随意契約

スポンサーリンク
随意契約

なぜ?「直接販売証明書」による「随意契約」がダメな理由

随意契約に必要な「直接販売証明書」についての解説です。「直接販売証明書」を取り寄せて「随意契約」することは適正な契約手続きとは言えません。「直接販売」することと「競争性がない」ことは別の話です。契約方式の原則を理解することが大切です。
2021.01.15
随意契約

その「随意契約」危ないですよ?「分割発注」じゃないですか?

「少額随意契約」についての解説です。入札手続きが大変なため、すぐに契約したいときに「分割発注」が思い浮かびます。しかし、入札手続きを逃れるために、分割して「少額随意契約」を締結してはなりません。違法になります。必ずバレてしまいます。
2021.01.15
随意契約

これって「違法」では?「予定価格」を超えた「随意契約」の対応方法

予定価格を超えた「随意契約」は可能か、詳しく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。通常は自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約で、見積金額が予定価格を超えたときの具体的な対処方法の解説です。
2021.01.15
随意契約

この「随意契約」は批判されます!繰り返すと「業者との癒着」!

官公庁が特定の会社と締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特に、特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ、大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2021.01.15
随意契約

「ヤバイ随意契約」を知らないと危ない!「分割発注」と疑われない

「入札手続き」を避ける意図で、分割して「随意契約」を締結したり、架空工事を行うことは「不正」です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるメリットは何なのか、「入札」と「随意契約」の比較について解説します。
2021.01.15
随意契約

これが災害時に有効な緊急対策、官公庁の「契約方式」を超法規的に

災害対策や景気対策に有効な官公庁契約の解説です。2013年10月現在、長期間のデフレ不況と、東日本大震災による未曾有の災害で、国民の生活が疲弊しています。補正予算による財政出動で、1日も早く事業を実施することが重要です。
2021.01.15
随意契約

政権交代で「国際入札」が一時停止、報道されなかった現場の混乱

民主党政権が2009年9月に誕生し、すべての政府予算が見直されました。マスコミ受けする「事業仕分け」の公開討論、「随意契約の見直し」が始まりました。しかも公正さを無視して、国際入札までもが一時停止されました。現場の混乱はひどかったです。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました