「くじ引き」を知らないと恥ずかしい!開札結果で「同価の入札」

スポンサーリンク
会計法令の解説
イギリス ロンドン
会計法令の解説

官公庁が実施する競争入札で、「くじ引き」を行うときの解説です。予定価格の範囲内で、入札金額が同じになったときは「くじ引き」で落札者を決定します。再度入札は実施しません。「くじ引き」の具体的な方法を解説します。稀ですが事前準備が安心です。

 

スポンサーリンク

「再度入札」か、「くじ引き」か

競争入札を実施して、開札したところ、同一価格の入札が複数あったときは、「くじ引き」で落札者を決めます。ここで注意したいのは、予定価格以内であれば「再度入札」はしないという点です。予定価格を超えていれば「再度入札」を実施します。根拠法令を確認します。

予算決算及び会計令

 

第八十三条  落札となるべき同価の入札をした者が二人以上あるときは、契約担当官等は、直ちに、当該入札者にくじを引かせて落札者を定めなければならない。

 

2  前項の場合において、当該入札者のうちくじを引かない者があるときは、これに代わつて入札事務に関係のない職員にくじを引かせることができる。

 

地方公共団体は、地方自治法施行令です。ほぼ同じ内容です。

地方自治法施行令

第百六十七条の九 普通地方公共団体の長は、落札となるべき同価の入札をした者が二人以上あるときは、直ちに、当該入札者にくじを引かせて落札者を定めなければならない。この場合において、当該入札者のうちくじを引かない者があるときは、これに代えて、当該入札事務に関係のない職員にくじを引かせるものとする。

 

通常の入札では、予定価格の範囲内で、最も安い金額を落札者とします。しかし、まれに同額の場合があります。予定価格の範囲内で同額の場合には、さらに入札を繰り返し「再度入札」を行うのではなく、「くじ引き」で決めることを定めています。

 

「再度入札」は、予定価格の制限に達しない場合のみ実施できます。(予決令82)予定価格に達していれば(範囲内なら)再度入札はできません。「くじ引き」により契約の相手方を決めることになります。

 

同額の場合の判断

予定価格の範囲外 → 再度入札(予決令82)

予定価格の範囲内 → くじ引き(予決令83)

 

スポンサーリンク

「くじ引き」の具体的な方法

 

「くじ引き」の方法は、具体的な規定はありません。公平性を確保できれば、どのような方法によっても問題ありません。

 

一般的な「くじ引き」の方法は、次のとおりです。

 

「紙こより」、あるいは、「割りばし」のような棒の端に、赤いマークなどをつけ、それを厚手の封筒などに入れて見えないようにし、入札者に引いてもらいます。赤いマークを引いた方を落札者とします。「くじ引き」を実施する前に現物を見せながら説明します。

 

紙こより(割りばし)を2本(くじ引きする人数分)用意し、1本のみにマークをつけます。よく乾かしておかないと封筒に入れた時に、もう1本にインキが付着して2本とも赤くなってしまいます。そうなると、「くじ」になりません。マジックで色をつけるときは、前日に用意しておきましょう。

 

厚手の封筒上部をはさみで切り落とし、紙こよりなどを入れるための封筒とします。薄い封筒で中が見えてしまうとまずいです。厚手の封筒(あるいは二重)を用います。封筒部分をコピー紙などで厚くするのも良いです。

 

スポンサーリンク

「くじ引き」の実例

 

予定価格に達した同額の入札者があった場合、くじ引きで落札者を決めることを伝えます。

 

入札結果を読み上げた後、次のように案内します。

 

入札金額○○円の株式会社A様と株式会社B様は同額です。いずれも、当方で作成した予定価格の制限の範囲内ですので、これより、「くじ引き」により落札者を決定します。

赤いマークのある「紙こより」を引いた方を落札者とします。

 

「紙こより」と「封筒」を入札者に見せ、細工がないことを確認してもらいます。

 

くじ引きを行う順番を、じゃんけんや話し合いで決めてもらうことを伝え、入札者同士で順番を決めてもらいます。順番は、官公庁側が指定してはいけません。後日、不正入札の疑惑を招く結果になります。じゃんけんの場合は、最初に練習をしてから本番を行なう方が安全です。(最初はグー、などのじゃんけんもあるので)

 

順番が決まったら、入札者の見ている前で、紙こよりを封筒に入れ、混ぜます。そして、順番どおりにくじを引いてもらいます。

 

もし、くじを引かない者がある場合には、入札担当係とは全く関係ない他の係の人に協力してもらい、入札者の代理として、くじ引きを実施します。

 

スポンサーリンク

くじ引きの「コツ」

 

「くじ引き」は、細工がないことを入札者自身に確認してもらい、くじを引く順番も、入札者同士で決めてもらうことが重要です。「くじ引き」の実施方法について、説明不足だったり、くじの中身を事前に公開しないで実施すると、後日、「官公庁側で何か細工をしたのではないか」、「官製談合の疑いがある」などの疑いを持たれるリスクが生じます。

 

説明を十分に行うこと、くじ引きの順番は、入札者同士で決めてもらうことが大切です。


本サイトの「電子書籍」販売中!


「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」

「どうやったら仕事が覚えられるのだろう?」


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのように手続きを進めれば良いかわからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのか、依頼文の内容はどう書けば良いのかなど、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


誰でも、初めての仕事は不安なものです。「経験がなく」知識が不足するため不安になります。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。経験に基づく知識は学ぶことができます。書類作りをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれてきます。そして毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました