スポンサーリンク
予定価格

予定価格は絶対に教えない、贈収賄や談合事件から身を守る方法

官公庁の契約実務担当者が、自分の身を守る方法の解説です。入札手続きには、常に危険性が潜んでいます。特に、大規模な入札では、予定価格に関する情報を得ようとする誘惑が多くなります。予定価格漏洩、贈収賄、談合等の危険から身を守る方法です。
2018.09.04
予定価格

予定価格を秘密にする理由と根拠法令、開札の結果から談合を知る方法

予定価格を秘密にする根拠法令と理由を詳しく解説します。官公庁が実施する入札では、開札の際に予定価格を落札基準価格とします。予定価格が事前に漏洩していたケースや事前に予定価格を公開するときのメリットの詳しい説明です。
2018.09.04
予定価格

予定価格を簡単に効率的に作成するために事前に準備したい必要書類とは

仕様書と予定価格の関係 官公庁の実務担当者が行う契約手続きの中で、一番大変で時間が必要になるのは、仕様書と予定価格の作成です。 仕様書は、官公庁が物品を購入するときなどに、入札に参加を希望する会社に対して提示する...
2018.09.04
スポンサーリンク
原価計算方式

その3 原価計算方式による予定価格作成、人工計算で人件費総額算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法の解説その3です。前回は法定福利費を含む人件費の時間単価を算出しました。今回は人件費のまとめとして、契約内容を実施するための総労働時間を算出し、人工(にんく)計算により人件費の総額を算出します。
2018.09.04
原価計算方式

その2 原価計算方式による予定価格作成、人件費の時間単価を算出

原価計算方式による人件費の予定価格作成方法の解説その2です。前回は、人件費の各項目(給与、ボーナス、社会保険などの事業主負担分)について年額を計算する方法を解説しました。今回は、人件費の年額から、時間単価を算出する方法を説明します。
2018.09.04
原価計算方式

その1 原価計算方式による予定価格作成、職種から年間の人件費計算

「原価計算方式」で予定価格を作成する方法について、わかりやすく解説します。清掃契約や警備契約など「主たる内容が人件費」で構成される契約の予定価格積算方法です。厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査(賃金センサス)」を基に積算します。
2018.09.04
随意契約

予定価格を超えた随意契約は可能か、見積金額が予定価格を超えたとき

予定価格を超えた随意契約は可能なのか詳しく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。通常は自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約で見積金額が予定価格を超えたときの具体的な対処方法の解説です。
2018.09.04
契約手続き

仕様書の作成で注意すべきポイント、仕様書・予定価格同一の原則とは

仕様書を作成するときに注意したいポイントの解説です。官公庁が実施する入札などの契約手続きで、最初に作成する書類が仕様書です。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格や入札書が作成されます。確認すべき内容を具体例で解説します。
2018.09.04
随意契約

分割契約で随意契約すると違法になるリスク、別契約と分割契約の違い

随意契約の根拠法令 分割して随意契約することが可能か、問題ないかの解説です。 官公庁の契約手続きは、会計法令等に基づいて行います。一定の契約金額以上(例えば、物品購入契約なら160万円など)の場合、競争契約(入札)となります。 ...
2018.09.04
随意契約

代理店証明書による随意契約は注意が必要、競争性がない随意契約とは

代理店証明書による随意契約 随意契約は、官公庁における契約方式の例外です。原則は競争契約(入札)なので、「競争性のない随意契約」は慎重に検討する必要があります。 契約実務担当者が注意すべき書類として、「代理店証明書」があります。...
2018.09.04
スポンサーリンク