入札

官公庁の入札手続きについての解説です。一般競争入札と指名競争入札について、それぞれの契約方式を判断する手順、書類の作成方法を具体例で解説します。仕様書の作成、入札公告、予定価格、開札、落札決定のやり方です。入札に参加したい民間企業の営業担当者にも役立つ内容です。

スポンサーリンク
入札

私が電子入札を行わなかった本当の理由、正しい判断ができなくなる

電子入札が普及してきました。2022年現在は、従来の紙ベースの入札と電子入札を並行している官公庁も多いです。しかし電子入札は、本当にメリットがあるのでしょうか?電子入札を導入するだけで高額な保守費を特定のIT会社へ払い続けるのです。
入札

一社入札が無効となる場合、入札公告期間を正しく理解する

一般競争入札における一社入札は、入札公告期間を十分に確保していれば有効です。しかし極端に短い入札公告期間を設定し、あらかじめ入札内容を知っていなければ参加できないような状況であれば、一社入札は無効にしなければなりません。
入札

入札したときの不落、不調、落札とは、それぞれの意味を正しく理解

官公庁が入札を実施した後、不落になった、不調だった、落札した、と表現することがあります。話の内容によっては、紛らわしく聞こえてしまいますが、それぞれ意味が違います。正しく理解しておきましょう。
スポンサーリンク
入札

国際入札とは、政府調達に関する協定の対象範囲、対象基準額の推移

「政府調達に関する協定」が適用される国際入札についての解説です。そもそも国際入札とはどのような手続きか、対象となる機関、基準額の推移です。どの契約が該当するのか判断がむずかしいです。長期間の契約手続きになるので、早い時期から準備が必要です。
入札

1社入札は問題ない、むしろ1社入札を批判すると官製談合になる

1社入札を問題視する報道があります。なぜ1社入札が問題になるのか、本当に問題なのか実務経験者が解説します。1社入札を批判する考え方は、悪徳警官が「泥棒しないなら逮捕するぞ」と言っているのと同じです。一般競争入札の目的や本質を理解しましょう。
入札

落札率から談合を疑うことはできない!落札率よりも入札の経緯が重要

官公庁の契約手続きが、落札率で批判されることが多くなりました。落札率が高いと談合が疑われる、競争性が確保されていない、などと指摘されています。しかし落札率を正しく理解していないために、的外れな批判も多いです。落札率のわかりやすい解説です。
入札

1社入札は有効?それとも無効?1社入札を問題視するのは間違い

1社入札を問題視するマスコミ報道があります。競争性が確保されていない、という理由によるものです。しかし1社入札は本当に問題なのでしょうか?実務経験者の視点からわかりやすく解説します。
入札

一般競争入札と見積もり合わせの違い、契約手続きを簡単に比較

官公庁が実施する「一般競争入札」と「見積もり合わせ」の解説です。それぞれの契約手続きの流れを理解しておくことが大切です。一般競争入札の目的、競争入札の種類、手続きの手順などです。一般競争入札と見積もり合わせの違いも把握しておきましょう。
入札

開札会場の設営方法とは、実際に入札するときの会場設営方法

開札会場の設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。開札当日に会場までの道順がわからず迷子になったりすれば、大きなトラブルになります。開札会場の設営方法をわかりやすく解説します。
入札

一般競争入札よりも随意契約の方が 7 億円も安い?スパコンの契約

スーパーコンピュータの国際入札についての解説です。1991年の日米経済摩擦によって、アメリカ政府から日本の市場開放を迫られていました。しかし国際入札より随意契約の方が安い金額で契約可能でした。国際入札と随意契約でどちらにするか迷いました。
スポンサーリンク