社会保険や労働保険の料率一覧まとめ、健康保険や厚生年金の保険料率

スポンサーリンク
パソコン OA機器社会保険・共済
パソコン OA機器

 
人件費や給与を計算するときに必要な法定福利費の料率一覧です。社会保険料と労働保険料は、用語が複雑で、保険料の計算に必要な料率一覧の掲載場所が異なります。それぞれを正しく理解して正確に計算するための解説です。
 

スポンサーリンク

給料、給与、賃金、人件費の違い

 

給与などの人件費については、日常使われる用語が複雑です。計算するのが困難な原因のひとつです。最初に用語を正しく把握しましょう。

給料=基本給のみ(国家公務員は俸給)

給与=基本給+各種手当て(時間外手当、通勤手当、ボーナスなどの全てを含む)

給与=賃金=報酬
この3つは同じ意味です。賃金は、肉体労働の対価のときに使われることが多いようです。人それぞれで呼び方が違います。

人件費=給与+会社が負担する法定福利費
社員へ支払う給与だけでなく、雇用主(会社側)が法律上負担する法定福利費を加算した金額です。予算を把握するときに使用します。

スポンサーリンク

法定福利費とは

 

給与に関係する社会保険料等は、所掌の官公庁が細かく分かれていて、とてもわかりにくいです。また、保険料率が頻繁に改正されます。保険料を計算するときは、常に最新の料率を確認する必要があります。法定福利費は、雇用主(会社側)が法律上負担する社会保険と労働保険です。

 

社会保険=健康保険、厚生年金保険、児童手当拠出金

労働保険=雇用保険、労災保険

スポンサーリンク

健康保険料、厚生年金保険料、児童手当拠出金

 

健康保険料、厚生年金保険料、児童手当拠出金は、協会けんぽに掲載されています。

 

全国健康保険協会(協会けんぽ)
社会保険庁が、2009(平成21)年12月31日に廃止され、引き継がれました。

 

ホーム > 医療保険制度 > 保険料額表

都道府県毎に設定されています。

スポンサーリンク

雇用保険料

 

雇用保険料は、厚生労働省と各都道府県の労働局に掲載されてます。

各都道府県の労働局は、厚生労働省の地方支分部局(地方出先機関)です。

厚生労働省のURL

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koyouhoken/index.html

厚生労働省ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 雇用保険制度

 

各都道府県の労働局(厚生労働省所管)でも同様に掲載されています。

東京労働局のURL

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/koyou_hoken.html

東京労働局ホーム > 各種法令・制度・手続き > 雇用保険関係

スポンサーリンク

労災保険料

 

労災保険は、雇用保険と同じく厚生労働省のサイトです。

厚生労働省ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労働保険の適用・徴収

 

労働保険の適用・徴収
労働保険の適用・徴収について紹介しています。

 

労災保険料率表
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken21/

 

東京労働局のURL

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/roudou_hoken/24roseiryouritu.html

東京労働局ホーム > 各種法令・制度・手続き > 労働保険関係 > 労災保険率等の改定について(平成24年4月1日から)

 

給与計算や社会保険関係が理解しにくいのは、根拠となる料率を調べようと思っても、上記のように所管するサイトが別々なところです。普通の人では調べようがないほど複雑なシステムになっていることが原因です。だからこそ、社会保険労務士などの専門知識が必要だとも言えますが、もっと簡単にして欲しいです。

コメント