スポンサーリンク
科研費

もう常識!これが「科研費」の使用ルール、年度末納品の前に

科研費(補助金)で年度末近くに納品するときの注意点を解説します。税金を原資とする「競争的資金」は、使用ルールが細かく定められています。「不適切な使用」とならないよう、使用ルールを正確に理解するための解説です。
2021.01.15
随意契約

その「随意契約」危ないですよ?「分割発注」じゃないですか?

「少額随意契約」についての解説です。入札手続きが大変なため、すぐに契約したいときに「分割発注」が思い浮かびます。しかし、入札手続きを逃れるために、分割して「少額随意契約」を締結してはなりません。違法になります。必ずバレてしまいます。
2021.01.15
基礎知識

この違いは理解したい!「請負契約」と「委託契約」と「雇用契約」

契約実務を担当していると、どの契約形態が適切なのか、判断に迷うことがあります。何かの仕事を、誰かに依頼する契約を締結するとき、契約形態で迷うのです。人に対して業務を依頼する契約には、「請負契約」、「委託契約」、「雇用契約」があります。
2021.01.15
スポンサーリンク
基礎知識

一番わかりやすい「国の予算」、10年で一人前の契約実務担当者

「国の予算」の簡単な解説と契約実務担当者の役割です。官公庁で働く会計実務担当者は、会計法令に基づいて予算を使う(執行)ことが必要です。法律、省令、運用通知などの多数のルールを理解しなくてはいけません。一人前になるには10年必要です。
2021.01.15
予定価格

こんな「会計検査院」なら、うれしい!積極的な事前指導を!

「会計検査院」についての解説です。契約実務に必要な「予定価格」の作成方法は、具体的な作り方を記載した参考書が存在しません。担当者は、日々悩みながら書類を作成します。会計検査院が実施する実地検査では、過去の書類が批判され指摘を受けるだけです。
2021.01.15
予定価格

こんなに面倒な「予定価格」を作成するのは、なぜ? 役割とは

予定価格の「意義」についての解説です。官公庁の契約手続きでは「予定価格」が必要になります。3つの意義について、くわしく解説します。予定価格は作成するのが困難な書類です。「意義」を理解することで、予定価格の作成が効率的になります。
2021.01.15
基礎知識

わかりそうで、わからない!契約の基本概念、「債権」と「債務」

官公庁の契約実務担当者に必須の基礎知識「契約」についての解説です。初心者向けにわかりやすく解説します。国民の税金を使用する官公庁の契約では、会計法令に基づく手続きが必要です。契約の成立や債権債務の発生時期について具体例で説明します。
2021.01.15
予定価格

「予定価格」の作り方を知りたい!契約種類別にイメージする方法

予定価格作成手続きのイメージを把握する方法です。契約実務担当者が予定価格を作成するときは、最初に作成方法をイメージすると効率的です。契約の種類別に積算方法が異なります。作成イメージを最初に把握すれば関係資料の収集が効率的になります。
2021.01.15
契約手続き

「仕様書」の作り方がわからない、「仕様書・予定価格同一の原則」

仕様書を作成するときに注意したいポイントの解説です。官公庁が実施する入札などの契約手続きで、最初に作成する書類が仕様書です。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格や入札書が作成されます。確認すべき内容を具体例で解説します。
2021.01.15
随意契約

これって「違法」では?「予定価格」を超えた「随意契約」の対応方法

予定価格を超えた「随意契約」は可能か、詳しく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。通常は自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約で、見積金額が予定価格を超えたときの具体的な対処方法の解説です。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました