スポンサーリンク
契約手続き

なぜ「随意契約」できる?これが「契約方式」を判断する根拠法令

官公庁の「契約方式」についての解説です。原則は「入札」です。国は会計法、地方公共団体は、それぞれの規則で契約金額によって契約方式を定めています。大規模な契約では「国際入札」が必要になります。「一連の契約」「同種の契約」の解説です。 契約方...
2021.01.15
随意契約

授業では教えてくれない!「見積書」を深く理解するための解説

官公庁の契約手続きに必要な「見積書」についての解説です。契約手続きを担当していると、頻繁に必要な書類として「見積書」を取り扱うことになります。官公庁が必要とする「見積書」の根拠法令と役割について、契約実務担当者の視点から解説します。
2021.01.15
入札

つい、笑ってしまう「1社入札」批判、実務担当者からの視点

「1社入札」についての解説です。競争入札に参加する会社が「1社」のときは、実質的に競争が行われず、国民の税金が無駄に使われるという報道があります。しかし、実際にはそんなことはなく、むしろ「1社入札」を問題視する報道こそ危険です。
2021.01.15
スポンサーリンク
会計法令の解説

知らないと恥ずかしい!これが「会計法」で最も重要な5つの条文

官公庁の会計実務に役立つ「会計法」の解説です。支出負担行為担当官と契約担当官の違い、官公庁の支払い方法の原則、契約方式の根拠法令について、わかりやすく解説します。契約担当官が難解ですが、支出負担行為担当官との違いを理解しましょう。
2021.01.15
会計法令の解説

これが公務員の常識!「財政法」で重要な5つの条文を知ってますか?

国の会計実務に必要な基礎知識「財政法」の解説です。多くの国家公務員が、現場で会計実務を担当するときに必要となる条文は、たったの5つだけです。(本省の予算担当者は除外します。)覚えるのも簡単です。完全に理解しておきましょう。
2021.01.15
会計法令の解説

国民の「税金」では覚えられない!会計法令をマスターする「コツ」

官公庁の会計実務に必須の「会計法令をマスターするコツ」です。国や地方公共団体などの公的組織で働く人は、会計法令を理解して事務手続きを進める必要があります。不思議なことに「財政小六法」等を「税金」で購入すると、なかなか覚えられません。
2021.01.15
入札

いったい、どの契約が該当する?「国際入札」に該当するか判断

「国際調達」(国際入札)についての解説です。「政府調達に関する協定」に基づく高額な契約は、「どの契約が該当するのか」判断がむずかしいです。長期間の契約手続きになるので、早い時期に判断して、準備する必要があります。判断する方法を解説します。
2021.01.15
入札

「特定調達」、「政府調達」、「国際入札」、いったい何が違う?

「国際入札」についての解説です。国と地方公共団体等は、国際条約の「政府調達に関する協定」が適用されます。基準額を超える高額な契約を計画するときには注意が必要です。制定経緯や基準額の推移、「特定調達」と「政府調達」の違いの解説です。
2021.01.15
入札

「運搬契約」は国際調達の対象か?WTOに該当するか判断する方法

運搬契約が、国際調達(国際入札)に該当するか、判断する方法です。一定金額以上の高額な契約は、「政府調達に関する協定」が適用され「国際入札」になります。通常の入札と比べて、かなり長期間(6ヵ月ほど)の契約手続きになるので、最初に検討が必要です。
2021.01.15
随意契約

「代理店証明書」で「随意契約」できる? 競争性の判断とは

「競争性のない随意契約」についての解説です。代理店証明書等により随意契約を締結するときは注意が必要です。代理店証明書は「競争性がない」という根拠になりません。販売店が複数存在するのであれば「入札」あるいは「見積り合わせ」が必要です。
2021.01.15
随意契約

なぜ?「直接販売証明書」による「随意契約」がダメな理由

随意契約に必要な「直接販売証明書」についての解説です。「直接販売証明書」を取り寄せて「随意契約」することは適正な契約手続きとは言えません。「直接販売」することと「競争性がない」ことは別の話です。契約方式の原則を理解することが大切です。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました