見積もり合わせ

スポンサーリンク
随意契約

見積書を依頼する方法、見積書を依頼する手順と依頼文の具体例

契約手続きのために見積書を取り寄せる方法です。電話やメールで見積書を依頼するときに、何をどのように伝えればよいのか具体例で解説します。初心者にとっては見積書を依頼するのも大変です。実際にどのように見積書を依頼するのかわかりやすく解説します。
契約手続き

見積もり合わせの方法とは、実際に見積もり合わせができる手順

官公庁が実施する「見積もり合わせ」の解説です。初めて見積もり合わせを担当するときは、どのように進めるのか全くわかりません。見積もり合わせを実施する方法を具体例でわかりやすく解説します。見積書の依頼から、合否結果を通知するまでの解説です。
2021.11.01
基礎知識

見積書と参考見積書の違いを正しく理解、契約が成立する時期とは

官公庁の契約手続きに必要な見積書の解説です。そもそも見積書がなぜ必要なのか、見積書と参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法などを具体例を用いてわかりやすく解説します。いつも使っている見積書の必須知識です。
2021.11.01
入札

一般競争入札と見積もり合わせの違い、契約手続きを簡単に比較

官公庁が実施する「一般競争入札」と「見積もり合わせ」の解説です。それぞれの契約手続きの流れを理解しておくことが大切です。一般競争入札の目的、競争入札の種類、手続きの手順などです。一般競争入札と見積もり合わせの違いも把握しておきましょう。
2021.10.28
初心者向け

相見積を簡単に知りたい!初心者向けに誰でもわかる相見積の説明

官公庁では、相見積という表現を使うと、官製談合になってしまうことがあります。見積書による価格競争は、見積もり合わせが正しい表現です。相見積は、他社の見積書を形式的に揃えることを意味することがあるのです。相見積という表現はやめましょう。
随意契約

見積もり合わせが省略できる基準額、1社のみの見積書で良いか?

事務簡素化、業務効率化の観点からすれば、見積もり合わせも省略したいものです。競争入札を簡略化した見積もり合わせも手続きに時間がかかります。見積もり合わせを省略する場合の根拠法令、1社のみの見積書の可否について解説します。
2021.09.23
随意契約

相見積(合見積)と見積もり合わせの違いとは、相見積は危険!

少額随意契約では見積書を比較し相手方を選びます。見積書を比較するときに、相見積と見積もり合わせという表現を使います。同じ意味で使われることが多いですが、官公庁の契約手続きでは、相見積は談合を意味することがあります。
2021.09.23
スポンサーリンク