PR

入札

入札 入札
記事内に広告が含まれています。

官公庁の入札手続きについての解説です。一般競争入札と指名競争入札について、それぞれの契約方式を判断する手順、書類の作成方法を具体例で解説します。仕様書の作成、入札公告、予定価格、開札、落札決定のやり方です。入札に参加したい民間企業の営業担当者にも役立つ内容です。

スポンサーリンク
入札

官公庁入札での同等品を認める方法と注意点【成功の秘訣】

官公庁の入札で同等品を認めるための手順と注意点を徹底解説。同等品の定義、提出書類、事前確認の流れ、トラブル回避策を詳しく説明し、入札成功をサポートします。
入札

一社入札が無効となる場合、入札公告期間を正しく理解する

 一般競争入札における一社入札は、入札公告期間を十分に確保していれば有効です。しかし極端に短い入札公告期間を設定し、あらかじめ入札内容を知っていなければ参加できないような状況であれば、一社入札は無効にしなければなりません。
入札

スーパーコンピューターの国際入札と随意契約:安さと公正さの狭間で

スーパーコンピューターの国際入札と随意契約に関する深い洞察。安さと公正さのバランスを探る官公庁の契約手続きとその影響を探求します。
スポンサーリンク
入札

落札率から談合を疑うことはできない!落札率よりも入札の経緯が重要

 官公庁の契約手続きが、落札率で批判されることが多くなりました。「落札率が高いと談合が疑われる」、「競争性が確保されていない」などと指摘されています。しかし落札率を正しく理解していないために、的外れな批判も多いです。落札率のわかりやすい解説です。
入札

一般競争入札の目的と実際の手順、見積もり合わせとの違い

官公庁の契約手続きの原則である「一般競争入札」についての解説です。一般競争入札の目的、競争入札の種類、契約手続きの流れ、「見積もり合わせ」との違いを把握しておきましょう。
入札

1社入札は有効?それとも無効?1社入札を問題視するのは間違い

1社入札を問題視するマスコミ報道があります。競争性が確保されていない、という理由によるものです。しかし1社入札は本当に問題なのでしょうか?実務経験者の視点からわかりやすく解説します。
入札

開札のやり方、競争入札の開札手順をわかりやすく解説

競争入札の開札手順です。官公庁が実施する入札手続きの中で、とても緊張するのが開札です。契約の相手方を決定するという重要な部分です。ところが開札のやり方について、わかりやすく解説した参考書がありません。現場で使える開札チェックシート付きです。
入札

電子入札導入の問題点: 高額な保守費と知識の喪失

電子入札や電子調達が普及してきました。従来の紙ベースの入札と電子入札を並行している官公庁も多いです。しかし電子入札は、本当にメリットがあるのでしょうか?電子入札を導入するだけで、高額な保守費を特定のIT会社へ払い続けることになるのです。
入札

入札と応札の違い、いつから応札という言葉が使われてしまったのか

官公庁の契約手続きにおける「入札」と「応札」の違いについて、わかりやすく解説します。官公庁が用いる場合は、応札ではなく、入札が正しい表現です。いつから「応札」という言葉が流行してしまったのか不明ですが、正しい「入札」へ変えるべきです。とてもややこしいで...
入札

入札したときの落札、不調、不落、それぞれの意味を簡単に理解

官公庁が入札を実施した後、不落になった、不調だった、落札した、と表現することがあります。話の内容によっては、紛らわしく聞こえてしまいますが、それぞれ意味が違います。正しく理解しておきましょう。
入札

入札の不調と不落随契の根拠法令、不落随契が問題になるケース

入札不調と不落随契の違いを、わかりやすく簡単に解説します。競争入札を実施する契約担当者、競争入札へ参加する営業担当者向けの必須知識です。入札手続きを正確に理解するためにも、それぞれの違いや根拠法令を確認しましょう。
入札

入札が不調になり不落随契する場合の手続き、再度入札の判断方法

入札不調と不落随契についての解説です。入札が不調(ふちょう)になる3つのケース、不落随契(ふらくずいけい)との違いを正しく理解しましょう。入札者がない場合、落札者がない場合、再度入札と入札打ち切りの判断方法です。
入札

1社入札を批判する間違った考え方、契約実務経験者からの視点

1 社入札についての解説です。競争入札に参加する会社が 1 社のときは、実質的に競争が行われず、国民の税金が無駄に使われるという報道があります。しかし実際にはそんなことはなく、むしろ 1 社入札を問題視する報道こそ危険です。
入札

総合評価落札方式は危険、随意契約の隠れ蓑になる

 総合評価落札方式についての解説です。官公庁が実施する入札は、価格のみによる競争が原則です。しかしスーパーコンピューターのように、性能が最重要の場合には、価格だけでなく性能を評価に加えることができます。しかし総合評価落札方式は、恣意的な条件に合わせて契約の相手方を選ぶことができてしまうので限定的に使うべきです。
入札

一般競争入札がすべて正しいわけではない!競争入札と必要悪の談合

 「正しい競争」とはどのようなものでしょうか?不当な利益を得る談合は、競争入札における典型的な不正事件です。しかし談合は、安定した受注と、過度な価格競争を防ぐために「必要悪」といわれてます。競争原理がもたらす弊害や格差社会についての解説です。
入札

東京大学が入札前に不正?内閣府の奇妙な判断と背後の複雑な経緯

 「東大、入札前に不正」というニュースがありました。国際入札に対して申し立てを行った会社が、自らの元社員を訴えるという複雑な背景があるようです。さらに、それを「入札不正」としている奇妙な内閣府の判断です。正しい契約手続きの判断に役立つ内容なので取り上げることにしました。
入札

電子入札にはメリットも透明性もない、談合が容易にできる危険なシステム

 官公庁の電子入札についての解説です。多くの官公庁で事務手続きのデジタル化が進められています。政府電子調達システムや地方自治体でも様々なシステムがあります。いずれも入札会場へ行かずに、社内のパソコンから電子入札できるようになっています。ただ顔が見えないので、本人確認はできず、スマホ片手に談合さえも容易にできてしまいます。
入札

入札会場の設営方法、一般競争入札を実施するときの案内表示

 入札会場の設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。入札(開札)当日になって、会場までの道順がわからず迷子になったりすれば、大きなトラブルになります。入札会場の設営方法をわかりやすく解説します。(以下はWEB上で実施する電子入札ではなく、旧来の紙ベースの入札です。)
入札

入札の仕様書をゼロから作る方法、前例がない仕様書を作るときの手順

一般競争入札を実施するときに必要な仕様書の作り方です。まったく新しい契約の仕様書を作るときはかなり悩みます。仕様書の前例や雛形が存在しないため、どのように作っていくのかわかりません。そこでゼロから入札の仕様書を作る方法を解説します。
入札

政府調達に関する協定が適用される国際入札の対象機関、基準額の推移

「政府調達に関する協定」が適用される国際入札についての解説です。そもそも国際入札はどのような手続きなのか、対象となる機関、基準額の推移です。どの契約が国際入札に該当するのか判断がむずかしいです。長期間の契約手続きになるので、早い時期から準備が必要です。
スポンサーリンク