会計法令の解説

スポンサーリンク
会計法令の解説

すぐに「入札」したくても無理です!「公告期間」が決められてます

「入札公告」の掲載期間についての解説です。一般競争入札を実施するときは、「入札公告」の掲載期間が長いほど、競争参加者が増えます。予決令では原則として10日以上掲載するよう義務付けられています。「入札公告」掲載期間カウント方法の解説です。
2021.01.15
会計法令の解説

あなたは「入札公告」を読んでますか?これが4つの「参加資格」

官公庁が実施する入札へ参加するための「資格」についての解説です。入札に参加する条件は、一般的に「全省庁統一資格」が必要です。契約の内容が特殊で、さらに追加で参加条件を制限するときの解説です。参加資格を絞り込むときは最少限の条件とします。
2021.01.15
会計法令の解説

わかりやすい「入札参加資格」の解説、契約実務担当者の必須知識

競争入札に参加する資格についての解説です。参加資格の根拠法令は3つあります。予算決算及び会計令の第70条、第71条、第73条です。今回は第71条の「一般競争に参加させないことができる」具体例を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2021.01.15
会計法令の解説

正確に読もう「入札に参加できない」条件、予決令第七十条の解説

入札公告に記載する参加資格の解説です。予決令第七十条は入札に参加できないケースを明記してます。義務規程なので、該当する場合は、原則として入札に参加できません。入札公告に記載する参加資格は重要な部分なので、十分な理解が必要です。
2021.01.15
会計法令の解説

「前金払」って知ってる?普段は気にしない「支払方法」を理解

国の支払手続き「前金払」の解説です。契約代金の支払いは、「後払い」が原則です。例外的な支払手続きとして予決令第五十七条で「前金払」が定められています。注意が必要な点は、限定列挙されているところです。根拠法令を解説します。
2021.01.15
会計法令の解説

「入札」と「随意契約」の分かれ目、これが契約方式の根拠法令

官公庁の「契約方式」についての解説です。国が締結する売買契約や請負契約などについて、「契約の相手方」を決定する方法が、会計法第二十九条の三です。契約実務担当者にとっては、基本となる一番重要な法律です。「契約方式」をわかりやすく解説します。
2021.01.15
会計法令の解説

「支出負担行為担当官」と「契約担当官」をわかりやすく解説

国の契約実務担当者に必要な「支出負担行為担当官」と「契約担当官」の解説です。「契約の事務所掌」を理解することが大切です。基本的な知識になります。特に会計法や予決令などを読むときには、使い分けを理解しておくことが大切です。
2021.01.15
会計法令の解説

知ってる?「会計年度」は変わること、日本も4月からではなかった

「収入・支出」と「歳入・歳出」についての解説です。官公庁で会計実務を担当するときに必須となる基礎知識です。財政法第二条をくわしく解説します。会計年度の歴史や日本以外の世界各国の会計年度も理解しておきましょう。今さら聞けない必須知識です。
2021.01.15
会計法令の解説

何が違うの?「財政」と「経済」、財政法の役割をやさしく解説

財政法第一条の解説です。国の予算について基本ルールを定めた法律です。財政という言葉には、いろいろな定義があります。広い概念では民間会社や個人の家計まで含まれます。財政法は「国のお金の出し入れ」について定めたルールです。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました