所得税を税務署へ納付し忘れたとき、源泉徴収の時効とペナルティー

スポンサーリンク
パソコン OA機器
パソコン OA機器
この記事は約3分で読めます。

 

所得税の時効とペナルティーの解説です。謝金を支払うときに源泉徴収した所得税を、税務署へ納付し忘れました。過去の会計手続きですが、仕方なく税務署へ電話で確認しました。税務署からは「時効になっている所得税は徴収しない」との回答でした。

 

スポンサーリンク

所得税の時効

 

過去の支払書類と帳簿を確認していたところ、なんとビックリ、源泉徴収した所得税の支払い漏れを発見しました。謝金を支払ったときに、本人への支払額から控除(天引き)した所得税が帳簿上に残っていました。どうやら、税務署へ支払うのを当時の担当者が忘れていたようです。当時の会計担当者は、すでに異動してます。嫌なものを見つけてしまったと後悔です。

 

しかし、間違った会計処理は直す必要があります。税務署に怒られるかも知れません。でも仕事ですから逃げられません。

 

早速、税務署へ問い合わせしました。税務署からの回答は、「時効になっている所得税は徴収しない」とのことでした。そこで、所得税の時効と手続きミスによるペナルティーについて調べました。

 

次の法律によれば、時効は5年間です。

 

ですが、もし税金を納付し忘れた状況が判明したら、すぐに最寄りの税務署へ相談し、指示に従うことが必要です。税金を納めることは国民の義務です。

 

国税通則法(昭和三十七年四月二日法律第六十六号)

(国税の更正、決定等の期間制限)
第七十条 次の各号に掲げる更正決定等は、当該各号に定める期限又は日から五年・・(略)・・を経過した日以後においては、することができない。

 

(国税の徴収権の消滅時効)
第七十二条 国税の徴収を目的とする国の権利は、その国税の法定納期限から五年間行使しないことによつて、時効により消滅する。

 

スポンサーリンク

加算税などのペナルティー

 

源泉所得税を納期限までに税務署へ支払わなかった場合は、不納付加算税10%(自主納付の場合には5%)がペナルティーです。さらに延滞税(納期限の翌日から2月間は4.3%、それ以降は14.6%)が原則としてかかるようです。

 

いずれにしても、ミスが判明したら、すぐに最寄りの税務署に相談しましょう。税金関係のミスは多いので、親切に教えてくれます。

 

スポンサーリンク

時効になった所得税の納付

 

今回、運よく(運悪く?)見つけた所得税の納付もれは、時効を経過したものと時効前のものでした。時効前の所得税は通常どおり支払います。時効になったものも、このままでは気持ち悪いので納付したいと思い、再度、税務署へ電話しました。すると税務署の回答は次のとおりでした。

 

時効になった所得税は、納付してもらっては困る。徴収できないので還付することになる。所得税は、厳格に法律に基づく処理しかできない。

 

つまり、時効になった所得税は、税務署は受け付けられないとのことでした。

 

仕方なく、時効になった所得税は「雑収入」扱いとしました。しかし気持ち悪さは残ったままです。源泉徴収するときは、税務署への納付も忘れずにしましょう。

コメント