見積もり合わせ

スポンサーリンク
随意契約

「相見積(合見積)」と「見積もり合わせ」の違いを正しく理解する

少額随意契約を締結する際の「相見積(合見積)」と「見積もり合わせ」の解説です。この二つは同じような意味で使われますが、官公庁の契約手続きでは、「あいみつ」という言葉を使うと、談合を意味することがあります。正しくは「見積もり合わせ」です。
随意契約

「見積もり合わせ」が省略できる基準額、1社のみの見積書で良いか?

事務簡素化、業務効率化の観点からすれば「見積もり合わせ」を省略したいものです。競争入札を簡略化した「見積もり合わせ」も手続きに時間がかかるからです。「見積もり合わせ」を省略する場合の根拠法令、1社のみの見積書の可否について解説します。
入札

「入札」なんて、やったことない、どうしよう!実際の手順を解説

官公庁が実施する「入札」についての解説です。「入札」を行うときの大まかな手順、「入札」と「見積もり合わせ」の違い、それぞれの根拠法令などを簡単にわかりやすく解説します。「入札」手続きは複雑で、契約締結までに2~3ヶ月必要です。
2021.02.10
基礎知識

知らなかった!「見積書」には2つの種類があった、営業担当にも必須

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2021.02.06
契約手続き

初めての「見積もり合わせ」、新人や初心者でも簡単にできる手順

官公庁が「随意契約」を締結するときに実施する「見積もり合わせ」の解説です。法令で定められている「見積もり合わせ」ですが、具体的な方法を記載した参考書が存在しません。初めて「見積もり合わせ」を行う担当者へ伝えたい、契約実務経験20年のノウハウです。
2021.02.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました