随意契約

随意契約

代理店証明書による随意契約は注意が必要、競争性がない随意契約とは

代理店証明書による随意契約 随意契約は、官公庁における契約方式の例外です。原則は競争契約(入札)なので、「競争性のない随意契約」は慎重に検討する必要があります。 契約実務担当者が注意すべき書類として、「代理店証明書」があります。...
2018.09.04
随意契約

随意契約理由書の作成方法、書き方のポイント、コツ

随意契約の根拠法令 最初に、随意契約の根拠法令の解説です。 国や地方自治体、独立行政法人などの官公庁の契約手続きは、一般競争契約(入札)が原則ですが、入札を行うことができない場合があります。 入札という契約方式の原則は、会計法に定められ...
2018.09.04
随意契約

契約の性質若しくは目的が競争を許さない場合とは、随意契約理由書の根拠

官公庁の契約手続は、一般競争入札が原則で、例外として随意契約が認められています。随意契約は大きく二つに分類できます。 少額随意契約 ひとつは、「少額随意契約」と呼ばれるもので、予定価格(契約見込額)が少額な契約です。 予決令(よけつれい)...
2018.09.04
随意契約

随意契約理由書の作成例、機種選定理由書と業者選定理由書の書き方

官公庁の契約手続きで随意契約するときに必要な随意契約理由書の書き方と解説です。少額随意契約や競争性のない随意契約を締結するときは、機種選定理由書や業者選定理由書などの随意契約理由書が必要になります。それぞれの根拠法令と理由書の書き方の解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク