支出負担行為担当官と契約担当官は別の契約事務を管理、両者の違いは

竜王マウンテンパーク SORA terrace 会計法令の解説
竜王マウンテンパーク SORA terrace

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

契約の事務は二つに分けて管理

 

支出負担行為担当官と契約担当官の事務所掌についての説明です。

 

この条文は、日常行なう契約実務に直接関係し、かつ、難解な条文ですので、細かく説明します。

 

会計法

第二十九条  各省各庁の長は、第十条の規定によるほか、その所掌に係る売買、貸借、請負その他の契約に関する事務を管理する。

 

「第十条の規定によるほか」というところが理解する上で重要です。財政法とも関係します。

 

会計法

第十条  各省各庁の長は、その所掌に係る支出負担行為(財政法第三十四条の二第一項 に規定する支出負担行為をいう。以下同じ。)及び支出に関する事務を管理する。

 

財政法

第三十四条の二  各省各庁の長は、配賦された歳出予算、継続費又は国庫債務負担行為に基いてなす支出負担行為(国の支出の原因となる契約その他の行為をいう。以下同じ。)の実施計画に関する書類を作製して、これを財務大臣に送付し、その承認を経なければならない。

 

ここが難解ですが、次のように読みます。

 

まず、会計法第十条は、支出負担行為担当官の所掌する事務を定めています。

そして、会計法第二十九条は、支出負担行為担当官の所掌する事務でないものを定めています。

 

 

支出負担行為担当官と契約担当官の違い

 

簡単にいうと、第十条は「支出負担行為担当官」を指し、第二十九条は「契約担当官」を指しています。

 

では、「支出負担行為担当官」と「契約担当官」の違いは何でしょうか。

 

支出負担行為担当官とは、支出を負担する行為、つまり代金の支払義務を負うような契約を所掌します。財政法第三十四条の二で「国の支出の原因となる契約」と定義しています。

 

例えば、パソコンを購入して代金を支払う場合の契約(発注)行為が、支出負担行為担当官の所掌する事務となります。

 

一方、契約担当官は、「支出負担行為担当官」の所掌に含まれない契約事務を言います。代表的な例は、国の物品等の売払い契約や、財産の貸付契約などを指します。

 

これらは代金を支払うのではなくて、代金を受け取る(もらう)契約です。

 

支出ではなく収入になるので契約担当官の所掌となります。

 

覚え方としては次のようになります。

 

支出負担行為担当官は、歳出予算を使って代金を支払うような契約事務を所掌する。(例、物品購入契約)

 

契約担当官は、売払い契約など歳入になるような契約で、支出負担行為担当官が所掌しないものを所掌する。(例、物品売払契約)

 

ここは、相当ややこしいので、慣れが必要です。

コメント