「源泉徴収」すべき? 海外に滞在する日本人へ報酬を支払うとき

スポンサーリンク
基礎知識
イギリス ロンドン
基礎知識

海外在住の日本人へ報酬を支払うときの「源泉徴収」の解説です。1年以上海外で生活している人に対して、業務委託として報酬を支払うときに、源泉徴収が必要なのか迷いました。税務署へ確認したところ「国内源泉所得ではない」ので源泉徴収は不要でした。

スポンサーリンク

業務委託として「日本から報酬を支払う」ときの「源泉徴収」

 

(最初に、所得税の源泉徴収は、判断に迷うことが多いです。少しでも判断に迷ったら、最寄りの税務署へ確認しましょう。)

 

海外に1年以上滞在している日本人へ業務委託し、日本から報酬を支払うときに、所得税の源泉徴収が必要か調べました。

 

業務委託を依頼した相手は、海外に1年以上滞在している日本人です。個人で活動している日本人に対して、業務委託契約として業務を依頼し、日本から外国送金で報酬を支払うケースです。業務委託契約とした理由は、一時的な(半年間の現地の資料調査と翻訳)業務であること、自分の会社の社員ではないからです。元社員です。海外に住んでいて、いろいろな事業を行っている人なので、指揮命令など労務管理の面からも「雇用契約は望ましくない(実際に勤務時間などの労務管理ができない)」と判断しました。業務委託契約として、個人へ仕事を依頼し、日本から報酬を支払うこととしました。

 

海外在住の日本人へ報酬を支払うので、源泉徴収すべきか判断に迷いました。税務署へ確認することにしました。税務署へ問い合わせたところ、源泉徴収しなければならないのは、「国内源泉所得のみ」であるとの回答でした。源泉徴収に該当しないケースでした。

 

スポンサーリンク

「国内源泉所得」とは

 

海外在住の非居住者の場合、国内源泉所得という意味は、日本で働いた報酬とのことでした。

 

非居住者が、海外で行った作業に対する報酬であれば、その仕事の内容が日本の企業のための仕事であっても、国内源泉所得には該当せず、源泉徴収する必要はないとの回答でした。

No.2878 国内源泉所得の範囲(平成29年分以降)|国税庁

 

つまり、非居住者であれば、海外に滞在している間の業務で得た報酬(日本の会社から支払われる報酬)については、源泉徴収しなくても良いとのことです。

 

スポンサーリンク

「非居住者」とは

 

参考に、「居住者」と「非居住者」という言葉が所得税法にあります。非居住者という意味を税務署に確認しました。

 

「非居住者」とは、居住者以外と定められています。そして居住者の定義は、日本国内に一年以上住んでいる個人です。住んでいるという意味は、実態で判断し、住民登録の有無や社会保険料の有無などは関係ありません。実際に1年以上海外に滞在していれば、非居住者です。

 

今回のケースでは、次のように最終判断しました。

 

「非居住者」で、かつ「国内源泉所得ではない」ので、報酬を支払うときに、源泉徴収は不要ということです。

 

スポンサーリンク

税務署へ問い合わせて「判断を正確に」

 

会計実務を担当していると、税金の取り扱いで迷うことが多々あります。所得税などの源泉徴収で判断に迷ったときは、遠慮なく、税務署に問合せしましょう。

 

具体例で質問すれば、親切に教えてくれます。

 

なお、注意が必要なことは、同じ事例でも税務署によって判断が異なるケースがあります。このため、質問と回答は、必ずメモとして残し、会計書類に添付して保存しておくことが重要です。

 

後日、税務署のチェックがあったときに指摘を受けると、報酬を受けた人だけでなく、会社も損害を被ることがあります。税務署は、所得税などの徴収もれがあったときは、源泉徴収義務者に対して税金の支払いを求めます。個人が支払うべき所得税が漏れてしまい、指摘があった後に本人と連絡がとれないと、会社側(源泉徴収義務者)が負担(損害を被る)ことになります。

 

「税金」は、専門知識がないと正確な判断は困難です。遠慮なく質問した方が適正な会計処理になります。「税務署へは聞きづらい」という話をよく聞きますが、正しい会計処理を理解するためにも遠慮なく尋ねましょう。


本サイトの「電子書籍」販売中!


「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」

「どうやったら仕事が覚えられるのだろう?」


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのように手続きを進めれば良いかわからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのか、依頼文の内容はどう書けば良いのかなど、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


誰でも、初めての仕事は不安なものです。「経験がなく」知識が不足するため不安になります。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。経験に基づく知識は学ぶことができます。書類作りをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれてきます。そして毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました