前金払いとは、官公庁の支払い方法は後払いが原則、前金払は特例

スポンサーリンク
会計法令の解説
竜王マウンテンパーク SORA terrace

前金払(まえきんばらい)の解説です。官公庁の支払い方法は、後払い(あとばらい)が原則です。例外として前金払が限定的に認められています。地方自治体の方が広く前金払が可能です。輸入品でも前金払が適用できないケースがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

前金払は限定列挙、支出の特例

 

官公庁が契約代金を支払うときは、原則として後払い(あとばらい)です。売買契約であれば納品検査完了後に、役務契約であれば業務完了後に支払うのが原則です。これは税金を使って支払うために安全性を担保するためです。もし先に代金を支払ってしまい、その後で納品されなかったら、税金を無駄に使ったことになってしまいます。そのため官公庁の支払方法は後払いが原則です。

 

しかし、後払いでは支障が生じることがあります。前金払い(まえきんばらい)でないと契約できない場合などです。そのため後払いの例外的な取扱いとして前金払いが認められています。商慣習として前払いが一般的なものに限定されています。前金払いの根拠法令を確認します。

予算決算及び会計令

第五十七条  (略)前金払をすることができるのは、次に掲げる経費に限る。ただし、第八号から第十五号までに掲げる経費について前金払をする場合においては、各省各庁の長は、財務大臣に協議することを要する。

一  外国から購入する機械、機械部品、航空機、航空機部品、航空機専用工具、図書、標本又は実験用材料の代価(略)

二  定期刊行物の代価、定額制供給に係る電灯電力料及び日本放送協会に対し支払う受信料
三  土地又は家屋の借料
四  運賃
五 国の買収又は収用に係る土地の上に存する物件の移転料
六 官公署に対し支払う経費(略)
七 外国で研究又は調査に従事する者に支給する学資金その他の給与
七の二 職員のために研修又は講習を実施する者に対し支払う経費(略)
八 委託費
九 交通至難の場所に勤務する者又は船舶に乗り組む者に支給する給与
十 補助金(略)、負担金及び交付金
十一 諸謝金
十二 (以下 略)

 

この前金払の条文は、支出の特例として限定列挙されています。

 

第五十七条の本文で、・・次に掲げる経費に限ると記載されています。拡大解釈や類推解釈が不可能な規定になっています。つまり、この第五十七条に記載してあるものしか前金払は認められません。

 

スポンサーリンク

地方自治体の前金払とは

 

地方自治体の前金払の根拠法令を確認します。上記の国の予決令とほぼ同様です。しかし予決令よりも広く規定してます。限定列挙ではありません。

地方自治法施行令

第百六十三条 次の各号に掲げる経費については、前金払をすることができる。

一 官公署に対して支払う経費
二 補助金、負担金、交付金及び委託費
三 前金で支払をしなければ契約しがたい請負、買入れ又は借入れに要する経費
四 土地又は家屋の買収又は収用によりその移転を必要とすることとなつた家屋又は物件の移転料
五 定期刊行物の代価、定額制供給に係る電灯電力料及び日本放送協会に対し支払う受信料
六 外国で研究又は調査に従事する者に支払う経費
七 運賃
八 前各号に掲げるもののほか、経費の性質上前金をもつて支払をしなければ事務の取扱いに支障を及ぼすような経費で普通地方公共団体の規則で定めるもの

 

スポンサーリンク

財務大臣協議が必要な前金払とは

上記の予決令第五十七条には、「第八号から第十五号までに掲げる経費について前金払をする場合においては、各省各庁の長は、財務大臣に協議することを要する。」と定められています。財務大臣協議ですので、事前に協議を終えないと前金払できません。

 

実務的には、第一号から第七号のみが前金払可能です。

スポンサーリンク

前金払の注意点、輸入品でも該当しないケース

 

前金払いの多い例は、輸入品の売買契約です。外国では商慣習として前金払いが一般的です。実際の契約手続きでは、日本国内の輸入代理店と契約することが多いです。輸入品の契約では、最初に代金の支払条件、支払の時期(後払いが可能か)について交渉し、後払いが可能であれば、この前金払の条文は適用しません。

 

前金払いは、支出の特例です。実際の契約実務としては、最初に後払い(納品完了後に代金支払)が可能かどうか交渉し、どうしても無理であるなら、その理由をメモとして残してから、前金払いを行なうことになります。

 

なお輸入品でも、日本国内の輸入代理店が定期的に製品を輸入して代金を支払っており、常に在庫を多数有しているときは、前金払いの条文は適用されません。海外メーカーへの支払いを終えている在庫品を購入するのなら、日本製品を購入するのと同じです。予決令第五十七条が適用されるのは、発注の都度、海外メーカーへ代金を事前に支払い輸入するケースのみです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました