会計法令の解説

会計法令の解説

財政法の中で、会計実務担当者が知っておくべき5つの条文と基礎知識

財政法とは 財政法は、予算・会計制度の基本的なルールを定めた法律です。 実務的には、書類作成に直接必要となる知識というよりも、基礎知識になります。 官公庁の会計実務担当者の基本的知識です。 ...
2018.09.04
会計法令の解説

会計法は契約方式の判断に必要な根拠法令、契約手続きの重要ポイント

支出負担行為とは 会計法は、財政法(法律)を受けて定められた法律です。財政法よりも詳しく官公庁の会計手続きを定めています。 会計法の中で、会計実務や契約実務に関係する主要な部分を解説します。 会計法 第十一条  支出負担行...
2018.09.04
会計法令の解説

指名競争入札における不落随契の可否、一般競争入札の競争性との違い

原則は一般競争契約(入札) 官公庁の契約手続きは、一般競争契約(開入札)が原則です。指名競争契約(指名入札)は例外手続きになります。 一般競争入札は、入札公告を官報や新聞、インターネットなどに掲示し、競争に参加す...
2018.09.04
スポンサーリンク
会計法令の解説

国の予算は官公庁では決められない、国会での議決を憲法が義務付け

国が実施する事業に必要な予算についての解説です。官公庁で会計実務を担当する人に必須の知識です。国の予算は、誰がどのように決めているのかを法令に基づいて説明します。
2018.09.04
会計法令の解説

歳入予算と歳出予算は別のもの、会計年度を意識して会計実務を行なう

会計年度独立の原則とは この条文は、会計実務を行なう際にとても重要です。常に意識しながら、会計事務手続きを行なわなければなりません。 国の予算は、国会の議決によって、会計年度(4/1-3/31)ごとに、歳入予算(収入)と歳出予算...
2018.09.04
会計法令の解説

支出負担行為担当官と契約担当官は別の契約事務を管理、両者の違いは

契約の事務は二つに分けて管理 支出負担行為担当官と契約担当官の事務所掌についての説明です。 この条文は、日常行なう契約実務に直接関係し、かつ、難解な条文ですので、細かく説明します。 会計法 第二十九条  各省各庁の長は、第...
2018.09.04
会計法令の解説

官公庁の会計実務や契約実務を理解する、会計法令をマスターするコツ

官公庁に求められる公平性 国や地方自治体、独立行政法人、国立大学法人などの公的組織は、国民からの税金を財源として運営しています。事業を行う場合には、税金を使用して、民間会社と契約し実施しています。 原資が税金であ...
2018.09.04
会計法令の解説

国の予算についての基本ルールを定めた財政法第一条、財政と経済とは

財政法第一条の解説です。国の予算について基本ルールを定めた法律です。財政という言葉には、いろいろな定義があります。広い概念では民間会社や個人の家計まで含まれます。財政法は国のお金の出し入れについて定めたルールです。
2018.09.04
会計法令の解説

会計年度の必要性とは、財政法第十一条は国の予算を集計する単位

国の予算の集計期間である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は4月から翌年3月までの会計年度を基準として予算を組み国会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク