会計法令の解説

スポンサーリンク
会計法令の解説

会計年度の必要性とは、財政法第十一条は国の予算を集計する単位

国の予算の集計期間である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は4月から翌年3月までの会計年度を基準として予算を組み国会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2018.09.04
会計法令の解説

支出負担行為担当官と契約担当官は別の契約事務を管理、両者の違いは

契約の事務は二つに分けて管理 支出負担行為担当官と契約担当官の事務所掌についての説明です。 この条文は、日常行なう契約実務に直接関係し、かつ、難解な条文ですので、細かく説明します。 会計法 第二十九条  各省各庁の長は、第...
2018.09.04
会計法令の解説

入札公告期間のカウント方法、原則は10日以上、予決令第七十四条

入札公告掲載日 官公庁が実施する入札(一般競争契約)は、官報やWEBサイトへ入札公告を掲載し、広く競争参加者を募ります。 競争性を十分に発揮させるには、多くの参加者が望ましく、そのためには入札公告を掲載する期間も長い方が良いわけ...
2018.09.04
会計法令の解説

全省庁統一資格による入札は入札保証金免除、統一資格のメリット

入札保証金とは 予算決算及び会計令 第七十七条  契約担当官等は、会計法第二十九条の四第一項 ただし書の規定により、次に掲げる場合においては、入札保証金の全部又は一部を納めさせないことができる。 一  一般競争に参加しようとする者が保険...
2018.09.04
会計法令の解説

概算払ができる理由は予決令第五十八条で限定列挙、旅費など

概算払いは限定されている 予算決算及び会計令 第五十八条  会計法第二十二条 の規定により概算払をすることができるのは、次に掲げる経費に限る。ただし、第三号から第六号までに掲げる経費について概算払をする場合においては、各省各庁の長は、財務...
2018.09.04
会計法令の解説

契約書を省略できる150万以下、契約の確定には記名押印が必要

契約の成立 予算決算及び会計令 第百条の二  会計法第二十九条の八第一項 ただし書の規定により契約書の作成を省略することができる場合は、次に掲げる場合とする。 一  第七十二条第一項の資格を有する者による一般競争契約又は指名競争契約...
2018.09.04
会計法令の解説

再度公告入札の条件は入札者や落札者がない場合、公告期間短縮可

入札公告期間の短縮 予算決算及び会計令 第九十二条  契約担当官等は、入札者若しくは落札者がない場合又は落札者が契約を結ばない場合において、さらに入札に付そうとするときは、第七十四条の公告の期間を五日までに短縮することができる。 最...
2018.09.04
スポンサーリンク