報道があります。しかし、実際にはそんなことはなく、むしろ「1社入札」を問題視する報道こそ危険です。
2019.08.06
スポンサーリンク
入札

「入札」を実施するとき、実務担当者に知ってもらいたい「競争」

「正しい競争」についての解説です。不当な利益を得る「談合」は、入札に絡む典型的な不正事件です。しかし、過度な価格競争を防止するための「必要悪」とまで言われてます。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2019.07.30
入札

入札が高くなるという理由、随意契約なら年間7億円安いスパコン

スパコンの国際入札についての解説です。1991年当時、日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていました。しかし国際入札手続きするよりも、随意契約なら破格の安い金額締結可能でした。随意契約すべきか判断に迷ったときの解説です。
2019.07.05
入札

これから入札(開札)を実施するとき、正しい入札会場の設営方法

入札会場の正しい設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。入札当日に、会場までの道順がわからず迷子になったりすれば大きなトラブルになります。入札会場の設営方法を具体的に解説します。
2019.05.15
入札

運搬契約が国際入札になるか判断に迷ったとき、公道を走行するか

国際入札に該当する高額な運搬・移転契約についての解説です。「政府調達に関する協定」に基づく国際入札手続き(特定調達契約)に該当するかどうかの判断は、契約金額と契約内容により判断します。運搬・移転のときに「公道」を走行するときは該当します。
2019.04.11
入札

誰も教えてくれない「入札」のわかりやすい解説、概要と実際の手順

官公庁が実施する実際の「入札」についての解説です。契約実務担当者による初心者向けのわかりやすい解説です。「入札」手続きは複雑で、契約締結までに2~3ヶ月必要です。入札公告から開札までの手順、「見積もり合わせ」との違いを簡単に説明します。
入札

リバースオークションのリスクとは、適正な価格競争と透明契約制度

官公庁が実施するリバースオークションは、純粋な価格競争で契約の相手方を決定します。しかし、過度の価格競争は会社の体力を奪い、将来的に致命的となる傷を残します。リバースオークションによる価格競争のメリットとデメリットの解説です。
2018.09.04
入札

特定調達契約の経緯、特例政令が適用となる基準額の経緯

特定調達契約の経緯 特定調達契約は、昭和54年から始まった比較的新しい制度です。 大規模な契約について、「政府調達に関する協定」という国際条約を適用した契約手続きを行うものです。内外無差別原則(外国の企業の参入)...
2018.09.04
スポンサーリンク