随意契約

官公庁の例外的な契約方式である随意契約の解説です。
随意契約は、競争性のある少額随意契約と、競争性のない随意契約があります。少額随意契約を締結する際に実施する「見積もり合わせ」の実際の手順、機種選定理由書や業者選定理由書の作成例、不落随意契約などを、わかりやすく解説します。

スポンサーリンク
随意契約

予定価格を超えた「随意契約」は可能か、見積金額が高いときの対処

予定価格を超えた「随意契約」は可能か、詳しく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。通常は自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約で、見積金額が予定価格を超えたときの具体的な対処方法の解説です。
2019.11.15
随意契約

「随意契約」に必要な「選定理由書」の書き方、実例で簡単に理解

官公庁の契約手続きで、「随意契約」を締結するときに必要な「理由書」の解説です。「少額随意契約」や「競争性のない随意契約」では、機種選定理由書や業者選定理由書などの「随意契約理由書」が必要になります。わかりやすい書き方の解説です。
2019.10.15
随意契約

「随意契約」が不正になる「分割発注」とは、入札手続きとの比較

「入札手続き」を避ける意図で、分割して「随意契約」を締結したり、架空工事を行うことは「不正」です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるメリットは何なのか、「入札」と「随意契約」の比較について解説します。
2019.09.30
スポンサーリンク
随意契約

入札者や落札者がないときの「不落随意契約」、「入札不調」の解説

入札不調についての詳しい解説です。入札が不調となる3つのケースや不落随契(ふらくずいけい)と呼ぶ契約方式の根拠法令をわかりやすく解説します。入札者がないときや落札者がないときの入札打ち切りの判断等も説明します。
2019.09.06
随意契約

「随意契約」のわかりやすい解説、「随意契約理由書」の必要理由

「競争性のない随意契約」について、わかりやすく解説します。「随意契約理由書」が必要な理由、随意契約の根拠法令の説明です。官公庁の契約手続は、「一般競争入札」が原則です。例外として「指名競争入札」と「随意契約」が認められています。
2019.07.24
随意契約

随意契約を繰り返すときに注意したいこと、競争性を確保した手続き

官公庁が特定の会社と締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特に、特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ、大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2019.06.04
随意契約

随意契約を拡大して災害対策と景気対策を、今こそ超法規的な政策

災害対策や景気対策に有効な随意契約の解説です。2013年10月現在、長期間のデフレ不況と、東日本大震災による未曾有の災害で、国民の生活が疲弊しています。補正予算による財政出動で、1日も早く事業を実施することが重要です。
2019.04.05
随意契約

随意契約のメリットを簡単に知りたい、入札は10倍の手続きが必要

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約は、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2019.03.27
随意契約

「随意契約」を簡単に知りたいとき、判断する3つのポイントを解説

随意契約についての簡単な説明です。官公庁が民間会社等と契約を締結するときに、相手方を決定するための契約方式は、競争契約(入札)と随意契約の2つに分けられます。そして、随意契約という契約方式を採用する際の判断基準は、主に3つのケースです。
2019.03.26
随意契約

「競争性がない随意契約」を判断する具体例、予決令102-4-3の解説

予決令102-4-3の解説です。官公庁の契約手続きは「入札(競争契約)」が原則です。例外として随意契約が認められています。判断基準となる「競争性」について、わかりやすく解説します。競争性がないと判断する場合の具体例についての解説です。
2019.03.25
スポンサーリンク