参加資格

スポンサーリンク
営業担当

入札「参加資格」のわかりやすい解説、営業担当者も簡単に理解できる

官公庁の「入札公告」に記載されている「参加資格」の解説です。営業担当者向けに、わかりやすく簡単に解説します。通常の入札手続きでは、それほど気にする部分ではありませんが、正しく理解しておくと、入札手続きをスムースに進められます。
営業担当

入札へ参加するための「資格」を簡単に知りたい、自分で採点可能

各省庁が実施する入札へ参加するための「全省庁統一資格」の解説です。財務諸表と設立年月日がわかれば、自分で簡単に採点可能です。「全省庁統一資格」は、A~Dの等級がありますが、会社の規模を表すものです。等級の格付けを理解しておくと、有利です。
2020.01.31
会計法令の解説

一般競争入札に参加させないことができる、予決令第七十一条の解説

競争入札に参加する資格についての解説です。参加資格の根拠法令は3つあります。予算決算及び会計令の第70条、第71条、第73条です。今回は第71条の「一般競争に参加させないことができる」具体例を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2020.01.31
会計法令の解説

官公庁の入札に必要な4つの資格とは、予決令第七十三条の解説

官公庁が実施する入札へ参加するための「資格」についての解説です。入札に参加する条件は、一般的に「全省庁統一資格」が必要です。契約の内容が特殊で、さらに追加で参加条件を制限するときの解説です。参加資格を絞り込むときは最少限の条件とします。
2020.01.31
会計法令の解説

入札に参加できないケースとは、予決令第七十条を具体的に解説

入札公告に記載する参加資格の解説です。予決令第七十条は入札に参加できないケースを明記してます。義務規程なので、該当する場合は、原則として入札に参加できません。入札公告に記載する参加資格は重要な部分なので、十分な理解が必要です。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました