スポンサーリンク
随意契約

分割契約で随意契約すると違法になるリスク、別契約と分割契約の違い

随意契約の根拠法令 分割して随意契約することが可能か、問題ないかの解説です。 官公庁の契約手続きは、会計法令等に基づいて行います。一定の契約金額以上(例えば、物品購入契約なら160万円など)の場合、競争契約(入札)となります。 ...
2018.09.04
随意契約

直接販売証明書による随意契約は不適切、直接販売と競争性は関連なし

直接販売証明書の発行 近年、インターネットなどを見ていると、官公庁向けの広告や営業案内で、「直接販売証明書の発行が可能です」と、宣伝している企業が増えています。 「直接販売証明書」とは、官公庁との取引を希望する販...
2018.09.04
随意契約

代理店証明書による随意契約は注意が必要、競争性がない随意契約とは

代理店証明書による随意契約 随意契約は、官公庁における契約方式の例外です。原則は競争契約(入札)なので、「競争性のない随意契約」は慎重に検討する必要があります。 契約実務担当者が注意すべき書類として、「代理店証明書」があります。...
2018.09.04
スポンサーリンク
その他

会計検査院の実地検査は拒否できるか、やはり法律で強い権限を持つ

会計検査院の実地検査を拒否 国民の税金を使用する官公庁などの公的組織は、会計検査院の実地検査を受ける義務があります。そこで、あまり実益のないことですが、会計検査院の実地検査を拒否できるのか調べてみました。 すると、なんと、拒否すると懲...
2018.09.04
入札

特定調達契約の経緯、特例政令が適用となる基準額の経緯

特定調達契約の経緯 特定調達契約は、昭和54年から始まった比較的新しい制度です。 大規模な契約について、「政府調達に関する協定」という国際条約を適用した契約手続きを行うものです。内外無差別原則(外国の企業の参入)...
2018.09.04
基礎知識

特定調達契約に該当するしないの判断、警備業務や科研費は適用なし

特定調達契約の基準額 大規模な契約は、「政府調達に関する協定」という国際条約が適用されます。内外無差別原則(外国の企業の参入)と手続きの透明性(公開入札)を基本理念としています。 一定金額(基準額)以上の調達は、入札公告を官報に英...
2018.09.04
会計法令の解説

財政法の中で、会計実務担当者が知っておくべき5つの条文と基礎知識

財政法とは 財政法は、予算・会計制度の基本的なルールを定めた法律です。 実務的には、書類作成に直接必要となる知識というよりも、基礎知識になります。 官公庁の会計実務担当者の基本的知識です。 ...
2018.09.04
基礎知識

契約手続きに必要な見積書、見積書の法的根拠、契約の成立時期

民間の見積書と官公庁の見積書 官公庁の会計実務に必要な見積書についての解説です。 契約手続きに関する事務処理を行っていると、頻繁に必要となる書類として「見積書」があります。民間企業の間で取引に使用される見積書と、官公庁における見積書では...
2018.09.04
随意契約

随意契約理由書の作成方法、書き方のポイント、コツ

随意契約の根拠法令 最初に、随意契約の根拠法令の解説です。 国や地方自治体、独立行政法人などの官公庁の契約手続きは、一般競争契約(入札)が原則ですが、入札を行うことができない場合があります。 入札という契約方式の原則は、会計法に定められ...
2018.09.04
入札

東京大学が入札前に不正との報道、内閣府は政府調達協定に違反と判断

東京大学で入札前に不正? 2013年1月、Yahooのニュースサイトで、東京大学で入札前に不正、との記事が掲載されました。 Yahooのニュースから抜粋 東大、入札前に不正 国先端研究ソフト、業者に仕様相談 朝日新聞デジタル 1...
2018.09.04
スポンサーリンク