PR

参加資格

記事内に広告が含まれています。
会計法令の解説

入札参加資格の取得から更新まで:特別な参加資格にも注意

官公庁における入札プロセスの基本から、入札参加資格の取得、電子入札システムの利用、WTO対象案件への参加方法まで、初心者にもわかりやすく解説します。入札に関するあらゆる疑問を解消し、成功への道を拓きましょう。
会計法令の解説

一般競争入札へ参加させないことができる者、過去に不正があると排除

この記事では、一般競争入札での参加資格や、不正行為を理由とする排除の基準について解説します。国(予算決算及び会計令)と地方自治体(地方自治法施行令)それぞれを対比して、官公庁会計の実務担当者向けに具体的な法令条文とその適用事例を詳しく説明します。
随意契約

入札参加資格がなくても随意契約できるのか:根拠法令をわかりやすく解説

入札参加資格を持ってない会社と随意契約できるのか? 契約実務を担当していると迷うことがあります。この記事では、官公庁の契約実務担当者が随意契約を適用するときの条件、手続きの流れ、契約書作成の要点を解説し、公正かつ効率的な契約プロセスを実現するための実践的な知識とアドバイスを提供します。
営業担当

競争入札への参加資格とは、等級制限の入札は予定価格の範囲が公開

国が実施する競争入札への参加資格の解説です。全省庁統一資格の審査項目、等級の格付方法、等級制限のある競争入札の予定価格の範囲です。競争参加資格にはA~Dの等級がありますが、営業成績ではなく、単に会社の規模を表すものです。
会計法令の解説

一般競争入札への参加資格、参加させることができない者

入札公告の参加資格についての解説です。予決令第七十条は入札に参加できない条件を定めています。義務規程なので、該当する場合は入札に参加できません。入札公告の参加資格は重要な部分です。決まり文句のように見えますが十分な理解が必要です。
営業担当

一般競争入札の参加資格とは、入札公告の具体例をわかりやすく解説

営業担当者向け一般競争入札の参加資格についての解説です。入札公告の参加資格はむずかしい表現で記載されています。しかし競争参加資格がないと入札は無効になってしまいます。入札公告の記載例からわかりやすく解説します。